ノーズマスクおすすめ9選 正しい付け方で花粉症対策をしよう

自然あふれる森の画像

花粉やPM2.5などをガードするために使用されるマスク。 しかし、実はマスク以外にもウイルス対策や花粉対策できる、ノーズマスクというアイテムもあります。 そこで今回は、ノーズマスクの魅力や効果、選び方を解説。 ノーズマスクの付け方や、おすすめの洗えるノーズマスク・ノーズマスクピットを紹介するのでぜひ参考にしてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

花粉症対策におすすめ! ノーズマスク

春や秋に気になるのが花粉。 鼻への花粉の侵入を防ぐために便利なのがノーズマスクです。 鼻に直接ノーズマスクを入れることで専用フィルターが花粉をガードし、花粉症対策の効果が期待できます。 使い捨てタイプや、繰り返し使えるタイプの洗えるもの、サイズ展開もさまざまです。 また、感染症対策や花粉対策のサージカルマスクと併用すれば、効果を得ながらノーズマスクを隠して使用できます。

ノーズマスクの選び方

花粉症対策にぴったりのノーズマスク。 どんな視点で選ぶのがいいのか、ポイントごとに紹介していきます。

鼻の穴にフィットするサイズのものを選ぶ

ノーズマスクを選ぶ際に重要なのはフィット感です。 うまくフィットしないと、花粉が侵入する場合があります。 そのため鼻腔とノーズマスクの間に空間ができないものを選びましょう。 ノーズマスクは、Sサイズ、Mサイズ、レギュラーサイズなど、商品によってサイズ展開が異なります。 自分の鼻に合うものがない場合は海外製のノーズマスクも検討してみましょう。

使い方のタイプで選ぶ

使い方のタイプとしては大きく3種類、「使い捨てタイプ」と「洗えて繰り返し使えるタイプ」と「フィルター交換タイプ」があります。

  • 使い捨てタイプ

使い捨てタイプのノーズマスクのは、衛生的に使えるのが魅力。 毎回新品の状態でフィルターが使えるので、花粉ガードの効果も高いです。 一方で、装着に失敗したら捨てなくてならないため、ノーズマスク初心者はまず洗って繰り返し使えるタイプを試すのがおすすめ。

  • 洗って繰り返し使えるタイプ

使った後に繰り返し使える、洗えるタイプのノーズマスクはエコで節約になるのが特徴。 頻繁に使う機会がある人には、繰り返し洗えるタイプがおすすめです。 しかし、繰り返し洗えるタイプにも花粉ガードのフィルターに限界があるため、使える回数は決まっています。 また一度だけ洗えるタイプもあり、装着に失敗した時などに再チャレンジできるため初心者の人におすすめです。

  • フィルター交換タイプ

フィルター交換タイプのノーズマスクは、別売りのフィルターを買ってフィルターだけを交換します。 日本製にはあまりなく、海外のノーズマスクにこのタイプは多いです。 フィルターを交換できるので、毎日長く効果を持続しながら使いたい人におすすめ。

吸収スポンジの有無で選ぶ

ノーズマスクには吸収スポンジがついているものもあります。 吸収スポンジが鼻水を吸収してくれるので、鼻水に悩まされている人にぴったり。 ただし吸収には限界があるので、ひどすぎる鼻水は注意が必要です。 また、吸収スポンジが無いものは通気性が良く呼吸しやすいので、鼻水に悩まない人はスポンジなしもおすすめ。

ケース付きなら持ち運びに便利

ノーズマスクは壊れやすいため、外出先に持ち運びするときはケースがあると便利です。 ケースに入れておけば汚れも付着しにくいため、衛生的に使用できます。 また、小さな子どもやペットがいる家庭ではいたずらされるのを避けるため、ケース付きがおすすめです。

ノーズマスクのおすすめ9選

ここからはおすすめのノーズマスクを紹介します。 繰り返し使えるタイプや使い捨てタイプなど、自分に合ったノーズマスクを選びましょう。

ブレインスリープ (BRAIN SLEEP) ゴールデンスリープノーズマスク 花粉・ハウスダスト BS003A1

鼻詰まりやいびきの悩みも解決してくれるノーズマスク。 やわらかい医療用グレードのポリマーを使用し、鼻腔にやさしくフィットします。 解剖学的に鼻の気道を広げる設計がされていて、呼吸がしやすいのが特徴。 また、洗えるうえに7回まで繰り返し使えるのも魅力です。

  • サイズ 直径1.8cm~2.2cm

amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ユタカメイク (yutakamake) マスクシェル 鼻挿入型 レギュラーサイズ3個入 MSN-R

人体に無害な抗菌剤を使用し、特殊三層フィルターが花粉を99%以上シャットアウトする鼻挿入型マスクです。 10回まで水洗いできて、繰り返し使えます。 ケース入りのため、外出先や旅行に気軽に持っていけて便利です。

  • サイズ 幅5cm 奥行3.5cm 高さ2cm
  • 素材 PP、ポリエステル

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ノーズマスクピット (Nose Mask Pit) やわらか鼻マスク ハナラック Sサイズ

やわらかいエラストマー素材で、鼻に入れても違和感がなく使いやすいノーズマスクピット。 一日中鼻に入れていても快適に過ごせるので、花粉症の人やしっかりウイルス対策をしたい人におすすめです。 水洗いすることで1個で5日間使用できます。

  • 素材 エラストマー、ポリプロピレン、不織布

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

イイモノホンポ (iiもの本舗) やわらか鼻マスク ノーズマスクピット ソフト 9個入

やわらかく鼻に入れても快適なノーズマスクピット。 内蔵された対応フィルターが、花粉やPM2.5、黄砂やウイルスの微粒子を99.9%シャットアウトしてくれます。 洗って10回を目安に繰り返し使えるのも便利。 1つで9個入りで、1日2回洗ったとして45日間使えます。

  • サイズ 幅9.8cm 奥行2.2cm 高さ15.5cm(パッケージ)
  • 素材 ポリエチレン、エラストマー、ポリプロピレン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

バイオインターナショナル (Bio-International) ピットストッパー (Pit stopper) 鼻マスク

スポンジ形状のフィルターが内蔵されているタイプの鼻マスク。 花粉の除去に加え、鼻水を吸収して外に出るのを防ぐ効果もあります。 鼻水を吸って膨らんだスポンジ部分は水気を抜くことができるのも特徴です。

  • 素材 セルローススポンジ、ポリプロピレン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

バイオインターナショナル (Bio-International) ノーズマスクピットネオ (Nose Mask Pit NEO) 鼻マスク

マスクや花粉症の薬が苦手な人におすすめなノーズマスクピットネオ。 素材がやわらかく、鼻に挿入してもストレスフリーの付け心地です。 内蔵フィルターが花粉からしっかりガードします。 水洗いして10回程度は繰り返し使えるので、頻繁に使いたい人にもおすすめです。

  • サイズ
    • S 直径1cm 奥行1.7cm
    • M 直径1.2cm 奥行1.8cm
  • 素材 ポリエチレン、エラストマー、不織布

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

バイオインターナショナル (Bio-International) ノーズマスクピット スーパー (Nose Mask Pit Super)

花粉はもちろん、PM2.5などの超微粒子もシャットアウトするノーズマスクピットスーパー。 高性能特殊スポンジを内蔵していて、鼻水も吸収します。 洗って繰り返し10回程度は使えるため経済的なのが嬉しいポイント。 違和感のない付け心地も魅力です。

  • サイズ 直径1.1cm
  • 素材 ポリプロピレン、エラストマー、不織布、セルロース

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

バイオインターナショナル (Bio-International) ノーズマスクピット レギュラー (Nose Mask Pit Regular)

花粉通過率が約0%のフィルターを使用しているノーズマスクピット。 花粉や粉塵、黄砂など10ミクロン程度の粒子なら約99%は取り除けます。 付けたままでも会話や食事が普段通り行えるなど、見た目も損なわないのは嬉しいポイント。 粉塵が舞う作業をする人にもおすすめです。

  • サイズ 直径0.9cm
  • 素材 ポリ乳酸スパンボンド不織布、ポリプロピレン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

WoodyKnows スーパーディフェンス鼻フィルター

こちらは鼻腔にフィットしやすい鼻マスク。 高性能の静電気フィルターを内蔵し、花粉症対策ができます。 円錐型とスロット型の2種類があるので、自分の鼻の形に合わせて選べるのもおすすめです。 交換用フィルターが別売であるので、合わせての購入も検討してみましょう。

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ノーズマスクの付け方のポイント

花粉対策に便利なノーズマスクですが、付け方にはポイントがあります。 正しく安全に装着して快適に使いましょう。

付ける前に鼻洗浄をする

花粉症対策に便利なノーズマスクですが、装着時にはあらかじめ鼻の中の汚れを落とすのが正しい付け方。 残っている花粉が体内に入り、かえって症状が悪化することがあります。 また、洗って繰り返し使えるタイプは、鼻の中の汚れがフィルターに内側についてしまうことも。 衛生的に保つためにも装着前に鼻うがいは必須です。

鼻の内側に刺激を与えないように装着する

せっかく花粉対策したくても、ノーズマスクを付けることで鼻腔内を刺激してしまい、くしゃみや鼻水につながってしまうこともあります。 ノーズマスクの正しい付け方を守るために、鼻腔を刺激しないようにそっと装着するようにしましょう。

マスク下に付けるのも◎

感染症対策や花粉症対策では、サージカルマスクを装着している人が多いでしょう。 サージカルマスクの下にノーズマスクを装着する付け方なら、二重で対策できます。 ノーズマスクで鼻をガードし、口元を覆うことで口から入る花粉もシャットアウト。 また、見た目もサージカルマスクで隠せるので違和感なく使えます。

まとめ

花粉症がつらい人には特におすすめのノーズマスク。 今回紹介した商品はどれも機能性にこだわりがあるため、花粉症対策に力を発揮してくれるものばかりです。 花粉はもちろん、粉塵やPM2.5などに敏感な人にもぴったり。 もちろんウイルス対策としても効果が期待できます。 洗って繰り返し使えるものや使い捨てのものなど、自分に合うものを見つけてみましょう。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

関連記事