【2023年】ピクニックのバッグおすすめ9選 おしゃれなかごや保冷バッグ、作り方も

おしゃれなピクニック風景の写真
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

素敵なピクニックを演出してくれるものといえば、ピクニックバッグ。
かごバッグやトートバッグなどおしゃれなピクニックバッグがあれば、気分が盛り上がること間違いなしです。
この記事では、使いやすくてデザイン性の高いピクニックバッグの選び方と、そのおすすめ商品を紹介します。
ピクニックに便利なトートバッグの作り方も解説するので、注目してみてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

おしゃれなピクニックバッグが欲しい

家族や親しい友達とピクニックを楽しむときはもちろん、子どもの運動会や遠足などのイベントでも活躍するピクニックバッグ。
ピクニックバッグは、大容量タイプや保冷バッグ、折りたたみ式など、機能性に優れた商品も豊富です。
また、外国映画に出てくるような雰囲気のあるピクニックバッグもあります。

ピクニックバッグの種類

まずはピクニックバッグの種類をみてみましょう。
布製やビニール素材のトートバッグ、自然素材のかごバッグなど、素材が違えば印象もガラッと変わります。

かごバッグ

ラタンや竹など温かみのある自然素材で編まれたかごバックは、ピクニックの雰囲気づくりにぴったり。
カラフルな内布や巾着の蓋がアクセントになったものもあり、収納インテリアとしても活躍するでしょう。
トートバッグやリュックほど機能的ではありませんが、ポーチや保冷バッグを併用すれば問題なく使えます。

トートバッグ

トートバッグは持ち運びやすさと使いやすさが魅力です。
シンプルなためショッピングや旅行など、ピクニック以外のシーンでも使えるのがポイント。
またサイズやデザインが豊富で、自分好みのものを選びやすいという特徴もあります。
ピクニックバッグを手作りする場合も、トートバッグなら比較的作り方も簡単です。

リュック

リュックをピクニックバッグに選ぶのもおすすめ。
トートバッグやかごバックよりも大容量なものが多く、たくさんの荷物を楽に持ち運べます。
両手が空くので子どもと一緒のピクニックや、ハイキング、遠足など長く歩くイベントにも最適。
デザインも、シンプルなものからおしゃれなものまで様々です。

ピクニックバッグの選び方

便利で使い勝手の良いピクニックバッグの選び方を紹介します。
保冷バッグや折りたたみ式などの機能や、おしゃれでかわいいデザインに注目して、お気に入りのバッグを探してみてください。

仕切りやポケットの数

バッグの中がごちゃごちゃしがちな人は、仕切りやポケットが充実したピクニックバッグがおすすめ。
仕切りがあれば大容量でもスッキリまとまるため、使いたいものがスムーズに取り出せます。
お弁当や飲み物などの食品と、その他のアイテムを分けることができるのも嬉しいポイント。
また、小分けできるポケットが付いたトートバッグやリュックなら、貴重品や小物を入れるのに便利です。

蓋やハンドルの形状は?

バッグの中身をスムーズに取り出したいなら、蓋やハンドルの形状に注目してください。
蓋が両開きのものや取り外せるタイプであれば、中身が一目で確認できます。
ハンドルつきのタイプなら、ハンドルが倒せるものや取り外せるものがおすすめ。
ハンドルが立ったままだと荷物が出しにくく、収納時もかさ張って場所を取ってしまいます。

折りたたみ式は収納も便利

ピクニックバッグを省スペースに収納したい人は、折りたたみできるタイプを探してみましょう。
大型サイズの保冷バッグは折りたたみ式が多いので、荷物がたっぷり入るバッグが欲しい人にもおすすめ。
使わないときは折りたたんで、クローゼットの隙間などに収納できるため邪魔になりません。

保冷バッグタイプもおすすめ

気温が高い季節のピクニックには、バッグの内側にアルミ素材を使用した保冷バッグがおすすめ。
保冷剤も併せて使用すれば、弁当やおやつが傷まず安心して持ち運べます。
大容量の保冷バッグは、冷凍食品やアイスクリームなどを購入するときのエコバッグとしても活躍するでしょう。

シンプル?かわいい?おしゃれなデザイン

デザイン性に優れたバッグならかごバッグが最適です。
自然素材で編まれたかわいいフォルムが、ピクニック気分を盛り上げてくれるでしょう。
仕切り付きや保冷バッグとしても使える、実用的なものもあります。
機能性とデザイン性をバランス良く取り入れたいなら、トートバッグやリュックもおすすめです。

ピクニックバッグに何入れる?

ピクニックに出かけた先で、必要なものに気づいた経験はないでしょうか。
お弁当やおやつ、飲み物などの他に入れておきたいアイテムを、改めて見直してみましょう。

レジャーシート

ピクニックの場所を確保するのに欠かせないのがレジャーシートです。
食事する際に座ったり、寝転がってリラックスしたりするのに活躍します。
長い時間過ごすなら、厚手のシートを用意すると快適です。

カトラリー類

お弁当やおやつを食べるための皿や箸、スプーン、フォークなどの食器類。
屋外で使用するため、持ち運び中に割れないものを選ぶのがおすすめです。
使用後に捨てられる素材なら、後片付けも簡単でしょう。

ウェットティッシュ

水場が近くに無い場所で食事の前に手を拭いたり、食べこぼしを拭き取ったりするのに便利です。
食べ終わったお弁当箱やカトラリーを拭くなど、片付けるときも役立ちます。

ゴミ袋

ピクニック後のお弁当やペットボトル、包み紙などのゴミをまとめるゴミ袋も用意しておきましょう。
ゴミだけでなく、濡れたり汚れたりした衣類をまとめるのにも重宝します。

保冷剤や日よけグッズ

気温の高い季節は食べ物が傷まないよう、保冷剤や保冷バッグは必ず持っていきましょう。
熱中症や紫外線対策に帽子や日傘、サングラスなど日差しを避けられるグッズも必須です。

ピクニックバッグと一緒に持って行きたいもの

キャンプのようなピクニックを楽しみたいなら、椅子やテーブル、バドミントンなどのレジャーグッズも用意しましょう。
クッションやハンモック、割れないワイングラスなどがあればよりおしゃれなピクニックに。
寒い季節には温かい食事ができるスープジャーやポット、手軽に保温できるストールなどがあると安心です。

ピクニックバッグおすすめ9選

おしゃれで機能的なピクニックバッグのおすすめ商品を紹介します。
かごバッグやトートバッグ、リュックなどおしゃれなものからシンプルなものまで、様々な種類を集めました。

キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) ピクニックバスケット (トランク) UT-1001

丁寧な作りでインテリアとしてもおしゃれなトランク型のかごバッグ

レトロなトランクの形がかわいいかごバッグです。
片手で楽に荷物を持ち運べるので、子どもの遠足や運動会などのイベントにもピッタリ。
おしゃれなチェック柄の中布が付いているため、中身が引っかかって傷つく心配もありません。
開いた状態もおしゃれで、収納インテリアとしても活躍します。

  • 外形寸法 幅40cm 奥行29cm 高さ16cm
  • 材質 柳
  • 重量 1200g

楽天市場で見る
amazonで見る5,511円
Yahoo!ショッピングで見る

ディーン&デルーカ (DEAN&DELUCA) 蓋つきバスケット L

ロゴ入り蓋がアクセント!シンプルな色合いとデザインのかごバッグ

蓋に「DEAN&DELUCA」のロゴが焼印で施されたかごバッグ。
ベージュの色合いと、ラタンで編まれたシンプルなフォルムがおしゃれです。
こちらはピクニックやアウトドアはもちろん、キッチン小物を整理する収納としても便利。
ハンドルがしっかり倒れるので、中の物が見やすく取り出しやすいのがポイントです。

  • 外形寸法 幅31cm 奥行22cm 高さ15cm
  • 材質 水杉

楽天市場で見る
amazonで見る

伊勢藤 (iseto) 折りたたみバスケット&テーブル ミラーゴ (MILARGO) I-582

洗い桶やテーブルとしても使えるマルチな折りたたみ式バスケット

ピクニックバッグとしてだけでなく、様々な用途に使える折りたたみ式バスケット。
本体底には水抜き栓が付いており、野菜やカトラリーを洗う容器としても使える優れものです。
15Lの大容量で、お弁当やバーベーキュー用食材などいろいろな荷物を持ち運べます。
また、使用後は本体を押し下げるだけでスリムに折りたたみできて便利です。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅46.3cm 奥行29cm 高さ21.4cm
    • 折りたたみ時 幅46.3cm 奥行29cm 高さ8.6cm
  • 材質 熱可塑性エラストマー、ポリプロピレン、ABS樹脂、鉄

楽天市場で見る
amazonで見る3,218円
Yahoo!ショッピングで見る

宝島社 MOOMINマルチに使えるBIGなピクニックバッグBOOK

シンプルなキャラデザインが大人かわいい!大容量のトートバッグ

バッグ前面にあしらわれたムーミンの絵柄がかわいい、大きめのピクニックトートバッグ。
大容量のメイン収納に加えて、5つの便利な外ポケットが付いています。
ペットボトルも入る大きなポケットなので、必要な物がスッキリまとまるでしょう。
細部までこだわったデザインと上品なベージュカラーは、大人の女性にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅39.5cm 奥行13cm 高さ23.5cm

楽天市場で見る
amazonで見る5,772円
Yahoo!ショッピングで見る

Burrki 買い物バッグ レジカゴ 保冷トート

折りたたみ式保冷バッグとしても便利!たっぷり入るトートバッグ

大容量ながら使わないときはコンパクトに折りたたみできる、実用的なトートバッグです。
カラーはシックで、飽きの来ないシンプルなデザイン。
こちらは内側に保冷素材を使用しており、気温の高い季節は保冷バッグとしても活躍します。
厚みのある生地で作られているため、荷物を入れても自立し、取り出しもスムーズです。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅39cm 奥行20cm 高さ28cm
    • 折りたたみ時 幅28cm 奥行17cm 高さ5cm
  • 材質 ポリエステル、アルミ蒸着PP、ナイロン
  • 重量 248g


amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ELEMENTS シーグラスで編まれたトートバスケット vn50576

手作業で丁寧に編まれたナチュラル感がおしゃれなかごバッグ

自然素材のシーグラスを手作業で編んで作られた、ナチュラルなかごバッグです。
コロンとしたかわいい形が特徴的で、近場のピクニックや夏のファッションアイテムにピッタリ。
1000円台と価格もリーズナブルなので、初めてかごバッグを購入する人にも最適です。

  • 外形寸法 幅28cm~30cm 奥行16cm~18cm 高さ14cm~16cm
  • 材質 シーグラス
  • 重量 250g

楽天市場で見る
amazonで見る1,386円
Yahoo!ショッピングで見る

シービージャパン (CB Japan) 保冷トートバッグ ボッカ (BOCCA) 17L

たくさん荷物を持って行きたい人におすすめな軽量トートバッグ

軽量でスタイリッシュなデザインの、保冷機能付きトートバッグ。
17Lの大容量ながら550gと非常に軽いため、荷物が多くなりがちな人にもおすすめ。
クッション付きのアルミハンドルで、重い物を入れても楽に持ち運び可能です。
こちらは内側にはアルミ素材を使用しているため、保冷バッグとしても活躍します。

  • 外形寸法 幅54cm 奥行25cm 高さ31cm(持ち手除く)
  • 材質 ポリエステル、アルミフィルム、EPE、アルミニウム
  • 重量 550g

楽天市場で見る
amazonで見る2,342円
Yahoo!ショッピングで見る

ボンモマン (bon moment) 保冷もできる 2wayリュック トートバッグ 155902

リュックにもなる2way仕様でいろんな場所で使えるピクニックバッグ

リュックとしてもトートバッグとしても使える、便利なピクニックバッグ。
内側には保冷素材を使用しており、保冷バッグとしても重宝するでしょう。
また、マチが約15cmと広いため、家族分のお弁当やペットボトルなどもしっかり入ります。
シンプルなデザインなので、ピクニックやアウトドア、運動会など様々なシーンで使えます。

  • 外形寸法 幅38cm 奥行15cm 高さ41cm
  • 材質 ナイロン、ポリエステル
  • 重量 280g

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

ロアミトス (LoaMythos) オールインワン ピクニック リュック (All in One Picnic Ruck) 4人用 1001426

カトラリーやドリンクが1つのバッグで揃う、機能的なリュック

ピクニックに必要な食器やシートが全て揃う、ピクニック用リュック。
4人分のカトラリーや調味料入れ、マルチオープナーなどが専用スペースにスッキリ収まります。
メイン収納は断熱素材になっていて、保温保冷バッグとしても活躍。
チェック柄のシンプルなデザインのため男女問わず使いやすいでしょう。

  • 外形寸法 幅30cm 奥行20cm 高さ41.5cm
  • 材質 ポリエステル、PEVA絶緑
  • 重量 2290g

楽天市場で見る
amazonで見る

通販サイトの最新ランキングも参考にする

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

楽天市場の売れ筋ランキング

Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

ピクニックバッグの作り方

ピクニックバッグを手作りするのも楽しいものです。
ピクニックバッグの中でも、シンプルなトートバッグなら作り方もさほど難しくありません。
収納ポケットが充実した、ピクニック用のトートバッグの作り方を紹介します。

  • 【材料】
    • バッグ用の布パーツ(本体2枚、底用1枚、ポケット2枚、持ち手用2枚)
    • 持ち手を補強するカシメ金具
  1. 本体と底用、ポケット用パーツの口部分を始末し、持ち手が付く部分に印を付ける
  2. 本体とポケットを重ね、持ち手を縫い合わせる
  3. 本体と底を縫い合わせ、脇とマチ部分も縫う
  4. 持ち手とバッグが重なる部分に穴を開け、カシメ金具を取り付けて完成

まとめ

ピクニックバッグの魅力や選び方、おすすめ商品を紹介しました。
ピクニックバッグにはおしゃれなかごバッグやシンプルなトートバッグ、大容量なリュックなど様々な種類があります。
保冷バッグや折りたたみ式など、機能性に優れたものも豊富です。
トートバッグなら作り方も難しくないため、好みの布で手作りするのも良いでしょう。
お気に入りのピクニックバッグで、ぜひピクニックをもっと楽しんでください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる