賃貸でもできるおしゃれな押入れ改造アイデア7選 ペンキも電動ドリルも使わずに自分だけの空間に模様替え

出典:www.houzz.jp

※本ページにはプロモーションが含まれています

一人暮らしや狭めの賃貸に住んでいる場合、収納スペースである押入れはクローゼットや物置として使っている方がほとんど。
ついつい色んなものを詰め込んでしまっている方も多いのではないでしょうか?
しかし、押入れはアイデア次第でさまざまなスペースに大変身する場所。
ペンキや電動ドリルなど、大掛かりな改造は必要ありません。

貼ってはがせる壁紙や布を敷いたり、棚や照明・テレビなどを置いたりするだけで、今までとは全く違った使い方ができます。
この記事では、賃貸マンションやアパートに住んでいる方も気軽にチャレンジできる、ペンキや電動ドリルなどを使わない原状回復も簡単な改造アイデアや、押入れ改造におすすめのアイテムを紹介します。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

賃貸でもできる押入れ改造アイデア7選

賃貸でもできる、押入れの改造アイデア実例を紹介します。
大切なのは押入れをどのように使いたいか、どのようなインテリアテイストに仕上げたいかなど、具体的な完成後の状態をイメージをすること。
目指す押入れとはどんなものかを明確にした上で作業を進められるように、実際に押入れをおしゃれに改造したアイデア実例を見ていきましょう。

ホワイトで統一したワークスぺース

狭めの押入れも、バンカーズボックスやセリアのファイルスタンドなどの機能的な収納アイテムを駆使すれば、おしゃれなワークスペースに大変身。
奥の壁をグレー、テーブルになる天板をホワイトにすることで、より洗練されたおしゃれな空間になっています。

持ち家ならペンキで塗っても構いませんが、賃貸の場合は貼ってはがせる壁紙やリメイクシートがおすすめです。
カラーボックスなども全てホワイトで統一しているので側面の木目も際立ち、北欧やナチュラルモダンを感じられるテイスト。
さりげなくアートフレームなどのディスプレイアイテムも使って、遊びの利いた印象に仕上げています。

海外のインテリアのような裁縫スペース

一見押入れを改造したとは気付かない、とってもおしゃれな裁縫スペースです。
ペンダントライトやガーランドライトといったおしゃれな照明に、大理石風のリメイクシートなども組み合わせて海外インテリア風に仕上げています。

モノトーンをベースにグリーンが映える色使いも素敵。
カラフルな糸はそのまま棚にディスプレイすれば、見せる収納としてアクセントになるのでおすすめです。

劇場の楽屋のようなメイクスペースにアレンジ

押入れ全体を改造しなくても、上段だけを改造するだけでかなり印象は変わります。
一人暮らしなど場合、収納が減ってしまうのは死活問題なので、下段は収納スペースとして残しておくのもおすすめ。

この実例のように、上段半分のみのスペースだけを改造すれば、残りのスペースはしっかりと収納スペースとして確保できます。
鏡を置いて、さりげなくガーランドライトなどでフチを飾れば、劇場の楽屋のようなメイクスペースに仕上がります。
隣にクローゼットがあるので、身支度を一箇所にまとめられるのもポイントです。

子供用のデスク兼ベッドに改造

子供部屋を少し他とは違った個性のある空間にしたい時も、押し入れの改造は効果的です。
あまり広さが無く大きなベッドやデスク、クローゼットといった家具を置けない部屋でも、上段を幅の広いデスク、下段をベッド兼収納スペースとして使えるように改造すれば、場所を取る大きな家具の持つ機能全てがそろった空間を作り上げることができます。

上段の木製棚やインダストリアルなデスクライトもおしゃれ。
子供の成長に合わせてレイアウトを変えたり、テレビやパソコンをプラスしていくことで長く使うことができます。

DIYグッズを収納できるカフェ風インテリアに

DIY好きな人にとって筆やニス・ペンキなどのDIYグッズはなくてはならない物ですが、無骨な印象のそういった道具は収納する場所に困ることもしばしば。
押し入れにそのまま入れておくのもいいですが、せっかくならDIYグッズが似合う収納空間に改造するのも一つの手です。

ヴィンテージな雰囲気のあるカフェ風インテリアに仕上げ、DIY関連の雑誌を置ける簡単な本棚も作ればおしゃれな収納空間が完成します。

シーズン物の洋服もおしゃれに収納

リメイクシートなどで装飾し過ぎず、あえて押入れのレトロな雰囲気を残すのも良いアイデア。
上段はバンカーズボックスやスチールラックなど、それ自体がおしゃれな収納グッズを使えば、収納したい物をそのまま押入れに押し込んでおくのとは一味違う、おしゃれな収納スペースにリメイクできます。

下段に白いカーテンを付けてシーズン物の洋服を収納するクローゼットに。
開け閉めが簡単になり、部屋のアクセントにもなります。
収納に便利なアイテムを押入れに入れるだけなので、賃貸でも簡単にチャレンジできるでしょう。

防音加工をして簡易音楽スタジオに

押入れの壁を「吸音ボード」と呼ばれるプロの音楽スタジオやライブハウスなどでも使われているアイテムを使って防音加工し、パソコンや音楽機材を設置すれば簡易的な音楽スタジオにも改造できます。

無骨な機材との相性がいいスチールラックを使えばシャープな印象に仕上がります。
テレビの音が隣の家や部屋に響かないか心配な方にもおすすめのアイデアです。

押入れの改造に役立つアイテムを紹介

ここからは、押入れの改造をするために役立つアイテムを紹介していきます。
先ほどの改造アイデア実例として紹介した中で使われていたような、賃貸でも安心の現状回復が簡単なもの、置くだけでおしゃれになるものを厳選しました。

貼ってはがせる壁紙 ウォールデコシート

賃貸でも安心。汚れてもすぐに拭きとれるリメイクシート

木目調の柄がおしゃれな、貼ってはがせるリメイクシートです。
マットな質感でテカリがないので、押入れの壁や床にしっくり馴染みます。
PVC素材なので防水性・防汚性が高く、汚れてもさっと拭き取ることができて便利。
適度な粘着力のため壁紙を傷めずにはがせて、賃貸でも安心です。

  • 外形寸法 1m単位、15m単位、30m単位
  • 材質 PVC

楽天市場で見る
amazonで見る700円
Yahoo!ショッピングで見る

ヤザワ クリップライトE26 ホワイト CLX605WH

押入れを明るく照らしてくれるスイッチ付きの照明

押入れをワークスペースや趣味スペースとしてデスク代わりに使う場合は、奥行きがあるので照明が必要です。
飾り棚にする場合でも、間接照明を使うと雰囲気を出すことができます。
クリップ付きのライトなので、押入れに釘などを使わなくても簡単に設置できるのがありがたいポイント。
コードの途中にスイッチが付いているのでコードを抜かずに電源のオンオフができます。
角度も上下左右に調整できるので、好みの角度で光を当てられる機能性の高いクリップライトです。

  • 外形寸法
    • セード 直径9cm 奥行15cm
    • アーム長7cm
  • 重量 455g

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ドウシシャ (Doshisha) メタルラック エコノミーシリーズ 3段 EL19-51603

細かいアイテムの収納におすすめの移動が簡単なラック

インテリアのテイストを損なうことなく、細々としたものを便利に収納できるスチールラック。
スチールラック業界最大手のルミナス製品なので安心して使うことができます。
各棚板の耐荷重は80kgと、小さめながらしっかりとタフなのもありがたいポイント。
棚板の位置も自由に移動可能で、押し入れの中という特殊な空間にも対応しやすいアイテムです。

  • 外形寸法 幅59.5cm 奥行34.5cm 高さ51cm
  • 重量 5.34kg

楽天市場で見る
amazonで見る4,478円
Yahoo!ショッピングで見る

フェローズ (Fellows) 703ボックス 3個パックA4黒 0970302

組み立て簡単&スタイリッシュなデザインが魅力のボックス

アメリカで長く使われているバンカーズボックスは、雑然としがちな押入れ収納をスマートに片付けることができます。
材質は段ボールですが、とても頑丈なので収納するアイテムを選ばず、取っ手が付いているので持ち運びも可能。
シンプルかつスタイリッシュなデザインで、複数使ってもおしゃれに見えるのがメリットです。

  • 外形寸法 幅34.5cm 奥行41cm 高さ26.5cm

楽天市場で見る
amazonで見る3,101円
Yahoo!ショッピングで見る

東京防音 吸音・防音材 ホワイトキューオン ESW-415

音の反響を抑えて漏れを防ぐ環境にも優しい吸音材

防音のスペシャリストとして業務用の防音対策も請け負う会社である東京防音の大人気商品です。
プラスチックからできているエコマーク認定素材が使われており環境にも優しいアイテム。
本格的に接着したりしなくても壁に立てかけるだけで室内の音の反響を抑えて外へ音が漏れるのも防いでくれます。
余計な反響がなくなるためスピーカーで音楽を聞くときの音質も良くなったとの口コミもあります。
押し入れを防音室に改造したい人におすすめ。

  • 外形寸法 幅41.5cm 奥行91cm 高さ5cm
  • 材質 再生ポリエステル

楽天市場で見る
amazonで見る1,682円
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

狭い空間は、限られたスペースをいかに有効に活用するかが重要になります。
扉を閉めれば中が見えないからといって、ついつい衣類や普段使わないものを詰め込んでしまいがちな押入れ。
アイデア次第で、書斎から防音室にまでなる可能性を秘めています。

ただの収納スペースと侮らず、押入れを自分好みに改造することは部屋全体を生まれ変わらせる近道です。
この機会に自分の部屋の押入れを見直してみてはいかがでしょうか。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる