イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

カーテンよりも際立つ素材感がおしゃれなインテリア用すだれ6選 和モダンリビングにもおすすめ

すだれといえばまず何を思い起こすでしょうか。 風鈴や打ち水といった昔ながらの日本の夏の風物詩を連想する人も多いと思います。 古来より、高温多湿の日本では、冬の寒さより夏の蒸し暑さに重点を置いて住宅が作られているんだとか。 それほど湿気の高い日本の夏は過ごしにくいものだったのでしょう。

そんな日本の風土によって生まれたすだれ。 近年の猛暑の影響ですだれの良さが見直されています。 おしゃれに生まれ変わったすだれの中からおすすめ商品をご紹介します。

夏の和モダンリビングにはすだれがぴったり

すだれの良さといえば絶妙な透明感とカーテンとは違う硬めの素材感。 すだれを通してみる風景は、なぜか見た目にも涼しく感じます。 和モダンのリビングは落ち着いた高級感が特長ですが、和テイストのすだれは日除けやスペース分けに最適です。

どんなカーテンを下げてもしっくりいかなかった人は、ぜひ窓辺をすだれで演出してみましょう。 しっとりと落ち着いて、更に涼しげな風情を醸し出してくれます。

すだれの効果

見た目の涼しさ以外のすだれの効果とは何なのでしょう。 まずはもちろん、夏の暑い日差しを遮ってくれること。 すだれ本来の日除けとしての役割です。 すだれは天然素材でできていることが多く、狭い隙間を通ってきた風は2°C~3°C低くなるといわれています。

すだれは風を通すのでカーテンのように風をはらんで室内で大きく膨らむこともなく、涼しい風を室内に通してくれるので冷房代の節約にもなります。さらに室内につり下げれば、インテリアになじんだパーテーション代わりになってくれます。

視線を100%遮るカーテンやパーテーションより、透かし効果のあるすだれなら、室内に広がりが生れる視覚効果もあり、見た目もとても涼しげな印象になります。

すだれの選び方

すだれをインテリアに取り入れるときに注意したいポイントとはどこでしょうか。 すだれを購入してからの「しまった!」にならないために、あらかじめ知っておきたい注意点をまとめました。

すだれをつける窓を決める

まずはどの窓にすだれを取り付けるのかを決めましょう。 すだれは遮光性のあるアイテムですので、あまり日差しの入らない窓やすべての窓に取り付けてしまうと室内が暗くなり、風の通りも悪くなってしまいます。 すだれを取り付けるなら日差しが強く差し込む窓に取り点けた方が、すだれの良さを実感することができるでしょう。

窓のサイズをチェック

次に窓のサイズをしっかりチェックします。 窓の長さより短いと、陽が傾いた際に直射日光が入ってきてしまうことがあり、長すぎれば巻き上げるときに大変です。 長さは窓より少し長い程度にし、幅は窓のサイズより若干狭めにしておくと風の通りがよくなります。

外付けか内付けを決める

すだれは本来窓の外側に取り付けるものです。 しかし、最近ではインテリアの一部として使える素敵なすだれも増えてきたので、室内に取り付けることも多くなってきました。 消耗品ととらえて頻繁に買い替えをするなら、ある程度劣化が早くても外付けでよいでしょうし、お気に入りを大切に使うなら窓の内側に取り付けると長く使えます。

和モダンリビングに合わせるすだれを実例で紹介

落ち着いた風情で人気の和モダンリビング。すだれをかけるとどんなイメージになるのか、具体的にどんなすだれを合わせるとおしゃれになるのかなどを知りたい方にために、おしゃれなすだれリビングの実例をご紹介します。

和洋折衷リビングにも涼やかなすだれ

シンプルで落ち着きのある和洋折衷のリビングにすだれを合わせています。 折り目正しい雰囲気のリビングにゆらゆら揺れるカーテンは似合いません。 静を感じさせる、すだれならではのたたずまいが、静かな空間を作り出しています。

大きな窓にかけても圧迫感がないすだれリビング

掃き出しの大きな窓にすだれをつるしています。 人の背丈以上もある大きな窓ですが、日差しはしっかり遮っているものの、圧迫感がありません。 外の景色が透けて見えているため開放的で、すだれの良さが十分に見て取れる例。写真から涼しげなそよ風まで感じられそうです。

純和風にはベストマッチ!しっとり風情のすだれ

純和風のリビングにはもちろん間違いない組み合わせです。 すだれ越しに見える緑がとても涼しげな印象です。 すだれには外の景色のフィルター的な役割もあり、隣家の壁などあまり見たくない景色の場合はうまく視界を遮り、緑など鮮やかな景色はフィルターがかかったようにニュアンスのある風景を見せてくれます。

和モダンリビングにおすすめなすだれ7選

ここからは実際どんなすだれがあるのか、すっきり和モダンリビングにベストマッチのすだれを紹介していきます。 どれもおすすめなすだれなので、ぜひお気に入りを探してみてください。

結 (YUI) 竹製スクリーン ロールアップ式

立体編みで高級感を感じさせる竹ひご製のすだれです。 色はブラウンとナチュラルがあり、どこかアジアンな雰囲気もあるので洋風のリビングにもしっくりきます。 すだれ、というよりロールスクリーンの特性が強く、遮光性は抜群。 いっぽうで竹素材のため圧迫感がなく見た目も涼しげです。 ロールアップ機能付きで巻き上げも簡単。

  • 外形寸法 幅88cm 丈135cm

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

三宅製簾 デザインすだれ PP 弥生 (yayoi)交色 21670

落ち着いたダークブラウンで高級感があるすだれです。 天然素材に見えますが、実はプラスチック製。 竹に比べて耐久性があり軽いのが特長です。 日除けのほか、目隠しに使っても見栄えがし、屋内外を問わず使えます。 便利な巻き上げ部品付きです。

  • 外形寸法 幅88cm 丈135cm

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

三宅製簾 デザインすだれ PP 和の彩り wasai ダークブラウン 53640

和のイメージにこだわった色とデザインで人気のすだれです。 もちろん人気の理由はそれだけでなく、素材には特許を取った特殊パイプを使用。 和の風合いを残しつつ、劣化しにくい耐久性を実現しています。 屋外、屋内どちらにも使えて巻き上げ部品付き。 ダークブラウンなら和風洋風どちらのリビングにも合いそうです。

  • 外形寸法 幅60cm 丈90cm

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

三宅製簾 デザインすだれ PP 市松 グリーン 51134

目を引く鮮やかなグリーンがなんともさわやかな印象です。 すだれといえば天然素材の地味な色をイメージしますが、こんな美しい色のすだれも素敵です。 つるすと人工的な緑ではなく、若竹色のような明るい緑でかえって室内が明るくなったという声も!難点でもある、つるした際の室内の暗さを解決できるすだれです。

  • 外形寸法 幅88cm 丈180cm

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ロイヤル通販 麻ロールアップスクリーン SD-007-BE

麻素材のロールスクリーンです。厳密にはすだれではありませんが、夏の素材の代表ともいえる麻素材で涼しい風を通してくれます。 しかも風景の透け加減がいかにも涼しげです。 さらにカラーバリエーションは6色。どれも後染めだから鮮やかな発色です。 室内の間仕切りにしてもアクセントになりますし、お部屋に合わせて色を変えてもおしゃれです。 通常のすだれよりも軽いところもおすすめポイントです。

  • 外形寸法 幅88cm 丈135cm
  • 材質 麻

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ベルメゾンデイズ (BELLE MAISON DAYS) 風が通る取り付け簡単樹脂製すだれ

新緑のようなさわやかなグリーンが特徴的なすだれです。 グリーンはストライプ状に入っているので、一面に色がついているよりも涼しげで軽やかです。 プラスチック素材で軽く耐久性もあります。 しかも汚れたら水洗いでOK。排気ガスやほこりなどで黒ずみがちな屋外でも、小さなお子様のいる室内でも清潔に使えるのもうれしいところです。

amazon.co.jp 販売サイト

すだれの取り付け方

すだれを取り付ける際は、外付けの場合専用のフックなどを使い取り付けます。 内付けの場合は、カーテンを外した後のカーテンレールを利用すれば、S字フックなどで引っ掛けるだけで簡単に設置できます。 カーテンレールがない場合は窓枠に突っ張り棒などを取り付けてフックで引っ掛けてもOKです。

風で揺れることもあるので突っ張り棒はある程度強度のあるものにしましょう。すだれを巻き上げる金具を取り付けておけば、巻き上げもスムーズに行えます。

有加藤伝蔵商店 ツリマキ

すだれをつり下げたり、巻き上げるときに使うすだれ用部品です。 この部品を取り付けておけば、いちいち手で巻いていく必要がなく、片手で楽々すだれの巻き上げが可能になります。 さまざまなタイプのすだれに使用でき、片手で楽に止められるストッパー付き。 二点で巻き上げるから斜めに巻き上がってしまうストレスもありません。

amazon.co.jp 楽天市場

まとめ

いかがですか?夏の強い日差しもカーテンを閉めてしまうと家じゅう真っ暗になって気分まで暗くなってしまいます。 その点、すだれなら外の風景なども感じられ、隙間を通った涼風が室内を快適にしてくれます。 しかも、見た目も涼しげで言うことなし。

モダンなリビングも、温かみのあるリビングも、インテリアにあったすだれがきっと見つかります。 この夏は、ぜひすだれを取り入れて快適に過ごしてみてください。