新体操のリボンおすすめ11選 スティックとのセットや、素材などの選び方も解説

KEYWORD

#リボン

リボンを携えてはしゃぐ女の子の写真
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

新体操の競技の中でも人気が高いリボン。
スティックを持ってリボンを回す優雅な演技に憧れるキッズも多いでしょう。
新体操用のリボンは通販でも購入可能で、小さな子供向けから本格的な競技用まであり、色柄などの種類はさまざま。
実際に購入するときにはそれぞれの用途に合ったリボンを選ぶ必要があります。
今回は、新体操用リボンの種類や選び方を解説。
通販で購入できるおすすめ商品やリボンの作り方も紹介します。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

新体操に欠かせないリボン

低年齢から始められて、身体の柔軟性やバランス感覚が鍛えられる新体操は人気の習い事。
新体操の中でも、手具のひとつであるリボンは大変ポピュラーです。
スティックを華麗に動かし、くるくる舞うリボンに合わせた美しい演技には誰もが憧れます。
感動的な演技には、しなやかな素材で作られたリボンが欠かせません。

しかし、競技用リボンには規定があり、公式競技で使えるのは認定品だけ。
一方で練習用や小学校低学年くらいまでの子どもが使うリボンに細かい規定はなく、幼児向けのおもちゃのようなリボンもあります。
また、シワになりやすいリボンは収納も重要。
専用ケースなどに収納して保管するのが一般的です。

新体操のリボンの長さ

新体操用リボンの長さは年齢や身長などによって変わります。
競技では部門ごとに規定のサイズが異なるので、通販で購入する際はサイズをしっかり確認しましょう。

キッズなら短めもOK

とりあえず試してみたい初心者や、遊びでリボンを使ってみたいキッズには短めがおすすめ。
選手権のチャイルド部門や、小学1年生でも出場できる新体操のキッズコンテストなどではリボンのサイズ規定がありません。
特に、小学校低学年くらいの小さい子どもはリボンが長いと扱いにくい場合も。
身長に合わせた使いやすい長さのものを選ぶか、長すぎる場合は切って短くしてあげてもよいでしょう。

ジュニアの部は5m以上

本格的な競技を目指している人は、練習用リボンも規定に合った素材やサイズのものを選びましょう。
小学校高学年以上のジュニアの部では、リボンの幅が4cm~6cm、長さは5m以上と定められています。
競技になると、リボンを高く投げてキャッチするような場面も多くなるため、天井に引っかかって破れてしまう場合もあります。

シニアの部は6m以上

シニアの部は高校生以上が出場する大会で、リボン幅の規定はジュニアと同じ4cm~6cm。
長さに関しては、7mの布のうち1mをスティック部分で折り返し、最低6m以上あることが原則です。
ただし、使用する人の身長に対してリボンが長すぎると絡まりやすく、扱いにくくなってしまうことも。
リボンが長い分重さも変わってくるので注意して選びましょう。

新体操用リボンの選び方

新体操用リボンは用途によって選ぶ際のポイントが違います。
基本的な選び方を紹介するので、これからリボンの購入を考えている人は是非参考にしてください。

素材はレーヨンが基本

リボンの素材は競技規定において、「サテン・類似した材質」と指定されています。
リボンの素材はレーヨンやポリエステルが主ですが、レーヨンの方がより動きが滑らかといわれていて使われる頻度は高めです。
ふたつの素材に大きな違いはないので、好きな色や柄でリボンを選ぶとよいでしょう。
シワになりやすい素材のため、収納時は巻きつけて保管する専用ケースなどに収納してください。

練習用か競技用かで色を選ぶ

練習用リボンには動きがしっかり確認できる単色のものを選びましょう。
競技大会では2色以上使用したリボンが最適。
リボンの動きをよく見せられるため、演技が華やかになります。
特にピッチの短いグラデーションタイプは躍動感やスピード感を表現できるのでおすすめ。
演技が熟練してくるとリボンに頼らなくてもよくなるので、単色を選ぶ人も出てきます。

公式競技には検定品を

日本体操協会や国際体操連盟主催の公式競技に出場する場合は、各団体で認定されているリボンを使用しなければなりません。
そのため、規定の長さのリボンであることはもちろん、認定品であるという手具承認マークが印刷されたリボンが必要になります。
商品サイトの説明文に「(財)日本体操協会検定品」「F.I.G.(国際体操連盟)認定品」と記載されているものを選ぶのがおすすめです。

チャコットなど定番なら安心

ササキスポーツやチャコットは新体操用リボンの定番メーカーです。
日本製のササキスポーツは日本伝統である琥珀織技術を採用し、美しくしなやかなリボンを実現しました。
チャコットのリボンには柔軟加工がほどこしてあり、演技をより際立てます。
どちらも身体にまとわりついたり結び目ができたりする原因の静電気を抑制してくれるので安心して競技に望めます。

はじめてならスティック付きがおすすめ

新体操用リボンはスティック、リボンとスティックをつなぐ取付具も必要です。
初めて購入する人はこの3つがセットになっているものがおすすめ。
競技会の規定でスティックは「竹・木・グラスファイバー・プラスティックのもの、長さが50cm~60cm」と決められています。
取付具も「紐またはナイロン、それに類似したもの、またはリングやスイベル」という規定があるので、競技用リボンを購入するときはしっかりと確認しておきましょう。

通販で買える新体操のリボンと収納ケース11選

新体操用リボンはさまざまなメーカーから販売されていて、通販でも購入可能です。
ここでは通販で買えるおすすめの新体操用リボンとリボンセット、最後に収納ケースも1点紹介します。

ササキスポーツ (SASAKI) レーヨンジュニアリボン 4m MJ-714

ササキスポーツのシンプルなジュニアリボンは、新体操を始めたばかりのキッズにおすすめの商品。
レーヨン素材の無地で長さは4m、カラーは10種類から選べます。
小学校低学年までの子どもの練習用としても最適な本格派リボンです。

  • サイズ 長さ4m以上
  • 素材 レーヨン

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

チャコット (chacott) グラデーションリボン 4m 301500-0095-98

グラデーションカラーが印象的なチャコットのリボン。
レーヨン素材に柔軟加工が施されているため、動きがしなやかで操りやすく、新体操を始めたばかりのキッズにもおすすめです。
4つのカラーバリエーションから好みのものを選べます。

  • サイズ 幅5cm 長さ4m以上
  • 素材 レーヨン

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

ササキスポーツ (SASAKI) レーヨンリボン 5m MJ-715-F

ササキスポーツのジュニア向けリボン。
F.I.G.(国際体操連盟)認定マークがプリントされた長さ5mの商品です。
カラーバリエーションは10色で、柔らかくて動きがよく見えるレーヨン素材を使用しています。
公式大会はもちろん、競技での活躍を目指す小学生の練習用にもぴったりの新体操用リボンです。

  • サイズ 長さ5m以上
  • 素材 レーヨン
  • F.I.G.(国際体操連盟)認定品

楽天市場で見る
amazonで見る2,112円
Yahoo!ショッピングで見る

ササキスポーツ (SASAKI) マルチカラーリボン 5m MJ-715MC-F

こちらはササキスポーツの多色染めリボン。
動くたびにグラデーションが動き華やかな印象です。
相性のよいカラーを組み合わせた長さ5mのマルチカラーリボンで、カラーバリエーションは4種類。
認定マークつきのため、競技での使用を考えているジュニアにおすすめです。

  • サイズ 長さ5m以上
  • 素材 レーヨン
  • F.I.G.(国際体操連盟)認定品

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

チャコット (chacott) グラデーションリボン 5m 301500-0091-98-002

鮮やかなグラデーションが魅力的なチャコットのジュニア向けリボンです。
F.I.G.及び日本体操協会の認定品なので、練習用と競技用のどちらにもおすすめの商品。
それぞれに特徴的のある11色のカラーバリエーションで、選ぶのも楽しくなりそうです。

  • サイズ 幅5cm 長さ5m以上
  • 素材 レーヨン
  • F.I.G.(国際体操連盟)認定品、日本体操協会ジュニア規程適応サイズ

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

チャコット (chacott) グラデーションリボン 6m 301500-0090-98-003

チャコットのシニア向け新体操用リボンは、演技を引き立たせる躍動感のあるグラデーションが特徴の商品です。
特殊な染色機により染められていて、商品一つひとつの仕上がりが微妙に異なるのも魅力。
こちらもF.I.G.及び日本体操協会の認定マーク付きです。

  • サイズ 幅5cm 長さ6m以上
  • 素材 レーヨン
  • F.I.G.(国際体操連盟)認定品、日本体操協会シニア規程適応サイズ

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

ササキスポーツ (SASAKI) ハイピッチグラデーションリボン 6m M-71HG-F

短いピッチでグラデーションが繰り返されているササキスポーツのシニア向けリボンです。
カラーバリエーションは雰囲気の異なる6種類。
3色が絶妙な感覚で配色されているので、スピード感のある演技にぴったりです。
演技の躍動感を高め、華やかに見せることができます。

  • サイズ 長さ6m以上
  • 素材 レーヨン
  • F.I.G.(国際体操連盟)認定品

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ササキスポーツ (SASAKI) リボンセット MJ-760S

スティックとリボン、スイベル(金具)がセットになったササキスポーツのリボンセット。
これから新体操を始める初心者におすすめの商品です。
リボンの長さは3mと短めなので、キッズの練習用やイベント用にも最適。
耐久性が高いグラスファイバー製のスティックを使用しています。

  • サイズ リボン長さ3m以上 スティック長さ51cm以上
  • リボン素材 レーヨン

楽天市場で見る
amazonで見る3,190円
Yahoo!ショッピングで見る

リボンセット ジュニアリボン ダンスリボン

比較的安価で買える新体操リボンです。
ポリエステル製のリボンはふんわりとしていて透け感があり、かわいらしい印象。
程よい長さのため、自宅で遊ぶ際はもちろん幼稚園の発表会やダンスなど、ちょっとした出し物にもぴったりです。

  • サイズ 幅5cm リボン長さ4m以上
  • 素材 ポリエステル

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

リボンセット4m 子供新体操用品

スティックとリボン、金具がセットになったリボンセット。
レーヨン素材のリボンの長さは4mと、習い始めのキッズから小学校低学年くらいまでの子におすすめのサイズ。
カラーバリエーションは5種類から選べて、単色だけでなくレインボーカラーもあります。

  • サイズ 幅5cm リボン長さ4m スティック長さ50cm
  • リボン素材 レーヨン

楽天市場で見る
amazonで見る

ササキスポーツ (SASAKI) R.G.ガール リボン・スティックケース AC-52

リボンを付けたままでスティックを収納できるリボンとスティックのケース。
持ち運び時に細長いスティックを保護してくれるナイロン100%の収納ケースです。
リボンを収納するために金具を外さなくてもよいので便利。
リボン巻き付け用の板は2枚付属しているため、リボンの付いたスティックを最大2セット収納できます。

  • サイズ 幅9cm 長さ66cm
  • 収納素材 ナイロン

楽天市場で見る
amazonで見る2,954円
Yahoo!ショッピングで見る

キッズにおすすめ新体操リボンの作り方

リボンで遊んでみたいキッズには、新体操用リボンを手作りしてあげるのもおすすめ。
手作りリボンの材料や作り方を紹介します。

  • 用意するもの
    • リボン
    • ハトメ
    • ゼムクリップ2個
    • サルカン(もしくは代用できるもの)
    • 両面テープ
    • ストロー
    • ビニールテープ
    • 包装紙

【作り方】

  1. リボンは片方の端を左右折り重ねて両面テープで三角に貼り付ける。
  2. 先端に穴をあけ、その穴をハトメで補強しクリップを通す。
  3. 反対の端は、ほつれないよう5mmほど2折りして貼り付ける。
  4. ストローの先端にビニールテープを巻いて補強し、横向きに小さな穴を貫通させる。
  5. サルカンを通したゼムクリップの外側を穴に通して、内側部分はストローに入れ込む。
  6. 外側のクリップを抑えるようにビニールテープで固定。
  7. ストロー全体に両面テープを貼り付け、包装紙を2枚~3枚巻きつける。
  8. 先端のサルカンにリボンをジョイントさせる。

リボンの収納に便利なケースの作り方

本格的に新体操競技に取り組んでいる人向けに、リボンとスティックを収納して持ち運べるリボンケースの作り方を紹介します。

  • 用意するもの
    • ベニヤ板
    • 紐ゴム
    • くるみボタン
    • 面ファスナー
    • 布用接着剤

【作り方】

  1. ベニヤ板はスティックよりも大きめの長さと幅にカットしておく
  2. スティックを収納するポケットを作り、布の下部にミシンで取り付ける。
  3. ポケットを作ったのと同じ手順でスティックを留める部分とリボンを留める部分を作る。
  4. リボンを留める部分にくるみボタンと紐ゴムを通し、スティック留めには面ファスナーを付ける。
  5. 布用接着剤を使い、ポケット、スティック留め、リボン留めがついた布をベニヤ板に貼る。

まとめ

新体操用リボンの選び方や通販で買えるおすすめ商品、リボンや収納ケースの作り方を紹介しました。
競技用リボンは素材や規定のサイズを確認して購入することが大切です。
おもちゃとして使いたい人は作り方を参考に手作りしてもよいでしょう。
スティックとリボン、金具は基本別々に販売されているので、気に入ったアイテムを集めるのもおすすめです。
お気に入りのリボンで新体操を楽しんでください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次