コーヒープレスおすすめ10選 フレンチプレスとエアロプレスの違いや洗い方も紹介

出典:amazon.co.jp

※本ページにはプロモーションが含まれています

一人分のコーヒーや紅茶を用意したいときや手軽に淹れたいときには、おしゃれで便利なコーヒープレスを使うのがおすすめ。
コーヒープレスは、手軽なのに本格的な味が味わえるとコーヒー好きの中でも注目を集めているアイテムです。
この記事では、一人分のコーヒーや紅茶の淹れ方に適した、ボダムやスタバなどから販売されているフレンチプレスを紹介。
エアロプレス、アメリカンプレスなど、コーヒープレスの違いや使い方、洗い方も紹介します。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

簡単な淹れ方で本格派!コーヒープレスとは

ボダムやスタバなどから販売されているコーヒープレスとは、コーヒー粉をお湯に漬けてフィルターの付いたパーツを押し下げ、コーヒーを抽出する使い方の器具のこと。
手間のかかる準備や複雑な淹れ方などもなく、初心者でも気軽に使えるのが特徴です。
一人分など少量でも美味しく淹れられるほか、紅茶にも適しているタイプや洗い方が簡単なタイプなど種類もさまざまあります。

コーヒープレスは3種類 特徴を解説

コーヒープレスは使い方や淹れ方、欠点などの違いによって、フレンチプレスやエアロプレス、アメリカンプレスの3種類に分けられます。

紅茶にも使えるフレンチプレス

フレンチプレスはビーカーの中にコーヒー粉を入れ、お湯を注いで抽出しフィルターを押し下げる淹れ方の器具。
抽出したあとの洗い方に手間がかかるのが欠点ですが使い方は簡単で、コーヒーだけでなく紅茶を淹れることも可能です。
紅茶を淹れる場合、コーヒーと同じフレンチプレスを使っているとにおいが移ってしまう可能性があるため、別々に用意するのがおすすめ。

シンプルで扱いやすいエアロプレス

エアロプレスはコーヒー粉とお湯を容器に入れ、空気圧を利用して抽出する淹れ方の器具。
短時間でコーヒーを淹れられるので、甘みや酸味を感じられるすっきりとした風味に仕上がります。
時間やお湯を入れるタイミングなどによって風味が変わりやすいため抽出が安定しにくい点が欠点になりますが、使い方がシンプルなので慣れれば扱いやすいのが特徴です。

濃厚でなめらかに仕上がるアメリカンプレス

アメリカンプレスはコーヒー粉を入れたケースをお湯の中に漬け、押し下げて抽出する淹れ方の器具。
価格が高い傾向があるところが欠点ですが、コーヒーのオイルがしっかりと出るため濃厚でなめらかな舌触りに仕上がります。
フレンチプレスとエアロプレスを合わせたような機能性を持っており、すっきりとした見た目もおしゃれです。

コーヒープレスを選ぶときのポイント

コーヒープレスを選ぶときは使い方や容量、洗い方といった要素をチェックすると、自分にぴったりの使いやすい種類を見つけられます。

使い方を比較して選ぶ

フレンチプレスやエアロプレス、アメリカンプレスはそれぞれ使い方の幅が異なります。
コーヒープレスをどのように使いたいかを考え、比較しながら選びましょう。

フレンチプレス

フレンチプレスの使い方はお湯を注いでフィルターを押し下げるだけと簡単で、抽出が安定しやすいのが特徴。
お湯や粉の量、フィルターを下げるタイミングを決めておけばいつも同じ風味に仕上げられるほか、抽出後はコーヒーサーバーの代わりにも使えるのが便利です。

エアロプレス

エアロプレスはお湯を注ぐタイミングを変えたりフィルターの押し下げ方を工夫したりと使い方の幅が広く、オリジナルの淹れ方にチャレンジしてみたい人におすすめ。
粉やお湯の量なども合わせて細かく調整することで、お店のように本格的な味を目指せます。

アメリカンプレス

アメリカンプレスは粉の入ったケースを押し下げる特殊な使い方のため、色が変化していく様子がはっきりと分かり、抽出中の工程を楽しめるのが特徴。
本体はガラスの二重構造に作られているため、安全に持てるのもポイントです。

飲みたい量に合う容量・サイズを選ぶ

使い勝手の良さを考えるなら、一人分や数杯分などコーヒーを淹れたい量に合う容量やサイズのコーヒープレスを選ぶのがおすすめ。
飲みたい量に対して容量が大きすぎると抽出後にコーヒーが冷めやすく、小さすぎると何度も抽出する手間がかかってしまいます。
1杯~2杯の一人分なら350ml、3杯~4杯なら500mlが目安です。

本体やフィルターの素材で選ぶ

アウトドアでコーヒープレスを使う場合は、本体がステンレスやプラスチックなど割れにくい素材で作られているものだと安全に使えます。
飲みごたえのある濃厚な風味を楽しみたいならステンレス製のフィルター、すっきりとした風味にしたいなら紙製のフィルターを一緒に使うタイプがおすすめです。

洗い方など手入れのしやすさもチェック

手軽さを重視したいなら、洗い方といった手入れのしやすさもしっかりとチェックしておきたいもの。
手入れに手間がかかってしまうと、普段から気軽に使いたいときには欠点になってしまいます。
抽出後のコーヒー粉をまとめて捨てられたり、分解や洗い方が簡単にできたりするタイプだと後片付けもスムーズです。

タンブラーやマグとしても使えると便利

抽出後にコーヒープレスの本体をタンブラーやマグとして使えると、コーヒーを移し替えずにそのまま飲めるので便利。
移し替える手間によってコーヒーが冷めてしまうのを防げるだけでなく、おしゃれに使えるのも魅力です。

コーヒープレスおすすめ10選

コーヒーや紅茶の淹れ方にこだわりたい人にもおすすめの、フレンチプレスやエアロプレス、アメリカンプレスを紹介します。

ボダム (bodum) ダブルウォール フレンチプレスコーヒーメーカー 11055-16

ころんと丸みを帯びたシルエットがかわいいコーヒープレス

ころんと丸みを帯びたシルエットがかわいい、ボダムのフレンチプレスです。
本体はステンレスの二重構造に作られているため保温性が高く、抽出中も温度が下がりにくいよう工夫されています。
耐久性も高いので、アウトドアで淹れたてのコーヒーを楽しみたいときにもおすすめ。
1層構造のフィルターは分解も可能なので、粉を落としやすいのも便利です。

  • 外形寸法 幅6.9cm 奥行3.9ckm 高さ5.6cm
  • 素材 ポリアセタール、ポリプロピレン、シリコン、ステンレススチール、亜鉛
  • フィルター ステンレスメッシュ
  • 容量 500ml
  • 種類 フレンチプレス

楽天市場で見る
amazonで見る9,560円
Yahoo!ショッピングで見る

ボダム (bodum) ケニア (KENYA) フレンチプレスコーヒーメーカー 10683-01J

おしゃれなデザインが魅力のコーヒープレス

同じくボダムから販売されている、家でカフェ気分を味わいたい人におすすめのフレンチプレス。
モダンとクラシックの要素をバランスよく合わせたデザインに仕上げられており、使っていないときも飾っておきたくなるほどおしゃれです。
一人分のコーヒーや紅茶を用意できる350mlとたっぷり淹れられる1000mlのサイズも展開されています。

  • 外形寸法 幅14.5cm 奥行11cm 高さ15cm
  • 素材 ステンレススチール、プラスチック、耐熱ガラス
  • フィルター ステンレスメッシュ
  • 容量 500ml
  • 種類 フレンチプレス

楽天市場で見る
amazonで見る2,800円
Yahoo!ショッピングで見る

ヨシカワ (yoshikawa) ブラウニー コーヒープレス&ティーサーバー SJ2226 4111290

ガラスの容器とステンレスのフレームのシンプルな見た目のコーヒープレス

ガラスの容器とステンレスのフレームを組み合わせた、シンプルな見た目のフレンチプレスです。
フレームが細身のデザインのため内部の様子がはっきりと見え、コーヒーの濃度や紅茶の茶葉の開き具合など抽出状態が分かりやすいのが特徴。
こだわりのコーヒータイムやエレガントなティータイムにも、おしゃれに合わせやすいのが魅力です。

  • 外形寸法 幅14.5cm 奥行9.2cm 高さ21cm
  • 素材 耐熱強化ガラス、ステンレス、ポリプロピレン、
  • フィルター ステンレスメッシュ
  • 容量 750ml
  • 種類 フレンチプレス

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

スターバックスコーヒー (STARBUCKS COFFEE) リザーブ ロースタリー コーヒープレス 1L ブラック

保温性や保冷性にも優れた、真空二重構造のステンレス製コーヒープレス

スターバックスリザーブロースタリー東京のロゴ入りのデザインで、スタバグッズ好きな人にはたまらないフレンチプレス。
容量はたっぷり1000mlのため、家族や友人同士でコーヒータイムを楽しみたいときにおすすめです。
真空二重構造のステンレス製なので保温性や保冷性にも優れ、季節に合わせて美味しいコーヒーを淹れられます。

  • 外形寸法 幅18.5cm 奥行11cm 高さ23.2cm
  • 素材 ステンレス鋼、ポリプロピレン、シリコンゴム
  • 容量 1000ml
  • 種類 フレンチプレス

amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

キントー (KINTO) CAFEPRESS マグ 260ml アイボリー 22752

抽出したコーヒーや紅茶をそのまま楽しめるのが魅力

マグ付きのタイプで、フレンチプレスと同じ淹れ方で抽出したコーヒーや紅茶をそのまま楽しめるのが大きな特徴です。
一杯分の量も簡単に作れるだけでなく、フタも付属しているためコーヒー粉や茶葉をじっくりと蒸らせるのもポイント。
日常で気軽に使いやすい樹脂製ながら、断熱二重構造に作られているので保温性もばっちりです。

  • 外形寸法 幅12.4cm 奥行9cm 高さ12.2cm
  • 素材 ABS樹脂、PP、ステンレス、シリコーン
  • 容量 260ml
  • 種類 フレンチプレス

楽天市場で見る
amazonで見る1,650円
Yahoo!ショッピングで見る

ビタントニオ (vitantonio) コーヒープレスボトル コトル vcb-10

ハンドル状でしっかりと閉められるキャップが特徴のコーヒープレス

フレンチプレスとステンレスボトルがひとつになった、ビタントニオの便利でおしゃれなコーヒープレス。
キャップはハンドル状でしっかりと閉められるのでこぼれる心配がなく、アウトドアやオフィスへ持ち運んで使うことも可能。
フィルターは目の細かいステンレスメッシュとパッキンが併用されているため微粉もきちんとキャッチし、粉っぽさをなくしてくれます。

  • 外形寸法 幅7.2cm 奥行7.2cm 高さ24.7cm
  • 素材 ステンレス鋼、ポリプロピレン、シリコンゴム
  • フィルター ステンレスメッシュ
  • 容量
    • 実容量 420ml
    • コーヒー抽出容量 300ml
  • 種類 フレンチプレス

楽天市場で見る
amazonで見る3,200円
Yahoo!ショッピングで見る

エスプロ (ESPRO) ウルトラライトコーヒープレス 02830176

隅々まで洗えて清潔に使い続けられるのもうれしいコーヒープレス

本体重量約280gと軽く、ステンレスボトルと同じように気軽に持ち運べるのが嬉しいコーヒープレスです。
超微細ステンレスメッシュのフィルターを2層組み合わせているため、細かい微粉までしっかりとキャッチ。
フィルターなどの部品は全てボトルから取り外して分解できるので、隅々まで洗えて清潔に使い続けられるのもポイントです。

  • 外形寸法 幅6.5cm 奥行6.5cm 高さ23.5cm
  • 素材 ステンレス鋼、ポリプロピレン、シリコン
  • フィルター ステンレスメッシュ
  • 容量
    • 実容量 473ml
    • コーヒー抽出容量 315ml
  • 種類 フレンチプレス

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

エアロプレス (AeroPress) エアロプレスゴー

コンパクトなサイズのコーヒープレス

アウトドアで淹れたてのコーヒーを楽しみたい人にもおすすめの、コンパクトなサイズのエアロプレス。
付属の部品はマグカップに収納できる大きさなのでスマートにまとめられ、荷物が負担になりがちなソロキャンプなどでも気軽に持って行けるのが魅力です。
マグはリッドでフタをすることができるため、抽出後のコーヒーをこぼさず持ち歩けるのも便利。

  • 外形寸法 幅10cm 奥行11cm 高さ17.5cm
  • 素材 ポリプロピレン、シリコン
  • フィルター ペーパーフィルター
  • 種類 エアロプレス

楽天市場で見る
amazonで見る8,182円
Yahoo!ショッピングで見る

エアロプレス (AeroPress) コーヒーメーカー

ベーシックなタイプのコーヒープレス

手持ちのカップの上にのせる使い方の、ベーシックなタイプのエアロプレス。
約1分で抽出が完了するため、手早く美味しいコーヒーを淹れたいときにもぴったりです。
耐熱温度80度以内であれば食洗機にも対応しているほか、使用後のコーヒー粉とフィルターは一押しで捨てられるので片付けも手間いらず。
ドリップテイストからエスプレッソテイストまで幅広い風味を味わえます。

  • 外形寸法 幅10.5cm 奥行12cm 高さ28.7cm
  • 素材 ポリプロピレン、シリコン
  • フィルター ペーパーフィルター
  • 種類 エアロプレス

楽天市場で見る
amazonで見る11,980円
Yahoo!ショッピングで見る

アメリカンプレス (AMERICAN PRESS) コーヒープレス

細かい工夫が随所に見られるコーヒープレス

高品質シリコンのパッキンでしっかりと圧力をかけられる、一人分のコーヒーを淹れるのにぴったりなサイズのアメリカンプレス。
パーツは分解して洗えるほか、食洗機にも対応しているので普段の手入れも簡単。
容器には目盛りが付けられており注いだお湯の量が把握しやすく、注ぎ口は滴垂れせずきれいに注げるように工夫されているなど使い勝手もばっちりです。

  • 外形寸法 幅8.8cm 奥行8.8cm 高さ21cm
  • 素材 トライタン、プラスチック、シリコン、ステンレス、アルミニウム
  • フィルター スチール
  • 容量 355ml
  • 種類 アメリカンプレス

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回はおしゃれなフレンチプレスやエアロプレス、アメリカンプレスのほか、コーヒープレスの使い方や欠点、洗い方を紹介しました。
紅茶にも使いたいときはフレンチプレス、淹れ方にこだわりたいときはエアロプレス、使いやすさと美味しさのバランスを取りたいときはアメリカンプレスがおすすめ。
お気に入りのコーヒープレスを用意して、手軽に美味しいコーヒーを楽しみましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる