完全ワイヤレスイヤホン! ノイズキャンセリングのおすすめ コスパ重視商品も

ワイヤレスイヤホンの写真

イヤホンは、音楽好きな人の毎日に欠かせないアイテム。 中でも、音楽を聴く環境にこだわる人におすすめなのが「ノイズキャンセリング機能」のついた完全ワイヤレスイヤホンです。 この記事では、完全ワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホンの種類や選ぶときのポイントについて解説。 アップルやソニー、BOSEなど有名ブランドのモデルをはじめとした、おすすめの品も紹介します。 ぜひ、参考にしてください。

ノイズキャンセリングイヤホンの魅力

ノイズキャンセリングの魅力は、地下鉄の音や車のエンジン音などの環境音を遮断して、より鮮明に音楽を楽しること。 「好きな音楽の世界に入り込みたいのに、周囲の雑音が気になって集中できない」という人におすすめです。 通常のイヤホンのように、ノイズをかき消すために音量を大きくして聴く必要がないのも嬉しいポイント。

周囲への音漏れの心配がなく、耳への負担もありません。 また、最近のノイズキャンセリングイヤホンは、必要に応じて「外部の音を取り込むモード」に切り替えられるものも展開しています。 外部の音を聞き逃したくないときにも、ワンタッチで対応してくれるようになっていて安全です。

無線と有線 どちらがいい?

ノイズキャンセリング機能つきのイヤホンには、有線のタイプと無線のタイプがあります。 有線タイプのイヤホンは、接続の設定などが不要でジャックに差し込めばすぐに使えるのが魅力です。 同じくらいの価格帯で比べると、無線より有線の方が音質がよくなる傾向があるので、買う前に試聴するといいでしょう。

一方、完全ワイヤレスイヤホンのメリットは何といっても「コードが邪魔にならない」ところです。 音楽プレイヤーから少し離れた場所でも使えるので、スポーツをしながら使いたい人にもおすすめ。 今回は無線のイヤホンを特集するので、ぜひチェックしてみてください。

ノイズキャンセリング機能の種類

ノイズキャンセリングとは文字通り「ノイズを小さくする」機能ですが、細かく見ると2つに分けることができます。 それぞれについて簡単に知っておきましょう。

パッシブ・ノイズキャンセリング

「パッシブ・ノイズキャンセリング」とは、イヤホンで耳栓のように耳を塞ぐことによって、物理的に遮音する機能のことです。 「カナル型」と呼ばれるタイプのイヤホンは、一般に耳穴にフィットしてすき間ができにくい形状になっています。 「カナル型」自体がパッシブ・ノイズキャンセリング機能を備えていると言えるでしょう。 後述する「アクティブ・ノイズキャンセリング」と組み合わせることによって、より効果が高まります。

アクティブ・ノイズキャンセリング

雑音や騒音と逆の波形の音を機械的に発生させることによって、ノイズを打ち消す機能が「アクティブ・ノイズキャンセリング」です。 音楽を聴くときに限らず、勉強などに集中したいときや静かな環境で眠りたいときなどにも便利。 電車や車の走行音など、主に周波数の低い騒音に対して効果が高いです。 しかし、会話やアナウンスなど高い周波数の音に対してはあまり効果が高くないので注意しましょう。

ノイキャンの完全ワイヤレスイヤホンの選び方

今はたくさんの種類があるノイズキャンセリングのワイヤレスイヤホン。 どれを選ぶべきか迷う人も多いでしょう。 選び方のポイントを簡単にまとめたので参考にしてください。

自分の耳にフィットするサイズや形

まずは、ノイズキャンセル機能の有無にかかわらず、自分にとって「使い心地のよい形状」であることが大切です。 装着方式には耳栓のように耳の奥まで差し込む「カナル」型と、耳の入口にはめる「インナーイヤー型」などのタイプがあります。 自分に合った着用感のものを選びましょう。

対応コーデックで使える機種や音の特徴を確認

「コーデック」とは、Bluetoothで音楽を聴くときに使う「音声データの圧縮方式」のことです。 すべてのワイヤレスイヤホンが対応している「SBC」や、iPhoneに使われる「AAC」、Androidで使われる「aptX」などがあります。 SBCよりAACが、AACよりもaptXが高音質で遅延も少ないなど、それぞれに特徴があります。

実際にはコーデックだけで音質が決まるのではありません。 あくまで「音質を決める要素のひとつ」として考えましょう。 また、音質という指標自体が聴く人の好みに左右されるものです。 レビューなどで音質に関するコメントがあっても参考程度にとどめておくのがおすすめ。

連続使用可能時間や充電時間をチェック

無線タイプのノイズキャンセリングイヤホンは、「充電」が必要です。 バッテリーが大きければ連続再生時間が長く、小さければ連続再生時間も短くなります。 完全ワイヤレスイヤホンは使いやすい反面、バッテリーが小さく連続使用時間も全体的に短めです。 長時間連続で使う人は注意しましょう。

通信距離も重要ポイント

完全ワイヤレスイヤホンの「通信距離」もチェックしましょう。 Bluetoothは出力強度によってClass1~Class3の3つの規格に分けられています。 最も出力強度が強く、通信距離も長いのがClass1です。 スポーツをしながら聴くことが多い人は、Class1のイヤホンを選ぶとよいでしょう。

安い? 高い? コスパにも着目

イヤホンを選ぶ上で、価格は大切なポイントです。 ノイズキャンセリングの完全ワイヤレスイヤホンは安いもので4000円台、高性能なモデルになると20000円を超えるものが展開されています。 すべてに高い性能を求めるのではなく、コスパなど、自分にとって大切なポイントを押さえたものを選ぶのがおすすめです。

防水仕様のイヤホンだと便利

スポーツ時や雨天時、シャワー時などにも音楽を楽しみたいなら、防水機能つきのイヤホンがおすすめです。 防水性の高さは「IPX○」という表記で表される等級表示で確認できます。 IPX4なら小雨やちょっとした水しぶきに耐える程度、IPX7なら一時的に浸水しても影響を受けません。 購入前に確認しましょう。

通話時のノイズキャンセリングにも対応しているか

通話中にノイズキャンセリングがあれば、雑音が気になるところでも快適に通話できます。 通話中にこちら側の雑音が相手に聞こえないようにしたい場合は、「CVCノイズキャンセル」機能つきのものを選びましょう。 しかし、これは音楽再生時のノイズキャンセリングとは関係がないため、間違えないように注意が必要です。

ノイキャンの完全ワイヤレスイヤホンの注意点

無線のノイズキャンセルイヤホンは使いやすくて便利ですが、一方で「紛失しやすい」というデメリットもあります。 特に、完全ワイヤレスイヤホンは紛失のリスクが高いです。 決して安いものではないので、十分注意しましょう。

また、ノイズを小さくして音楽に没頭できるので、周りの状況を把握しにくくなるリスクもあります。 通勤や通学時、ランニング時などにノイズキャンセリング機能を使う際には注意を払いましょう。 ものによっては電車内のアナウンスや自転車のベルなど「必要な音」も聞こえにくくなることがあるので注意が必要です。

ノイキャンの完全ワイヤレスイヤホン9選

ノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホンを紹介します。 安いのに多機能なコスパ自慢のモデルから、SONYやアップル、BOSEのハイエンドモデルまで、幅広く集めました。

ワイヤレスイヤホン Bluetooth5.3

高反応のタッチセンサーで操作が便利なイヤホン

高性能の13mmドライバーを使用し、クリアな高音域と迫力のある低音域を実現したイヤホン。 音が途切れにくく、ストレスなく使用できるLDSアンテナによって、使いやすい仕様です。 また通話時でもノイズキャンセリング機能が使用できるため、環境音に左右されずに話せます。 片手で簡単に操作できるタッチセンサー機能もおすすめポイントです。

  • 外形寸法
    • イヤホン 幅3.4cm 奥行2.4cm 高さ2.1cm
    • ケース 幅6.3cm 奥行4.8cm 高さ2.6cm
  • 対応コーデック AAC、SBC
  • 連続使用可能時間
    • 通話 6時間
    • 音楽再生 8時間
  • 充電時間 1.5時間
  • 防水仕様
  • 通話時ノイズキャンセリング対応

楽天市場で見る

REDHiLL ワイヤレスイヤホン Tws008b

リーズナブルな価格と十分な機能性が魅力のイヤホン

こちらは、低価格ながら高い機能性を持ち合わせた完全ワイヤレスイヤホンです。 防水機能はIPX7で、一時的に一定の水圧の水の中に浸かってしまっても、浸水しにくく便利。 また、外出時にスマホの充電が切れてしまった時でも充電できるモバイルバッテリー機能付きなのも嬉しいポイントです。 連続使用可能時間数は120時間と、わずか1時間の充電で長く使えるのでおすすめ。

  • 外形寸法
    • イヤホン 幅1.8cm 奥行2.3cm
    • ケース 幅8.8cm 奥行5.5cm
  • 対応コーデック ACC
  • 連続使用可能時間 120時間
  • 充電時間 1時間
  • 防水仕様

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

エムパウ (MPOW) M7 ANC

フィット感が自慢のノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン

米国生まれのオーディオブランド「エムパウ」の完全ワイヤレスイヤホンです。 ノイズキャンセリング使用時も耳の詰まったような感覚がなく快適。 口コミでも「耳にフィットして遮音性が高い」といった高評価が寄せられています。

  • 対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
  • 連続使用可能時間 32時間
  • 充電時間 2時間
  • 防水・防滴仕様
  • 通話時ノイズキャンセリング対応

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アンカー (Anker) Soundcore Liberty Air 2 Pro A39510

3種類のノイズキャンセリング機能が魅力のワイヤレスイヤホン

モバイルバッテリーで有名な「アンカー」の完全ワイヤレスイヤホンです。 環境に合わせた3種類のノイズキャンセリングモードを搭載しています。 また、専用アプリを使って音質のカスタマイズができるイコライザー機能も便利。 Bluetooth5.0に対応していて、通信範囲や転送速度に優れています。

  • 対応コーデック AAC、SBC
  • 連続使用可能時間
    • イヤホン単体 7時間(通常モード)
    • ケースとの併用 26時間(通常モード)
  • 充電時間
    • イヤホン 1時間
    • ケース(USBケーブル使用時) 1.5時間
    • ケース(ワイヤレス充電器使用時) 2.5時間
  • 防水・防滴仕様
  • 通話時ノイズキャンセリング対応

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

サウンドピーツ (SOUNDPEATS) T2

スポーツやジムにぴったりのノイズキャンセリングイヤホン

スポーツシーン向けのオーディオデバイス専門ブランド、「サウンドピーツ」の完全ワイヤレスイヤホンです。 独自開発の音質向上技術により、立体感と迫力のある気持ちのよいサウンドを実現しています。 IPX6と高い防水性能で、汗や突然の雨にも安心して使えるところも魅力です。

  • 外形寸法 幅10cm 奥行10cm 高さ4.5cm
  • 対応コーデック AAC、SBC
  • 連続使用可能時間
    • イヤホン単体 10時間
    • ケースとの併用 30時間
  • 防水・防滴仕様

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

オーディオテクニカ (audio-technica) ATH-CKR70TW

おしゃれなノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン

日本を代表する音響機器メーカーのひとつ「オーディオテクニカ」の完全ワイヤレスイヤホン。 内部のパーツひとつひとつにこだわって音質を追求していて、元の音の質感をそのまま伝えてくれます。 さらに専用アプリで自分好みのサウンド作りも可能です。 IPX4相当の防水性能も備えています。

  • 対応コーデック QualcommR aptX™ audio、AAC、SBC
  • 通信距離 10m
  • 連続使用可能時間 7時間
  • 充電時間
    • イヤホン 1.5時間
    • ケース 2時間
  • 通話時ノイズキャンセリング対応

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ソニー (SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4

高音質を楽しめる完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン

ソニーの完全ワイヤレスイヤホンです。 安いイヤホンでは出せない、臨場感たっぷりの音質が最大の魅力。 ハイレゾ並みのクリアな音で、好きな音楽を思う存分楽しめます。 ノイズキャンセリングの性能はもちろん、通話も快適にできる工夫が満載。 イヤホンの音質にこだわりのある人におすすめです。

  • 対応コーデック AAC、SBC
  • 通信距離 10m
  • 連続使用可能時間
    • ノイズキャンセリング機能ON時 最大24時間
    • ノイズキャンセリング機能OFF時 最大36時間
  • 充電時間 1.5時間
  • 通話時ノイズキャンセリング対応

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アップル (Apple) AirPods Pro

iPhoneユーザー必見、アップルのノイズキャンセリングイヤホン

iPhoneユーザーなら、アップル純正の完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。 ノイズキャンセリングや外部音取り込みモードを搭載しています。 ノイキャンイヤホンにありがちな耳への圧迫感なしに消してほしい雑音をしっかり消してくれるのが魅力です。

  • 外形寸法
    • 本体(左右各) 幅2.2cm 奥行2.4cm 高さ3.1cm
    • ケース 幅6cm 奥行2.2cm 高さ4.5cm
  • 対応コーデック AAC
  • 連続使用可能時間
    • 5分間の充電 1時間
    • 1回の充電 4.5時間
  • 充電ケースを用いた複数回の充電 24時間
  • 通話時ノイズキャンセリング対応

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ボーズ (BOSE) QuietComfort Earbuds

ノイキャンレベルが11段階から設定できる、BOSEの完全ワイヤレスイヤホン

音楽ファンからの信頼が厚い「BOSE」の完全ワイヤレスイヤホンです。 しっかりした低音域が特徴の、立体的なサウンドは音響の専門家からも高評価を得ています。 ノイズキャンセリングのレベルは専用アプリで11段階に設定可能。 耳にフィットしながらも圧迫感を感じない独自設計のイヤーピースも優秀です。

  • 外形寸法 幅2.6cm 奥行2.7cm 高さ3.9cm
  • 対応コーデック AAC、SBC
  • 連続使用可能時間 6時間(1回の充電)
  • 充電時間
    • イヤホン 2時間
    • ケース 3時間
  • 防水・防滴仕様
  • 通話時ノイズキャンセリング対応

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

音楽に没頭したいときにおすすめのノイズキャンセリング機能つきの完全ワイヤレスイヤホンを紹介しました。 中でも無線タイプなら、コードが絡まったりせずスマートに音楽を楽しめるのでおすすめです。 今は多機能で価格が安いモデルから、ソニーやBOSEなどのハイエンドモデルまで、さまざまな商品が展開されています。 ノイキャン性能に優れたもの、音質重視のもの、防水性能の高いものなど特徴も商品によって違うので、自分に合ったものを選びましょう。

関連記事