イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

ビーチテントおすすめ9選 UVカット生地やコンパクトタイプも紹介

ビーチはもちろん運動会などでも涼しい日陰を提供してくれるビーチテント。 ワンタッチで設営できるものや、大型などさまざまな商品が展開されています。 UVカットや遮熱などの機能も豊富なため、使用人数や、必要なスペックをよく確認して選ぶことが大事です。 今回はおすすめのビーチテントを、選び方のポイントとともに紹介します。 コールマンなどのアウトドアメーカーをはじめ、便利でおしゃれな商品を厳選しました。

海辺での使用に適したビーチテント

ビーチテントとは、海辺での使用に適した機能やデザインのテントです。 キャンプ用テントと違いフレームの組み立てが不要で、設営も簡単。 ビーチパラソルよりもしっかり日陰が作れるので、軽量・コンパクトな日よけとしておすすめです。 荷物置き場や休憩スペースとしても便利。出入口をフルクローズできるタイプは、更衣室としても使えます。 ビーチでの使用に最適なビーチテントですが、運動会の応援やピクニックなど、さまざまな場面で活躍します。

ビーチテントの設営方法

ビーチテントは設営方法によって種類が分かれます。 それぞれの特徴やメリットを押さえ、自分や家族に適したものを選びましょう。

初心者におすすめのポップアップ式

ポップアップテントは、小さく折りたたんだ本体を、軽く広げるだけで設営できます。 フレームを組み立てる必要もなく、軽量でコンパクトに設計されているので、初心者にもおすすめ。 撤収も簡単ですが、コツがあるため、慣れるまではうまくいかないこともあるでしょう。 練習して、コツをつかめば使いやすいと言う声も多く聞かれます。

設営が簡単で、風に強いワンタッチ式

ワンタッチテントは、フレームのジョイント部分を上下に動かして固定するだけで、簡単に設営や撤収ができます。 テントの組み立てに慣れていない人も、直感的に作業しやすいのが魅力です。 コンパクトでありながら、ビーチテントの中ではフレームが太めで丈夫なので、風に強いところも重要なポイント。

ビーチテントの選び方

ビーチテント選びでは、設営方法の他にも押さえておくべきポイントがあります。 何を重視するかによって選び方も変わるため、自分の使い方をイメージしながらチェックしてください。

手軽な日よけ対策ならオープンタイプ

手軽に日よけ場所を確保したいなら、オープンタイプのビーチテントがおすすめ。 出入り口が大きく開いており、フレームや布が少ない分、軽量・コンパクトなところも魅力です。 日差しを遮りながらも開放感があり、メッシュスクリーンを採用した商品を選べば、風通しもよく快適。 ただし、着替えには不向きです。

完全に閉められるフルクローズタイプ

ビーチテントをプライベートスペースとしても使いたい場合は、全ての出入り口を完全に閉めることができるフルクローズタイプのテントが最適です。 オープンタイプよりも重力は増えますが、フルクローズすることで簡易の更衣室としても使用できるので、着替えの場所を探さずにすみます。

コンパクト・大型などサイズで選ぶ

ビーチテント選びでは、使用人数に適した商品選びが重要。 1人用やカップルなら、バッグにも入るコンパクトなサイズ感がおすすめ。 ファミリーなら、大人2人用または大人1人と子供2人用程度の大型サイズが最適。 人数が多いなら前庭があるタイプなど、自由度が高く広々使える仕様の商品がおすすめです。

涼しい環境づくりに不可欠な通気性を確認

ビーチテントは熱がこもりやすいので、通気性など涼しい環境づくりに不可欠なポイントも要チェック。 対角線上に通気性のよいメッシュ窓か出入口があれば、熱や湿気を逃がしてくれます。 4面にメッシュ窓や出入口があるタイプが最も通気性に優れ、快適。 ワンタッチテントにはベンチレーター付きの商品もあります。

遮熱性やUVカット率をチェック

ビーチテントの主な役割は日よけですが、製品の機能や布の素材によって、遮熱性能やUVカット率はさまざまです。 日焼けから肌を守りたいなら、遮熱性だけでなくUVカット率をチェック。 UVカット率90%以上のものなら安心です。 紫外線から肌を守りたい場合はUPF値(紫外線保護指数)の記載があるものを選びましょう。

耐水性があると安心

耐水性の高い生地を使用したテントなら、突然の雨に降られても安心。 耐水性の高さは耐水圧で示され、数値が高いほど耐水性も高くなります。 耐水性が低い生地だと、雨量が多いとテント内部まで雨が染み込んでしまうことも。 気になる人は耐水性の高さを謳っている商品や、耐水圧の記載があるものを選びましょう。

デザインやプラスαの機能にも注目

ビーチテントにランタンフックが付いていれば、薄暗い時や夜間もテント内部を明るく照らすことができます。 テントの外にポーチのようにせり出した前庭と呼ばれるシート部分があるのも便利。 前庭付きビーチテントなら、テントの外でもゆったりくつろげるでしょう。

重しを使って飛ばされない対策を!

軽量設計のビーチテントは海風で飛ばされやすいので、ペグを地面に打ち付けるか重しを付けるなど対策が必要。 テントの四隅に砂袋が付いた商品を選べば、強風や突風でもテントや荷物が飛ばされるのを防げます。 砂袋タイプであれば、中に詰める砂は現地でいくらでも調達でき、帰宅するときはまた海辺に戻せば良いだけ。 風に強い上に、重量のある重しを持ち運ばずにすみます。

ビーチテントは手入れも大事

強い日差しや紫外線、潮風や雨など、劣化しやすい条件にさらされるビーチテント。 使用後はテントやフレームの塩分を洗い流して乾かすなど、手入れをすることで長く愛用することができます。 劣化を防ぐためには遮熱効果やUVカット効果が高い生地、丈夫でサビに強いフレームを選んでおくことも重要なポイントです。

ビーチテントおすすめ9選

定番のコールマンを始め、有名アウトドアメーカーや生活雑貨メーカーのおすすめビーチテント集めました。 コンパクトなものから大型サイズまで、幅広く紹介します。

コールマン (Coleman) ポケットEZシェード 2000038146

収納サイズが40cm以下とコンパクトで、バックに入れて持ち運べるオープンタイプのビーチテントです。 1人でも設営しやすいポールとシェードの一体型で大人2人用または大人1人と子供2人用のサイズ感。 前庭のように使えるフラップをトグルにかければセミクローズになり、その場を離れる時やプライベートが欲しい時にも便利です。

  • サイズ
    • 使用時 幅170cm 奥行195cm 高さ104cm
    • 収納時 幅13cm 奥行38cm 高さ6cm
  • 重量 1.4kg
  • 材質 68Dポリエステルタフタ、FRP
  • オープンタイプ・ワンタッチ式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) クイックサンシェルター200UV M-3139

天井部のループを引き上げるだけでシェルターが立ち上がる、キャプテンスタッグのクイックサンシェルターです。 開放感のあるオープンタイプは、ビーチやピクニック、行楽にとさまざまなシーンに対応。 3面の通気窓で風通しもよく、強い日差しを避けながら涼しい環境を作れます。 収納や持ち運びにも便利なキャリーバッグ付きです。

  • サイズ
    • 使用時 幅200cm 奥行200cm 高さ130cm
    • 収納時 幅75cm 奥行14cm 高さ15cm
  • 重量 2.4kg
  • 材質 ポリエステル70D、ポリエステル150D、グラスファイバー
  • オープンタイプ・ワンタッチ式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

Moonwind サンシェードテント

ぱっと開くだけで組み立て不要、子供やアウトドア初心者でも簡単に設営できるポップアップ式ビーチテントです。 コンパクトでも、固定用のペグが6本付属し、風に強いのが特徴。 背面はメッシュ構造を採用し、通気性もよく快適。 紫外線保護指数は最上ランクのUPF50+と、UVカット効果が高く、紫外線から肌を守りたい人にも最適です。

  • サイズ
    • 使用時 幅150cm 奥行165cm 高さ110cm
    • 収納時 直径45cm
  • 重量 1kg
  • 材質 190Tポリエステル
  • フルクローズタイプ・ポップアップ式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ロゴス (LOGOS) Q-TOP フルシェード 200 71600503

Q-TOPジョイントの上げ下げだけで設営・撤収が簡単なワンタッチ式テント。 大型でファミリーにおすすめです。 フルクローズタイプですが、換気窓付きで風通しの良さを確保。 四隅には砂袋も装備し、風に強いのもポイントです。 日焼けが気になる人にも嬉しいUVカット生地を採用しています。

  • サイズ
    • 使用時 幅200cm 奥行150cm 高さ117cm
    • 収納時 直径12cm 高さ69cm
  • 重量 2.2kg
  • 材質 グラスファイバー、ポリエステルタフタ、PEラミネートクロス
  • フルクローズタイプ・ワンタッチ式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

コールマン (Coleman) クイックアップIGシェード 2000033132

慣れない人でも設営・撤収が簡単な、コールマンのポップアップ式テントを紹介。 風通しの良いメッシュ部分には防虫素材を、フロア素材には水の染み込みにくいポリエステルを採用。 こちらは2~3人に最適なサイズ感でフルオープン・フルクローズに対応。 ペグの他にも砂袋も付属し、風に強いのも魅力です。

  • サイズ
    • 使用時 幅200cm 奥行150cm 高さ125cm
    • 収納時 直径59cm 厚さ8cm
  • 重量 2.5kg
  • 材質 68Dポリエステルタフタ、ポリエチレン、スチール
  • フルクローズタイプ・ポップアップ式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ロウヤ (LOWYA) ポップアップテント ZMNZK_6SNZJS

大人が横になれるワイドな広さに前庭も付いた、ロウヤのポップアップテントです。 フルクローズ・フルオープンにもでき、自由度の高いメッシュスクリーンでさまざまな使い方が可能。 9色展開で、カラーによってUVカット率が異なっており、目的や好みに応じて選べるのもうれしいポイントです。

  • サイズ
    • 使用時 幅200cm 奥行180cm 高さ125cm
    • 収納時 幅60cm 奥行60cm
  • 重量 3kg
  • 材質 ステンレス鋼、ポリエステル
  • フルクローズタイプ・ポップアップ式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

モダンデコ (MODERN DECO) AND・DECO ワンタッチテント

本格的な仕様でも、フレームを広げてロックするだけのワンタッチセットアップがうれしい、ビーチでも山でも活躍するモダンデコのテントです。 フレームには風と錆に強いグラスファイバーを、テントにはUVカット率最大99%、耐水圧2000mm以上の生地を採用。 軽量・コンパクトに収納でき、キャリーバッグで持ち運びも便利です。

  • サイズ
    • 使用時 幅210cm 奥行210cm 高さ130cm
    • 収納時 幅80cm
  • 重量 3.5kg
  • 材質 ポリエステル、グラスファイバー
  • フルクローズタイプ・ワンタッチ式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 200cm 43500002

前面を閉めてフルクローズにしても前庭のシートが使える、広々設計のポップアップテントです。 UVカット率は95%以上、視線を遮りながらも風通しは良い両面メッシュで快適。 UVカットはもちろん、小雨程度なら凌げる耐水性の高い生地を採用し、高機能なビーチテントです。

  • サイズ
    • 使用時 幅200cm 奥行180cm 高さ135cm
    • 収納時 幅70cm
  • 重量 2.5kg
  • 材質 ポリエステル、スチール
  • フルクローズタイプ・ポップアップ式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

フィールドア (FIELDOOR) フルクローズサンシェードテント

ビーチやレジャーの日よけに最適な、フィールドアのファミリーサイズのポップアップ式テントです。 前後のメッシュスクリーンで風通しも抜群。 内部の空気を逃がすベンチレーション搭載で風に強いのが特徴。 風対策にはペグも8本付属し、しっかり固定できる仕様です。 フルクローズだから着替えも安心。

  • サイズ
    • 使用時 幅200cm 奥行180cm 高さ135cm
    • 収納時 直径63cm 厚さ11cm
  • 重量 2.5kg
  • 材質 ポリエステル
  • フルクローズタイプ・ポップアップ式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

ビーチやピクニックで涼しい日陰を作り、遮熱やUVカットに便利なビーチテント。 設営方法が簡単で、アウトドア初心者にもおすすめです。 今回は、コールマンやロゴスなどアウトドアメーカーのものを中心に厳選。 風に強いワンタッチタイプの商品も紹介しました。 コンパクトなものから大型サイズまで比較して、最適なビーチテント選びの参考にしてください。