イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

無機質な風合いがおしゃれなインダストリアルインテリアのレイアウト実例21選

素材のありのままを活かしたシンプルな美しさを持つ、インダストリアルインテリア。 無機質で無骨なその雰囲気から「男前インテリア」としても人気があります。

リノベーションやDIYの流行により、自宅を自分でアレンジする人が多い中、インダストリアルインテリアが気になるという人も多いでしょう。 今回はそんな人へ向けた、インダストリアルインテリアの実例21選を紹介します。 一口にインダストリアルといっても様々な雰囲気があるので、ぜひレイアウトの参考にしてみてください。

工業的でクールなインダストリアルインテリア

基本となる材質やデザインなどがわかるとコーディネートがしやすくなるので、まずはインダストリアルインテリアの魅力や特徴を見てみましょう。

インダストリアルインテリアとは

インダストリアル(Industrial)とは、「工業の~」「産業の~」「工業用の~」といった意味を持つので、インダストリアルインテリアを直訳すると「工業用の室内装飾」になります。

インダストリアルインテリアとは、機能性や洗練された見た目を追及したデザインのものを指します。 あれやこれやと華やかに飾り立てたデザインではなく、機能性を重視したシンプルなデザインのものをインダストリアルインテリアということが多いです。

1920年代、ヨーロッパを中心に上流階級の人々の間で、細かい切り絵のようなとても華やかなアールデコという美術様式が流行りました。 それに対して生まれたのが、機能性と実用性を持った素朴で庶民的なインダストリアルデザインです。

デザインが生まれたのは今から100年近く前のこと。 現在見るインダストリアルインテリアは自然とヴィンテージな香りを漂わせるものが多く、表現には「ユーズド感」「レトロ」という言葉も使われています。

インダストリアルインテリアの特徴

インダストリアルインテリアは、「無機質な素材」「シンプルな造形」「無駄のない加工」が特徴です。 例をいくつか挙げるとすれば、以下のようなものがあります。

  • 鉄パイプの脚+木材の座面を組み合わせたチェア
  • 配管をモチーフとした裸電球のペンダントライト
  • 倉庫を連想させるスチール素材のキャビネット
  • コンクリート打ちっぱなしの壁

鉄やスチールなどの金属、タイルやコンクリートといった「無機質」な素材に対し、革やファブリック、木材といった「機能的で自然な表情のある素材」を組み合わせているところが、インダストリアルインテリアの最大の特徴です。 飾りたてたものではなく、素材の持ち味を活かした素朴で自然なデザインが、「無骨でクール」「シンプルで機能的」「男前」だと、人気を集めています。

センスが光るインダストリアルインテリアのレイアウト実例21選

それでは、ここからセンスが光るおしゃれなインダストリアルインテリアの実例を紹介します。 大人気の「北欧テイスト」やアメリカの古い倉庫を思わせる「ブルックリンスタイル」とミックスした部屋、インダストリアルインテリアをとことん極めたクールでかっこいい部屋など、真似したくなるポイントがたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。

ホワイトレザーで垢抜けインダストリアルリビング

壁にはレンガ、床にはコンクリートが使われた無機質な空間。 チェアやソファ、照明やちょっとしたインテリアにホワイトを散りばめたことで、倉庫のようなリビングが垢抜けて見えます。 ブルーのベンチや花瓶、賑やかな丸いミラーやクッションカバーなど、所々に北欧テイストなインテリアを組み合わせているところがおしゃれです。 壁と床からにじみ出る大胆なインダストリアル感と、温もりを感じるインテリアとのバランス調整が上手な空間となっています。

ブルックリンスタイルとインダストリアルインテリアのミックス

レンガ調の壁やグリーン、ヴィンテージテイストな木材・革製品の古びた感じがおしゃれで気取らない「ブルックリンスタイル」がミックスされた空間。 スチールやキャスターといった無機質な脚が印象的な、インダストリアルインテリアをテレビ台、チェア、テーブル、照明と多く取り入れ、ナチュラルで気取らないラフな空間を演出しているところがおしゃれです。 無骨でクールな空間ですが、何時間でも寛いでいられるような、居心地の良い空間となっています。

いいアイデアが浮かんできそうな大人の作業部屋

いい音楽、いい詩、いいアイデアが生まれそうな、機能的でアーティスティックな、見通しの良いインテリア配置が素敵な部屋。 背の高い本棚、自転車、たくさんの壁掛け、仕切りの多い窓と、目を惹くアイテムがたくさん置いてありますが、なぜかすっきりとして見えるのは、鉄脚のレザーソファ、太い配管が通った暖炉、天井に見えるむき出しの配管、といったインダストリアルなインテリアで全て統一されているから。特に大き目の家具にインダストリアルな要素が強いところが空間の引き締めポイントです。 また、空間の色が白と黒のモノクロで統一されているのも空間の引き締めに一役買っています。

広い空間がインダストリアルインテリアをより引き立てる部屋

広々とした空間に直線と曲線の造形が目を惹く、インダストリアルなインテリアを配置したおしゃれな部屋。 チェア、テーブル、チェスト、丸いオブジェのカラーを大きな窓枠と同じ黒に統一し、広い空間の中でもひとつひとつのインダストリアルインテリアを際立たせているところが、より空間をシンプルで統一感のある造形に仕上げています。 さらには無機質なだけでなく、ラグやクッションに温かみのあるブラウンやベージュを取り入れ、自然な温度感を空間にプラスしているところも素敵です。

西海岸風がマッチグしたインダストリアル空間

カルフォルニアの海をイメージさせる西海岸風の爽やかな空間と、インダストリアルインテリアの相性は抜群。 天井の配管からすらりと伸びる重量感のある照明、撮影器具のような存在感抜群のスタンドライト、空間にビーチの香りを漂わせるサーフボードなど、ひとつひとつの小物がどこかクールで男前です。 まるで波のような木目の流れが異なる床と、鉄材を使用したシンプルなローテーブルの相性もまた空間に統一感を与えており、最高です。 ラフなビーチハウスにインダストリアルインテリアを加え、機能性や居心地をさらに良くしたような清涼感のある快適な空間です。

スマートな導線を確保したおしゃれなワンルーム

むき出しの配管にコンクリート、プロペラのようなファンライトがまさにインダストリアルな雰囲気を醸し出すリノベーションルーム。 雑誌で見かけるようなおしゃれなモデル空間の様ですが、実は暮らしの導線をきちんと考えてデザインされた機能的なワンルームです。 玄関扉を開ければすぐにリビングが広がっていますが、十分なスペースを確保した玄関には自転車も止められます。 アウターをハンガーにかけ、靴を脱いでフローリングを進んだら小上がりで少し休憩。 見通しのいい空間は誰がどこにいるか、何がどこにあるか一目瞭然です。 この機能性とシンプルさこそ、まさにインダストリアルスタイルといえます。

明暗・温冷の調整が上級な寛ぎ空間

テーブルとソファがポツンと置かれた様子はとても素朴で、インダストリアルな雰囲気を感じさせます。 また、空間を贅沢に使って置かれたインテリアからわずかに漂う哀愁を、グリーンや小物、水槽、オレンジの照明が温かく包み込む感じがとても素敵です。 コンクリートの壁、コンクリートの天井、機械的に伸びる配管が無骨でひんやりとした空間に、絶妙な明るみと温もりを与えた大人の寛ぎ空間となっています。

シンプルで機能的なおしゃれ空間

白を基調とした空間で、とてもシンプルに洗練された印象を受ける空間。 全体は北欧テイストにまとめられ、チェアやシェルフにインダストリアルインテリアを取り入れたメリハリのある空間です。 シンプルながら収納も多く、機能的で実用的。 ファー素材のチェアをポイントに取り入れ、シンプルな中にも温もりをプラスするなど、素材の取り入れ方もおしゃれです。

大人な雰囲気漂うヨーロピアンなインダストリアル空間

照明、家具、素材の組み合わせといい、全てがインダストリアルデザインに統一された空間。 レンガに囲まれたアーチ状の窓枠、大理石模様にも見えるコンクリート壁、重厚感のあるレザーソファから感じられるヨーロピアンな雰囲気もおしゃれです。 いくつもの間接照明を使用し、部屋の明暗にメリハリをつけているところもムードがあり素敵。また、グリーンを多数置くことで自然感のあるクールで落ち着いた雰囲気になっているところもポイントです。 ひとつひとつが存在感のあるインテリアですが、色調や素材を統一させることでまとまりと落ち着きのある空間を演出できるところが、インダストリアルインテリアの魅力でもあります。

素朴でモダンな快適空間

フローリング、天井、カウンター、テーブルを淡い木目調で揃えた、素朴で優しい快適空間。 テーブルとチェアには、木目と金属を組み合わせたオーソドックスなインダストリアルデザインをチョイスしたことで、王道なインテリアコーディネートが完成しています。 この部屋の魅力は王道のインダストリアルスタイルではなく、モダンかつ暖かみのある要素を取り入れて空間を調和させているところです。 アート作品のようなモダンなフレームに裸電球がつけられた照明とおしゃれなハンモックは、部屋のアクセントにもなっています。

飾り立てない美しさのお手本的空間

壁と天井が全面コンクリートで無骨な印象が強い空間も、透け感が美しいシアーカーテンとライトグレーを基調としたソファや小物で美しくまとめているところがおしゃれです。 空間の色味、素材感、インテリアのチョイス全てが融合し、飾り立てない美しさが上手に演出されています。 ブラウンのジャンボクッションと、黒いレザー調のチェアが部屋の雰囲気を程よく引き締めた、大人なインダストリアルスタイルです。

グレーを基調とした王道インダストリアルスタイルな空間

鉄やアルミなど、シルバー系の金属を連素させる「グレー」はインダストリアルインテリアでコーディネートする際の万能カラー。 部屋のインテリアをグレートーンにまとめるだけで、インダストリアルな雰囲気がグンと増します。そして、グレートーンの中に一つ二つ色を入れるとその色が引き立ち、空間をよりスタイリッシュに引き締めます。 グレーを基調としたシンプルな空間の中で、革アイテム、木目調、植物を組み合わせ、見た目の美しさや快適さを追及しているところがまたおしゃれです。

インダストリアルインテリアで綺麗にまとまった部屋

レンガの壁、木目フローリング、レザーソファ、レトロなキャスターテーブルの組み合わせがインダストリアルテイストなおしゃれ空間。 一見小物が多く賑やかにも見えますが、家具がひとつひとつシンプルで収納機能が高いため、ゴチャつかず綺麗にまとまっているところがインダストリアルインテリアならでは。 黒の窓枠と同じ色が所々に散りばめられているところも、部屋全体がすっきり統一されて見える秘訣です。

インダストリアルインテリアで作るかっこいい客間

レトロな喫茶店のような懐かしい雰囲気がおしゃれな空間。 二人掛けのレザーソファと、細い鉄脚が小さな空間でも威圧感を与えないインダストリアルなテーブルのコンビが絶妙です。 間接照明を上手に使って、木目調でまとめた部屋をダークトーンに落ちつかせ、心落ち着く空間を演出しています。さらには、向こう側が透けるレトロなパーテーションで、空間の狭さを感じさせないようにしています。 ちょっとした客間やスペースが限られた空間でも、機能的でシンプルなインダストリアルインテリアなら居心地の良いクールな空間を作ることができます。

綺麗なだけじゃない実用的で機能的なナチュラルリビング

淡い色の木目調家具、主役級の存在感を放つネイティブ柄のラグ、イエローのソファといった北欧テイストに、グレーのコンクリート壁やむき出しの照明、鉄と木材を組み合わせたインテリアを合わせることで、モダンかつ温もりのあるインダストリアルリビングに。 ナチュラルでシンプルに綺麗にまとまっているけれど、生活しやすい快適な機能性をきちんと備えた居心地の良いリビングとなっています。

モノトーンがかっこいいインダストリアルリビング

白と黒のモノトーン調がかっこいいインダストリアルテイストのリビング。 黒のレザーソファや黒のタイル、黒の扉に黒の窓枠と、所々に散りばめられたブラックがぼんやりとしがちな広く白い空間にメリハリを持たせ、部屋をクールに美しく見せています。 大きなファンライトやガラスのペンダントライト、色鮮やかなグリーンにのびやかな木目のフローリングなど、インダストリアルな雰囲気が洗練されるアイテムの取り入れ方もおしゃれです。

木目のバリエーションがユニークな部屋

フローリング、テーブル、チェア、ベンチ、テレビ台、植木鉢など、多くのインテリアに木材を使用している温もりのある空間。 なんといっても木目のバリエーションがそれぞれ異なるところがユニークでおしゃれです。 木目の色調や模様がバラバラでも、ブラックに塗装した金属素材で引き締めることで、空間全体にメリハリが出ます。 自然を思わせる木材が生み出すシンプルかつ素朴な雰囲気は、インダストリアルインテリアにぴったりです。

上級色使いで小物の多い空間もインダストリアルテイストに

くすんだ鉄のパイプ椅子とテーブルのセットはスクールを思わせるようでどこか懐かしく、豊富に飾られた英字ステッカーやロゴとの組み合わせはブルックリンスタイルやカフェ風な雰囲気です。 全体的に賑やかなようですが、大部分を白と黒、ダークブラウンの落ち着いた色味に統一し、まとまりとスタイリッシュ間のあるインダストリアルな空間に。 色使いと小物の使い方が上手なおしゃれリビングです。

むき出しがかっこいいワイルドなキッチン

仕上げ加工をしないむき出しのコンクリート壁、隠さない照明のコードリール、規則的に並べられた几帳面な調理器具たち。 全てをむき出しにしているのに、散らかった感じが全くしないところがインダストリアルテイストの魅力です。 ワイルドでかっこいいキッチンがまるでアートな空間に。 ありのままの素材を活かし、調理器具やダストボックス、コンロでさえもインテリアとして見せてしまうところがおしゃれです。 実に機能美と見た目の美しさを兼ね揃えた、インダストリアルテイストのお手本にしたいキッチンとなっています。

インダストリアルインテリアの特性を活かした部屋

イエローが印象的なデンマーク家具のチェアと、インダストリアルインテリアのコラボレーションがおしゃれな部屋。 寝室とリビングが一体となっている部屋ですが、細い鉄パイプが開放的な印象をもたらすオープン棚で空間を仕切ることで、メリハリのある居住空間になっています。 シンプルで機能性の高いインダストリアルインテリアの特性を活かした配置です。 また、窓枠、ベッドフレーム、オープン棚のフレーム、椅子の脚など、線として見える部分を全てブラックに統一しているところもおしゃれです。

もはや完璧クールすぎるインダストリアル空間

無機質、無骨、シンプル、クール、かっこいい、男前、美しいなど、インダストリアルインテリアの持つ魅力がぎゅッと凝縮された、完璧ともいえるインダストリアルな空間。 荒めの模様がハードな印象を受けるコンクリート壁に合わせて、重厚感のある黒のインテリアを合わせているところがおしゃれです。 1枚で存在感のあるアートパネルはシンプルな空間のアクセントになっており、露骨に飾り立てないインダストリアルな空間に程良い華をプラス。 ガラステーブルやさりげないグリーン、キッチンにこぼれる温かみのあるライティングがまた、シンプルでクールな空間に表情を与えていて素敵です。

まとめ

インダストリアルインテリアは、むき出しのコンクリート壁や配管、コードリール、鉄の脚や骨組みなど、ありのままの素材を自由に見せることができる究極のインテリアスタイルです。 機能性、実用性を重視し、シンプルでクールな快適空間をインダストリアルインテリアで作り上げてみてください。