6人向けボードゲーム8選 協力して盛り上がれるゲームも紹介

パーティーやアウトドア、旅行などで楽しめるボードゲーム。 遊べる人数はゲームによって異なりますが、せっかくなら大人数にも対応したゲームで遊びたいところ。 そこで今回は、6人向けボードゲームのおすすめを紹介します。 子供と一緒に遊ぶ時や大人だけで集まる時など、内容や対象年齢をチェックして盛り上がるボードゲームを見つけましょう。

6人で楽しめるボードゲーム

ホームパーティーで人が集まった時には、ボードゲームがあると盛り上がります。 しかし、ボードゲームはプレイ人数が決まっていることが多く、大人数だと遊べないことも。 そんな時は、6人でプレイできる大人数向けのボードゲームを用意しましょう。 友人や家族が6人集まった時に全員が参加できるボードゲームがあれば、きっと盛り上がるはずです。

6人向けボードゲームはどう選ぶ?

6人ボードゲームを選ぶ時にチェックしておきたいポイントを解説します。 協力プレイなどのゲームの内容やプレイ時間、対象年齢などを確認して選びましょう。

盛り上がる心理戦や協力プレイなど内容で

ボードゲームのプレイ内容はさまざまです。 心理戦で盛り上がれるものもあれば、メンバー同士で協力プレイできるものもあります。 また、大人が遊ぶ場合、飽きずに楽しみたいのであれば頭脳戦のボードゲームもおすすめです。 どんな内容なら盛り上がるのかを考えて選びましょう。

プレイ時間はどのくらいか

プレイ時間が短いものなら飽きにくいので、子供から大人まで幅広い年齢層で楽しめます。 ボードゲームをする時間がたくさんある場合やじっくり楽しみたい場合は、プレイ時間が30分以上など、長めのものを選ぶといいでしょう。

持ち運びやすさで選ぶ

旅行先やアウトドアなどでボードゲームをする時もあるでしょう。 自宅以外でボードゲームを使用するなら、持ち運びやすさも大切。 コンパクトサイズで軽量なものなら、荷物の多い旅行でも持ち運びに便利です。 小箱に入っているものだと細かいパーツがなくなりにくく運びやすいでしょう。

対象年齢をチェック

ボードゲームには対象年齢が記載されており、子供でも遊べるものと大人のみで楽しめるものがあります。 ゲームをする時のメンバーにあった対象年齢かどうかをチェックしておきましょう。 子供から大人までみんなで盛り上がる時は、対象年齢の低いものがおすすめです。

6人向けボードゲーム8選

ここでは、協力したり頭を使ったりして遊べる、6人向けボードゲームのおすすめを紹介します。 おなじみの人生ゲームや桃太郎電鉄をはじめ、さまざまなボードゲームを集めました。

ケンビル (KenBill) タイニータウン (Tiny Towns) 日本語版

棟梁が指示する資材を置いて建物を建築していくボードゲーム

タイニータウンは、4×4マスのボードに資材キューブを並べ、複数の資材を集めて建物を建築するボードゲーム。 1人のプレイヤーが棟梁となり、全員が配置する資材キューブの種類を決めます。 順番に棟梁が交代するので、自分が欲しい資材や相手の邪魔になるものを選ぶなどの駆け引きができるのも魅力。 1人~6人まで遊べ、プレイ時間も長めなのでじっくり楽しめるボードゲームです。

  • プレイ時間 45分~60分
  • 対象年齢 14歳以上

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アークライト (Arclight) ブラフ

サイコロの出目と個数を宣言してハッタリをかける心理戦ゲーム

ブラフは各プレイヤーが5個のサイコロを振って、出目の数と個数を宣言していくゲーム。 自分の出目は見せないので、ハッタリをかけて心理戦を楽しみます。 プレイヤーが順番にサイコロの出目と個数を宣言していき、前の人がハッタリを言ったと思えば、「ブラフ」と告げましょう。 その後、全員でサイコロの出目を見せ合い、間違っていたプレイヤーがサイコロを失います。 手持ちのサイコロがなくなった人から負け抜けていくゲームです。

  • プレイ時間 30分
  • 対象年齢 12歳以上

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

オインクゲームズ (Oink Games) テーブルゲーム 海底探険

潜水艦の酸素残量を確認しながら財宝を多く獲得するボードゲーム

海底探検は、潜水艦からスタートしてすごろくのように進めていくゲーム。 サイコロの目の数だけ進み、停まったマス目の財宝を持ち帰るかどうかを決めます。 進めるほどに大きな財宝を獲得できますが、全員で共有する酸素が減っていくのがミソ。 さらに、酸素がなくなる前に潜水艦に戻らなければなりません。 最終的にたくさんの財宝を持っている人が勝ちです。 協力したり裏切ったりするゲームが好きな人におすすめ。

  • プレイ時間 30分
  • 対象年齢 8歳以上

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

メビウス (Mobius) コンプレット (Completto) 日本語版 ボードゲーム

数字の書かれたタイルを昇順に並べていくボードゲーム

コンプレットはタイルに書かれた数字を昇順に並べていくゲーム。 最初に17枚のタイルを裏向きで並べ、新たに受け取った5枚のタイルを表向きにして順番に配置。 中央にあるタイルをプレイヤーが順に取って表にし、手持ちの裏向きタイルと交換します。 最終的に22枚のタイルが表向きになり、昇順になっていれば勝利です。

  • プレイ時間 30分
  • 対象年齢 8歳以上

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

オインクゲームズ トマトマト ボードゲーム

早口言葉で笑いが起こる子供から大人まで楽しめるゲーム

トマトマトは早口言葉を楽しむゲーム。 「トマト」「マト」「マ」「ト」と書かれた4種のカードが入っており、カードの言葉を繋げて読み上げます。 カードが増えるたびに読み上げが難しくなっていくのがこのゲームの醍醐味。 ここで言葉を噛んでしまった時、笑いが起こるのを楽しめます。 シンプルなルールですが、子供から大人までプレイでき、おしゃれなカードデザインも魅力です。

  • プレイ時間 約20分
  • 対象年齢 6歳以上

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

タカラトミーアーツ (T-ARTS Company,Ltd.) 桃太郎電鉄 昭和 平成 令和も定番!ボードゲーム

日本の地理や地名の勉強になる子供にもおすすめのすごろく型ボードゲーム

テレビゲームでおなじみの桃太郎電鉄のボードゲーム版。 プレイヤーが電鉄会社の社長となり、日本各地の物件を購入して資産の多さを競うすごろくです。 47都道府県の県庁所在地を目指すので、日本の地理や地名を学べるのが魅力。 子供と一緒に楽しみたい時におすすめです。 また、大人にとってもなじみ深い「桃鉄」なので、きっと盛り上がるでしょう。

  • 対象年齢 6歳以上

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

Sasuga 木製 六角 チェッカーゲーム ナチュラル

駒を移動させるシンプルなルールで小さい子供も遊べるゲーム

昔からなじみのあるダイヤモンドゲームの木製タイプです。 手持ちの色の駒を反対側の陣地にすべて移動できたら勝利となるシンプルなルールで、対象年齢も3歳のため子供から大人まで楽しめます。 耐久性のあるブナ材でできており、長く使い続けられるのも特徴。 また、子供には駒を使って図形を作る知育玩具にもなります。

  • 対象年齢 3歳以上

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

タカラトミー (TAKARA TOMY) 人生ゲーム 6人用

エリアの追加で飽きずに楽しめる定番のすごろく型ボードゲーム

ボードゲームで知る人も多い人生ゲーム。 億万長者を目指して進めるすごろく型ボードゲームです。 こちらの人生ゲームは、4つのエリアを追加できるのが特徴。 エリアの組み合わせ方によって人生のストーリーを変えられるので、飽きずに何度も楽しめるようになっています。 老若男女問わず参加できるので、どんなボードゲームがいいか迷った時にもおすすめです。

  • 対象年齢 6歳以上

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は、協力したり頭を使ったりして遊べる、6人向けボードゲームのおすすめについて紹介しました。 6人プレイができるボードゲームがあれば、家族や友人が多く集まった時に楽しめます。 ゲーム内容やプレイ時間、対象年齢をチェックしながら、遊ぶシーンやメンバーに合ったボードゲームを選びましょう。 デジタルゲームが主流の中、アナログのボードゲームもあると、きっと盛り上がるはずです。

関連記事