革製品のカビの落とし方 カバンや革靴、レザージャケットの手入れ方法も解説

レザーアイテムを含むコーデの写真
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

カバンや靴といった革製品にカビが生えてしまった経験がある人は多いでしょう。
革製品はデリケートなので、カビの落とし方に気をつけなければいけません。
そこで今回は、革製品についたカビの落とし方やおすすめの手入れグッズを厳選。
またカビ取りに役立つ家にあるものも紹介します。
カビの斑点や、カビ臭いにおいが気になるときはぜひチェックしてみてください。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

革製品にカビが生える原因

レザージャケットや革のブランドバッグ、革靴などにカビが生えたりカビ臭いにおいがしたりするのは、いくつかの原因があります。
まずはその原因を知っておきましょう。

カビが発生しやすい加工がされている

革製品によっては、カビが発生しやすい加工が施されている場合があります。
タンニンなめしの革製品は水分や油分を吸収しやすいため、特にカビが生えやすいです。

カビが発生しやすい場所で保管している

カビは湿度70%以上、気温20°C以上の環境で繁殖しやすくなります。
カバンやレザージャケット、革靴などをこのような条件の場所で保管していると、カビが発生しやすくなってしまいます。

革製品に皮脂や汚れなどのカビの栄養源が付いている

カビは皮脂やホコリ汚れなどを栄養源として繁殖します。
そのため、革製のバッグやレザージャケット、革靴を汚れたまま保管していると、カビが発生しやすくなります。

革製品のカビの落とし方

革製品のカビ取りは、なるべくダメージを与えないようにすることが大切。
また、完全にカビ臭いにおいやカビの斑点を取り除けない場合もあります。
ここからは、カビの手入れや落とし方を紹介します。

濡れふきんでカビを拭く

MichelleCoppiens / Pixabay

水で濡らして固く絞ったふきんでカビを拭き取っていきます。
カビの胞子が付いているかもしれないので、使用後のふきんは処分しましょう。
濡れふきんで服以外に、革製品用のブラシを使ってブラッシングする落とし方もあります。
カビの胞子を吸い込まないようにマスクを着用し、屋外でカビ取り作業をするようにしましょう。

革専用のカビ取りクリーナーを使用

革製品専用のカビ取りクリーナーは除菌効果があり、革製品でも安心して使えるので便利です。
クリーナーを乾いた布に吹きかけ、革靴やレザーバッグのカビを拭き取って手入れしていきます。
布で拭き取ったあと、クリーナーを全体に吹きかけてビニール袋に入れ、密閉した状態で1日置いておくと除菌効果が高まります。

日陰で乾燥させたら革用クリームを塗る

風通しのいい日陰で革製品をしっかり乾かしたら、革用のクリームを塗って手入れしていきましょう。
クリームは革製品に必要な油分を補い、表面をコーティングするのでシミ汚れや傷を防ぐ役割もあります。

家にあるものを使った簡単なカビ取り方法

革靴やカバンに付着したカビは、家にあるもので落とすことも可能です。
そこで、家にあるものでカビ取りする方法を紹介します。

クエン酸と重曹で落とす

家にあるものでカビ取りするなら、クエン酸と重曹を使った落とし方があります。
水100mlに対して小さじ1の重曹を溶かして重曹水を作り、布に浸み込ませてカビを拭き取っていきます。
次にクエン酸とオリーブオイルを1:1で混ぜたものを布につけ、まんべんなく塗ったら乾いた布で油分をしっかり落として終了です。
ただし、革に重曹が残ると乾いた際に結晶化することもあるので注意しましょう。

アルコールで雑菌

家にあるものの中でもアルコールは、除菌のために使用することが多いでしょう。
革製品のカビ取りとしてアルコールによる除菌効果が期待できますが、革製品のコーティングが剥がれたり、変色したりする恐れもあります。
どうしても家にあるもので革製品の除菌をしたい場合は、まずはアルコールを目立たない場所で試して変色しないことを確認してから全体へ使うようにしましょう。

消毒用エタノールで拭く

家にあるものの中だと消毒用エタノールもカビ取り剤として役立ちます。
やり方は、乾いた布にエタノールをつけてカビを拭き取り、その後天日干しをしてしっかり殺菌します。
最後に革製品用の保湿クリームを塗り、乾いた布で余分なクリームを拭き取れば終了です。
こちらも革が変色するリスクがあるので、まずは目立たない部分で試してから使いましょう。

カビが落ちない場合は革専門のクリーニングへ出す

自分でカビ取りを試してみても落ちない場合は、革専門のクリーニングに出すのがおすすめです。
また、ブランドバッグやレザージャケットのような高価な革製品は、間違った落とし方でシミになってしまうと大変です。
ブランドバッグにカビが発生したら、自分で手入れするよりクリーニングに出す方がいいでしょう。

カビ臭いときに消臭スプレーは使わない

カビ臭いにおいが気になる場合もあります。
その際に、消臭スプレーでカビ臭いにおいを消そうとするのはNG。
多くの消臭スプレーは革製品に使えないと書かれており、吹きかけた部分だけシミになってしまう恐れがあります。
どうしてもカビ臭いのが気になるなら、裏側からスプレーするなどシミが目立ちにくいようにしましょう。

カビを防ぐ革製品の手入れ方法

ブランドバッグやレザージャケットなど、大切な革製品は保管時にカビが生えないように手入れしておくことも大切です。
その方法を紹介します。

カバン・ブランドバッグ

革製の靴やブランドバッグにカビが生えないようにするには、保管方法に注意しましょう。
ブランドバッグに汚れがあるとカビのエサになってしまうので、まずはしっかり落としておきます。
雨に濡れた場合は、しっかり乾燥させてから収納しましょう。

ブランドバッグは購入時に不織布の袋に入っていることが多いので、その袋に入れて収納します。
収納スペースは除湿剤などを使って湿気を抑え、カバン同士の間隔を空けて保管してください。
また、長期間使用しない場合は、中に新聞紙を詰めるのがおすすめ。
新聞紙が湿気を吸収してくれます。

レザージャケット

レザージャケットも汚れを落としてから保管します。
まずホコリ汚れをはたいて落とし、皮脂が付きやすい首まわりや袖口は硬く絞ったタオルで拭きとります。
ハンガーに掛けてしっかり乾かしたらクローゼットに収納してください。

シーズンオフに収納する場合、しっかり汚れを落としたあと、革用の保護クリームを塗りよく乾かしてから収納しましょう。
またクリーニングに出した場合、ビニール袋に入れたまま保管するのはNG。
通気性が悪いので中に湿気が溜まって、カビの発生原因になってしまいます。
必ずカバーを外してから収納してください。

革靴

革靴も汚れと湿気がカビの原因になるため、履いたあとは靴用ブラシでホコリなどの汚れを払い落としておきます。
また、すぐに下駄箱へしまわず、一晩しっかり乾燥させてから収納しましょう。
長期間保管する場合は、ブラッシングしたあと靴用クリーナーを使って布で汚れを落とし、クリームを塗って栄養を与えてから収納します。

木製のシューキーパーを使えば、型崩れを防止しながら湿気を吸収するのでカビ予防になります。
また、月に1回は下駄箱の扉を開けっぱなしにして換気したり、除湿剤を置いたりして湿気対策もしておきましょう。

革製品のカビ取りアイテムおすすめ5選

革製品のカビ取りにおすすめのアイテムを紹介します。
除菌効果のあるカビ取りクリーナーや汚れを落とせるクリーニングローションなど、革製品用のメンテナンスグッズを集めました。

エム・モゥブレィ (M.MOWBRAY) ミニホースブラシ

革靴のホコリ落としやカビ取りに使える馬毛で作られたブラシ

こちらは革靴用のブラシです。
適度にやわらかい馬毛を使っているため、革靴の汚れ落としに役立ちます。
毛が細くて密度の高いブラシなので、縫い目の部分にも入り込みやすく、ホコリをしっかりかき出すことが可能。
ブラッシングでカビ取りしたいときにも使えます。

  • 外形寸法 高さ11cm
  • 材質 馬毛
楽天市場で見る amazonで見る700円 Yahoo!ショッピングで見る

エム・モゥブレィ (M.MOWBRAY) モールドクリーナーシート 2126

有機ヨード成分配合で除菌できるシートタイプのカビ取りクリーナー

こちらはシートタイプのカビ取りクリーナーです。
天然成分である有機ヨードが主成分のカビ取りクリーナーで革にやさしく、カビの細胞膜を壊して除菌することができます。
使い捨てシートのため、カビを拭き取ったあとそのまま捨てられるのもポイントです。

  • 容量 10枚入り
楽天市場で見る amazonで見る500円 Yahoo!ショッピングで見る

エム・モゥブレィ (M.MOWBRAY) モールドクリーナー 2060

革靴のカビを予防できるスプレータイプのカビ取りクリーナー

こちらはスプレータイプのカビ取りクリーナー。
スムースレザーだけでなく、スエードやヌバックにも使えます。
カビを拭き取ったあとにカビ取りクリーナーを吹きかけておくと、カビの再発防止に役立ちます。
シートタイプのカビ取りクリーナーとセットで使うのがおすすめです。

  • 容量 100ml
楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

コロンブス (Columbus) レザーキュア カビ用ミストプラチナ

革製品のカビ取りと予防に使えるスプレー式カビ取りクリーナー

革製品のカビ除去と予防に使える、コロンブススプレー式のカビ取りクリーナー。
布に吹きかけて革靴のカビを拭き取ったあと、革の表面にスプレーしておくことで抗菌剤が皮革に浸透し、カビの育成を抑えてくれる優れものです。

  • 容量 100ml
  • 成分 抗菌剤(有機系)、香料
楽天市場で見る amazonで見る1,231円 Yahoo!ショッピングで見る

サフィール (SAPHIR) クリーニングローション

栄養や光沢はそのままに汚れだけを落とす革用クリーニングローション

革用クリームの栄養や光沢を落とさず、汚れだけをしっかり落とすことができる便利なクリーニングローションです。
こちらのクリーニングローションは、革製カバンや革靴など革製品の汚れを落とすのに役立ちます。
汚れをクリーニングしてから磨いた際に、早く光沢を出すことができます。

  • 容量 125ml
  • 成分 カルナバワックス、有機溶剤
楽天市場で見る amazonで見る1,980円 Yahoo!ショッピングで見る

革製品の手入れアイテムおすすめ4選

次に、革製品の手入れに役立つおすすめアイテムを紹介します。
高価なブランドバッグなどは、手入れグッズでしっかりケアして長持ちさせましょう。

コロンブス (Columbus) レザーウェア用ミンクオイルスプレー

レザージャケットの滑らかさ保つミンクオイルスプレー

オイル仕上げのレザージャケットのケアに役立つオイルスプレーです。
ミンクオイルが皮革によく馴染み、レザージャケットのやわらかさや滑らかさをキープします。
浸透性に優れていてベタつかないのも使いやすいポイントです。

  • 容量 180ml
楽天市場で見る amazonで見る1,320円 Yahoo!ショッピングで見る

サフィール (SAPHIR) スムースレザーにしっとり潤いを与える ユニバーサル レザーローション

革製品に栄養やツヤを与えて汚れも落とせる手入れ用ローション

こちらはカバンや革靴など、スムース皮革製品全般に使える手入れ用ローション。
蜜蝋をベースとした天然成分が配合されており、革に栄養とツヤを与え、劣化やひび割れを防止します。
また汚れ落としにも使えるので、この1本で革製品の手入れが簡単にできて便利です。

  • 容量 150ml
  • 成分 ビーズワックス、ホホバオイル、ラノリン
楽天市場で見る amazonで見る1,980円 Yahoo!ショッピングで見る

花田 (HANADA) ラナパー (Renapur) レザートリートメント

革の油分を補って表面を保護してくれるトリートメント

蜜蝋やホホバオイルを配合した、革用トリートメントです。
革製品に必要な油分を補って、ワックス成分が表面を保護します。
また撥水効果があるため、革靴などに防水スプレーをかける必要がない点も便利。
本革だけでなく人工皮革や木、金属にも使用することができます。

  • 内容量 250ml
  • 材質 ミツロウ、ホホバ油、ワセリン、ラノリン
楽天市場で見る amazonで見る3,300円 Yahoo!ショッピングで見る

コロンブス (Columbus) レザーケアキット 革財布・バッグ・革小物ケア4点セット

防カビ剤配合のクリームと手入れ道具がセットになったレザーケアキット

革製品の手入れグッズを揃えたい人におすすめのキット。
馬毛ブラシ・スポンジ・クリーム・クロスの4点が含まれています。
ゼリー状のケアクリームは広範囲に塗りやすく、革に栄養やツヤを与えます。
また、防カビ剤を配合しているので、長期間保管する前の手入れにも最適です。

  • セット内容
    • ブリオ (Brillo) ケアクリーム 90g
    • テレンプ 1枚
    • クリーム塗布用スポンジ 1点
    • 馬毛ブラシ(小) 1本
楽天市場で見る amazonで見る3,080円 Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は、革製品のカビの落とし方やおすすめのカビ取りクリーナーなどを紹介しました。
革のカバンや靴にカビがついてしまったら正しい落とし方でクリーニングしましょう。
家にあるものなら重曹やアルコールなどが役立ちます。
カビ臭いときもカビ取りクリーナーできちんと手入れすれば臭いが軽減するかもしれません。
もし、カビが生えてしまった革製品があるなら、紹介した方法で手入れをしてみてください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる