セミダブルのロフトベッドおすすめ6選 ベッド下スペースを活用する方法も

一人暮らしや自室のスペースを有効利用するためにロフトベッドの購入を検討したことはありませんか。 もう少し収納スペースが欲しい、ソファを置きたいけれど場所がない…など、部屋が狭いと様々な悩みがでてきます。 そんな時、ロフトベッドを使えば、ベッド下に大きな空間が生まれます。 今回は、ロフトベッドの中からよりベッド上が広く、ペットと一緒でもゆっくり眠れたり、ベッド下の空間が大きいセミダブルサイズのおすすめロフトベッドのおすすめを紹介します。 セミダブルのロフトペッドは、ベッド下の空間も広いので、その秘密基地の様な空間を活かす方法も揃えて紹介するので、ぜひロフトベッド選びの参考にしてください。

ベッドの上も下も広々セミダブルのロフトベッド

セミダブルのロフトベッドは文字通り、ベッド幅が120cmのロフトベッドです。 セミダブルサイズのロフトベッドのメリットは、シングルサイズに比べ、ベッド上が広く、寝返りするスペースを広く取れたり、転落防止棚による圧迫感が少なくなります。 そのためシングルサイズのロフトベッドより、ゆったりと眠ることができます。 また、ベッドの下の空間もシングルサイズに比べて広くなるため、その空間を使ったインテリアコーディネートの幅が広がります。 シングルサイズだと入りきらない収納家具やソファなどの大型家具が入ったり、複数の家具が並べられるようになるのが魅力です。

広いベッド下の活用方法

セミダブルサイズのロフトベッドの広いベッド下空間を活かすアイデアを紹介します。 ロフトベッドを買うとき、ベッド下をどう活かすか買う前に、イメージを作ってからベッドを選ぶと失敗が少なくなります。

※ イメージ画像はシングルサイズのものも含まれています。

デスクを置いて作業スペースに

ハイタイプのロフトベッドなら、デスクを置いて作業スペースにすることができます。 イメージ画像の様に横方向にデスクを置いた場合、シングルサイズのロフトベッドだと奥行きが100cm程度で作業スペースとして使うにはやや狭いですが、セミダブルサイズだと120cm前後と広いデスクを使うことができます。

カラーボックスやロータイプの本棚などをデスクと一緒に配置すれば、お部屋の中にちょっとした書斎のような場所が作れます。 ベッド下にもともとデスクがついているロフトベッドもあるので、ベッド下を作業スペースとして使いたい人はそういったデザインのロフトベッドを選ぶのも良いでしょう。

タンスや本棚を置いて収納スペースに

ロフトベッドの下の部分にタンスや本棚を置けば、収納スペースを増やすことができます。 また、突っ張り棒を活用して洋服をかけるスペースを作ったり、カラーボックスを重ねてディスプレイラックにすることもできます。

セミダブルサイズのベッド下は広いのでタンスや棚をうまく配置するとウォークインクローゼットの様にもできるでしょう。 さらに、ロフトベッドの上側をベッドとして使わずに、収納スペースにとして使えば、お部屋の中にミニサイズのロフトを作ることができます。

ソファを置いてリラックススペースに

狭い部屋だと、ソファを置いて広々としたリラックススペースを取るのは難しいと思います。 ロフトベッドなら二人掛けソファをベッド下のスペースに置くことができます。 セミダブルサイズなら、すっぽりおさまって、照明が直接目に入らない少し薄暗いリラックススペースが完成。

セミダブルのロフトベッドの注意点

部屋に圧迫感を感じやすい

ベッドの上下が広々使えるセミダブルサイズのロフトベッドですが、セミダブル特有の注意点もあります。 まず、ロフトベッドはサイズが大きい家具なので、どうしてもお部屋に圧迫感を感じてしまいます。 特に、セミダブルになると奥行きが増え、実際に置いてみると予想以上に大きく感じがちです。 床から天井を見上げた時の空間が狭くなるので、より圧迫感を強く感じてしまいます。 もしお部屋を広く見せたいなら、「淡い色合いのベッド」「低いベッドや、高さが調整できるベッド」を選ぶと良いでしょう。

耐荷重がシングルサイズより低め

セミダブルの広さがあると、二人で寝たいと思う時もあるかもしれません。 セミダブルのロフトベッドは、シングルサイズに比べてスペースは広いですが、支柱の数には大きな違いがなく、むしろ支柱が離れているため、耐久性が低い傾向があります。 思わぬ瞬間にベッドが破損してしまうかもしれないので、セミダブルサイズのロフトベッドを購入するときは、耐荷重はしっかりと確認するようにしましょう。

シングルサイズより重い組み立て

セミダブルのロフトベッドは、シングルに比べてベッド幅だけでも100cmから120cmと20%大きくなります。 ベッド上を先に組み立てて持ち上げるタイプだと、数十kgのベッドを持ち上げることになります。 さらに、強度を高めるために補強が入っていると考えるとシングルサイズのロフトベッド以上に組み立てが大変です。

家具の組み立てが苦手な人や女性一人では組み立てが困難なことも少なくないので、手伝ってくれる友人を誘っておくか、組み立てサービスをつけられるものにするとよいでしょう。

セミダブルのおすすめロフトベッド6選

ロウヤ (LOWYA) ロフトベッド モンブラン

2段階に高さ調整できる、かっこいいスチール製のロフトベッド

ハイタイプとミドルタイプに高さ調節が可能な、ロウヤのスチール製のロフトベッドです。 ベッド下で過ごせるスペースをしっかり取りたい方はハイタイプに、天井までの距離をとって圧迫感を少なくしたい方はミドルタイプにするのがおすすめです。 また、側面にスチールネットが備わっており、ハンガーやフックなどをかけられるようになっています。 ちょっとした収納として活用できるのが嬉しいですね。 宮は左右に付け替えが可能でコンセントも可動式なので、ベッドの置き場所に合わせて付け替えることができますよ。

  • 外形寸法 幅232cm 奥行124cm 高さ180cm (ミドル時 高さ 151cm)
  • 床下高 143cm (ミドル時 114cm)
  • 重量 55.7kg
  • 耐荷重 120kg

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

インテリアオフィスワン 天然木 すのこベッド La・LuCe(ラ・ルーチェ) 木製ロフトベッド

圧迫感の少ないミドルタイプの木製ベッドはナチュラルインテリアに

床面からの高さが80cmでミドルタイプのナチュラルな雰囲気の木製のロフトベッドです。 ベッド下にカラーボックスやロータイプのタンスなどを置いて、収納スペースとして使いたい方にぴったりのセミダブルロフトベッドです。 高さが低めに設定されていることと、ベッドの色合いも白とナチュラルという淡い色合いなので、部屋に圧迫感を感じにくくなっています。 また、側面部分にフックがあるので、ちょっとした荷物をかけられるのも便利です。 木製の柔らかい雰囲気で、お部屋の雰囲気を壊さないベッドをお探しの方に最適なベッドです。

  • 外形寸法 幅128.8cm 奥行208.4cm 高さ126.5cm
  • 床下高 73.5cm
  • 静止耐荷重 150kg

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

インテリアオフィスワン (interior OfficeOne) アシュリー (Ashley) 木製ロフトベッド セミダブル 36112285

シンプルなデザインと見せる収納棚がおしゃれで使いやすい

ナチュラルデザインが魅力の木製ロフトベッド、アシュリーです。 小物を収納できる棚がサイドについているため、植物や本なども収納できます。 下の段にはマットレスを収納できるため、手軽に2段ベッドとして使えるのが特徴。 また、収納スペースとしても使えるため、空間を効率よく使えます。 自分のライフスタイルに合わせて使える、木製のロフトベッドが欲しい人におすすめです。

  • 外形寸法 幅202.5cm 奥行140cm 高さ160.5cm
  • 床下高 110cm
  • 静止耐荷重 100kg

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

モダンデコ (MODERN DECO) ロフトベッド パイプ セミダブル

スタイリッシュなスリムデザインは一人暮らしにもおすすめ

モダンデコが展開している、スタイリッシュなデザインのロフトベッドです。 プラックとホワイトの2色展開で、インテリアや自分の好みに合わせて選べます。 また、パイプでできたスリムなデザインなので、ロフトベッドの下にベッドを設置すれば2段ベッドとしても使えるのが特徴。 デスクを置けば勉強や作業用スペースにもできるので、学生の人にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅231cm 奥行123cm 高さ180cm
  • 床下高 143cm
  • 静止耐荷重 150kg

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

モームインテリア ステビア (Stevia) 階段付き木製ロフトベッド HT-0580SD

安定感のある収納付きの階段は昇り降りしやすく子供にも安心

モームインテリアが展開している、階段付き木製ベッド「ステビア」です。 温かみのある天然木が使われていて、ナチュラルインテリアともおしゃれに合わせられます。 ベッド下にはソファや学習机、収納などを設置できるので空間を有効活用できるのが特徴。 頑丈な作りになってるので、子供から大人まで幅広い年代で使えるのでおすすめです。

  • 外形寸法 幅253cm 奥行127cm 高さ173.5cm
  • 床下高 132.5cm
  • 静止耐荷重 100kg

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

山善 (YAMAZEN) 宮付き セミ ロフトベッド HMSL2-1021

パーツが少ないので部屋もすっきり見える! 宮付きのロフトベッド

山善のベッド下が115cmのミドルタイプ、140cmのハイタイプの2種類がある、スチール製のロフトベッドです。 左右に入れ替えられる宮は二口コンセント付きで、1500wまで使えます。 支柱と側面や背面のバー、下段のフレームに加え、床面を補強パイプで支えているので安定感があるのが特徴です。 さらに、はしごの角度が緩やかになっていること、サイドガードが33cmあって安心感があることもポイント。 安心感と安定感のあるロフトベッドをお探しの方におすすめのベッドです。

  • 幅112cm 奥行240cm 高さ177.5cm (ミドルタイプ 152.5cm)
  • 床下高 140cm (ミドルタイプ 115cm)
  • 重量 51.5kg
  • 耐荷重 90kg

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

いかがでしたか? 様々な機能性のあるセミダブルのロフトベッドの中から、お部屋に合いそうなベッドは見つかりましたでしょうか。 ロフトベッドと一口に言っても、スチール製のものや木製のもの、ベッドの高さなどさまざまな形のベッドがあり、こちらで紹介した以外にも様々なベッドの活用法があります。 ぜひ、皆さんのライフスタイルに合った活用方法を探して、快適なロフトベッド生活を実現させてみてください。

関連記事