イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

isofix対応のジュニアシートおすすめ9選 西松屋などコスパの良いシートも

乳児用や幼児用のチャイルドシートを卒業した子供が使用するジュニアシート。 中でも注目を集めているのが、手軽に使える「isofix」対応のジュニアシートです。 この記事ではisofix対応のジュニアシートの選び方やポイントについて解説。 また、isofix対応ジュニアシートのおすすめ商品も紹介します。 ジュニアシートへの切り替えを検討している人は、是非参考にしてください。

isofix対応のジュニアシートの付け方

ジュニアシートの取り付け方法は大きく分けて2タイプあります。 一つは、子供とジュニアシートを一緒に、3点のシートベルトで固定する「シートベルト」タイプ。 もう一つは、車に直接取り付け金具でジュニアシートを固定する「isofix」タイプです。 isofixタイプはisofix対応の車種でないと取り付けることができないため、確認しておきましょう。

付け方は自動車の取り付け金具にカチッとはめ込むだけで、簡単に取り付けできます。 また、より高い安全性を確保できるのもisofixタイプのメリット。 ただし日本とアメリカのisofixは規格が異なり、アメリカ基準のものは取り付けできないため注意が必要です。

isofix対応のジュニアシートの選び方

ここからはisofix対応のジュニアシートの選び方について解説します。 子供が安全かつ快適に使えるジュニアシートを選ぶために、ポイントをおさえておきましょう。

対象年齢や身長、体重を確認する

一口にジュニアシートといっても、対象年齢は商品によってさまざま。 気になる商品が何歳から使えるのか、必ず確認しておきましょう。 また子供は身長や体重も個人差があるため、使用する子供の身長や体重を考慮することも重要。 より安全に使っていくためにも、子供の体型に合ったものを選びましょう。 中には12歳頃まで使えるものもあるため、商品ごとにチェックしてみてください。

背もたれの有無で決める

背もたれのあるタイプなら体をしっかりと支えてくれるため、子供が寝てしまっても安心です。 長時間の使用でも疲れにくく、より高い安全性を確保できるのが特徴。 背もたれが着脱できるタイプなら、成長に合わせた使い方ができて便利です。 一方、背もたれがなく座面だけのものはブースターシートと呼ばれ、簡単に取り付けできるのが特徴。 コンパクトで手軽に使えるのが魅力ですが、背もたれがあるタイプに比べ安全性は低くなります。

安全性を必ずチェックする

子供が使うジュニアシートを選ぶ上で、安全性の高さは最も重視すべきポイントです。 安全性の高いジュニアシートを選ぶなら、国の安全基準を満たしているものを選びましょう。 見極めのポイントは、国土交通省が定めた安全基準をクリアしていることを示す「Eマーク」が付いていること。 このEマークが付いている製品は、安全性の高いジュニアシートといえます。

軽量、コンパクトだと扱いやすい

ジュニアシートは取り外したり、乗せ替えたりすることが多いはず。 軽量性やコンパクト設計であることなど、扱いやすさもチェックしましょう。 力が弱い人でも扱いやすいよう、軽くてコンパクトなものがおすすめです。 軽量モデルのジュニアシートなら、持ち運びもスムーズ。 ストレスなく扱えることも、使いやすさを大きく左右するポイントです。

リクライニングなどの付加機能

リクライニング機能付きのジュニアシートなら、子供が寝てしまった場合などにも便利。 車が揺れても頭が揺れないため、移動中も安心して寝かせておけます。 リクライニング機能の他にも、子供が快適に過ごせる機能が付いているかどうかも注目したいポイント。 ジュニアシートの付加機能はさまざまあるため、商品ごとにチェックしておきましょう。

サイベックスやレカロなどのブランド

サイベックスやレカロ、Joieなど、ブランドから絞り込むのも選び方の一つ。 知名度の高いブランドのものなら、信頼度も高く安心感があるためおすすめです。 また、西松屋のプライベートブランド「SmartAngel」など、コスパの良いジュニアシートもあります。 安い価格帯ながらも十分な機能を備えているため、コスパ重視で探している人は要チェックです。

isofixのジュニアシートおすすめ9選

ここからはisofixタイプのジュニアシートのおすすめ商品を紹介します。 サイベックスやレカロ、西松屋など、ブランドごとに特徴をチェックしながら、自分に合ったものを見つけてください。

レカロ (RECARO) ジェイワン デュオ プラス (J1 Duo Plus) ジュニアシート

チャイルドシートやベビーカーを展開している「レカロ」からジュニアシートを紹介します。 isofixでもシートベルトでも取り付けできるタイプのため、乗せ替えすることが多い場合も便利。 ヘッドサポートの位置は11段階に調節可能です。 3段階のリクライニング機能付きで、子供の成長に合わせて最適な使い方ができます。 レカロらしい2色のカラーも注目のポイント。 メッシュ素材のシートはカバーを外して洗濯できます。

  • 外形寸法 幅44cm 奥行56cm 高さ64cm
  • 重量 12.5kg
  • 適応体重 9kg~36kg
  • 対象年齢 1歳~12歳
  • リクライニング機能付き

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

チャイルド&ジュニアシートPZ isofix 回転式

子供の成長に合わせて使える「チャイルド&ジュニアシート」。 ジュニアシートとしてはもちろん、チャイルドモードでは後ろ向きと前向きどちらでも使えます。 ヘッドレストと肩ベルトは6段階に調節でき、常に最適な高さで使用可能。 フィット感のあるやわらか素材で、乗り心地も快適でしょう。 カバーやインナークッションは取り外して洗濯できるため、万が一汚れても安心。 カラーバリエーションは3色から選べます。

  • 外形寸法 幅46cm 奥行47cm 高さ63cm
  • 重量 10kg
  • 適応体重 15kg~36kg(ジュニアモード)
  • 対象年齢 3歳~10歳(ジュニアモード)
  • リクライニング機能付き

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

クレステラ (Crestella) デュアルフィットクルーザー (Dual Fit Cruiser) COR-0003

育児用品ブランドクレステラの「デュアルフィットクルーザー」。 isofixとシートベルトに対応した2way仕様のジュニアシートです。 ヘッドレストとサイドサポートにより衝撃を吸収し、頭と体をしっかりと保護します。 ヘッドレストは8段階に高さ調節が可能です。 また、肩ベルトの高さがヘッドレストの高さに連動。 通気性の良い3Dメッシュ生地やふんわりやさしいインナークッションなど、快適性能も充実しています。

  • 外形寸法 幅55cm 奥行50cm 高さ63cm~80cm
  • 重量 8.3kg
  • 適応体重 9kg~36kg
  • 対象年齢 1歳~11歳
  • リクライニング機能付き

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

日本育児 (nihon ikuji) トラベルベストEC Fix チャイルドシート ジュニアシート

安全性の高いベビーグッズを扱う日本育児の「トラベルベストEC Fix」。 一般的なジュニアシートに比べコンパクトで軽量なため、小型車に取り付けた場合も車内のスペースを広々と使えます。 大型ヘッドレストとショルダーサポートで、頭部と体を側面衝撃からしっかりサポート。 高い安全性を保ちながらも、手足を自由に動かしやすく、楽な姿勢で座れる設計になっています。 カラーバリエーションは3色展開です。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅40cm 奥行42cm 高さ64cm~69cm
    • 収納時 幅40cm 奥行45cm 高さ39cm
  • 重量 7.3kg
  • 適応体重 15kg~25kg(ジュニアモード)
  • 対象年齢 3歳~7歳(ジュニアモード)
  • リクライニング機能付き

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

サイベックス (cybex) ソリューション Z アイフィックス (Solution Z i-Fix) isofix対応 ジュニアシート

優れた安全性やデザイン、機能性を誇るサイベックスの「ソリューション Z i-Fix」。 対象年齢が3歳頃~12歳頃までと、長く使えるジュニアシートです。 ヘッドレストがリクライニングでき、子供が寝てしまった場合も頭が倒れにくくなり安心。 12段階の高さ調節と自動幅調節機能も搭載し、子供の成長に合わせて常に快適で安全に使えます。

  • 外形寸法 幅53cm~61cm 奥行40.5cm 高さ62.5cm~80.2c m
  • 重量 7.2kg
  • 適応体重 15kg~50kg
  • 適応身長 100cm~150cm
  • 対象年齢 3歳~12歳
  • リクライニング機能付き

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

西松屋 スマートエンジェル (SmartAngel) ハーネスジュニア FIX-BR

コスパが高い西松屋のプライベートブランド「SmartAngel」のジュニアシート。 isofixとシートベルトの両方に対応し、あらゆる車種に取り付けできます。 成長に合わせて1歳頃~11歳頃まで長く使えるロングユースタイプ。 連動しているヘッドレストと肩ベルトで、高さ調節も簡単にできます。 座面には低反発ウレタンを採用し、体への負担も軽減。 低価格ながらも優れた安全性と快適性なのがポイント。

  • 外形寸法 幅45cm 奥行45cm 高さ68cm
  • 重量 7kg
  • 適応体重 9kg~36kg
  • 適応身長 75cm~138cm
  • 対象年齢 1歳~11歳

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

ベビーゴー (BabyGo!) トラベルベスト ポータブルカーシート モンレーヴ プロシャン HO-003

1歳頃から11歳頃まで長く使える「モンレーヴ プロシャン」。 1歳頃から4歳頃まではチャイルドシートとして使用できます。 また3歳頃から11歳頃は本体のシートベルトを外して、車に付いているシートベルトを使用できる2way仕様。 コンパクトに折りたたむことができ、持ち運びもスムーズに。 5.5kgと軽量のため、他の車に乗せ替えするのにも便利です。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅43cm 奥行44cm 高さ68cm
    • 収納時 幅41.5cm 奥行44cm 高さ24.5cm
  • 重量 5.5kg
  • 適応体重 9kg~36kg
  • 対象年齢 1歳~11歳

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

マムズキャリー (MC) ハイバックFIX ジュニアシート ハイバック カーシート isofix 固定式

デニム調の生地がおしゃれなマムズキャリーの「ハイバックFIX」。 ヘッドサポートを子供の成長に合わせて調節できるため、3歳頃から11歳頃まで長く使えます。 低反発ウレタンとメッシュ生地で座り心地も快適。 シートは取り外して手洗いが可能なため、万が一汚れても安心です。 isofixに対応していない車種にも、3点式シートベルトで取り付けができます。 リーズナブルな価格なのも嬉しいポイントです。

  • 外形寸法 幅45cm 奥行45cm 高さ68cm
  • 重量 4.9kg
  • 適応体重 15kg~36kg
  • 適応身長 95cm~138cm
  • 対象年齢 3歳~11歳

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

カトージ (KATOJI) ジョイー (Joie) ジュニアシート ハイバックブースター トリロ (trillo) エンバー 38905

イギリスのベビーブランド「Joie」のジュニアシート。 isofixで簡単に取り付けできるのはもちろん、4.2kgと軽量モデルのため、乗せ替えや持ち運びも楽にできるでしょう。 ヘッドレストの高さは7段階に調節が可能。 子供の成長に合わせてベストな高さで使えます。 シートの両側には引き出し式のカップホルダー付きで、飲み物やちょっとした食べ物を入れるのにも便利です。

  • 外形寸法 幅47cm 奥行48.5cm 高さ70cm~84cm
  • 重量 4.2kg
  • 適応体重 15kg~36kg
  • 対象年齢 3歳~12歳

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

多くのメリットがあることから、注目を集めるisofix対応のジュニアシート。 より高い安全性を確保できることが大きなメリットです。 シートベルトタイプに比べて付け方が簡単なため、乗せ替えすることの多い家庭にもおすすめ。 軽量でコンパクトなモデルを選べば持ち運びも簡単にできます。 安全で快適にサポートしてくれるisofix対応のジュニアシートを導入して、子供とのドライブをより楽しみましょう。