ワークライト・作業灯おすすめ9選 マキタやジェントスの作業灯も紹介

出典:shop.r10s.jp

※本ページにはプロモーションが含まれています

ワークライトは作業灯とも呼ばれていて、暗所や夜間の作業場を明るく照らして快適な空間にしてくれる便利なアイテムです。
建設現場以外にも、ガレージやDIY、キャンプなどで活躍してくれます。
この記事では、ジェントスやマキタなどの有名メーカーが販売しているおすすめのワークライトを紹介。
スタンドやマグネット付きの便利なものや、取り付け方、選び方も紹介するのでぜひ参考にしてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

ワークライト・作業灯とは

ワークライトとは、作業灯とも呼ばれていて手元や周囲を明るくして作業しやすくしてくれます。
車用のガレージや建設現場など、さまざまなシーンで使えて便利です。
ワークライトは、形状や設置方法、明るさや給電方法などが商品によってさまざま。

設置が楽なスタンド付きのものやマグネット付きのものなど、自分が使いたい環境に合わせて選びましょう。
また、外での作業でも、防水性能が付いているものなら急な雨でも困る心配はありません。
ジェントスやマキタなど有名メーカーが多数展開しています。

車やガレージなどワークライトの活躍シーン

ワークライト・作業灯は、さまざまなシーンで活躍します。
重機やトラックの荷台に取り付けて、手軽に現場を明るく照らすことも可能。
また、夜間に車やバイクの整備をする時も、ガレージに設置すれば全体を明るく出来ます。
DIYやバーベキューの時も、充電式のワークライトなら電源不要でその場を照らしてくれるのでおすすめです。

ワークライト・作業灯の選び方

LEDや取り付け方法など、さまざまなポイントを解説するのでぜひ参考にしてください。

形状や取り付け方法で選ぶ

ワークライトは形状によって取り付け方法も変わってきます。
トーチや懐中電灯のようなタイプなら、手に持つだけと簡単です。
また、スタンドやマグネット付きのものなら置くだけと手軽に設置できます。
作業で手元に明かりが欲しい場合は、頭などの体に装着しておくヘッドライトタイプがおすすめです。
自分の使い方に合った形状や取り付け方法を選びましょう。

LEDなど電球の種類で選ぶ

電球の種類によって、明るさや電球の寿命、向いている作業などが異なります。
ワークライト・作業灯に使用される主な電球では、白熱電球が一般的で手に入りやすいです。
しかし、寿命が短めというデメリットがあるので注意しましょう。
蛍光灯は照らす範囲の調整がしづらいですが、影が出にくく細かな作業にも向いています。
電球の寿命を重視するならLEDがおすすめですが、初期費用が高くなる点には注意が必要です。

明るさや照射角度で選ぶ

電球を選ぶときに、明るさや照射角度もチェックしておきましょう。
明るさは、ルーメン(lm)で表記された数字をチェックすると分かりやすいです。
白熱球の場合は、明るさと消費電力が比例するため、ワット(w)で記載されていることもあります。
全体的か一方向、手元を明るくするために使いたいのかなど、照射角度も同時にチェックしておきましょう。

充電式など給電方法や使用時間で選ぶ

コンセントや充電式など、作業灯の給電方法もしっかり確認しておきましょう。
コンセントはパワーが強く、電池切れなどの心配がないのがメリットです。
しかし、屋外でコンセントがない場所では使えないというデメリットもあります。
一方、充電式は場所を気にせず使えるのがメリット。
種類によって連続使用時間が違うので、使うシーンに合わせて確認してから購入しましょう。

使用場所に合う電圧を選ぶ

ワークライトの電圧は、基本的に100Vと200Vに分かれています。
100Vと200Vを兼用で使える便利なワークライト・作業灯もあるのでチェックしましょう。
100Vは一般的な家庭のコンセントで使えます。
また、200Vはコンセントの形状が100Vとは異なるため、家庭のコンセントでは使用できない可能性が高いです。
同じ200Vでも三相200V、単相200Vと種類があるため、購入前に確認しておきましょう。

防水タイプなら安心

車のメンテナンスやバーベキューなど、屋外で使用する作業灯を探している人は、防水仕様のワークライトがおすすめ。
防水仕様のものなら、キャンプやガーデニングなどで使用する時に急な天候の変化が起こっても安全です。
屋内用のワークライトを探している人も防水仕様のものを買っておけば、災害時などもしもの時にも対応できます。

マキタやジェントスなど日本メーカーで選ぶ

ワークライトはマキタやジェントスなど、さまざまなメーカーが展開しています。
日本のメーカーなら品質面でも安心です。
メーカーによってはサポートセンターが設置されているとこもあるので、修理や緊急時にも役立ちます。

ワークライト・作業灯おすすめ9選

おすすめのワークライト・作業灯を紹介します。
LEDや充電式のもの、車のガレージにぴったりなものなど、さまざまな種類を紹介するので参考にしてください。

ヘッドライト 充電式 LED ヘッドランプ ワークライト

明るさと軽量に特化したヘッドライト

釣りや車のメンテナンスなど、細かな作業に使えるワークライトを探している人におすすめの充電式ヘッドライト。
明るさの調整ができるLEDライトを搭載していて、最強モードでは300ルーメンと非常に明るいのが魅力です。
簡単な操作で夜や暗所での作業をサポートしてくれます。
防水仕様で、天候を気にせず使えるのでおすすめです。

  • 外形寸法 幅6.5cm 奥行4cm 高さ4cm
  • 重量 73g
  • 給電方法 バッテリー(USB)
  • 使用時間 4時間~30時間
  • 電球 LED
  • 明るさ 300ルーメン
  • 防水 IPX5

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

ホルシス (HORUSIS) チャージランプ (CHARGE LAMP) CL-S

最高レベルIP68の防塵防水性能

緊急時には携帯の充電器としても役立つホルシスのチャージランプです。
地面に置いたり、手持ちで使ったりと、さまざまなシーンで活躍します。
別売りのマルチベルトを使えば、フェンスや荷台などにぶら下げて使えるので便利です。
水深2mまで使える完全防水仕様なので、雨の日や水辺での作業でも安心して使えます。
災害グッズとしても使えるので、もしもの時のために用意しておくのもおすすめです。

  • 外形寸法 幅3.6cm 奥行3.6cm 高さ14.3cm
  • 重量 145g
  • 給電方法 バッテリー(MicroUSB)
  • 使用時間
    • 強 8時間
    • 弱 60時間
  • 電球 LED
  • 明るさ 100ルーメン
  • 防水 IP68

楽天市場で見る
amazonで見る4,400円
Yahoo!ショッピングで見る

ワンズショップ ワークライト ハンディライト LED USB

さまざまなシーンで使える角度・明るさ調整機能付き

操作性に優れたハンディタイプとワークライトです。
重量も軽く女性でも扱いやすい仕様になっています。
給電方法もUSBバッテリー式なので、コンセントのない環境でも使いやすく照明がない場所でも明るく照らせるのが特徴。
底面にはマグネットが付いているため、どこかに貼り付けて両手で作業も可能。
ライト部分の角度調整もできるので、狭い場所で作業する時にも活躍してくれるのでおすすめです。

  • 外形寸法 幅3.5cm 高さ37.5cm
  • 重量 193g
  • 給電方法 USB充電
  • 使用時間 10時間
  • 電球 LED
  • 明るさ 450ルーメン

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

グッド・グッズ (GOODGOODS) LED作業灯 LD27F

+、-配線するだけで簡単に接続できる

9個のLEDで非常に明るいグッドグッズの作業灯です。
対応電圧が12V-13Vなので、100Vの一般的な家庭電圧には絶対に繋げないようにしてください。
キャンプなどのシーンで、車のバッテリーに接続すれば、夜間でも明るい環境にしてくれます。
また、防水仕様で使用可能温度が約-20°C~45°Cと幅広く、電源は必要ですが屋外での使用におすすめです。
割れにくく丈夫な、ジュラルミンとアクリル樹脂で作られています。

  • 外形寸法 幅11.2cm 奥行5.5cm 高さ15.5cm
  • 重量 500g
  • 給電方法 DC
  • 電球 LED
  • 明るさ 2300ルーメン
  • 照射角度 60度
  • 電圧 12V、24V
  • 防水 IP67

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

アイリスオーヤマ (IRIS OHYAMA) LEDクリップライト ILW-165GC2

虫が集まりにくく紫外線や赤外線をほとんど出さない

クリップで固定して使うアイリスオーヤマのLED電球の作業灯です。
寿命が40,000時間と長く、長期間で連続使用する予定のある作業などに向いています。
充電式や防水仕様ではないため、屋内作業向きです。
また、一般家庭用のコンセントで使える100Vに対応しています。
ガレージでの車作業や、DIY作業のために明るい作業灯を探している人におすすめです。

  • 外形寸法 幅12.5cm 奥行14cm 高さ30cm
  • 重量 790g
  • 給電方法 AC
  • 電球 LED
  • 明るさ 1600ルーメン
  • 照射角度 220度
  • 電圧 100V

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

アイリスオーヤマ (IRIS OHYAMA) LEDクランプライト LWT-2000C

色ムラが無い昼光色で作業がしやすい

アイリスオーヤマのLEDクランプライトです。
アイリスオーヤマの作業灯は、工事現場や建設現場などでもたくさん利用されています。
防水仕様にもなっているため、電源は必要ですが夜間の屋外作業にぴったりです。
また、電球の寿命も長く、ストレスなく使えます。
照射角度が110度と広いため、広範囲の作業場でも均一に明るくできるのでおすすめです。

  • 外形寸法 幅17cm 奥行11.6cm 高さ46.7cm
  • 重量 2010g
  • 給電方法 AC
  • 電球 LED
  • 明るさ 2000ルーメン
  • 照射角度 110度
  • 電圧 AC100V
  • 防水 IP65

楽天市場で見る
amazonで見る5,827円
Yahoo!ショッピングで見る

ジェントス (GENTOS) Ganz 光器シリーズ ワークライト GZ-300

多重影ができにくく照射範囲が広くて使いやすい

内蔵充電池とコンセントからの給電の両方が使えるジェントスの便利なワークライトです。
小型ですが照射距離が約60mと、高いスペックを持っています。
また、ハンドルは向きが変えられて、手持ちでもスタンドでも使えるのが特徴です。
1mの落下耐久試験も行われていて、丈夫な作りになっています。
防水防塵機能付きで、急な雨や災害時にも役立つのでおすすめです。

  • 外形寸法 幅17.2cm 奥行7.5cm 高さ12.2cm
  • 重量 616g
  • 給電方法 AC
  • 使用時間
    • HIGHモード 2時間
    • ECOモード 5時間
  • 電球 高輝度白色COBLED
  • 明るさ 1200ルーメン
  • 照射角度 65度
  • 防水 IP64

楽天市場で見る
amazonで見る5,180円
Yahoo!ショッピングで見る

日立工機 (HiKOKI) コードレスワークライト UB18DGL(S)

強モードで250ルクス/1mの高輝度を実現

約15°刻みで上下120°の角度調整ができる日立工機のコードレスワークライトです。
照らしたい部分をピンポイントに狙ってしっかり明るくしてくれます。
白色LEDは強、弱モードの2段階で明るさが調整できて、最大11.5時間という長時間の連続使用も可能です。
蓄電池で充電して使えるほか、一般家庭用の100Vのコンセント給電にも対応していて、シーンに合った使い方ができます。

  • 外形寸法 幅25.6cm 奥行19.8cm 高さ25.2cm
  • 重量 740g
  • 給電方法 AC
  • 電球 白色LED
  • 使用時間 最大11.5時間
  • 電圧 AC100V

楽天市場で見る
amazonで見る8,655円
Yahoo!ショッピングで見る

マキタ (makita) 充電式スタンドライト ML811

防眩フィルム付きでライトが眩しい場合でも安心

マキタの充電式スタンドライトです。
地面に置くことはもちろん、別売りの三脚を使ってスタンドライトとしても使えるタイプ。
明るさは3段階で調節可能で、シーンによって自由に調節できるのが魅力です。
コンセント以外にも、別売りのバッテリーを買えばコードレスでも使えます。
防水仕様なので、雨天時の外の作業でも安心して使えるのでおすすめです。

  • 外形寸法 幅30.2cm 奥行24.9cm 高さ27.1c
  • 重量 4.1kg
  • 給電方法 リチウムイオンバッテリー(別売)
  • 明るさ
    • 弱 750ルーメン
    • 中 1500ルーメン
    • 強 3000ルーメン
  • 防水 IP65

楽天市場で見る
amazonで見る19,800円
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

ジェントスやマキタなど有名メーカーが展開しているおすすめのワークライトを紹介しました。
LEDのものなら明るく、充電式なら場所を選ばず使えて便利です。
車を修理するガレージやキャンプなど、さまざまなシーンで使えます。
商品によって給電方法や明るさなどが異なるため、スペックを確認して選ぶことが大切です。
この記事を参考に、お気に入りのワークライトでアウトドアや、DIYなど趣味の世界を広げてみてください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる