イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

こたつ用天板おすすめ8選 無垢材を使ったおしゃれな天板や自作方法も紹介

寒い時期に活躍するこたつは、使っていくうちに天板の傷や汚れが気になることも。 一式買い替えるとコストも時間も大幅にかかるため、天板のみを買い替えたりリメイクしたりするのがおすすめです。 今回はDIYが苦手な人やすぐに買い替えたい人におすすめの、通販で買えるこたつの天板を紹介。 正方形や無垢材といった選び方、マットやネジで固定する方法も解説します。 DIYしたい人は自作例も参考にしてみてください。

こたつの天板のみを買い替えるメリット

こたつの寿命は、仕様にもよりますが一般的に10年ほどとされています。 こたつ本体が故障していなくても天板の傷や劣化を直したい、色やデザインなど印象を変えたい時もあるでしょう。 そんな時は天板のみを買い替えるのがおすすめで、通販サイトで正方形や小さめの75cmサイズ、無垢材などが選べます。 DIYは苦手だけどおしゃれなデザインにしたい人、適したサイズが分からない人はオーダーメイドの商品も要チェックです。

こたつの天板を選ぶポイント

まずは、こたつの天板を選ぶ時に知っておきたいポイントを紹介します。 正方形に変えたい、無垢材でインテリアを統一したいなど、自分の理想に合う天板を選びましょう。

設置場所やこたつに適したサイズ

こたつの天板のみを買い替える時はこたつに合うサイズはもちろん、設置場所に合う大きさであることが大前提。 6畳前後の部屋で使う一人用なら75cmから90cmほどの正方形、2人用なら100cmから120cmほどの幅がある天板がおすすめです。 設置場所を圧迫しないサイズのこたつ天板を選びましょう。

正方形や長方形などの形に注目

正方形や長方形、円形などの形がある天板。 使用しているこたつに合うデザイン、使いやすい形の天板を選びましょう。 こたつの印象を変えたい、角を今より丸くしたいなどのこだわりがあるなら天板のみをオーダーメイドするのもおすすめです。

無垢材など風合いにこだわる

無垢材は木の丸太からそのまま切り出した木材で、天然木本来の木目や風合いが魅力。 個性があるため適材適所に使う工夫、熟練の職人による見極めが必要な木材でもあります。 角材を合わせた一枚板の集成材は無垢材よりも反りが少なく、木目の印刷紙を貼るプリント合板は安価なのが特徴。 好みの風合いを選んでみてください。

塗装の種類もチェックする

こたつの天板のみを買い替える時は、塗装にも注目しましょう。 経年変化を止めるウレタン塗装は反りやひび割れが起こりにくく、水に強いため汚れた時に水拭きしやすいのもメリット。 摩擦や液体、熱に強いUV塗装は耐久性があり環境に優しいのが魅力です。 使い方に適した塗装の天板を選んでみましょう。

インテリアに合うカラーを選ぶ

こたつの天板のみを買い替えるならカラーにもこだわりましょう。 濃い色でアンティーク調にまとめたり、北欧風のインテリアに白の天板を合わせたりとおしゃれに演出できます。 落ち着いた雰囲気の部屋に明るい色の天板を取り入れて、アクセントにするのもひとつのアイデア。 使い勝手の良いリバーシブルタイプもおすすめです。

こたつ天板を固定する方法

こたつの種類にもよりますが、ほとんどのこたつはネジで天板を固定できる構造になっています。 ただし、ネジでの固定方法をとる場合はネジを通すためにこたつ布団に穴を開けることが必要です。 より簡単に固定する方法として、ホームセンターなどで購入できる滑り止めマットを活用するのもおすすめ。 天板の裏に広範囲にマットを貼り付けて固定する方法で、こたつ布団に穴を開けずに済むのもメリットです。

こたつの天板おすすめ8選

無垢材やUV塗装、おしゃれなカラーなど、通販で買えるおすすめのこたつ天板を紹介します。 リメイクや自作をしたい人もアイデアの参考にしてみてください。

セサミ (SESAMI) リバーシブルこたつ天板 こたつ 天板のみ 円形 KTT80C

セサミから販売されている、リバーシブルタイプのこたつ天板。 こちらは幅、奥行ともに80cmの円形で、一人暮らし用のこたつに合わせたい人に適しています。 北欧テイストの部屋にも合うオークホワイト、落ち着いた印象のブラウンなど3種類の組み合わせが選べるのも魅力です。

  • サイズ 幅80cm 奥行80cm 厚さ1.9cm
  • 重量 7kg
  • 材質 合成樹脂化粧繊維板(PVC加工)

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

KKG 取り替え天板 120 こたつ天板 テーブル板 コタツ天板 120×80 長方形 BR KT-14-M39-062702

KKGから販売されている、長方形のこたつ天板を紹介。 耐久性が高く、摩擦や熱に強いUV塗装が施されているため長く使えるのが魅力です。 口コミでは安全に使えるゆるやかな丸みの角、落ち着いた色合いなどが高く評価されています。

  • サイズ 幅120cm 奥行80cm 厚さ2.7cm
  • 重量 8.7kg
  • 材質 MDFダイレクト印刷(UV塗装)

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

セサミ (SESAMI) こたつ 天板のみ 長方形 リバーシブルこたつ天板 北欧 おしゃれ KTT120S

セサミのリバーシブル天板の長方形タイプも要チェック。 一人用としてもゆったり使える120cm幅、奥行80cmのサイズで食卓用のこたつとしても活躍します。 北欧テイストの部屋に合うデザインの天板を探している人にもおすすめです。

  • サイズ 幅120cm 奥行80cm 厚さ1.9cm
  • 重量 12.5kg
  • 材質 合成樹脂化粧繊維板(PVC加工)

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

ヤマソロ (YAMASORO) こたつ天板 こたつ用天板のみ 長方形 木製 リバーシブル 82-722

インテリア雑貨メーカーのヤマソロから販売されている、長方形のこたつ天板です。 10kg超えのしっかりとした重みで、使用中にずれにくいのも注目ポイント。 明るい印象のビーチと深みのあるウォールナットのリバーシブルで、気分によって変えられるのもメリットです。

  • サイズ 幅120cm 奥行80cm 厚さ1.8cm
  • 重量 11kg
  • 材質 MDF(ポリ加工)

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

萩原 (HAGIHARA) コタツ天板 長方形 KT-507-105

インテリアや家具の企画から製造、販売までを一貫して行う萩原のこたつ天板。 幅105cm、奥行75cmサイズの長方形で一人用のこたつにも適しています。 耐久性に優れたUV塗装ながら、プリント繊維版を使用しているため1万円未満で購入できるのも魅力です。

  • サイズ 幅105cm 奥行75cm 厚さ3cm
  • 重量 6.5kg
  • 材質 プリント繊維板(UV塗装)

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

片面こたつ天板 こたつ天板のみ こたつ板 90×90cm 正方形 ケヤキ

ケヤキを使用した、しっかりとした厚みのある正方形のこたつ天板です。 反りやひび割れを起こしにくく、水に強いウレタン塗装のため汚れた時に手入れしやすいのも強み。 ケヤキ独特の木目を楽しめる逸品で、6畳ほどの部屋で使うこたつに適したサイズです。

  • サイズ 幅90cm 奥行90cm 厚さ4cm
  • 重量 5.5kg
  • 材質 ケヤキ(ウレタン塗装)

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

エツカインターナショナル (Etsuka International) こたつ天板のみ 80 こたつ天板 こたつ テーブル 正方形

エツカインターナショナルから販売されている正方形のこたつ天板です。 こちらは80cm四方のサイズで一人用のこたつにぴったり。 経年変化を止めるウレタン塗装のため変色の心配がなく、水拭きで手入れしやすいのも特徴。 口コミでは高級感のある落ち着いた色味や、コストパフォーマンスが高く評価されています。

  • サイズ 幅80cm 奥行80cm 厚さ3cm
  • 材質 プリント紙化粧繊維板(ウレタン塗装)

楽天市場で見る

キャンドール (can-doll) テーブル 天板のみ 天板 サイズオーダー 手作り こたつ

一人用から家族用まで、様々なサイズのこたつに対応可能なオーダーメイドの天板です。 北欧パインやオークといった無垢材を選ぶことができ、追加料金で円形を指定することも可能。 デザインにこだわりたい人、無垢材の天板が欲しい人におすすめの逸品です。

  • サイズ
    • パイン 幅75cm~240cm 奥行75cm~120cm
    • アルダー、オーク、ウォールナット 幅75cm~180cm 奥行75cm~90cm
  • 材質 無垢材(北欧パイン、アルダー、オーク、ウォールナット)

楽天市場で見る

DIY好きに! 天板のリメイク・自作方法

ここからはDIY好きの人向けのこたつ天板のリメイク方法、自作例を紹介します。 上級者は、天板のみを釘やネジで固定する方法も参考にしてみてください。

リメイクシートでおしゃれに仕上げる

低価格で簡単にリメイクするなら、天板にリメイクシートを貼るのもひとつ。 こたつの形やサイズに合わせてカットでき、デザインが豊富なためこたつの印象を変えたい時にもおすすめです。 食卓用のこたつ天板に貼るなら、防水性に優れたラミネート加工のリメイクシートが使い勝手が良いでしょう。

天板を研磨、再塗装する

天板の木目を活かしながら、傷や色味を修正したい人は研磨や塗装をしてみましょう。 天板をやすりがけして表面の塗料を剥がしてから、ウレタンニスなどでコーティングしてみてください。 気軽にDIYしたい人にもおすすめで、つや消しやつや出し、着色タイプなど好みの塗料で仕上げられるのも魅力です。

ベニヤ板にSPF材を釘打ちして固定する

DIY上級者は天板自体を自作するのも良いでしょう。 SPF材をベニヤ合板に釘やネジで固定して一枚板にした後、ワトコオイルを塗る方法などが一例です。 仕上げとしてステンシルプレートを転写するのもおしゃれ。 天板を自作してみたい人はDIYの達人が紹介している作り方のサイト、動画も参考にしてみてください。

まとめ

今回は、こたつ天板の選び方やおすすめ商品、マットやネジで固定する方法を紹介しました。 こたつを一式買い替えなくても、天板のみを購入しておしゃれにアレンジすることができます。 DIY初心者の人はリメイクシートを活用したり、上級者はベニヤ板で天板を自作したりするのも良いでしょう。 天板のみを購入する場合は紹介した選び方や口コミも参考にして、快適に使えるこたつ天板を探してみてください。