イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

スロージューサーおすすめ12選 価格などを比較し口コミで人気の商品も紹介

ゆっくりと食材を絞り出す低速ジューサー。 栄養効果を取り入れやすいスロージューサーは、健康志向やダイエット中の人におすすめのアイテムです。 この記事では低速ジューサーの選び方を解説し、作り方が簡単で口コミ人気の高い商品を紹介。 本体価格や、栄養効果を効率よく取り入れるにはどちらが適しているかなど、高速タイプのジューサーとも比較していきます。

ダイエットに取り入れたいスロージューサー

高速タイプと比較して1分ごとの回転数が少ない低速ジューサー。 動作音も高速タイプと比較すると静かで、熱が発生しにくくく栄養素の破壊が少ないのが特徴。 低速ジューサーは、ダイエット中で栄養バランスに悩んでいる人におすすめです。 例えば加熱によって破壊され、水に流れ出る性質を持つ水溶性ビタミン。

美肌効果が期待できる水溶性ビタミンは、生のほうれん草をそのままジュースにすれば効率的に摂取できます。 鉄分の多い小松菜などは、果実とジュースにすれば飲みやすい上に、果実に含まれるビタミンCには鉄分の吸収率を高める効果も。 ダイエット中のむくみ解消に効果的なカリウムを含む、トマトやバナナをジュースにするのもおすすめです。

スロージューサーのメリット・デメリット

低速で絞り出すスロージューサーは、食材の栄養効果を効率よく取り入れられる点がメリット。 一方、高速タイプのジューサーと比較すると、作るまでに時間がかかり、本体価格が高くなりがちな面も。 多少手間をかけても食材の栄養素をしっかり取り入れたい人におすすめです。

低速ジューサーの選び方

動作音や洗いやすいかどうかなど、低速ジューサー選びのポイントを紹介。 作り方のレシピが多いクッカー機能付きなら、毎日の献立作りにも役立ちます。

縦型や横型など形で比較する

低速ジューサーは、キッチンの収納スペースに収まる形状のものを選びましょう。 スリムタイプや横幅が広いタイプなど種類が豊富にあるため、サイズを比較するのがおすすめです。 また、投入口が広いタイプは大きめの食材も投入しやすく、食材カットの時間を短縮したい人にぴったりです。

動作音が気になるなら静音タイプを

朝や夜など家族が寝ているうちに作りたい、マンションで音が気になるという人は、音を抑えた静音タイプを選ぶのがおすすめ。 音の大きさがよくわからない人は、実際に使用した人の口コミなども参考にしてみると良いでしょう。

忙しい人はジュースの搾汁時間も要確認

低速ジューサーは、高速タイプと比較すると出来上がりまでに時間がかかります。 朝出かける前に手短にジュースを作りたい、朝ごはんと一緒に飲めるようにさっと準備したいという人は、ジュースの搾汁時間もチェックしましょう。

対応レシピや作り方が豊富だと便利

ジュース以外の作り方に対応しているタイプであれば、日々の献立に活用できます。 中には、フィルターやアタッチメントを付け替えることで、フローズンデザートやスープ、ドレッシングやパスタなどが作れる機種も。 レシピに悩みがちなダイエット中の人にもぴったりです。

材料の栄養効果を壊しにくいものがおすすめ

食材の栄養効果を破壊しにくいスロージューサー。 1分ごとの回転数を比較してより回転数の少ないものや、ツインギアなどで絞りにくい葉物類を搾汁できるタイプを選ぶのもおすすめ。 食材の栄養効果をしっかり取り入れられるよう、構造にも注目してみましょう。

洗いやすい・後片付けしやすいかどうか

毎日使い続ける上で、洗いやすいか、後片付けがしやすいかは大切なポイント。 フィルターなどのパーツが少ないものは、保管や後片付けがしやすくなります。 また、カップ幅が広いものや、パーツ分解できるような洗いやすいタイプは、長く清潔に使えます。

アタッチメントもしっかりチェック

スロージューサーでさまざまなレシピを作りたい人は、アタッチメントの種類を比較して選びましょう。 パスタやデザート、ドレッシングなどが作れると、食卓がより華やかになります。 アタッチメント数に加え、組み立てやすさなども口コミなどで確認しましょう。

スロージューサーの手入れ方法と注意点

スロージューサーの手入れ方法と注意点を紹介します。 スロージューサーを後片付けする際は、使用後に毎回隅々まで洗浄し、乾かしてから保管します。 付属のブラシなどを使用して、フィルターに食材のかすが残らないようにきれいにしましょう。

食材が残っていると不衛生になるほか、次に作る時に食材の味が混ざってしまう可能性もあり注意が必要。 使用後すぐに洗浄するとこびりつきにくくなります。 手入れが面倒に感じる人には、水洗いだけできれいになる機種もおすすめです。

口コミでも人気の低速ジューサーおすすめ12選

作り方が簡単なトフィーや、洗いやすいヒューロムなど口コミ人気の高い低速ジューサーを紹介します。 価格や機能などを比較して、生活スタイルに合うものを選んでください。

トフィー (Toffy) ミニスロージューサー K-BD4

横幅がスリムなトフィーミニスロージューサーは、コンパクトで使いやすいと口コミでも好評の商品。 低速スクリューでゆっくり圧搾することで栄養素が壊れにくく、搾りかすはお菓子や料理に無駄なく活用できます。 ジュースの作り方も簡単なので、新生活のプレゼントにもおすすめです。

  • 外形寸法 幅12.4cm 奥行9.8cm 高さ36cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

テスコム (TESCOM) スロージューサー TSJ800

テスコムのスロージューサーは、果実を使ったフローズンデザートも作れる商品。 フラットフィルターを採用し、コンパクト化を実現した上、後片付けもしやすい形状です。 部品パーツ数が比較的少なく、洗いやすいだけでなく使いやすい注目の商品です。

  • 外形寸法 幅14.5cm 奥行18cm 高さ41.5cm

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

アイリスオーヤマ (IRIS OHYAMA) スロージューサー ISJ-56

アイリスオーヤマからは、手頃な価格で機能性が高く、口コミでも人気の一台を紹介。 ジュースやスムージー、フローズンデザートなどが作れて、濃厚な味わいを楽しめます。 蓋ロックで電源が入れられる安全設計や、底部の滑り止めなどアイリスオーヤマらしい工夫にも注目です。

  • 外形寸法 幅15cm 奥行16.5cm 高さ44cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る 販売サイトで見る

パナソニック (Panasonic) 低速ジューサー MJ-L600

コールドプレスジュースやフローズンデザートに加え、スープなどの応用レシピも楽しめる低速ジューサー。 レシピブック付きで、ダイエット中の人にもおすすめの一台です。 口コミではパナソニック製ならではの品質の良さや、音が静か、後片付けのしやすさでも高い評価を得ています。

  • 外形寸法 幅18.5cm 奥行17.6cm 高さ43.2cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ヒューロム (HUROM) スロージューサー H-AA H26

スタイリッシュなヒューロムのスロージューサーは、味、静音性、デザイン性の良さで口コミ件数も多く、高評価のアイテム。 1分間に40回転のダブルスクリューで、食材の細胞を崩さずに水分と栄養素を抽出。 食材を切ってゆっくり入れるだけの簡単な作り方で、濃厚なジュースが完成します。

  • 外形寸法 幅22.3cm 奥行18cm 高さ40.7cm

楽天市場で見る amazonで見る

クビンス (Kuvings) ホールスロージューサー EVO-800

食材カットの手間を省ける、クビンスのホールスロージューサー。 大きな投入口、かつ長いスクリュー形状で特許を取得していて、小松菜やオレンジ、リンゴなども丸ごと入れられます。 野菜や果実の味の濃厚さに、口コミ人気も高い商品です。

  • 外形寸法 幅22.9cm 奥行21cm 高さ46cm
  • 搾汁時間 1分

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ヒューロム (HUROM) スロージューサー アドバンスド100 H-100

水で洗い流すだけと後片付けが簡単な「アドバンスド100」。 スクリューと2種類の樹脂製フィルターで搾汁する方式に変わっても、栄養や味はそのままキープしています。 楽天などの口コミでも大人気で、洗いやすさ、使いやすさを重視する人におすすめの商品です。

  • 外形寸法 幅29.3cm 奥行21cm 高さ46.2cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

AL COLLE 生搾り低速ジューサー AMX-100

手頃な価格ながらレシピブック付きで、充実した内容の低速ジューサー。 カッター刃なしの構造で、ノズル部分は分解可能。 ダイエット中などで毎日野菜ジュースを飲みたい時にも活躍します。 また、電源コードが本体下部に収められるなど、細かい部分も使いやすい商品です。

  • 外形寸法 幅36cm 奥行18cm 高さ35cm

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

ハイエース (Hi-ACE) スロージューサー まいにちジュースマシーン JYZ-E6

本体や部品の取り外しがしやすく、洗いやすい上に後片付けも楽な「まいにちジュースマシン」。 素材の栄養素をそのまま保存する低速回転圧縮絞りを採用し、ダイエット中の体にやさしく栄養素を取り入れましょう。 搾りかすはクッキーやチャーハンなど他の料理にも活用できます。

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ゼンケン マルチジューサー&クッカー ベジフル ZJ-D1

ダイエット中にもうれしいクッカー機能がプラスされたベジフル。 デザイン性やサイズ感が口コミで好評です。 食材を投入しスイッチを入れるだけの簡単な作り方で、濃厚なジュースの出来上がり。 ノズルとストレーナーを組み合わせて、ふりかけやうどん、アイスクリームなど素材を活かした料理もできます。

  • 外形寸法 幅29.3cm 奥行17.2cm 高さ21.8cm

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

アントレックス (entrex) オメガ (Omega) ジュースキューブ 300 スロージューサー

業務用モーターを家庭用にモデルチェンジしたパワフルなスロージューサー。 ジュースをはじめ、パスタやベビーフード、コーヒーを挽くなど、さまざまな食材を調理することが可能です。 洗浄後はキューブ型にすっきり収納できるのもポイント。

  • 外形寸法 幅26.5cm 奥行26cm 高さ26cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

プレマ株式会社 グリーンパワージューサー

ツインギア採用のグリーンパワージューサーは、ドクダミや麦若葉などの柔らかい葉物類の搾汁が可能。 従来品と比較して青汁の搾汁率は5~10%高く、食材を無駄にしません。 また、稼働音が60dB以下と静かで、過熱防止などの安全配慮もうれしいポイントです。

  • 外形寸法 幅50cm 奥行30cm 高さ25cm

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

低速圧搾で食材の栄養効果を取り入れやすいスロージューサーは、ダイエット中にも役立つキッチン家電です。 初心者は安い価格帯のものから、ジュース以外も楽しみたいという人はクッカー機能タイプなど、用途に合わせて比較して選んでください。 使いやすいスロージューサーを選んで、毎日の食卓を華やかで健康的なものにしましょう。