イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

キャンプエプロンおすすめ9選 焚き火には機能的なアウトドアエプロンを

アウトドアやキャンプで活躍するキャンプエプロン。 テンマクやスノーピーク、ノースフェイスなどのアウトドア用品メーカーから、さまざまなキャンプ用のエプロンが販売されています。 この記事では、キャンプエプロンの種類や選び方はもちろん、おすすめのキャンプエプロンを紹介。 自作キャンプエプロンの作り方もぜひチェックしてください。

焚き火には機能的なキャンプエプロンを

キャンプエプロンは、通常のエプロンに比べ、生地が丈夫で難燃性の素材が使われているものがほとんど。 服に汚れがつくのを防げる他、焚き火の火の粉で服に穴が空くことも防げます。 また、生地をそのままミトン代わり使用することも可能。 その他にも、キャンプエプロンは、ポケットが大容量のものが多く、貴重品や必要な小物、道具をポケットに入れておけるのも魅力です。

キャンプ・アウトドアエプロンの種類

キャンプ・アウトドアエプロンの種類について解説していきます。

胸当てエプロン

胸当てエプロンは、一般的なエプロンと同様に、首や肩に紐を掛けて上半身から膝あたりまでを覆うエプロンです。 体の前面をほぼ覆うため、アウトドアで焚き火をしたい人や服を汚したくない人におすすめ。 難燃性の素材なら、焚き火の火の粉が飛んでも安心して作業できるでしょう。

腰エプロン

腰エプロンは、腰から下を覆うエプロン。 腰に巻くだけなので、首・肩への負担がなく、胸当てエプロンよりも気軽に使えます。 ポケットが多いものなら、工具や小物を収納し、より快適に作業ができるでしょう。 一方で、下半身しかカバーできないので、焚き火をする人や服の汚れが気になる人にはあまりすすめできません。

キャンプ用エプロンを選ぶポイント

ここからは、キャンプ用エプロンを選ぶポイントを紹介します。

難燃性・防水性・耐久性は素材を確認

難燃性や耐久性、防水性のあるキャンプ用エプロンがほしい場合は、素材を確認しましょう。 例えば、難燃性のあるエプロンなら、火に強い綿がおすすめです。 耐久性を求めるなら、ポリエステルや帆布、デニム素材がよいでしょう。 防水性のあるキャンプ用エプロンを探している人は、防水加工や撥水加工されているかを確認してください。

ポケットの多さなど収納力にも注目

ポケットの数や大きさ、場所などの収納力もアウトドア用エプロンを選ぶ大切なポイント。 ポケットが多かったり大きかったりすると、テント設営時にペグ・ハンマーなどの道具を入れられます。 ファスナーや蓋付きのポケットがあれば、携帯や財布なども貴重品も持ち歩けるのでおすすめ。 また、物が取りやすい位置にあるか、落ちにくい位置にあるかなど、ポケットの場所も確認しましょう。

デザインで選ぶ 女子キャンプ向けのかわいいデザインも

服に合うデザインや好きな色など、アウトドアエプロンのデザインで選ぶのもおすすめです。 アウトドアエプロンは、機能的でかっこいいおしゃれなデザインのものが多くあります。 中には、キャラクターデザインのかわいいエプロンも。 キッズ用のアウトドアエプロンもあるため、家族でおそろいにしてアウトドアを楽しむのもおすすめ。

自作アウトドア用エプロンの作り方

自作アウトドア用エプロンの作り方を紹介します。 まずは、作りたいエプロンサイズに縫い代を足して生地をカットしてください。 そのあとに、周囲を折って縫います。 好きな場所にポケットを縫い付けましょう。 最後に紐をつけたら、自作アウトドア用エプロンの完成です。

腰エプロンの場合は、紐を巻く部分に紐の通し口をつけるとよいでしょう。 自作アウトドア用エプロンの作り方のコツは、カットする前に生地を水通ししておくことです。 水通しをしておけば、洗濯して縮んでサイズが合わなくなったり、色落ちしたりする心配がありません。

キャンプなどアウトドアにおすすめのエプロン9選

テンマクデザインやノースフェイス、スノーピークなどキャンプやアウトドアにおすすめの9つのエプロンを紹介します。

テンマクデザイン (tent-Mark DESIGNS) アウトドア前掛けエプロン

キャンプやアウトドアにおすすめのエプロンのひとつは、テンマクデザインの前掛けエプロンです。 2種類の深さのポケットが2個ずつ、合計4個付いています。 てぬぐいをかけられる革製ループも付属。 男女問わず使えるかわいいデザインのため、夫婦やカップルで使うのもおすすめ。 難燃加工はされていないため、焚き火をしたい人には向いていないでしょう。

  • サイズ 幅46cm 長さ70cm 紐長さ320cm
  • 素材 コットン、レーヨン、ポリエステル、床革

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) フィールド エプロン ショート UG-3253

有名キャンプ用品メーカーであるキャプテンスタッグのエプロンは、ショートタイプの腰エプロン。 ポケットの多さが最大の魅力です。 蓋付きポケットやドライバー・ペグなど長いものを入れても落ちにくい押さえも付いています。 テーブルに結び付けて小物入れとしても使えるため、キャンプだけではなくDIYにもおすすめのエプロンです。

  • サイズ 幅53cm 紐長さ400cm
  • 素材 コットン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

スノーピーク (snow peak) タキビ ダック エプロン (TAKIBI Duck Apron) AC-20AU10300

スノーピークのタキビダックエプロンは、焚き火を楽しみたい人向けに作られた焚き火シリーズのひとつ。 難燃素材で作られた日本製の胸当てエプロンです。 肩紐で長さの調整が可能。 男性が着用しても膝下くらいまでの長さがあるため、焚き火のときに火の粉が飛んでも服を守れるでしょう。 収納力抜群なポケットの大きさや深さも魅力です。

  • サイズ 幅80cm 長さ90cm
  • 素材 コットン、モダクリル繊維

楽天市場で見る

スノーピーク (Snow Peak) OG Canvas NORAGI Apron AC-21SU401EC

スノーピークのこちらのアウトドア用エプロンは、日本古来のワークウェア「野良着」をイメージしたシリーズです。 オーガニックコットン製で、丈は短めに作られています。 男性用のエプロンですが、シンプルなデザインで胸ポケットのスノーピークのロゴ刺繍もかわいいので、女性にもおすすめ。 大きくて深さのあるポケットも嬉しいポイントです。

  • サイズ 幅80cm 長さ65cm 肩紐長さ210cm
  • 素材 オーガニックコットン

販売サイトで見る

ザノースフェイス (THE NORTH FACE) ファイヤーフライエプロン NT12155

ノースフェイスのファイヤーフライエプロンは、アウトドアで焚き火や調理をするときにおすすめ。 難燃性が高く、耐久性もある素材で作られています。 ウエストポケットはツールも収納できる大きいポケットで、左胸のポケットにはジッパー付き。 紐はバックルで留めるタイプなので、着脱しやすいのも魅力でしょう。 年代性別問わず使えるシンプルなデザインです。

  • サイズ 幅79cm 長さ89cm
  • 素材 アクリル、ナイロン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

チャムス (CHUMS) エプロン ブービーエプロン (Booby Apron) CH09-1139

まぬけでかわいいという意味がある「ブービー」の言葉通り、かわいいデザインのチャムスのブービーエプロン。 羽のように見えるポケットや赤い足がかわいい遊び心のある商品です。 肩紐は長さ調整もできます。 子供も使えるサイズも展開。 かわいいブービーエプロンを親子で使えば、キャンプ場で注目を集めるでしょう。

  • サイズ 幅72cm 長さ86cm
  • 素材 コットン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

グリップスワニー (GRIPSWANY) FIREPROOF APRONVEST GSV-04

老舗グローブメーカーのキャンプ用エプロンは、焚き火をするときにおすすめのエプロンです。 ベストとしても使える2wayタイプで、ベスト内側に収納した生地を出せばエプロンになります。 自己消火性に優れたミリタリーファブリックの難燃素材が使われているのが特徴。 フリーサイズなので、男女兼用で使えます。 横のファスナーで身幅調整できるのも嬉しいポイント。

  • サイズ 幅58cm~63cm 長さ最大58cm
  • 素材 コットン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

テンマクデザイン (tent-Mark DESIGNS) キャンプ エプロン ライト

テンマクデザインのこちらのアウトドア用エプロンは、キャンプエプロンよりも薄くて軽量なタイプです。 エプロンにはスリットが入っているため、動きやすいのが魅力。 ポケットは機能性が高く、革グローブも収納できる大型ポケットやナイフなど長いものを押さえる革ベルトも付いています。 ハンマーやタオルなどを吊れるループが付いており、テント設営時にも便利なエプロンです。

  • サイズ 幅72cm 長さ72cm
  • 素材 コットン、レーヨン、床革

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

テンマクデザイン (tent-Mark DESIGNS) アウトドアクッキングエプロン

テンマクデザインのアウトドアクッキングエプロンもおすすめです。 こちらもスリット入りで、スリットの両側がポケットになっており、ミトンとしても使えます。 そのほかにも、タオル・カラビナを付けられるループやトング専用ポケット、ファスナー付きポケットなど機能が充実。 自分の飲み物を近くに置いておけるドリンクホルダーが付いているのも嬉しいポイントです。

  • サイズ 幅60cm 長さ80cm
  • 素材 ポリエステル、綿、レーヨン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

多くのメーカーからさまざまな種類のものが販売されているキャンプエプロン。 難燃性があったり、収納力があったりするエプロンは、焚き火やテント設営時などに役立ちます。 この記事で紹介したおすすめキャンプエプロンや自作キャンプエプロンの作り方を参考にしてください。 お気に入りのキャンプエプロンで、アウトドアや焚き火を安心・安全に楽しみましょう。