スマホの三脚おすすめ9選 自撮り棒になるタイプ、足の長いタイプや真上からきれいに撮れる三脚など紹介

スマホ三脚の画像
出典:czuba_artur / Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

スマホで写真や動画を撮るとき、手ブレが生じたり、景色が傾いて写っていたりした経験はありませんか。
写真や動画をもっと上手に撮りたい人におすすめなのが、スマホ用の三脚。
スマホをセットして立てるだけで、手で撮影した時より簡単に安定した写真や動画を残すことができます。
また、動画撮影も三脚にセットすることで固定カメラのように使え、様々な動画が撮影しやすいのが魅力です。

写真や動画で思い出を共有することが多い今日において、ぜひ一つは持っておきたいアイテムです。
この記事では、おすすめのスマホ用三脚を特集。
自撮り棒になるタイプや様々な角度から撮れるタイプ、足の長いタイプなど様々なスマホ三脚があるので、自分の求める撮り方ができるスマホ三脚を見つけましょう。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

撮影、録画に便利なスマホ用の三脚とは

スマホでの撮影や録画に三脚を使うメリットはたくさんあります。
例えば、暗い場所で撮影する時、また接写で撮影する時は手ブレが生じやすくなります。
そんな時、三脚でしっかりと脚を固定してシャッターを切ることで、夜景もズーム写真もきれいに残すことができます。

また、タイムラプスなどを利用する際にも、映したい場所を固定して撮影ができるため、映像がブレにくいでしょう。
他にも、三脚を使うことで様々な角度からの写真を撮ることができます。
手では届かない場所や高さにセットして撮影したり、広い風景をバックに撮ったり、三脚があると撮影の構図の可能性がぐんと広がるのです。

タイプで選ぶスマホ三脚

スマホ用の三脚には大きく分けて二種類のタイプがあります。
脚のまっすぐな定番のタイプと、足がくねくね曲がり自由な角度が作れるタイプです。
以下に特徴や使い方を説明します。

安定して撮影できるまっすぐタイプ

夕日の沈む地平線やビルのある風景をきれいに撮影したいなら、水平垂直状態のキープが大切です。
そんな時は、脚をしっかりと固定できるまっすぐタイプの三脚がおすすめです。
従来のカメラ・ビデオ用三脚と同じ感覚で使用できるため、セッティングも簡単。
高さや角度の調節機能があるものなら、より撮影の幅も広がります。
ただし、ある程度平らな場所で無いと設置できない他、屋外で使用したい場合は周囲への配慮が必要です。

角度が自由なくねくねタイプ

アウトドアや足場が不安定な場所で撮影がしたい場合はくねくねと曲がるタイプの三脚がおすすめです。
くねくねタイプは指で簡単に曲げられるので、ポールに巻きつけて固定したり、工夫次第でどんな場所でも撮影スポットに変わります。
また、高い位置に取り付ければ真上からの撮影も可能なので、料理や作画の様子を撮影したい人にも適しています。
ただし、脚に柔軟性がある分、水平状態にするのが難しいというデメリットもあります。

スマホ三脚の選び方

スマホ三脚を選ぶ時は、脚の長さ、自撮り機能の有無、シャッターリモコンの有無などをチェックしましょう。
また三脚をセットする際には別売りのスマホホルダーも必要になる場合も。
ここでは、失敗しないスマホ三脚の選び方を確認しておきましょう。

スマホに合わせたアダプターで選ぶ

スマホにはねじ穴がないので、スマホホルダーと呼ばれるアダプターに挟んで三脚にセットします。
必要なアダプターはスマホによって異なり、アダプターよりスマホの幅が大きいと入らず、幅が小さいと落ちてしまうことも。

多くのアダプターは、その時々で普及しているモデルに合わせて設計していたり、ある程度の機種が設置できるようバネになっているものありますが、最新機種や珍しい機種を使っている人は注意が必要です。
アダプターは三脚とセットで販売されていることも多いので、購入の際は付属品までしっかり確認しましょう。

脚の長い三脚を選ぶ

見た景色をそのままの目線の高さで写したいとき、全身を入れて集合写真を撮りたいとき、脚の長い三脚が必要になります。
とはいえ、三脚は持ち運ぶことも多いため、コンパクトさも重要。
長い程サイズは大きくなってしまうので、必要な高さをイメージしておくと良いでしょう。
また、脚を伸縮できるタイプにするのもおすすめです。
持ち運ぶ際は鞄に収納できるほど小さくたため、撮るときは高い位置でセットすることができます。

自動り棒の機能があるか

自撮り棒の機能も併せ持つ三脚もおすすめです。
自撮り棒を使えば、臨場感あるおもしろい写真や目線の高さでの写真も撮りやすくなります。
また、三脚を設置することが難しい場所でも自撮り棒ならサッと取り出し、手に持ったまま撮影が可能です。
動きながらの動画の撮影にも向いています。
せっかくなら、三脚に自撮り棒とどちらも使えるものもおすすめです。

便利なシャッターリモコン付き

シャッターリモコンがあれば、セルフタイマーを使わずに集合写真が撮れます。
リモコンには有線と無線の2タイプがあります。
無線はケーブルが写真に写りこむ心配もないのでセッティングも簡単。
しかし、三脚とリモコンの距離が離れすぎてしまうと反応しなくなってしまう場合も。
一方で有線は、いざとる際にシャッターが切れないなどの接続不良が少ないのが魅力です。

おすすめのスマホ三脚9選

では、以下におすすめのスマホ三脚を紹介します。
まっすぐタイプかくねくねタイプか、脚の長さ、重さや形状、アダプターの有無、シャッターリモコン対応かどうかなどを確認して、使い勝手の良いものを選びましょう。

サンワダイレクト (SANWA DIRECT) ミニ三脚 200-DGCAM018

携帯しやすいコンパクトサイズが便利な三脚は、たためば一脚に

携帯しやすいサイズ感が魅力的なスマホ三脚です。
折りたたむと一脚になる2way仕様。
一脚は片手でもしっかり持てるので、ブレを最小限に抑えられます。
運動会や学芸会など三脚を使えない場面でも活躍する便利な機能です。
また、スマホホルダーは360度回転可能。
角度も35度まで調節できるため、小さくても様々なアングルの撮影を楽しめます。
脚を外せばアダプターとして使用できるので、長い三脚とセットで使うのもおすすめです。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅16cm 奥行16cm 縮長9.5cm 伸長12.4cm
    • 収納時 幅3cm 奥行3cm 高さ15cm
  • 対応スマホ寸法 幅5.6cm~8.5cm

楽天市場で見る
amazonで見る1,380円
Yahoo!ショッピングで見る

デジカメ&スマホ用三脚 (2WAY TRIPOD) スマホヘッド・水準器・収納袋付き 高さ4段階調節

スマホだけでなくビデオカメラやカメラもセットできる本格派三脚

スマホもカメラもビデオカメラも、すべてセットできるまっすぐタイプの三脚です。
アダプターが付いてくるので届いたその日からスマホでの撮影ができます。
脚は4段階で、最長106cmまで伸ばすことができます。
水平状態になっているか確認できる水準器付きで、歪んだり斜めになったりする心配もなく正確に撮影が可能。
収納袋付きなので、持ち運びもしやすいです。
旅行に、アウトドアに、運動会に、ありとあらゆるシーンで大活躍します。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅54cm 奥行49cm 縮長34.5cm 伸長106cm
    • 収納時 幅7.8cm 奥行7.3cm 高さ35cm
  • 対応スマホ寸法 幅5.5cm~8cm

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

自撮り棒 セルカ棒 三脚 リモコン付 ワイヤレス

収納すると19cmの小ささになる持ち運びしやすい三脚付き自撮り棒

ハンドグリップを開くとまっすぐタイプの三脚として、グリップを閉じれば自撮り棒として使える一台二役の三脚です。
ワイヤレスリモコン付きで、離れた距離からでも撮影が可能。
スマホクリップは360°回転し、アングルも自由に決められます。
収納時は19cmというコンパクトさで、どんな鞄にもすっきり収まってくれます。
カラーも定番のブラックの他にピンクやグリーンなどかわいい色が揃っているため、女性にもおすすめです。

  • 外形寸法
    • 収納時 幅3cm 奥行5.7cm 高さ19cm
    • 使用時最少 長さ28cm
    • 三脚時 伸長65.5cm 縮長25cm
  • 対応スマホ寸法 幅6cm~8cm
  • 機能 自撮り棒、bluetoothリモコン

楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

TAWARON ワイヤレスセルカ棒 三脚付き YT-9928

三脚付き自撮り棒。遠隔撮影も可能で大人数やイベントでも活躍

まっすぐタイプの三脚機能付きの自撮り棒です。
また、10m離れたところからも遠隔操作ができる無線リモコンが付いてくるので、集合写真でも大活躍。
リモコンはBluetoothで接続するだけで簡単に設定できます。
6段階の伸縮調節と、180度のアングル操作で自分の思うままの目線で撮影ができます。
最長100cmにまで伸びる長い三脚ですが、重さは235gと軽量。
リモコンと一緒に折りたたむこともできるので、移動も楽々です。

  • 外形寸法 伸長100cm 縮長20cm
  • 対応スマホ寸法 幅5.5cm~8.8cm
  • 機能 自撮り、bluetoothリモコン

楽天市場で見る
amazonで見る1,683円
Yahoo!ショッピングで見る

浅沼商会 フォトプロ (Fotopro) ホルダー&アダプターセット DIGI-204

本格的な撮影を行う人に。水準器搭載の3way雲台付き、機能性抜群な三脚

まっすぐタイプの三脚と、アダプターのセットです。
まっすぐタイプの三脚は3wayの雲台とクイックシュー、水準器搭載の本格的仕様です。
脚も最長120cmと長いのに加え、4段階の調節ができるので、使い勝手も抜群。
どちらの三脚もスマホホルダーを外せばデジカメなど他の機材もセットできます。
カメラ好きの人にもおすすめです。

  • 外形寸法 伸長120cm 縮長38cm
  • 対応スマホ寸法 幅5.5cm~8.8cm

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

くねくね三脚 ER-GOPOD

自由自在に動かせる脚で、どんな足場でも立たせられる三脚

こちらは、向きも角度も自由自在のアダプター付きくねくね三脚です。
球体関節のような個性的な見た目で人と被ることもありません。
フレキシブルに動く自由な脚で、パイプや机の側面、フェンスなどどこにでも巻きつけて固定できるので、面白い写真が撮れます。
また、脚の向きや角度を調節できるため、傾いた場所でも三脚を立てることが可能。
アウトドアや旅行で、足場の安定しない場所での撮影が多い人にもおすすめです。

  • 外形寸法 高さ12.2cm
  • 対応スマホ寸法 最大8.2cm

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

スマホホルダー付き くねくね三脚

くねくねした三脚は、伸ばすと自撮り棒にもなる2way仕様で便利

アダプターがセットになった、くねくねタイプの三脚です。
握りやすいウレタングリップの脚は、伸ばせば自撮り棒としても使え、手が疲れません。
角度も自在に固定できるので、斜めの手すりや足場の悪い場所など、どんな場所でもセットすることができます。
三脚の安定感を利用して、脚を少しだけ曲げてスマホスタンドとして使うのもおすすめ。
ホルダーを外せば一般的なデジカメをセットすることも可能です。

  • 外形寸法 全長約24.5cm(スマホホルダー部分込) 三脚部長さ14.5cm
  • 対応スマホ寸法 幅5.5cm~8.5cm

楽天市場で見る
amazonで見る499円
Yahoo!ショッピングで見る

フレキシブル三脚 コ型 スマホスタンド

真上からキレイな角度で撮影するのは難しいと感じている人におすすめ

真上から撮れるアームスタンドです。
食べ物は人の目線の高さで美しく見えるよう盛り付けられているものです。
そのため、ランチやスイーツなどは上から撮影した方が、見た目のまま美味しそうな写真になります。
しかし、手を伸ばした不安定な状態だとブレやすく、また写真も歪みがち。
ですが、こちらを使えば手も疲れないので簡単にインスタ映えする写真が撮影できます。
他にも、料理やネイルの様子など、手元を映したい人にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅46cm 奥行20cm 高さ63cm
  • 対応スマホ寸法 2.3インチ~3.6インチ(幅約6.5cm~10cm)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

フレキシブル アームスタンド

撮影以外でも大活躍。長いアームで向きも高さも自由自在なスマホの三脚

長いアームが特徴のスタンドで、好きな角度や位置にスマホをセットできます。
そのため、もはや用途は撮影だけにおさまらず、様々なシーンで重宝します。
ベッドフレームにセットすれば寝転がったままスマホを見れたり、キッチンではレシピを確認しながら料理が進められたりします。
テーブルなど、挟める場所があればどこにでもスタンドを設置できるので、撮影も観賞も思いのままです。
三脚を使いこなせるかわからず迷っている人にもおすすめです。

  • 外形寸法 全長110cm 土台ホルダー最大幅6cm
  • 対応スマホ寸法 幅5.5cm~9cm

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

いつものスマホ撮影をもっと便利に、もっと簡単に。
スマホ三脚があることで撮影の幅もぐんと広がり、大切な思い出の写真に誰も欠けることなく写ることができます。
家の中や水平な場所で撮るのがメインならまっすぐタイプの三脚、アウトドアなど外での撮影が多いならくねくねタイプが使いやすいでしょう。
インスタ映えを狙うなら、さらに色んな角度から撮れるフレキシブルなアームホルダーで、素敵な写真や動画を残してください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる