おすすめのマグネット式ドアストッパー7選 強力タイプや猫型など玄関に設置したいおしゃれなドアストッパーも紹介

出典:楽天市場

※本ページにはプロモーションが含まれています

大きな荷物やベビーカー等を運ぶ際玄関ドアは悩みの種。
開けておいたはずが閉まってしまたり不便を感じたことがある人も多いのではないでしょうか。
玄関ドアを開けた状態で固定できるドアストッパーがあれば、荷物運びも大変便利になります。

そこで今回は、おすすめのマグネット式のドアストッパーや選び方を解説。
賃貸住まいの人でも手軽にドアに付けられるマグネット式や猫型などおしゃれなデザインの物もたくさん紹介します。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

ドアを簡単に固定できるドアストッパーとは

ドアストッパーとは扉を開けた状態で固定するためのアイテムです。
両手がふさがった状態でドアを開けておきたい時や換気をしたい際などに役立ちます。

また、ドアストッパーは主に差し込み式や折りたたみ式があり、デザインも豊富で見た目もおしゃれなことから多くの人が取り入れています。

ドアストッパーはマグネット式がおすすめ

玄関ドアに使うドアストッパーには、マグネット式のものがおすすめです。
ドア自体に、施工することなく簡単に撮りつかられることが魅力です。
また、賃貸物件にお住まいの人も、ドアを傷つけることなく脱着が可能なので気軽に取り入れられるのも嬉しいです。
最近では、強力なマグネットのドアストッパーも多く出ていてますます便利に使えるアイテムになっています。

マグネット式ドアストッパーの選び方

マグネット式のドアストッパーを選ぶ上でのポイントを解説。
自宅のッ玄関ドアの特徴や使い勝手をイメージして選びましょう。

強力マグネットがおすすめ

ドアストッパーを選ぶ時は、強力なマグネットのものがおすすめです。
特に、玄関ドアが重たい場合は、強力なマグネットのドアストッパーでしっかりとドアを支える必要があります。
磁力が弱いと、ドアの重みや風に負けて外れる可能性があるので注意が必要です。

また、ドアストッパーを折りたたみできるタイプは、使用する際にドアストッパー本体がずれたりもどかしい想いをすることもあり得ます。
足が当たっても簡単にずれない強力マグネットのタイプを選ぶことが大切です。

ドアの段差や隙間に対応するか

玄関ドアによってはドアと床の間に段差や隙間がある場合があります。
使いやすいドアストッパー選びのポイントは、その段差や隙間に対応するかどうかが重要です。

ドアストッパーの取り付け位置から床までの長さを計測し、ドアストッパーの足の長さが足りるか確認をしておきましょう。
ドアと床までに大きな段差がある場合は、ロングタイプのドアストッパーを選ぶことがおすすめです。

しっかりドアストップするには足のゴムが重要

ドアをしっかり固定するためには、ドアストッパーの足に取り付けられたゴムについても確認しておきましょう。
滑りにくいしっかりとしたゴムを使用しているものなら、重いドアや風が吹いても安心。

また、床に触れるゴムの面積が大きいものほど、安定したストッパーになります。
ゴムのスペアが付いているものなら、ゴムが劣化した時にも取り換えることができて便利です。

出し入れしやすく邪魔にならないデザイン

ドアストッパーがワンタッチで下せると、両手に荷物を持った時などに便利。
ドアストッパーの出し入れのしやすさにも注目してみましょう。

また、コンパクトで邪魔にならないデザインのドアストッパーだと主張しすぎず、どんなドアにも違和感なく馴染ませることができます。

おすすめのマグネット式ドアストッパー7選

それではここで、おすすめのドアストッパーについて紹介します。
玄関ドアに馴染むようなデザインを選ぶことはもちろん、ドアと床の位置に適しているか、ドアをしっかりと支えるゴムが付いているかなどに着目しながら選んでいきましょう。

ティディ (Tidy) ドアストッパー OT-665-801-8

使っている時はもちろん、使っていない時もオブジェやインテリアとして楽しめるデザインをコンセプトとしている日本のブランド、ティディ(Tidy)のドアストッパーです。
豊富なカラーバリエーションと畳んだ時にフラットになる形状が特徴。
表面がゴム製なので、ドアや靴を傷めないようになっています。
口コミでは「デザインが良く、おしゃれ」と見た目が特に好評のドアストッパーです。

  • 外形寸法
    • 収納時 幅4.4cm 奥行3.5cm 高さ17.1cm
    • 使用時 幅4.4cm 奥行8.7cm 高さ27.6cm

楽天市場で見る
amazonで見る4,416円
Yahoo!ショッピングで見る

ノムラテック (Nomuratec) ドアストッパーF マグネットタイプ N-2368

スリムで洗練されたデザインが魅力のムラテックのドアストッパー。
足の部分は、中がくり抜かれた形状になっていて、ドアストッパー本体部分がぴったりはまるように設計されているため、畳んだ時にとても薄くなります。
狭い玄関でも邪魔にならないデザインがメリットです。
モノトーンのシンプルなカラーはどんなドアにも馴染みやすく、おしゃれに見える点もおすすめのポイント。

  • 外形寸法 幅5.2cm 奥行16cm 高さ18cm

楽天市場で見る
amazonで見る1,691円
Yahoo!ショッピングで見る

ぼん家具 日本製 ワンタッチドアストッパー ETC001340

こちらは安心の日本製ドアストッパーです。
上部のレバーを押すだけで、ドアストッパーが下りてドアを固定することができる便利な機能が魅力。
片足でサッとドアをストップすることができます。

また、パッケージに商品を入れたまま取り付けると、ぴったりの取り付け高さになるように作られていて便利。
白・黒・茶・赤の4色から選べるのでインテリアに合わせることが可能です。

  • 外形寸法 幅27cm 奥行3.7cm 高さ3.3cm

楽天市場で見る
amazonで見る3,080円
Yahoo!ショッピングで見る

ぼん家具 日本製 ワンタッチドアストッパー スライド式高さ調節可能

こちらのドアストッパーは高さ調節ができるところがポイントです。
玄関によってドアと床の段差はさまざま。
床からドアまでの長さが約5mm~13cmまで対応していて、ドアストッパーをスライドさせて高さを調整できます。
引越しをして違う家の玄関ドアでも使いたい人や玄関以外でも使いたい際にもこちらのドアストッパーは活躍。
どんなドアの隙間にも対応できるので、一つ持っていれば万能に使えます。

  • 外形寸法 幅18.2cm~28.5cm 奥行4.3cm 高さ3.3cm

楽天市場で見る
amazonで見る3,580円
Yahoo!ショッピングで見る

ノムラテック (Nomuratec) ドアストッパー 超なが足 ロング N-1135

ドアと床の段差が大きいところにおすすめのロングタイプのドアストッパーです。
ドアから床までの長さが約19cmまで対応しているので、戸建て住宅のように玄関ドアの下が大きな段差になっている家にも向いています。

また、強力マグネットを使っているのでズレにくく、足での上げ下げをする時にもぴったり。
口コミでもロングタイプのドアストッパーが必要な人に多く利用されています。

  • 外形寸法 奥行6.4cm 高さ28cm

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

光 (Hikari) ドアピタット マグネット式ドアストッパー DMDP101-1

スタイリッシュでシンプルなドアストッパー。
こちらのドアストッパーの特徴は、貼り直しが可能な弱粘着保護テープでズレや傷を防止することができる点です。

貼って剥がせるタイプの粘着テープで固定力をアップするので、賃貸住宅の玄関ドアに使いたい時にもおすすめ。
また、ゴム部分も大きめでストッパーの役割をしっかり果たしてくれ、スペアのゴムも付属しているので長年にわたって使うことができそうです。

  • 外形寸法 幅23cm 奥行3cm 高さ2.5cm

楽天市場で見る
amazonで見る780円
Yahoo!ショッピングで見る

旭電機化成 スマイルキッズ ドアストッパー ねこ AKS-05

猫の形がおしゃれなドアストッパー。
ドアストッパーの足部分が猫の尻尾になるようなデザインがなんともかわいいです。
ストッパーを上げている時と下ろしている時とで猫のスタイルに変化がある点も見ていてワクワクさせられます。

また、色合いはモノトーンなので主張しすぎずおしゃれに見えるところも魅力。
口コミでもかわいいとたいへん好評で、猫を飼っている人などに人気があります。

  • 外形寸法 収納時 幅10.2cm 奥行6.3cm 高さ23.2cm

楽天市場で見る
amazonで見る1,655円
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は、玄関ドアを固定するためのマグネット式ドアストッパーについて紹介しました。
猫の形やカラフルな物など、おしゃれなデザインの物もたくさんありました。
マグネットで取り付けるタイプのドアストッパーは、取り付けが簡単なのが魅力。

中でも重たいドアもしっかりと支えられる強力マグネットのものがおすすめです。
おしゃれなドアストッパーで玄関を素敵に演出しましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる