イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

Simplus(シンプラス)の炊飯器特集 おしゃれで便利な4合炊飯器

日々の生活に欠かせない炊飯器。 頻繁に使用する家電だからこそ、シンプルでコスパの良いものを選ぶのがおすすめです。 そこでこの記事では、「暮らしにシンプルをプラス」をコンセプトとする家電ブランド「Simplus(シンプラス)」の炊飯器を紹介。 Simplus(シンプラス)のブランドの特徴や新発売の炊飯器の魅力をじっくりと解説していきます。 特に、これから一人暮らしを始める人、3合炊きだと少なく感じている人は、ぜひご一読ください。

Simplus(シンプラス)とは

「Simplus(シンプラス)」は生活に寄り添った家電や雑貨を扱うブランド。 シンプル(Simple)かつ一味違う個性(Plus)をコンセプトに掲げ、使いやすさを追求した商品を広く展開しています。 特徴はスマートでインテリア性の高いデザインが安くで購入できること。 機能を厳選することで多くの人が手に取りやすい価格を実現しています。

機能性はあくまでオーバースペックにならないように絞っているだけで、操作性や手入れなど基本的な面に関しては使いやすさを追求。 言い換えると本当に必要な機能だけを持った商品が買える家電ブランドと言えます。 生活空間をシンプルかつ便利にアレンジしたい人、さりげなくおしゃれに見せたい人は特におすすめです。

新発売「炊飯器」の特徴

そんな注目の家電ブランド「Simplus(シンプラス)」から新作の炊飯器を紹介。 デザイン性と機能性を備えた商品の魅力に迫りましょう。

4合炊きがちょうどいい

コンパクトな炊飯器には3合炊きが多いですが、1食分には少し足りない家庭も多いのではないでしょうか。 Simplus(シンプラス)の炊飯器なら、コンパクトな見た目のまま4合炊きが可能です。 一人暮らしの場合も、数食分冷凍米が増やせて、家事への心労が軽くなるでしょう。 それに加え、12時間までの保温機能、30分刻みで24時間までの炊飯予約も可能。 時間があるときに準備して、生活リズムに合わせて炊き上がりを指定できるのも便利なポイントです。

温度センサーで最適な火力に

はじめちょろちょろ中ぱっぱ、という言葉を耳にしたことがあるでしょう。 お米を炊くには火加減が重要で、家電である炊飯器も例外ではありません。 Simplus(シンプラス)の炊飯器は内ぶたに温度センサーが組み込まれているため、温度をきめ細かく検知。 それにより火力を最適に制御することで、おいしいご飯が炊きあがります。 本当に必要な機能だけを残す、家電ブランド「Simplus(シンプラス)」のこだわりを感じる部分です。

炊くだけじゃない! 8種の豊富なメニュー

Simplus(シンプラス)の炊飯器は時間がないときに便利な「早炊き」など、炊飯モードの調節も可能です。 また、「煮る」「蒸す」なども選択でき、スープやケーキ、ヨーグルトなど8種類ものメニューに活用することができます。 メニューごとの調理時間の目安がわかるため、他の作業をしながら仕込めるのも便利。 効率的に食事の支度ができ、料理の幅を広げてくれる逸品です。

おしゃれな見た目で部屋に馴染む

せっかく韓国や北欧風のおしゃれな家具で揃えても、家電を置くとイメージが変わってしまいがち。 ワンルームやリビングダイニングで生活している人にとって、家電のデザインは悩みの1つと言えるでしょう。 しかし、Simplus(シンプラス)の炊飯器ならその心配もありません。 丸みのあるフォルムとマットな質感で、流行りのインテリアにマッチ。 操作部にもフラットなタッチパネルを採用することで、家電特有の存在感をなくし、部屋に溶け込みやすくしています。

手入れ簡単、はじめての一人暮らしにも

家電を選ぶときは、手入れのしやすさも注目すべきポイント。 特にはじめて一人暮らしをする人は、自分が使いやすく管理が楽な商品を選びましょう。 Simplus(シンプラス)の炊飯器は内ぶたを外して丸洗いできる仕様で、こびりついたご飯粒や水滴をすぐに洗い流せます。 パッキンも取り外せるため細かい部分まで手入れができ、家事初心者でも衛生的に保ちやすくおすすめです。

Simplus(シンプラス)の販売ページも紹介

続いて商品の重量や付属品、カラー展開もチェックしましょう。 Simplus(シンプラス)の商品解説だけでなく、楽天などの口コミも参考にしてみてください。

シンプラス (Simplus) マイコン式 4合炊き炊飯器 SP-RCMC4

内窯と電源コードに加え、しゃもじや蒸し皿、計量カップなど炊飯に必要なアイテムは全て入っているので、注文した後は届くのを待つだけ。 電源コードは取り外せるため、使わないときはすっきりと収納できます。 操作はタッチパネル式で、ケーキなど複雑そうなメニューも直感的に選択可能です。 価格は5000円以内と手頃な上に、安心の1年間のメーカー保証付き。 リーズナブルでも、必要な機能が揃った炊飯器が欲しい人におすすめの逸品です。

  • 外形寸法 幅20.5cm 奥行20cm 高さ19.5cm
  • 材質(内窯) アルミ、フッ素樹コーティング
  • 重量 1.93kg
  • コード長 1.2m
  • 付属品 内釜、蒸し皿、しゃもじ、計量カップ、電源コード、取扱説明書兼保証書

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

シンプルでコスパが良く、こだわりも感じられる家電ブランド「Simplus(シンプラス)」の炊飯器。 操作や手入れのしやすさ、炊飯予約などの機能に加え、料理のレパートリーを増やせる使い勝手の良さも魅力です。 ナチュラルなキッチン雑貨や家具と相性が良く、ワンルームにもリビングキッチンに置くのにもおすすめ。 Simplus(シンプラス)の炊飯器が気になった人は、ぜひ公式ページもチェックしてみてください。