チョークホルダーおすすめ9選 ステンレス製の使いやすい商品も紹介

チョークの写真
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

チョークを使いやすくしたい人や、手が汚れるのが嫌な人にはチョークホルダーがおすすめ。
ステンレス製や真鍮製、キャップ付きなど様々なチョークホルダーがあり、おしゃれなカラーの商品も展開されています。
この記事ではチョークホルダーの魅力や選び方を解説。
オートや「天神チョーク」で知られる日本白墨工業など、有名メーカーのおすすめチョークホルダーも紹介します。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

チョークホルダーの魅力とメリット

学校やカフェ、測量現場など様々な場所で使われているチョーク。
チョークを使う時に一緒に持っておくと便利なのがチョークホルダーです。
チョークホルダーは手や服の裾にチョークの粉がつくのを防ぎ、短いチョークも持ちやすくしてくれるアイテム。
真鍮やステンレスなどの材質があり、マグネットやキャップ付きの便利な商品も販売されています。
紹介する選び方も参考にして、使いやすいチョークホルダーを見つけましょう。

チョークホルダーの選び方

まずはサイズやステンレスなどの材質といった、チョークホルダーの選び方を紹介します。
使いやすいチョークホルダーの特徴をおさえていきましょう。

チョークの太さに合うサイズを選ぶ

チョークホルダーは使うチョークの直径に対応するサイズを選びましょう。
適したサイズを選べばホルダーの中でチョークが折れたり、詰まったりする心配も減ります。
一般的なチョークのサイズは直径1cm前後。
直径0.7cm前後の細いチョークは繊細なため、丈夫な材質のチョークホルダーを使うと安心です。

長さの調節方法で選ぶ

  • 手動式

洗濯バサミのようにチョークを挟んだり、ホルダーの先にチョークを差し込んだりして使う手動式。
チョークをしっかりと固定し、書き心地も良いという特徴があります。
長さを調節する時に手が汚れてしまうのが難点ですが、短いチョークを最後まで使いたい人におすすめのタイプです。

  • スライド式

チョークホルダーを回して好みの長さに調節できるスライド式。
使い慣れていない人も簡単に調節できるのが大きな魅力です。
中には本体が透明で長さを確認できる便利な商品も。
チョークが短くなってくると不安定になるため、スライド式は長さのあるチョークに適しています。

  • ノック式

シャープペンシルのようにチョークを押し出して使うノック式も便利。
片手で長さを調節できるため、書いている途中でも手早くチョークを伸ばすことができます。
ノックする時に中でチョークが折れないよう、力加減には気を付けましょう。
チョークに触れる必要がないためチョーク粉のアレルギーが心配な人にもおすすめです。

使いやすい材質を選ぶ

  • 真鍮

5円玉の材質である真鍮(しんちゅう)のチョークホルダーは高級感があり、長持ちしやすいのが魅力。
真鍮は腐食に強く、形が長期間変わらないのもメリットです。
水分や湿気に弱く、サビやすい性質を持つため保管に注意が必要で、屋内で使うのに適しています。

  • アルミニウム・ステンレス

サビに強く、耐久性もあるアルミニウムやステンレスも要チェック。
軽量なものが多く、長時間使う場合でも手が疲れにくいのがポイントです。
さらに耐水性にも優れているため屋外でも使いやすいタイプ。
他の材質よりも価格が高い傾向がありますが、実用性が高いためチョークを頻繁に使用する人におすすめです。

  • プラスチック

手軽さを重視するならプラスチックのチョークホルダーが最適。
軽量で耐水性もあるため屋外で使う人や、持ち運ぶ機会が多い人にもおすすめです。
加工しやすいのも特徴で、おしゃれでかわいいカラーやデザインも豊富。
持ちやすく、使いやすいよう設計された商品も多いため性能などを幅広く比較できるのもメリットです。

マグネット付きだと便利

マグネット付きのチョークホルダーなら、黒板などにチョーク置き場がない時も安心。
屋外で携帯用の黒板を使う場合も、黒板に貼り付けられるとチョークを紛失する心配がありません。
金属製のデスクにもくっつくため省スペースでチョークホルダーを保管でき、必要な時にスムーズに使えます。

持ち歩くならキャップ付きがおすすめ

チョークを持ち運ぶ機会の多い人や屋外で使用する人には、キャップ付きのチョークホルダーが便利。
キャップ付きならバッグや筆箱、ポケットにチョークを入れる際も汚さずに収納できます。
ポケットやベルトにチョークホルダーを差し込めるよう、キャップにフックが付いているとさらに使いやすいでしょう。

チョークホルダーおすすめ9選

ステンレス製や細いチョーク向けなど、おすすめのチョークホルダーを紹介。
自分が使いやすいものを見つけてみてください。

ウチダ (UCHIDA) チョークホルダー 8-631-2836

幅広い教育用品を扱うウチダのチョークホルダー。
こちらは後ろのボタンを押して先端を開き、チョークを出し入れして調節する手動式です。
直径1cm前後、市販でよく使われる通常サイズのチョークに幅広く対応。
マグネット付きのため、黒板などに貼り付けて保管できるのもポイントです。
口コミでは「字が書きやすい」「しっかりとグリップしてくれる」と、使いやすい点が高く評価されています。

  • 適応チョーク 直径1.2cm 高さ9.4cm
  • 長さ調節方法 手動式

楽天市場で見る
amazonで見る660円
Yahoo!ショッピングで見る

日本白墨工業 天神印チョークホルダー ステンレスチョークホルダー SHO

天神チョークシリーズを展開する文具メーカー「日本白墨工業」のチョークホルダー。
先端にチョークを挿して調節する手動式で、後ろの部分を離すとチョークが固定される仕組みです。
固定力が高いため、短くなったチョークを最後まで使えるのもメリット。
サビにくいステンレス製で、耐水性や耐久性にも優れているため屋外でも活用できます。

  • 外形寸法 幅1cm 奥行1.5cm 高さ11.5cm
  • 材質 ステンレス
  • 長さ調節方法 手動式

楽天市場で見る
amazonで見る669円
Yahoo!ショッピングで見る

日本理化学工業 (RIKAGAKU) ダストレス チョーク スクールシリーズ ホルダー スリム SH-S

文房具や事務用品を手がける日本理化学工業のチョークホルダー。
スタイリッシュなデザインの真鍮製で、直径0.7cmのスリムなチョークに対応しています。
ホルダーを回転させて使うスライド式のため、手を汚すことなく長さ調節が可能。
スリムチョークが1本付属している便利なセット商品で、すぐに使いたい人にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅1cm 高さ10.5cm
  • 適応チョーク 直径0.7cm 高さ6.3cm
  • 材質 真鍮
  • 長さ調節方法 スライド式

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

オート (OHTO) チョークシャープホルダー CSH-1000

日本ではじめて水性ボールペンを開発したとされる有名文具メーカー「オート」。
こちらはオートが手がけるアルミ製のチョークホルダーで、手が疲れにくい軽量設計が持ち味です。
長さ調節の方法はシャーペンのようにチョークを押し出して使うノック式。
グリップ部分には、握りやすいポリチューブ加工が施されているのも注目ポイント。
長時間チョークを使用する人におすすめの、持ちやすさを追求した逸品です。

  • 外形寸法 幅1.8cm 高さ10.1cm
  • 適応チョーク 直径1.1cm~1.17cm
  • 材質 アルミニウム、ポリオレフィン
  • 長さ調節方法 ノック式

楽天市場で見る
amazonで見る

シンワ測定 (Shinwa) チョークホルダー

定規や温度計など、測定機器を中心に扱うシンワ測定のキャップ付きチョークホルダー。
直径1cmほどの通常サイズのチョークに対応し、片手で扱いやすいノック式で長さを調節できます。
透明なキャップ付きでチョークの色を判別できるのも便利。
加えてフックも備わっているためポケットなどに引っ掛けて使用可能。
黒板などに貼り付けられるマグネット付きで、赤や黄色などのポップなカラー展開も魅力です。

  • 外形寸法 幅2.5cm 奥行2.1cm 高さ13.1cm
  • 適応チョーク 直径1.1cm~1.2cm
  • 長さ調節方法 ノック式

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

日本理化学工業 (RIKAGAKU) ダストレス チョークホルダー DC-CH

日本理化学工業から、キャップ付きのチョークホルダーを紹介。
こちらはシャーペンのようにチョークを押し出して使うノック式で、片手で楽に長さを調節できます。
プラスチック製のため軽く、長時間チョークを使用する人にも最適。
キャップにはマグネットに加え、ポケットやベルトに引っ掛けられるフックが付いているのもポイント。
日常的にチョークを持ち運ぶ人にもおすすめの逸品です。

  • 外形寸法 幅1.7cm 高さ15cm
  • 材質 プラスチック
  • 長さ調節方法 ノック式

楽天市場で見る
amazonで見る496円
Yahoo!ショッピングで見る

マイゾックス (myzox) チョークホルダー3色セット CH-SET

測量や土木機器を扱うマイゾックスのチョークホルダー3色セット。
ボタンで押し出すノック式で、直径1cm以上の通常サイズのチョークに対応しています。
マグネットとフックが付いたキャップで蓋ができるため、ペンケースやポケットに入れて持ち運ぶのも安心。
クリアでかわいい赤、青、黄色の3色セットのため、中のチョークも色分けして収納すると使いやすいでしょう。

  • 適応チョーク 直径1.08cm~1.22cm
  • 長さ調節方法 ノック式

楽天市場で見る
amazonで見る1,036円
Yahoo!ショッピングで見る

T&M チョークホルダー マグネットチョークホルダー

大型のマグネットが配置されているチョークホルダーの4色セット。
1cm前後の通常サイズのチョークに幅広く対応する太さで、軽量なプラスチック製です。
チョークの長さを調節する時に粉で手を汚す心配がないノック式で、アレルギーの人にもやさしい設計。
ポップな色合いで、黒板などに貼り付けるだけでもおしゃれなアメリカンテイストの文房具として映えます。

  • 外形寸法 幅2.3cm 高さ9.6cm
  • 適応チョーク 直径0.8cm~1.3cm
  • 材質 プラスチック
  • 長さ調節方法 ノック式

楽天市場で見る
amazonで見る888円
Yahoo!ショッピングで見る

レイリ (reiri) チョークホルダー マグネット付き 4色セット ケース付き SA-TY-019

レイリのノック式チョークホルダーの4色セット。
チョークホルダーをまとめてしまえるケース付きで、紛失のリスクも減らせます。
持ち運びに便利なフック付きのキャップで蓋ができるのも大きな魅力。
口コミでは「キャップの色がかわいい」「太さや長さも良く書きやすい」「マグネットが便利」と、カラーや実用性が高く評価されています。

  • 外形寸法 幅1.9cm 高さ13.4cm
  • 適応チョーク 直径1.1cm~1.2cm
  • 材質 プラスチック
  • 長さ調節方法 ノック式

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

ここまでウチダや日本白墨工業、オートなどから販売されているチョークホルダーを紹介しました。
サビに強いステンレスや軽量なプラスチックなど、使いやすい材質にこだわって選ぶのもおすすめ。
チョークを使いやすくしたい、書き心地を良くしたい人はホルダーの性能もチェックしましょう。
デザインやカラーにも注目して、気分を上げてくれるお気に入りのチョークホルダーを取り入れてみてください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる