夏のラグ、どうしてる?いらない?【100人に調査】フローリングの痛み対策も

KEYWORD

#夏・夏用

pillows on floor near swing
出典:Unsplash

夏にラグマットを敷いておくと、暑苦しく感じたり汗で汚れたりするのが悩みどころ。
そんな夏のラグ問題ですが、他の家庭では一体どうしてるのでしょうか。
今回は、夏のラグをどうしてるかについてアンケート調査を実施。
夏用ラグのメリット・デメリットを解説し、暑い時期を快適に過ごせる夏用ラグ・夏冬兼用ラグも紹介します。
夏にラグはいらないと考えている人や、他の人が夏のラグをどうしてるか気になる人も要チェックです。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

夏用ラグを敷くメリット

まずは夏にラグを敷くメリットを説明します。
毛足の長いラグは暑苦しく感じるので、夏にラグはいらないと考える人は多いかもしれません。
しかし、暑いからといってフローリングに直に座ったり寝転んだりすると、体の痛みの原因になることも。
体の痛みを緩和するために、夏用ラグを使用するのがよいでしょう。
また、汗を吸収する素材なら、暑い夏場でもサラッと快適に過ごせます。
さらにフローリングの汚れも防止できるため、床に汚れや傷を付けたくない人にもおすすめです。

夏用ラグを敷くデメリット

ラグマットを敷くことで手入れの手間が増えてしまうのは、デメリットの1つといえるでしょう。
拭き掃除ができるフローリングと違い、ラグの手入れは少々面倒です。
また、直に座るよりはマシですが、夏用ラグのみではフローリングの固さが伝わって体が痛くなってしまうケースも。
夏用ラグは薄手のものが多いため、フローリングに座ることが多い人は、痛くないように対策を考える必要があります。

夏用ラグの選び方

次に、暑い時期でも快適に過ごせる夏用ラグの選び方を解説します。
夏はラグがいらないと思っている人も、まずは見てみてください。

夏でも涼しい素材を選ぶ

快適に使える夏用ラグを選ぶ上で、素材選びは重要なポイントです。
夏用ラグに使われる素材の種類や、それぞれの特徴について説明します。

コットン

コットンを使用したラグマットは、肌触りがやさしく、吸水性・通気性に優れているのが特徴。
汗も吸収してくれるので、夏でもベタつきを感じさせず快適に使用できます。
また、オールシーズン使用できるのもコットンラグの魅力。
夏冬兼用で1枚のラグを使いたい人にもおすすめです。

い草・竹

どこか懐かしい雰囲気を味わえる、い草や竹も夏用ラグの定番素材です。
竹ラグは熱伝導率が高く、触れた時にひんやりと感じられるのが特徴。
い草には調湿効果や空気浄化、消臭効果などの嬉しい機能も。
天然素材ならではのさわやかな香りも楽しめます。

籐素材のラグマットは、サラッとした肌触りとひんやり感が特徴。
吸湿・発散性にも優れているので、夏用のラグとしても最適です。
また丈夫で耐久性が高いため、長く使えるものを探している人にもおすすめ。
使うほどに変化する色味や、味わい深い風合いを堪能できます。

麻は吸水性・通気性に優れており、ややザラッとした肌触りが特徴。
汗を吸収してもすぐに乾くので、サラサラな状態をキープしてくれます。
耐久性が高く、水に濡れると強度がアップする性質があり、暑い時期や湿気の多い時期にぴったりの素材です。

ナイロンやポリエステルなどの合成繊維

ナイロンやポリエステルなどの合成繊維は、摩耗に強く耐久性に優れているのが特徴。
天然素材に比べて手頃な価格で手に入るのが嬉しいメリットです。
さらに、手入れがしやすく、自宅で洗える種類が多いのもポイント。
年間を通して快適に使用できるので、夏冬兼用で使いたい人におすすめです。

冷感加工生地

触れた時のひんやり感を重視したい人には、接触冷感生地を使ったラグがおすすめ。
ひんやり感だけでなく、肌触りや使い心地のよさにこだわって作られているものが多くあります。
接触冷感生地にもさまざまな種類があるので、仕組みや効果の高さにも注目しましょう。

洗えるラグなら衛生的に使える

衛生面が気になる人は、洗えるラグを選ぶとよいでしょう。
自宅で気軽に洗えるラグなら、いつも清潔な状態をキープできます。
特に、洗う頻度が高い場合は、洗濯機が使えるラグがおすすめ。
小さな子供やペットがいる家庭はラグも汚れやすいので、汚れた時の手入れのしやすさも考慮して選びましょう。

おしゃれなデザインにも注目

ラグマットはインテリアのアクセントにもなるため、おしゃれな見た目にもこだわりたいところ。
夏用ラグもシンプルなものから個性的なデザインまで、さまざまな種類がラインナップされています。
部屋の雰囲気や家具との調和を意識して、おしゃれなデザインのラグを選びましょう。

ラグを敷いてもフローリングが痛い時の対策

ラグを敷いていてもフローリングが痛い時の対策をチェックしておきましょう。
夏用のラグは冬用に比べて薄く作られている事が多いです。
そのため、ラグを敷いてもフローリングの固さを痛いと感じてしまうことがあります。
そこでおすすめなのが、ラグ専用の下敷き。
夏用ラグの下に専用のマットを敷くことで、クッション性がアップします。
中には保温効果や防音効果が期待できるものも。
ラグのズレが気になる場合は、滑り止め加工が施されたものがおすすめです。

【100人に調査】夏のラグはどうしてる?

実際、夏にラグを使用している人はどのくらいいるのでしょうか。
これらは、生活している部屋の床材がフローリングの人100名に向けて行ったアンケートの結果です。
結果は「使用している」が62%、「使用していない」が38%で、夏でもラグを敷いている人が多いことが分かります。

また、「使用している」と回答した人に理由も調査してみました。
1位は「フローリングに直に座ると痛い」が26人、2位は「寝転んでリラックスしたい」が9人、3位は「小さな子供やペットの安全対策」が8人という結果に。
「その他」は「床が季節を問わず冷たいから」という回答になりました。

さらに夏場のフローリングにラグを「使用していない」と回答した人にもアンケートを実施。
結果、1位の「掃除がしにくい」が16人、2位の「手入れが面倒」は8人、3位の「暑苦しいと感じる」は7人でした。
ぜひ、本アンケートも参考に夏用のラグを検討してみてください。

調査対象:リビングなど、主に生活している部屋の床材がフローリングの方100名/調査方法:インターネットでのアンケート調査/調査日:2023年4月11日/調査機関:イエコレクション編集部

暑い夏におすすめの涼しい夏用ラグ6選

ここからは夏のラグをどうしてるかの調査結果も踏まえ、暑い夏でも快適に使えるラグを紹介。
春夏兼用のおしゃれなラグや、手入れしやすい洗えるラグなど、さまざまな種類のラグをセレクトしました。

ランラン (RANRAN) ラグマット サラサ (SARASA)

直にフローリングに座ると足が痛い人の対策におすすめ
サラッとした肌触りが心地よいキルティング素材の麻調ラグマット。
ナチュラルでおしゃれな3色のカラーから選べて、どんなインテリアにもマッチします。
また付属の専用洗濯ネットを使用すれば、家庭用の洗濯機で丸洗いも可能。
常に清潔に使用できるので、小さな子供やペットのいる家庭にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅130cm 奥行190cm
  • 材質 ポリエステル、ウレタンフォーム
楽天市場で見る

VK Living カーペット キルトラグ ラグマット 夏用 綿100% 洗える

抗菌・防臭加工で清潔に使える夏冬兼用の心地よいキルトラグ
クッション性があるやさしい肌触りのキルトラグ。
抗菌・防臭加工や滑り止め加工を施しており、小さな子供のいる家庭にも安心です。
夏はベタつきを抑えて冬はひんやりしないので、夏冬兼用で使えるのもポイント。
また、ボリューム感のある生地のため、直に座っていても腰が痛くなりにくく、快適です。

  • 外形寸法
    • 幅130cm 奥行190cm
    • 幅190cm 奥行190cm
    • 幅190cm 奥行240cm
  • 材質 ポリエステル、コットン
amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

クーカン (Cucan) レーヨン・綿混ラグ カプリス 13472070-185-185

ほどよいひんやり感とサラサラな肌触りが心地よい洗えるラグ
幾何柄がおしゃれな、洗える接触冷感ラグ。
熱を奪う性質を持つレーヨンを織り交ぜており、ほどよいひんやり感を味わえます。
さらに天然素材のコットンで吸水性もプラス。
汗をかいてもベタつかず、サラッとした使い心地が長続きします。
持続性に優れた防ダニ加工を施しているので、子供やペットのいる家庭にもおすすめ。

  • 外形寸法
    • 幅130cm 奥行185cm
    • 幅185cm 奥行185cm
    • 幅185cm 奥行210cm
  • 材質 ポリエステル、ポリプロピレン、レーヨン、綿
楽天市場で見る

家具の里 (Kagunosato) い草 ラグ 選べる13柄 インスタイル (inSTYLE) 42-0181

豊富なバリエーションから選べる100%国産い草を使用したい草ラグ
国産い草を100%使用した家具の里のい草ラグ。
吸湿性が高く、夏や湿気の多い時期に最適です。
デザインのバリエーションが豊富で、全13柄から部屋の雰囲気に合わせて選べます。
また、職人の手によってひとつ一つ作られているため、手作りならではの味わいを楽しめるでしょう。

  • 外形寸法 幅190cm 奥行190cm
  • 材質 国産い草、綿、麻
楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

アジア工房 (Asia-Kobo) 籐あじろ カーペットラグサイズ AJ100-200X250

ひんやりサラサラの肌触りと抜群の吸湿性で清涼感をもたらす籐素材のラグ
ラタンカーペットの最高峰、籐あじろのラグ。
厳選された籐を使用し、熟練の職人によって仕上げられています。
ひんやりサラサラの肌触りで吸湿性抜群のため、暑い夏にも清涼感をもたらしてくれるでしょう。
アジアンテイストや和モダンなど、おしゃれなインテリアのアクセントとしても活躍します。

  • 外形寸法 幅200cm 奥行250cm
  • 材質 ラタン、不織布、コットン
楽天市場で見る

クーカン (Cucan) 洗える綿混ラグ コットンパール 13472011-all

汗ばむ季節もサラッと快適に使える綿混素材の夏冬兼用ラグ
オールシーズン使えるクーカンの綿混ラグ。
サラッとした肌触りの綿混素材を使用しているため、汗をかいてもベタつかず快適に過ごせます。
サイズは全3サイズ展開。
全サイズ自宅の洗濯機で丸洗いでき、いつも清潔に使えます。
ママたちの声をもとに商品化したラグなので、赤ちゃんや小さな子供のいる家庭にもおすすめです。

  • 外形寸法
    • 幅130cm 奥行180cm
    • 幅180cm 奥行180cm
    • 幅180cm 奥行230cm
  • 材質 綿、ポリエステル、ナイロン、不織布

楽天市場で見る amazonで見る

痛いフローリングにおすすめのラグ専用下敷き3選

続いては、フローリングが痛い時の対策におすすめのラグ専用下敷きを紹介。
夏用ラグだと体がフローリングに当たって痛いと感じてる人は、ぜひ参考にしてください。

なかね家具 (Nakanekagu) ママ楽!楽々防音ノンスリップシート 滑り止めシート R-0116403

ラグのズレを防止してクッション性・防音性もアップさせる滑り止めシート
カーペットやラグを専門に扱うなかね家具から、楽々防音ノンスリップシートを紹介。
ラグのズレを防止しながらクッション性や防音性を高められるアイテムです。
ラグのサイズに合わせてカットできるため、小さめのラグや特殊な形状のラグにも使用可能。
抗菌加工が施されているので、小さな子供や赤ちゃんのいる家庭でも安心して使えます。

  • 外形寸法
    • 1帖用 幅85cm 奥行175cm
    • 2帖用 幅175cm 奥行175cm
    • 3帖用 幅175cm 奥行230cm
  • 材質 ポリエチレン
楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

ニトリ (NITORI) 低反発ラグパッド 下敷き専用 7224891

薄手のラグをボリュームアップできる通年使用可能な下敷き専用パッド
ラグの下に敷くだけで簡単にボリュームアップできるニトリの低反発ラグパッド。
こちらは薄手のラグのクッション性がアップするだけでなく、保温効果・防音効果も期待できます。
さらに、ハサミでカットしてサイズ調整が可能なため、さまざまなラグに対応。
床暖房・ホットカーペットにも使えるので、夏冬兼用のラグ下パッドを探している人にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅125cm 奥行180cm
  • 材質 ポリエステル
楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

クーカン (Cucan) ふかふか下敷き専用ラグ ふかぴたSTANDARD 11798068-170-170

ふっくらとした厚みをプラスできる手洗い可能な下敷き専用ラグ
ボリューミーなウレタンフォームを使用した下敷き専用ラグ、ふかぴた。
薄手のラグにふっくらとした厚みをプラスでき、防音性や保温性もアップします。
両面に滑り止め加工が施されているため、ラグがズレにくく快適。
万が一汚れた場合は手洗いも可能です。
サイズは3サイズ展開なので、ラグの大きさに合わせて選べます。

  • 外形寸法 幅170cm 奥行170cm
  • 材質 ポリエステル、ウレタン、不織布
楽天市場で見る

通販サイトの最新ランキングも参考にする

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

楽天市場の売れ筋ランキング Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング
※上記の売れ筋ランキングは、各通販サイトによって集計期間・集計方法が異なる場合があります。

まとめ

暑い夏でも夏用のラグマットを使うことで、座る時に痛くないうえに汗によるベタつきを軽減できます。
今回実施した夏のラグをどうしてるかの調査でも、ラグを敷いている人が多数派でした。
夏用のラグマットを選ぶ際は、素材や手入れのしやすさ、おしゃれな見た目などに注目しましょう。
また、夏にラグはいらないと考えている人も、夏冬兼用のラグなどを一度取り入れてみてください。

目次
閉じる