布団圧縮袋に防虫剤を入れても大丈夫? 使い方のコツやおすすめ商品を紹介

出典:tvjoern / Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

毛布や羽毛布団、夏掛け布団などの季節ものの布団や、普段は使わない来客用の布団。
そのまま押入れなどにしまうと、かなりのスペースをとってしまいます。
そこでおすすめなのが布団圧縮袋。
今回は、布団圧縮袋の種類や使い方の注意点、おすすめの布団圧縮袋をご紹介します。

もしかしたら間違った圧縮の仕方をして、布団や掃除機に負担をかけてしまっているかもしれません。
布団と掃除機どちらも長く使えるように、この機会に改めて確認しましょう。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

布団圧縮袋に防虫剤を入れても大丈夫?

布団以外にもオフシーズンの衣類やぬいぐるみなども圧縮できて便利な圧縮袋。
ただ、オフシーズンの虫対策として防虫剤を入れても大丈夫なのか、心配な人もいるでしょう。
実は、圧縮袋に防虫剤を入れても防虫効果は期待できません。
むしろ防虫剤が触れた部分ににおいが残り、変色の原因にもなるので圧縮袋には防虫剤を入れないようにしましょう。

布団圧縮袋のダニ・カビ対策は必要ないの?

布団や毛布を布団圧縮袋に入れておけば、基本的にダニ・カビ対策は必要ありません。
どうしてもダニやカビが気になる、何か対策したいという場合は、シリカゲルや脱酸素剤を入れるのがおすすめ。
また、梅雨~夏などの湿気が多い時期は、エアコンの設定温度を下げて布団の湿度や熱を完全に無くしてから圧縮袋に入れてください。

加えて、布団もずっと圧縮したままでは傷んでしまうほか、防ダニ抗菌作用のある圧縮袋の効果も永遠ではありません。
定期的に袋から出して陰干しするようにしましょう。

圧縮袋を使う前に行っておくこと

圧縮袋を使う前に行っておくことを事前に把握しておきましょう。
正しい使い方をすることで圧縮状態を保てます。

使用前にファスナー内側の汚れをチェック

圧縮袋のファスナーを閉めるときは密閉状態にする必要があります。
ファスナーにゴミやほこりが付着したまま閉めても密閉にはなりません。
そのままにしておくと空気が抜けるのはもちろん、隙間から湿気やカビが入って繁殖してしまうこともあります。
そのため、圧縮袋を使う前にファスナー内側の汚れを確認して拭いておくのがおすすめです。

布団は干してから圧縮する

ダニやカビなど、菌の発生を防ぐため、布団は圧縮する前に必ず一度干して乾燥させましょう。
また、夏は特に湿度が高いので、圧縮するときはエアコンや除湿機で室内の湿度を下げておくことをおすすめします。

圧縮袋を使うときの注意点

布団圧縮袋は、正しく使わないと布団や掃除機を傷めてしまうことがあります。
長く使うためにも、注意すべきポイントをみていきましょう。

羽毛布団は専用の袋を使う

black and white blanket on bed

かさばる羽毛布団こそ圧縮したいところですが、圧縮すると羽毛の羽軸がとびだしてしまったり、ふわふわ感がつぶれ、保温性が失われてしまったりするおそれがあります。
どうしても羽毛布団を圧縮したい場合は、羽毛布団にも対応している圧縮袋を選びましょう。

圧縮しすぎない

省スペースを重視するあまりカチカチになるまで布団を圧縮してしまうと、布団の中綿素材が傷んで元の形状に戻りにくくなってしまいます。
布団のふわふわ感を維持するために、圧縮は元の厚みの3分の1程度、羽毛布団は2分の1に留めておきましょう

また、圧縮のしすぎは掃除機にも負担がかかります。
吸引時間は1分以内にし、何枚かの布団を連続で圧縮する場合は10分程度の間隔をあけ、モーターを冷やしましょう。

布団圧縮袋の圧縮方法の違い

布団圧縮袋の圧縮方法の違いを解説します。
掃除機の有無や適応するかどうかを見定めて選びましょう。

掃除機で圧縮できるバルブ式

掃除機を活用できる圧縮袋が、ファスナーを閉めてバルブから空気を抜くタイプ。
ファスナーだけだと掃除機を引き抜いたあとに空気が逆流してしまい、また膨らんでしまうことがあるため、掃除機がある場合はバルブ式のものが便利です。

掃除機を使わない手押し式

掃除機を使わない手押し式は、ハンディタイプの掃除機や海外製の掃除機を使っていて「圧縮袋が使用できない」と諦めている人におすすめ。
使い方は、衣類用の小さな圧縮袋のように手で押して空気を抜くだけです。
この記事でも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

バルブ式布団圧縮袋の正しい使い方

ここではバルブ式布団圧縮袋の正しい使い方を解説します。
使い方は、まず圧縮袋にしっかりと乾いた布団や毛布を入れてファスナーを密閉します。
掃除機の吸い込み口をバルブに当て、圧縮袋の中の空気を吸い出してください。
コツさえ掴めば使い方は意外と簡単なので、ぜひ挑戦してみましょう。

おすすめの布団圧縮袋5選

楽天やamazonで評判の布団圧縮袋を紹介します。
まだお気に入りがない人はぜひ参考にして下さい。

おすすめ比較

スクロールできます
商品名石崎資材 アクアトーク 立体圧縮布団袋 FM-01BNオリエント 超薄型バルブ式 ふとん圧縮袋石崎資材 圧縮BOXふとん用Q-PON 圧縮袋 ポンプセット 防ダニシート2枚付 B520-SET鎌倉ライフ 乗るだけ布団圧縮袋 2枚入り 日本製 90cm×110cm
イメージ
布団圧縮袋1
布団圧縮袋2
布団圧縮袋3
布団圧縮袋4
布団圧縮袋5
外形寸法幅90cm 奥行85cm 底マチ46cm幅120cm 奥行92cm幅74cm 奥行56cm 高さ22cm圧縮袋 幅90cm 奥行120cm
ポンプ 幅11.5cm 全高15.5cm (取っ手を含む)
幅90cm 高さ110cm
販売サイト楽天市場
Yahoo!ショッピング
楽天市場
Amazon
Yahoo!ショッピング
楽天市場
Yahoo!ショッピング
楽天市場
Amazon
Yahoo!ショッピング
楽天市場
Amazon
Yahoo!ショッピング

石崎資材 (ISHIZAKI) アクアトーク 立体圧縮布団袋 FM-01BN

マチつきでストレスなく収納できる圧縮袋

密封パックや圧縮袋を専門に製造している石崎資材の羽毛布団にも対応した圧縮袋専門店の日本製圧縮袋です。
オリジナルに開発した「逆流防止弁付き超薄型バルブ」は、バルブにキャップが装着されているので、ほこりや小さなゴミで弁がちゃんと閉じきれていなくても、キャップが空気の漏れを確実に防ぎます。
さらに、12mmという薄さのバルブは重ねて収納しても厚みが気にならず、底マチがあることによって袋がたるまないので、押し入れサイズにぴったりと布団を圧縮することができ、すっきり美しく収納することができます。

  • 外形寸法 幅90cm 奥行85cm 底マチ46cm


楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

オリエント 超薄型バルブ式 ふとん圧縮袋

掃除機で吸い込んでしっかり圧縮できる袋

ダブルサイズの掛け布団に対応したダウン80%以上の羽毛布団も圧縮することができる圧縮袋です。
この圧縮袋の最大の特徴は、超薄型のバルブ。
改良されたバルブは従来の1/3の厚さまで薄くなっており、重ねやすくなっています。
また、掃除機で空気を吸った後バルブの蓋部分をワンプッシュ押し込むだけで空気の逆流を防ぐことができます。
簡単な手順で圧縮することができ、さらに安心の1年保証つきなので、初めて圧縮袋を使う人におすすめです。

  • 外形寸法 幅120cm 奥行92cm

amazonで見る1,210円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

石崎資材 (ISHIZAKI) 圧縮BOXふとん用

ジャストサイズの収納ケースとセットで買える布団圧縮袋

圧縮袋と収納ケースが一体化した石崎資材の圧縮ボックスです。
ケースに入れることで中身が見えず、押し入れの見た目もすっきりと片付きます。
圧縮袋とケースはファスナーで取り外しできるようになっており、別々に使うこともできます。
たっぷり入る圧縮袋は、シングルサイズの掛け布団2枚、毛布2枚、枕2つをまとめて入れられる大容量。
複数の圧縮袋をまとめて移動するのが楽だったり、圧縮袋に空気が入ってきてもケースの大きさ以上に膨らまない点が好評です。

  • 外形寸法 幅74cm 奥行56cm 高さ22cm


楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

Q-PON 圧縮袋 ポンプセット 防ダニシート2枚付 B520-SET

掃除機がない家におすすめの電動ポンプ付き圧縮袋

専用の電動ポンプと圧縮袋2枚のお得なセットです。
全長15.5cmのコンパクトな専用ポンプは、重さも630gと軽量で場所を取らず扱いやすいのがポイント。
片手で操作できるので圧縮しているときに布団の形を整えやすく、掃除機を使用したときよりも綺麗に圧縮することができます。
また、このポンプは他のバルブ式圧縮袋にも対応しているので、現在お持ちの圧縮袋が「超薄型バルブ」「フラットバルブ」「簡単吸出バルブ」のタイプであれば使うことができます。
防ダニシートも付いたお得なセットをぜひチェックしてください。

  • 外形寸法
    • 圧縮袋 幅90cm 奥行120cm
    • ポンプ 幅11.5cm 全高15.5cm (取っ手を含む)

amazonで見る
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

鎌倉ライフ 乗るだけ布団圧縮袋 2枚入り 日本製 90cm×110cm

海外製を使っている人や掃除機がない家庭にもおすすめの布団収納袋

こちらは掃除機不要でコンパクトに収納できる布団収納袋です。
使い方は簡単で、清潔な布団を圧縮袋の中に入れてファスナーを閉め、上に乗って体重をかけて空気を逃すだけ。
ファスナー部分は空気が後戻りしない逆止弁タイプのため、真空状態をしっかりと保ってくれます。
収納量の目安としては1袋あたり、シングル掛け布団なら1枚、布団なら3枚~4枚、タオルケットであれば3枚~5枚入ります。

  • 外形寸法 幅90cm 高さ110cm

amazonで見る
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

通販サイトの最新ランキングも参考にする

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

楽天市場の売れ筋ランキング
Amazonの売れ筋ランキング
Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

※上記の売れ筋ランキングは、各通販サイトによって集計期間・集計方法が異なる場合があります。

まとめ

いかがでしたか?
圧縮袋はとても便利ですが、間違った使い方をすると中に入れた布団が傷んでしまいます。
布団を長く使えるように、この記事の注意点を参考にして正しく圧縮してください。

また、羽毛布団対応のものやケースとセットになっているものなど、圧縮袋のタイプはさまざまです。
家庭の布団の種類や収納スペースに合わせて商品を選びましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる