キーボードスライダーおすすめ12選 後付け可能なキーボードトレイやデメリットも

キーボードを打つ手元の写真
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

パソコンデスクが狭くてキーボードを置くスペースがない、デスクで書類を広げるためにキーボードの収納場所が欲しい、などの不満を抱いたことはありませんか。
後付けできる引き出し「キーボードスライダー」ならパソコンデスクを買い替えることなくこれらの悩みを解消できます。
今回は、キーボード置き場として使えるキーボードスライダーの選び方やメリット・デメリット、おすすめ商品を特集。
また、最後にキーボードスライダーの自作方法も紹介します。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

キーボード置き場が欲しい!

selective focus photography of Apple Magic Keyboard on table

デスクの奥行きがなかったり、狭かったりする場合はキーボードスライダーを取り入れるのがおすすめです。
作業時は使いやすく引き出し、使わないときはすっきり収納できるので、デスク上が整理整頓された印象にもなります。
使うデスクや自分に合ったキーボードスライダーを見つけてみましょう。

【後付けの引き出し】キーボードスライダーとは

キーボードスライダーとは、パソコンデスク下にキーボードを収納するための引き出しのこと。
キーボードトレイとも呼ばれ、パソコンデスクまわりをすっきりさせたり、キーボードを使いやすい位置や高さに置ける便利なアイテムです。
後付けできるタイプなら、パソコンデスク設置後でも簡単に取り入れられて、自由にデスクをカスタマイズできます。
また、DIYが得意な人であれば、自作でキーボードスライダーを取り付けることも可能です。

後付けのキーボードトレイを選ぶときのポイント

まずはキーボードスライダーの選び方について解説します。
キーボード置き場の取り付け方や耐荷重、角度調節機能などをチェックしておきましょう。

ネジかクランプか、取り付け方法で選ぶ

キーボードスライダーの取り付け方法はネジ式とクランプ式に分かれます。
ネジ式はパソコンデスクの天板にネジで穴を開けて固定するのでしっかり設置できるタイプ。
クランプ式は天板を挟んで固定するタイプで、デスクに穴を開けずに済むメリットがあります。

他の物を一緒に載せるなら耐荷重にも注目

キーボードだけではなくマウスや文房具といった他の物も一緒に載せるなら、キーボードスライダーの耐荷重もチェックしておきましょう。
キーボードの重量分はもちろん、他に載せたいものの重さにも十分に耐えられるキーボードスライダーを選ぶことが大切です。

高さや角度調整機能付きなら楽な姿勢で作業できる

キーボードスライダーの高さや角度を調節できると、楽な姿勢で作業ができるようになります。
せっかく買ったキーボードスライダーでも高さや角度が合わないとかえって作業効率を落としかねません。
高さや角度が調整できるものであれば、このようなリスクを回避できます。

落下防止付きだと安心

スライダーの手前や奥にバーや縁などが付いている、落下防止のための工夫がされているキーボードスライダーもおすすめです。
キーボードスライダーを勢いよく引き出した時にも、落下防止機能があればキーボードやマウスを落とさずに済みます。

キーボードスライダーのデメリット

black computer keyboard in close up photography

キーボードの置き場所として便利なキーボードスライダーですが、もちろんデメリットもあります。
まず、キーボードスライダーを取り付けることで机の高さが変わるため、調節する必要があるのがデメリット。
また、引き出したキーボードスライダーが椅子の肘置きにぶつかってしまい、ちょっとしたストレスを感じることも。
他に、ネジ固定式だとデスクを傷つけることになる、クランプ式はデスク上のクランプが邪魔などといったデメリットもあります。

後付けできるキーボードスライダーおすすめ12選

パソコンデスクに後付けできるおすすめのキーボードスライダーを紹介します。
有名メーカーを中心にさまざまな商品を調査したので、メリット・デメリットを見て決めましょう。
自作に興味がある人は、簡単な自作方法も参考にしてください。

AboveTEK 大型キーボードスライダー KT-8B

クッション付きで手首への負担を軽減できる金属製のキーボードスライダー

こちらはクランプ式のキーボードスライダー。
挟める天板の厚みは5.6cmまで対応し、さまざまなタイプのパソコンデスクに設置できます。
金属レールを使っているので引き出す時もスムーズ。
キーボードとマウス用に長くリストレストが付いているのもポイントで、手の疲労を軽減し、長時間作業も快適に行えます。

  • 外形寸法 幅83.8m 奥行27.9cm 高さ5.6cm
  • 重量 6.66kg
  • 素材 P2高密度ファイバーボード、ステンレス鋼
  • 取り付け方法 クランプ式

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

サンコー (THANKO) クランプ式キーボードトレイ KEYBTRAY

独立したマウス台は角度を調節して、好みのマウス位置で操作できるキーボードスライダー

サンコーはユニークで便利な家電やパソコン周辺機器を取り扱うメーカーです。
こちらのクランプ式キーボードトレイは、マウス台も備わったタイプ。
キーボードトレイとは別に付属していて角度調節ができるので、マウスを使いやすい位置に置くことができます。
ペンホルダーやクリップケースもあり、デスクで紛失しがちな細かいものも収納できて便利です。

  • 外形寸法 幅54.5cm 奥行30.5cm 高さ3.5cm
  • 重量 3.5kg
  • 取り付け方法 クランプ式
  • 落下防止付き

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

サンワダイレクト (SANWADIRECT) キーボードスライダー 後付け クランプ式 100-KB004

頑丈な作りでノートパソコンやタブレットも置ける

サンワダイレクトは、パソコンサプライ製品を手掛ける国内メーカー、サンワサプライの運営する通販サイトです。
サンワダイレクトのこちらのキーボードスライダーは、人間工学に基づいてデザインされたもので、パソコン作業時の姿勢が気になる時におすすめ。
スライダーが落下しないように裏面にストッパーが付いており、安心して使えます。

  • 外形寸法 幅62.6cm 奥行29.5cm 高さ12.8cm
  • 重量 1.8kg
  • 耐荷重 10kg
  • 素材 スチール、ハイインパクトポリスチレン
  • 取り付け方法 クランプ式

楽天市場で見る
amazonで見る5,780円
Yahoo!ショッピングで見る

フラットなデザインがスタイリッシュなキーボードトレイ。 透明の滑り止めゴムが付属し、キーボードトレイの四隅に貼ることでトレイの落下防止ができます。 こちらのキーボードトレイが取り付けられるデスクの厚みは1cm~2.5cmとサイズが限られているので、自分のデスク天板に対応しているかよく確認しておきましょう。 – 外形寸法 幅65cm 奥行24cm 高さ14.5cm – 取り付け方法 クランプ式

楽天市場で見る amazonで見る

Yahoo!ショッピングで見る –>

サンワダイレクト (SANWADIRECT) 後付けキーボードスライダー クランプ式 100-KB003

手軽に作業スペースを拡張できる、大きめサイズのキーボードスライダー

サンワダイレクトが販売するこちらのキーボードスライダーは、フルキーボードとマウスが一緒に置ける天板幅70cmのタイプ。
手持ちのキーボードが大きい場合や、マウスを自由に動かしたい時におすすめの大型天板です。
キーボードトレイとしてだけでなく、書類などを収納する引き出しが欲しい時にも便利。
耐荷重は10kgあるのでたくさん載せても安心して使えます。

  • 外形寸法 幅81.6cm 奥行31cm 高さ15.5cm
  • 重量 2.5kg
  • 耐荷重 10kg
  • 素材 スチール、ハイインパクトポリスチレン
  • 取り付け方法 クランプ式

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

バウヒュッテ (Bauhutte) 後付け 大型キーボードスライダー BHP-K70-BK

省スペースな引き出し式。安定感に秀でた4点固定のキーボード置き場

こちらはゲーミング家具ブランドのバウヒュッテが手掛けるキーボードスライダー。
4つのクランプで固定するので安定感があり、タイピングしても揺れにくいというメリットがあります。スライダーの高さを3段階調節できるのもポイントで、厚みのあるキーボードを使いたい時も便利。
奥側に落下防止バーがあるので、引き出した際にキーボードやマウスが落ちるのを防げます。

  • 外形寸法 幅84.1cm 奥行40.6cm 高さ11.4cm
  • 重量 4.5kg
  • 耐荷重 8kg
  • 素材 スチール、合成樹脂化粧繊維板
  • 取り付け方法 クランプ式
  • 落下防止付き

楽天市場で見る
amazonで見る10,909円
Yahoo!ショッピングで見る

バウヒュッテ (Bauhutte) 後付けキーボードスライダークリエーターズデスク BHP-K70-WD

3段階で高さも調節できる、木目調天板のキーボードスライダー

こちらはバウヒュッテのクランプ式キーボードスライダーで、木目デザインのタイプ。
天板部分がナチュラルな木目調で、木製パソコンデスクにキーボードスライダーを取り付けたい時にぴったりです。
インテリアになじみやすいデザインを探している人にもおすすめ。
キーボードとマウスを余裕で置ける幅広設計も使いやすいポイントです。

  • 外形寸法 幅84.1cm 奥行40.6cm 高さ11.4cm
  • 重量 4.5kg
  • 耐荷重 8kg
  • 素材 スチール、合成樹脂化粧繊維板
  • 取り付け方法 クランプ式
  • 落下防止付き

楽天市場で見る
amazonで見る10,310円
Yahoo!ショッピングで見る

バウヒュッテ (Bauhutte) キーボードスライダー BHPK70-WH

落下防止バーで収納時も余計な気を使わない、ホワイトカラーのスライダー

こちらもバウヒュッテのキーボードスライダーで、ホワイトタイプです。
レールやクランプなどもすべてホワイトで統一されているので、白いパソコンデスクにも好相性。
キーボードまわりを明るい雰囲気にしたい時や、オフィス用におすすめです。
4点固定式や落下防止バー付きなど、バウヒュッテの使いやすさもしっかり備わっています。

  • 外形寸法 幅84.1cm 奥行40.6cm 高さ11.4cm
  • 重量 4.5kg
  • 耐荷重 8kg
  • 素材 スチール、合成樹脂化粧繊維板
  • 取り付け方法 クランプ式
  • 落下防止付き

楽天市場で見る
amazonで見る11,764円
Yahoo!ショッピングで見る

バウヒュッテ (Bauhutte) キーボードスライダー BHPK1000-BK

鍵盤キーボードも設置できる、ワイドタイプのキーボードスライダー

こちらはバウヒュッテ製キーボードスライダーのワイドタイプ。
天板幅が100cmととても広く、MIDIキーボードなどの大きなデバイスを置きたい時や、マウスを広く動かしたい場合に最適です。
バウヒュッテのデスクに設置する際は、脚に干渉しない形状に天板がデザインされているのもポイント。
後付けできる大きなキーボードトレイを探している人におすすめです。

  • 外形寸法 幅115cm 奥行40.5cm 高さ15cm
  • 重量 5.3kg
  • 耐荷重 10kg
  • 素材 スチール、合成樹脂化粧繊維板
  • 取り付け方法 クランプ式
  • 落下防止付き

楽天市場で見る
amazonで見る19,218円
Yahoo!ショッピングで見る

増設スライド式キーボードトレイ キーボードスライダー TEC-KEYTRAYD

後から手軽にスペースを増設できる、シンプルなキーボードスライダー

こちらはネジでパソコンデスクの天板に固定するタイプのキーボードトレイです。
後付けで、キーボードをしっかり収納できるスペースを作りたい時におすすめ。
ネジで固定するので、ズレにくくて安定感があります。
またリーズナブルなのもポイントで、コストを抑えてキーボードトレイを設置したい人におすすめ。
デスクのカラーにあわせて、ホワイトとブラックから選べます。

  • 外形寸法 幅55cm 奥行27cm
  • 素材 ABS他
  • 取り付け方法 ネジ式

楽天市場で見る
amazonで見る2,480円
Yahoo!ショッピングで見る

フレキシスポット (FLEXISPOT) スライド式 キーボードトレイ キーボードスライダー KT1

手首をやさしく守るリストレストや角度調整付き

こちらはネジ式のキーボードトレイで、便利な角度調節機能が備わっています。
上下15度で角度調節でき、使いやすい位置にキーボードを設置できるのがメリット。
落下防止バーがあるため、角度を変えても安心です。
また、リストレストが備わっているので、長時間のタイピング作業時の腕や手への負担も軽減します。

  • 外形寸法 幅66.5cm 奥行24.5cm 高さ11.5cm
  • 耐荷重 1kg
  • 素材 スチール、ベークライト
  • 取り付け方法 ネジ式
  • 高さ調整可能、角度調整可能、落下防止付き

楽天市場で見る
amazonで見る7,860円
Yahoo!ショッピングで見る

スターテック (StarTech) スライド式キーボードトレイエルゴノミクス対応 アジャスト可能 KBTRAYADJ

設置部分が大きく、耐久性にも優れたキーボードスライダー

スターテックはカナダに本社を構えるパソコン周辺機器などを手掛けるメーカーです。
こちらのキーボードトレイはネジで固定するタイプで、人間工学に基づいて設計されているのがポイント。
上下の高さ調節や角度調節、左右の振りも調節でき、自分にあわせた位置にキーボードを置けるので、デスクワークでの疲れを軽減したい時に役立ちます。

  • 外形寸法 幅67cm 奥行25.5cm 高さ11.4cm
  • 重量 5kg
  • 耐荷重 2kg
  • 素材 スチール
  • 取り付け方法 ネジ式
  • 高さ調整可能、角度調整可能、落下防止付き

楽天市場で見る
amazonで見る8,875円
Yahoo!ショッピングで見る

イーサプライ (ESUPPLY) キーボードスライダー 後付け EEX-DESA08

手首用のクッション付きなど便利な機能がたくさん詰まったスライダー

こちらはサンワサプライのネジ式キーボードスライダーです。
木ネジで固定するので、木製のパソコンデスクに適しています。
キーボード台は高さ調節、角度調整、前後スライド、回転ができ、斜めに座って作業をする時にも使いやすい位置でキーボードを扱えます。
リストレスト付きで手の疲れを軽減しつつ、キーボードの落下防止にも役立ちます。

  • 外形寸法 幅63.5cm 奥行24.6cm
  • 重量 4.65kg
  • 耐荷重 5kg
  • 素材 スチール、木
  • 取り付け方法 ネジ式
  • 高さ調整可能、角度調整可能、回転可能

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

天板とレールを組み合わせて自作するのもおすすめ

デザインやサイズを自分好みにしたい時にはキーボード置き場の自作がおすすめです。
作り方は難しくなく、まず、スライド台になる板にスライドレールをネジで取り付けます。
次にキーボードブラケットをレールに固定したら、最後にパソコンデスクの裏面からブラケットをネジで固定すれば完成。
木製板などを使ってインテリアにあわせたキーボードスライダーを後付けしたい場合は、ぜひ自作にも挑戦してみましょう。

通販サイトの最新ランキングも参考にする

※まとめ前に入れてください
各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

楽天市場の売れ筋ランキング Amazonの売れ筋ランキング Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング
※上記の売れ筋ランキングは、各通販サイトによって集計期間・集計方法が異なる場合があります。

まとめ

パソコンデスクに後付けできるキーボードスライダーを紹介しました。
その都度引き出して使うキーボードトレイは、キーボード置き場所がないデスクにぴったり。
クランプ式やネジ式など取り付け方法も考えながら、使いやすいものを見つけましょう。
また、大きさや素材を自分好みにアレンジしたい時は自作するのも1つの方法です。
メリット・デメリットを比較しながら、キーボードスライダーでパソコン周りを快適にアレンジしてください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる