泥汚れに効く石鹸、洗濯洗剤10選 野球などの泥汚れがすっきり、オキシクリーンも紹介

野球をする子供たちの写真
出典:KeithJJ / Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

公園での泥遊び、野球やサッカーなどの部活動など、子供の服は泥で汚れがちなもの。
しかし、洋服やユニフォーム、靴下などについた泥汚れは頑固な汚れの一つ。
どんなに洗っても泥汚れがきれいに落ちないという経験をしたことがある人も多いでしょう。
実は、泥汚れは正しい落とし方をしなければなかなかきれいになりません。
それどころか、より頑固な汚れとなってこびりついてしまう場合も。

そこで今回は、泥汚れの落とし方やおすすめの石鹸、泥汚れ専用洗剤について紹介。
さまざまな種類があるアイテムの中でも、特に泥汚れに効果があるものをピックアップしました。
泥が落ちやすい石鹸や洗剤で頑固な泥汚れをきれいに落としてしまいましょう。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

野球のユニフォームや靴下の泥汚れ

汚れをきれいに取り除くためには、汚れに合わせた落とし方を行うのが大切です。
汚れのタイプは、大きく3つに分けられます。
まずは、何によって汚れているのかを見極めましょう。

汗やしょうゆ、果汁などの水溶性汚れ(水に溶ける)

皮脂や油、化粧品などの油溶性汚れ(油に溶ける)

泥や砂、ほこりなどの不溶性汚れ(水にも油にも溶けない)

水溶性汚れは水だけでも汚れが落ちやすく、油溶性汚れは洗剤で浮かして落とせます。
一方で、野球のユニフォームや靴下、ボールなどについた泥汚れは不溶性。
普通の洗濯洗剤では溶かしたり、浮かせたりすることが難しいため、落としにくい汚れです。

水にも油にも溶けない泥汚れの落とし方

それでは、水にも油にも溶けない泥汚れは、どのように落としたらいいのでしょうか。
実は、泥汚れは少しの工夫で効果的に落とすことが可能です。
その工夫とは、洗濯用石鹸を使うこと。
洗濯用石鹸を使って泥汚れを落とす方法を紹介します。

  1. 干したり、ドライヤーを当てたりして泥汚れを乾かす。
  2. 乾いた衣類をはたいて、繊維の奥に入った汚れをかき出す。
    汚れが落ちてこなくなるまではたくこと。
  3. 洗濯用固形石鹸を水に濡らし、泥汚れの部分にすり込む。
  4. 手でしっかり石鹸をもみ込み、歯ブラシなどで汚れをかき出す。
    汚れがひどい場合は、15分ほど置いておく。
  5. 服や靴下の裏から水圧を上げたシャワーの水を当てて流す。
    この時40°C程度の湯を使うのが効果的。
  6. すすいだら洗濯機で通常通り洗濯する。

以上が石鹸を使って泥汚れを落とす際の正しい方法です。
正しい手順ですっきりきれいに泥汚れを落としましょう。

泥汚れにおすすめの石鹸4選 固形せっけんや液体せっけんを紹介

ここからは、泥汚れに効果のあるおすすめの石鹸を紹介。
人気のウタマロをはじめ、大手メーカーからさまざまな泥汚れに効く石鹸が販売されています。
ぜひチェックしてください。

東邦 (TOHO) ウタマロ石けん

頑固な泥汚れにはロングセラーのウタマロ石けん

発売から60年以上経つ今でも多くの人から支持されている洗濯用固形石鹸「ウタマロ石けん」。
泥汚れをはじめ、食べこぼしや皮脂汚れ、化粧品汚れまで幅広いタイプの汚れを落とせます。
安全性の高い蛍光増白剤が配合されており、衣類の白さを取り戻す効果が期待できるのも嬉しいポイント。
さらに、除菌・消臭効果もあるため、子供の部活動のユニフォームや靴下、白いワイシャツなどにも最適です。

  • 内容量 133g

amazonで見る580円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

ブルーキ ブルーキーネット プロの汚れおとし

スティック形状で使いやすいブルーキーネット

株式会社ブルーキが販売するブルーキーネットも、さまざまな汚れに対応しています。
ネット入りの細長い形状になっており、手のひらに握り込んで使えるのがブルーキーネットの大きな特徴。
汚れ部分にしっかりと石鹸を塗りつけることが可能です。
握れないぐらい小さくなったら、ネットごと洗濯機に入れてそのまま洗ってしまいましょう。
付属の吸盤を使えば、洗面台や洗濯機に吊るして乾かせるところも便利です。

  • 内容量 110g

amazonで見る
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

花王 (KAO) アタック プロEX石けん ケース付き

ブラシを使ってしっかり汚れを落とせる石けん

こちらは花王が展開する洗濯洗剤シリーズ、アタックの固形石鹸です。
泥高分散剤入りで、繊維の奥に入り込んだ泥汚れを引きはがし、泥吸着泡が汚れをしっかり絡めとってくれます。
専用のケースつきで石鹸を塗りやすいのが特徴。
立てて保管できるため、コンパクトな収納が可能です。
ケースにはブラシも付いているので、頑固な汚れをブラシでこすってかき出せます。
石鹸部分は別売りでも販売されており、コスパ面でも安心です。

  • 内容量 80g


楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

ライオン (LION) トップ ナノックス (NANOX) ドロ用

こちらはライオンが展開する洗濯洗剤シリーズ、トップナノックスの泥汚れ用洗剤です。
容器の先端がブラシになっているのが大きな特徴。
洗濯機に入れる前に洗剤を直接衣類に塗布するタイプになっています。
このブラシのおかげで、泥汚れに洗剤を塗りつけながら汚れをしっかりとかき出すことが可能。
また、蛍光増白剤が入っていないため、色柄ものや淡色の衣類にも使えます。

  • 内容量 220g


楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

つけ置きでキレイになる泥汚れ専用洗剤

頑固な泥汚れには、泥汚れ専用洗剤でのつけ置き洗いがおすすめです。
泥汚れ専用洗剤には、酵素系漂白成分や有機リンなど頑固な泥汚れに特化した成分が含まれており、しっかりと汚れを除去。
野球やサッカー、ラグビーなどのスポーツで汚れた衣服を真っ白に甦らせてくれます。
除菌・消臭効果があるものも多く、部活動のユニフォームのような汗のにおいが気になる衣類にも最適。

ただし、強力な洗浄効果で知られるリンは、環境面から使用が禁止されている地域もあります。
リンを含んだ洗剤を使用する場合は、住んでいる地域のルールを確認するようにしましょう。
泥汚れ専用洗剤の使い方は、洗剤を湯に溶かしてつけ置きしたあと洗濯機で洗うのが一般的です。
軽い汚れならつけ置きせずに、洗濯機に泥汚れ専用洗剤を入れてそのまま洗濯するだけでもいいでしょう。

つけ置き洗いができる、泥汚れにおすすめの石鹸6選

ここからは、頑固な泥汚れを落とすのに最適なつけ置きできる洗剤を紹介します。
ポールやレギュラーといった根強い人気を誇る洗剤を集めました。

ミマスクリーンケア (MIMASU) 洗濯洗剤 ポール

驚くほどよく落ちる洗浄力で多くの主婦から愛用されているポール。
つけ置き洗いはもちろん、普通の洗剤同様に洗濯機に入れて使用できます。
低泡性ですすぎが簡単なのも嬉しいポイント。
蛍光増白剤が配合されており、洗い上がりの白さが際立ちます。
ユニフォームの泥汚れから皮脂汚れまですっきりと洗い上げてくれる強力な洗浄力は試す価値あり。
ただし、リンが配合されているため、使用の際は注意が必要です。

  • 内容量 2Kg

amazonで見る2,360円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

アルク 泥汚れ専用洗剤 レギュラー (REGULAR)

レギュラーは、元プロ野球選手の真木将樹氏が、プロ野球のユニフォームを扱うクリーニング業者の意見を参考にして作った洗剤です。
頑固な泥汚れはもちろん、血液、皮脂などをすっきり落とすトリプル酵素を配合。
天然ハーブ系の消臭成分により、除菌・防臭効果もあり。
酵素系漂白剤なので、色柄ものの衣類にも安心して使えるのが嬉しいポイント。
こちらもリンが配合されているので、使用する際には注意してください。

  • 内容量 4Kg

amazonで見る
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

泥スッキリ本舗 泥スッキリ303 (黒土専用洗剤)

泥スッキリ本舗が手掛ける泥汚れ用の洗剤は、赤土専用や黒土専用など汚れの種類ごとの専用洗剤になっているのが特徴です。
こちらの泥スッキリ303は黒土専用。
泥と汗で真っ黒に汚れたユニフォームを白くするために作られた洗剤です。
洗濯が楽になったという口コミも多数。
泥スッキリ本舗からは無リンタイプも販売されているため、リンの使用が禁止されている地域の人はそちらを選びましょう。

  • 内容量 1.5Kg

amazonで見る2,800円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

グラフィコ (GRAPHICO) オキシクリーン (OXI CLEAN)

こちらは世界中で愛されている洗剤ブランド「オキシクリーン」の界面活性剤や香料不使用の酸素系漂白剤。
湯に溶かすと酸素の泡が発生し、汚れを浮かせて隅々までしっかり洗浄してくれます。
通常の洗濯の際に一緒に入れる使い方が一般的ですが、頑固な汚れには「オキシ漬け」と呼ばれるつけ置き洗いが効果的。
衣類の汚れはもちろん、換気扇の油汚れや食器のくすみなど幅広い汚れに対応する便利な洗剤です。

  • 内容量 1.5Kg

amazonで見る1,570円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

はなてん 泥 doro 一刀両断

こちらはクリーニング師が開発した泥汚れのためのつけ置き用洗剤です。
特に野球での泥汚れ洗浄を目的として作られ、ユニフォームやボールなどを洗うのに適しています。
また、同シリーズには洗浄力を上げるための専用強化剤や酸素系漂白剤がラインナップされているのも特徴。
合わせて使用すれば、より高い効果を得ることが可能です。
ただし、リン配合のため使用地域には注意が必要です。

  • 内容量 2Kg

amazonで見る3,300円

Yahoo!ショッピングで見る

茂木和哉 泥汚れ落とし

こちらは、汚れ落とし研究家の茂木和哉氏が開発し、自分の名前を商品名に冠した洗剤シリーズの泥汚れ落とし。
強力な洗浄成分であるリンを配合せずに、脅威の洗浄力を実現しています。
また、嫌なにおいの原因である雑菌を除菌し、消臭してくれるので衛生面でも安心。
ユニフォームや作業着など以外にも、軟式ボールやベースの泥汚れを落とすのにも使えます。

  • 内容量 400g

amazonで見る
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

通販サイトの最新ランキングも参考にする

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。



Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

※上記の売れ筋ランキングは、各通販サイトによって集計期間・集計方法が異なる場合があります。

まとめ

頑固な泥汚れの正しい落とし方とおすすめの石鹸や洗濯洗剤を紹介しました。
泥汚れ専用の石鹸や洗剤を使うだけで、泥汚れは驚くほど簡単にきれいに落ちます。
また、つけ置きタイプの洗剤であれば、野球のボールやベースなど野球用品にも効果あり。
今回紹介した泥汚れの正しい落とし方とおすすめアイテムを参考に、泥汚れをすっきりきれいに落としましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる