イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

外遊びおもちゃおすすめ9選 公園遊びやキャンプなど外遊びのメリットも

子供の心と体の成長に多くのメリットがあるといわれる外遊び。 公園遊びはもちろん、キャンプやアウトドアなどで安全に楽しめる外遊び用のおもちゃを探している人も多いでしょう。 そこで今回は、1歳頃の子供から6歳以上の小学生まで、年齢別に外遊びおもちゃの選び方を解説。 さらに、外遊びがしたくなるおすすめおもちゃのほか、遊び道具をすっきり収納できる手作りアイデアも紹介します。

元気に公園遊びやアウトドアを楽しもう

体力がつくだけでなく、コミュニケーション能力が発達したり積極性が育ったりと、外で遊ぶことで多くのメリットが得られます。 また、公園遊びやアウトドアは、子供が思い切り体を動かして遊ぶことで、夜にぐっすり眠れ生活リズムが整いやすくなります。 さらに、屋外にある季節の花や虫、街の風景などのさまざまな刺激が子供の感性を豊かにしてくれるでしょう。 天気のいい日は外遊びで元気いっぱい体を動かすのがおすすめです。

キャンプや公園で楽しむ外遊びおもちゃ

外遊びでは鬼ごっこやかくれんぼなど、遊び道具を使わない遊び方もありますが、キャンプや公園で遊びながらさまざまな力を養える外遊びおもちゃがおすすめ。 たとえば、ボールやフリスビーで遊んだ場合、うまく投げるには体をどう使えばいいのかと自分で考えて行動する力や集中力などが身に付きます。 外遊びおもちゃを使えば、遊びの幅も広がり子供が夢中になって外遊びしてくれるでしょう。

外遊びおもちゃは子供の年齢に合わせて選ぼう

外遊びおもちゃは年齢に合わせて選ぶことが大切。 次は1歳頃の子供から6歳以上の小学生まで、それぞれに合う外遊びおもちゃの選び方を解説します。

1歳頃の子供にはお砂遊びやボール遊びを

1歳頃の子供はいろいろな物に興味津々。 歩けるようになると外で遊ぶのも楽しめるようになります。 公園遊びでは砂場での遊びの幅が広がるお砂遊び用おもちゃがおすすめ。 また、ボールを使って追いかけたり投げたりすることで、全身運動になります。 1歳頃はチャレンジしやすいお砂遊びやボール遊びなどで、外遊びを楽しみましょう。

2歳~3歳の子供は乗り物系がおすすめ

子供が大好きな乗り物系のおもちゃは、2歳から3歳になると一人で乗れるようになります。 大人気のストライダーや三輪車、かっこいい車の乗り物など種類も豊富です。 乗り物系のおもちゃは子供が足で地面を蹴る力が強くなり、体感が鍛えられるといった嬉しいメリットも。 はじめての乗り物に、2歳から3歳の子供も喜んでくれるでしょう。

4歳~5歳の子供にはバランス感覚を養えるもの

4歳から5歳の子供は、全身運動をしながらバランスが取れるようになる時期です。 この時期は竹馬やホッピングなど、難易度が少し高めな外遊びおもちゃにチャレンジさせてみるのもおすすめ。 運動神経の向上はもちろんのこと、できるまで何度も挑戦する精神を養えたり、できたときの達成感を得られたりと、心の成長にも繋がります。

6歳以上の小学生にはみんなで遊べるスポーツ系

友達と外で遊ぶことが多い6歳以上の小学生は、みんなで遊べるスポーツ系のおもちゃがぴったりです。 バドミントンやサッカー、キャッチボールなど、少人数から大人数まで遊べるおもちゃがあれば、遊びを通して友達との仲が深まり、コミュニケーション能力やチームプレーも学べます。 スポーツ系の外遊びおもちゃで、子供の体力アップにも役立ててください。

外遊びおもちゃを選ぶときの注意点

外遊びおもちゃを選ぶときはいくつかの注意点があります。 下記のポイントを考慮し、子供に最適な外遊びおもちゃを選びましょう。

対象年齢を確認

子供は1歳の差があるだけで体の発達や成長度合いが異なります。 そのため、対象年齢が合わないおもちゃは遊べなかったり怪我をしたりするケースも。 外遊びおもちゃを選ぶときは、対象年齢を必ず確認してから選ぶように気を付けてください。

安全性が考慮されているもの

外遊びおもちゃは安全性も重要です。 特に年齢の低い1歳や2歳、3歳頃の子供は、誤って口に入れてしまったり指を挟んだりすることもしばしば。 6歳以上の小学生も気兼ねなく遊べるように、安心安全な設計のおもちゃを選びましょう。

子供の興味があるものを選ぶ

外遊びおもちゃはあくまでも子供が使う遊び道具です。 親の趣向で選んでしまうと、興味を示さないばかりか、全く使わないなんてこともあるかもしれません。 子供の興味があるおもちゃを選べば、夢中になって外で遊ぶようになるでしょう。

子供と一緒に手作りおもちゃを作ろう

ここでは「手作りブーメラン」の作り方を紹介します。 必要なものは、牛乳パック、カッターまたはハサミ、カッターマット、定規、ホッチキスです。 手作りの手順はブーメランの羽の部分を牛乳パックの側面を使って、幅3cm高さ10cmの長方形で3枚作ってカット。

次に、羽の端の中心へ1cmほどの切り込みを入れ、そこへ3枚の羽を挟み合わせ、均等に羽を広げてから中心をホッチキスで固定します。 最後に、羽を中心に向かって軽く曲げてあげれば、手作りブーメランの完成です。 公園やアウトドア、キャンプなどでぜひ遊んでみてください。

キャンプや公園遊びにおすすめの外遊びおもちゃ9選

キャンプやアウトドア、公園遊びに大活躍の外遊びおもちゃを厳選しました。 1歳頃の子供向け、6歳以上の小学生向けおもちゃなど対象年齢に合わせてチェックしてみてください。

スフィーダ (sfida) フットボールズー (Football Zoo) BSF-ZOO06

動物の可愛い顔がデザインされたボールは、1歳や2歳の小さい子供や3歳以上の子供も夢中になれるおもちゃです。 デザインが豊富なので、子供の好きな動物のボールを選んであげると、外で遊ぶのが楽しみになるでしょう。

  • 外形寸法 直径15cm
  • 素材 PU人工皮革

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

スクートアンドライド (SCOOT&RIDE) ハイウェイキック1

ハイウェイキックは、2歳から3歳頃のはじめての乗り物におすすめ。 タイヤが三輪なので、2歳から3歳の小さい子供でも乗りやすく、外で遊ぶのも安心安全。 対象年齢は1歳から5歳までのため、形を変えながら長く使用できるのも魅力です。

  • 外形寸法
    • サドルモード 幅28cm 奥行57cm 高さ35cm~42cm
    • スタンドモード 幅28cm 奥行57cm 高さ57cm~64cm
  • 耐荷重
    • サドルモード 20kg
    • スタンドモード 50kg
  • 対象年齢 1歳~5歳

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ストライダー (STRIDER) 12インチスポーツモデル

ペダルなしのストライダーは小さい子供から大人気。 2歳から3歳の子供でも操作が簡単で夢中になって遊べることから、公園遊びやアウトドアでも手放せないおもちゃとなるでしょう。 ストライダーは自転車に移行するとき、スムーズに乗り換えができるともいわれています。

  • 素材 スチール、EVA
  • 耐荷重 27kg
  • 対象年齢 1歳半~5歳

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ボーネルンド (BorneLund) ボリー (Volley) ソフトソーサーフリスビー VO250/FBR-P

ボリーのフリスビーは当たっても痛くないので、子供が怖がることなく遊べるのが特徴です。 フリスビー遊びを通して小さい時期から投げる、捕まえる技術が上達。 キャンプやアウトドアなど、外で遊ぶ機会にぴったりのおもちゃです。

  • 外形寸法 直径25cm 厚さ3cm
  • 素材 ポリウレタン
  • 対象年齢 3歳頃~

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ラングスジャパン (RangsJapan) バランスホッピング (BALANCE HOPPING)

ホッピングはバランス感覚などの身体的向上とチャレンジ精神を養うことができます。 子供の6歳の誕生日に購入した人の口コミでは「たくさん飛べたらもっと楽しくなるだろう」と、上達後の楽しさに期待する声がありました。

  • 外形寸法 幅28cm 奥行6cm 高さ90cm
  • 素材 PP、PE、スチール、ゴム、紙、PET
  • 耐荷重 40kg
  • 対象年齢 5歳~

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

マルカ (Maruka) フライングキャッチボール 165516

こちらは6歳以上の小学生におすすめの外遊びおもちゃです。 ボールがマジックテープの要領でピタッとくっつくため、面白みのあるキャッチボールが楽しめます。 友人との公園遊びや、キャンプやアウトドアなど家族時間を満喫したい人におすすめ。

  • 外形寸法 幅19.5cm 奥行6.5cm 高さ19.5cm
  • 素材 PP、ナイロン、ゴム、布
  • セット内容 ボール、ディスク2枚
  • 対象年齢 6歳~

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

カワセ (KAWASE) カイザー (kaiser) デカテニスセット KW-646

キャンプやアウトドアでは、子供が盛り上がれるテニスセットなどのスポーツ系の遊び道具がおすすめ。 「小さい子供でも操作可能で、予想以上に楽しい」と、口コミでの評価が高く、家族みんなで楽しめる外遊びおもちゃです。

  • 外形寸法
    • ラケット 幅55cm 奥行2.5cm 高さ30cm
    • ボール大 直径13cm
    • ボール小 直径6.3cm
  • 素材
    • ラケット ポリエステル、ポリ塩化ビニール、合成ゴム、ABS樹脂、ポリプロピレン
    • ボール ポリウレタン、ポリエステルポリ塩化ビニール
  • セット内容 ラケット2個、ボール2種、ポンプ
  • 対象年齢 6歳~

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

カワセ (KAWASE) カイザー (kaiser) ファミスポセット KW-670

大人数で外で遊ぶことが多い人は、バリエーション豊かな10点のスポーツセットがぴったり。 さまざまな遊びで楽しめるので、公園遊びも退屈しません。 キャンプやアウトドアのお供にも最適で、子供と一緒に運動不足の解消にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅24cm 奥行9cm 高さ43cm(セット収納)
  • 素材 ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリエチレン、EVA樹脂
  • セット内容 トラックボール2個、スプリングラケット2個、ブーメラン4種、フリスビー、ボール2種、シャトル、収納ケース
  • 対象年齢 6歳~

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

あおぞら (Aozora) スカイコプター (SKY COPTER)

想像以上に空高く飛ぶスカイコプターに、小さい子供や小学生、大人まで大興奮。 キャッチできれば、外遊びもさらに盛り上がります。 ただし、公園遊びやアウトドアでは周囲の人に配慮し、物がないスペースで遊ぶように注意しましょう。

  • 外形寸法
    • 本体 幅2.5cm 奥行3.3cm 高さ21.2cm
    • カタパルト 幅10cm 奥行1.2cm 高さ14.2cm
  • 素材
    • 本体 ポリスチレン、ABS樹脂
    • カタパルト ABS樹脂、合成ゴム
  • 対象年齢 8歳~

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

外遊び道具をすっきり収納するアイデア

収納がごちゃつきがちな外遊び道具は、すっきりと収納できるアイデアや手作りアイテムなどで問題を解消しましょう。

ボックスやケースにまとめて収納

ボックスやケースへの収納は、1歳頃の子供や2歳から3歳の子供がいる家庭におすすめです。 お砂遊びセットやボールなどの小物類をすっきりと収納できることや、小さい子供でも簡単に片付けられるのがおすすめポイントです。

省スペースに掛けて収納

玄関などの省スペースに外遊び道具を収納したい場合は、ワイヤーネットやフックを使った壁掛け収納で、すっきりと収納しつつデッドスペースを活かすのもおすすめ。 材料は100均などで買い揃えられるため、手作りもしやすいでしょう。

転がるボールはネットバッグに入れて

「ボールを片付けても転がってしまう」といった悩みを抱えている人は、ぜひネットバックを使った収納アイデアを試してみてください。 ボールをネットバックに入れたあと、フックに掛けるだけで手軽にかつ省スペースでボール収納が可能です。

つっぱり棚・ラックを利用

つっぱり棚は壁に穴を空けることのなく収納できるのが魅力です。 つっぱり棚やラックを利用することで、外遊び道具のほか、リュックや帽子、ヘルメットなどもフックに掛けて収納すれば、玄関前で外で遊ぶ準備が整うでしょう。

ラブリコやディアウォールでDIY

賃貸住宅などで多く活用されているラブリコやディアウォール。 壁や天井に穴や傷をつくることなく柱などを設置でき、おしゃれな収納スペースを手作りすることも可能です。 DIY初心者でも簡単に収納スペースが作れることもメリット。

まとめ

今回は、おすすめの外遊びおもちゃについて紹介しました。 外遊びおもちゃは年齢に合うもの、子供が夢中になれるものを選ぶことが大切です。 天気のいい日は公園遊びやアウトドア、時にはキャンプなど、外で遊ぶことで子供にたくさんの刺激を与え、心と体の健康を促す効果も。 紹介したおすすめの外遊びおもちゃを参考に、子供の外で遊ぶ時間をもっと充実させましょう。