2023年版 一人暮らしにおすすめのロボット掃除機7選 選び方やお掃除ロボット導入の注意点も紹介

ロボット掃除機の写真
出典:NickyPe / Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

一人暮らしをはじめるにあたり、洗濯機や冷蔵庫など様々な家電製品をそろえなければなりません。
中でも、掃除機は必ず必要な家電の一つです。
一人暮らしなら安価でお手軽な掃除機でいいと思うかもしれませんが、だからこそ日々の仕事に追われて家事まで手がまわらないという人も多いはず。
そこでおすすめなのが、外出中に掃除をしてくれるロボット掃除機です。

普通の掃除機に比べると価格は高いものの、毎日掃除する手間が省け、意外と場所も取りません。
プライベートな時間を有意義に過ごすことができる最新ロボット掃除機を紹介します。
これから一人暮らしを考えている人はぜひチェックしてみてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

一人暮らしにロボット掃除機は必要?

そもそも一人暮らしにロボット掃除機はいらないと感じている人も多いでしょう。
しかし、一人暮らしにロボット掃除機を導入することにはたくさんのメリットがあります。

毎日の掃除の手間を省ける

床に物を置かなくなり、生活感のない部屋になる

一人暮らしの寂しさを軽減してくれる

ロボット掃除機を導入することで、毎日の掃除の時間を自由に使え、部屋も清潔感があっておしゃれになるでしょう。
また、初めて一人暮らしをする人にとっては、ペットのような存在になるかもしれません。

一人暮らしにおすすめのロボット掃除機の選び方

広い部屋でなくても、掃除機をかけるというのは意外と面倒なもの。
一人暮らしの部屋でも便利に使えるロボット掃除機は、出かけている間に部屋をきれいにしてくれるので、とても便利です。
では、早速、一人暮らしに便利なロボット掃除機の選び方を紹介します。

稼働面積や連続使用時間を確認

稼働面積は必ず確認しておきたいポイントです。
寝室だけを掃除したいのか、リビング、キッチン、廊下すべてを掃除したいのかで希望する稼働面積が異なります。
また逆に、一人暮らしでそれほど広くない部屋ならば、稼働面積の狭いタイプも選べるので、価格を抑えて選択することも可能です。

小さな段差を超えられるかも重要

フローリングの部屋ではカーペットを敷いている人も多いでしょう。
また、部屋の仕切りが引き戸の場合、扉の溝がある場合もあります。
このように、部屋の中には意外と細かい段差が多く存在しています。
そのような細かい段差を乗り越えられるかもとても重要。
最近では小さな段差を乗り越えられる機種がほとんどとなってきましたが、商品紹介だけではなく口コミなども確認しながら掃除機を選ぶようにしましょう。

ダストボックスのメンテナンス方法

ゴミ捨てが滞ると、部屋を掃除している最中に稼働が止まることもあるので、こまめにゴミ捨てをする必要があります。
そのため、簡単にゴミ捨てが行えるかは確認しておきたいポイントです。
また、清潔さを重視する人には、ダストボックスを水洗いできるものもあるので、あわせて確認するのが良いでしょう。

スマホと連携できるモデルも続々販売

最近では、スマホ連携ができるモデルも多く販売されています。
スマホと連携することで、いちいち掃除機のボタンを押す必要が無く、それどころか外出先でも掃除することが可能です。
また、タイマー機能もスマホから設定することができ、操作性の観点からもあると便利な機能であることは間違いありません。

一人暮らしだからこそ色やデザインもチェック

意外と見落としがちなのが、色やデザインのチェック。
ロボット掃除機は出しっぱなしにしていることが多いため、部屋のインテリアにあうか、出しっぱなしにしておいても問題ない大きさか確認が必要です。
どれも同じように見える掃除機でも、大きさはメーカーによって大きく異なるため、大きさを確認しながら商品を選ぶ必要があります。

【100人調査】一人暮らしのロボット掃除機どう選ぶ?

実際どのような点を重視して一人暮らし用のロボット掃除機を選ぶべきか悩む人もいるでしょう。
今回、イエコレクション編集部では一人暮らし経験者100人にアンケート調査を実施。
重視したポイントや価格帯、購入場所も伺いました。

アンケート_一人暮らし用ロボット掃除機の購入ポイント
作成:iecolle.com
調査対象:一人暮らし用ロボット掃除機購入者100名/調査方法:インターネットでのアンケート調査/調査日:2024年02月15日/調査機関:イエコレクション編集部

まずは、気になる重視するポイント。
最も重視したポイントと二番目に重視したポイントをそれぞれ教えてもらいました。
「価格」が最重視ポイントとしても、トータルのポイントでも1位。
2位が「サイズ・形状」、3位が「稼働時間」となりました。
「価格」は最重視ポイントのみでも、5割近くが選んでいます。
「その他」の最重視ポイントでは「静音性」との声が集まりました。

アンケート_一人暮らし用ロボット掃除機の詳細
作成:iecolle.com
調査対象:一人暮らし用ロボット掃除機購入者100名/調査方法:インターネットでのアンケート調査/調査日:2024年02月15日/調査機関:イエコレクション編集部

次に、最重視された価格の詳細を調査。
「3万円台」が最も多く29%。
2位が「2万円台」21%、3位が「1万円台」と「4万円台」が同率15%となり、3万円台までに収める人が6割以上でした。

一人暮らし用ロボット掃除機が販売されている場所も気になるところです。
購入場所は「ヤマダ電機」が25%で1位、Amazonや楽天のような「通販サイト」と「ビックカメラ」が同率21%で2位という結果になりました。
本記事内でも通販サイトで購入できるロボット掃除機を紹介。
ぜひ以上の結果と合わせて、一人暮らし用ロボット掃除機を選ぶ際の参考にしてください。

ロボット掃除機を使うときの注意点

いない時に掃除してくれるロボット掃除機。
とても便利なものですが、使うに当たって注意することもあります。

掃除機が動けるスペースの確保

最初のポイントは、床には物を置かずに片付けて掃除機が動けるスペースの確保です。
当然ながら、床に物が散らかっていると、その部分は掃除されません。
特にコード類は引っ掛かりやすいので、台の上に置いたり、収納ボックスにしまうなど、掃除機が入れないように工夫する必要があります。

ロボット掃除機は掃除に時間がかかる

2つめのポイントとして、自分で掃除機をかけるのに比べ、ロボットが動いて掃除するのは、意外と時間がかかります。
短時間のお出かけ中には終わらないこともあるので、充分に時間のある時間帯に使用してください。

途中で止まらないようにゴミはこまめに捨てる

3つめのポイントは、ダストボックスはこまめに捨て、溜めすぎないようにしましょう。
ゴミが多くたまっていると、稼働中に運転が止まってしまうことがあります。
また、ゴミの溜めすぎは、衛生的にも良くありません。
ゴミ捨ても、習慣になると意外と苦にはなりませんので、ゴミはため過ぎずにきちんと捨てましょう。

2023年版 一人暮らしにおすすめの最新ロボット掃除機7選

有名メーカーのパナソニックや日立のロボット掃除機や、ルンバの中から最新製品を紹介します。

アイロボット (IRobot) ルンバ (Roomba) j7+

しっかりとゴミを吸い取ってくれる&スマホからでも操作できるロボット掃除機

ロボット掃除機の先駆者、アイロボットシリーズ。
ルンバ独自の3段階のクリーニングシステムで、徹底的にゴミを吸い取ります。
Wi-fiに接続するとスマートフォンからも操作が可能です。
アイロボットのアプロをダウンロードして登録すると話しかけることもできます。
外出先でもいつでも掃除がスタートできる未来的機能を備えた商品です。

  • 外形寸法 幅33.9cm 高さ8.7cm
  • 重量 3.4kg
  • 充電時間 約3時間
  • 稼働時間 約75分
  • スマホ連携 あり

amazonで見る117,000円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

アイロボット (IRobot) ルンバ (Roomba) i2

隅々まで掃除できる&小回りが利くお掃除ロボット

同じくアイロボットシリーズの紹介です。
隅々まで掃除が可能なこと、小回りが利くこと、スマートフォンからの操作が可能など一人暮らしで必要な機能は充分に兼ね備えた1台。
ゴミが多い場所は集中的にきれいにしてくれる、ダートディテクトTMテクノロジーを搭載。
万が一、充電残量が少なくなっても、自動でホームベースに戻り充電し、中断したところから清掃を再開してくれます。

  • 外形寸法 幅34.2cm 高さ9.2cm
  • 重量 3.2kg
  • 充電時間 約3時間
  • 稼働時間 約75分
  • スマホ連携 あり


楽天市場で見る
amazonで見る39,800円
Yahoo!ショッピングで見る

パナソニック (Panasonic) ロボット掃除機 ルーロ (RULO) MC-RSF1000

隅々のゴミがとりやすい三角形の形を採用したロボット掃除機

「ロボット掃除機は丸い」という常識を変えた三角形の特徴ある掃除機です。
本体を左右に振りながら、取りにくい隅のゴミまで取れるような形状になっています。
目に見えないハウスダストも、センサーで感知してきれいになるまで徹底的に吸い取ります。

  • 外形寸法 幅34.5cm 奥行33cm 高さ9.9cm
  • 重量 3.4kg
  • 充電時間 5時間
  • 連続使用時間 約100分
  • ダストボックス容量 0.25L
  • 稼働面積 約130畳
  • スマホ連携 あり

amazonで見る94,980円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

日立 (HITACHI) ロボットクリーナー ミニマル (minimaru) RV-X10J 日本製

充電中でも邪魔になりにくい小さい本体が魅力のロボットクリーナー

この掃除機の特徴は、他の掃除機に比べると本体が10cmほど小さいことです。
小回りがきき、充電中も邪魔になりにくく、狭い椅子の間も入っていくことができます。
高さも10cmあればソファやテレビ台などの下に入っていけるので、手の届かないような奥の方まで丁寧に掃除してくれます。
掃除が終わったら充電器に戻り、集めたごみを圧縮、ブラシについたゴミも自動で取ってくれます。

  • 外形寸法 幅25cm 奥行25cm 高さ9.2cm
  • 重量 2.3kg
  • 充電時間 約3時間
  • 稼働時間 約90分
  • ダストボックス容量 0.25L
  • 稼働面積 約32畳
  • スマホ連携 あり

amazonで見る49,741円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

DOMO ロボット掃除機 オートクリーナー (AUTO CLEANER) DM0001WH

手入れが簡単でデザインもおしゃれなロボット掃除機

ダストカップは簡単に取り外しできて水洗いも可能。紙パックも不要なので非常に楽にお手入れができます。
さらにオプションのキットも購入すれば、このロボット掃除機一つでお掃除機能だけでなく、床拭きも対応できる優れもの。
充電は手動になってしまいますが、デザインがおしゃれなところやその分価格が安いところもこのDOMOのロボット掃除機が選ばれる理由の一つです。

  • 外形寸法 幅25.4cm 奥行25cm 高さ7.6cm
  • 重量 1.2kg
  • 稼働時間 約60分
  • スマホ連携 無し

amazonで見る
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

エコバックス (ECOVACS) DEEBOT N8 PRO+

床掃除を一台でこなす、おしゃれなロボット掃除機

エコバックスが展開している、シンプルなデザインのロボット掃除機です。
一台で拭き掃除から水拭きまで行ってくれるので、ほこり以外にも床のべたつきからざらつきまで解消してくれます。
また、進入禁止エリアの設定やゴミ捨て時期の通知など、機能性にも優れているのが特徴。
スタイリッシュなデザインで、さまざまなインテリアに合わせやすくおすすめです。

  • 外形寸法
    • 本体 幅35.3cm 奥行35.3cm 高さ9.4cm
    • スタンド 幅30cm 奥行42cm 高さ43cm
  • 重量
    • 本体 3.6kg
    • スタンド 4.3kg
  • ダストボックス容量 0.42L

楽天市場で見る
amazonで見る67,000円
Yahoo!ショッピングで見る

Take-One ロボット掃除機 水拭き 掃除機両対応 Take-One X2

水拭きと掃除掛けを同時に行えるロボット掃除機

水拭き清掃も可能なTake-Oneのロボット掃除機「X2」です。
掃除機能はもちろんですが、水タンクを取り付けることで水拭きと掃除機を同時に兼ね備える優れもの。
子どもやペットがいる家庭におすすめです。
強力な吸引力と4つの清掃モードで部屋の隅々をきれいにします。
充電がなくなると自動で充電台に戻る機能や落下防止機能など高機能のロボット掃除機です。

  • 外形寸法 幅30cm 奥行30cm 高さ7.7cm
  • 重量 2.8kg
  • ダストボックス容量 0.275L

楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

一日仕事で疲れて帰った自宅が埃だらけで汚れていると、テンションが下がってしまうと思います。
部屋がきれいに掃除してあるだけで、ちょっと気が楽になります。
また、休日も趣味や旅行で出かけても、掃除のことを気にせず楽しむことができます。
自由な時間を楽しめる一人暮らしだからこそ、少し贅沢に自分へのご褒美として使ってみてはいかがでしょうか。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる