ドームテントのおすすめ11選 大型のファミリー向けドーム型テントも紹介

ドームテントと雄大な山の写真
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

家族と、友人と、楽しいキャンプに必須のテント。
種類は豊富ですが、なかでも2本のメインポールを使って設営するドームテントは、スタンダードなスタイルとして長年多くの人から愛されています。
ひとくちにドーム型テントといっても、ソロキャンプ向きのシンプルなものからファミリー用の大型のものまでさまざま。
今回は人気のドームテントの選び方や、おすすめ商品をピックアップして紹介します。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

ファミリーキャンプに人気のドームテントとは

ドーム型テントとは、2本のメインポールをクロスさせてインナーテントに差し込み、自立させるテントです。
自立後はペグダウンするだけで設置が完了するシンプルなスタイル。
キャンプ初心者から上級者まで幅広く愛用されています。
内部はテントの中心が一番高くなるドーム状。
ソロキャンプからファミリー用の大型まで、サイズもさまざま。
他のキャンプギアと組み合わせて使うことで、用途が広がる汎用性の高さも人気です。

ドームテントを選ぶときのポイント

テントのスタンダードスタイルであるドーム型テント。
購入の際にはどのようなポイントをチェックすれば良いのでしょうか。

サイズは使用人数プラス1人を想定して選ぶ

ドームテントは、中心の一番高い部分に向かってゆるやかなドーム状になっています。
テント内部の端は、天井が低いため人が過ごすより荷物などを置くスペースとして向いています。
商品には推奨人数が記載されていますが、使用可能な最大人数であり、必ずしも過ごしやすい人数ではありません。
テント内でゆったり過ごすためには、使用人数よりも1人追加したサイズのものを選ぶのがおすすめです。

耐水圧で選ぶ

アウトドアでは、急な天候の変化にも対応できることが大切です。
商品に記載された耐水圧とは、雨が降ったときでも雨漏りしない雨量を示しており、強度を判断する基準になります。
ドーム型テントを購入するときは、耐水圧が1,500~2,000mm程度あるものがおすすめ。
高すぎると通気性が悪くなるため、バランスを考えて購入するのがポイントです。

ワンタッチなど設営の手軽さで選ぶ

ドーム型テントは、数あるテントのなかでも設営が手軽なことで人気があります。
難しい設営に不安がある人や、初心者でも手軽に使えるものが欲しい人には、ワンタッチで設営できるものがおすすめ。
ワンタッチタイプは名前の通り、テントの袋から出して広げるだけで設営できます。
子供の運動会や複数人でピクニックを楽しむ際など、あらゆる場面で活用可能です。

収納時の大きさや重さを確認

使わないときの大きさや重さも要チェックです。
特に大型のものは、保管するとき、車載するときに必要になるスペースの広さや、携帯性に影響します。
キャリーバッグ付きの商品が多くありますが、キャリーバッグの使い勝手も合わせてチェックしておくと便利です。
ソロキャンプに使う予定でバイクや自転車に積みたい人には、特に収納時の大きさと重さが重要なチェックポイントになるでしょう。

前室付きならより快適に

商品によってはフライシートの一部を跳ね上げてポールで固定し、前室になるものもあります。
前室とは、テント前にできる玄関のようなスペースのことを言います。
前室が広めのものなら、リビングスペースや荷物置き場として活用できて便利。
外を楽しみながらテントを使用できるため、開放的に使用できます。
前室のないタイプよりも、ゆったり使えるのが魅力。

コールマンやスノーピークなどブランドで選ぶ

キャンプ初心者で、どれを買ったらいいか分からない場合は、人気のアウトドアブランドの商品を選ぶのもひとつの手です。
コールマンやスノーピークなど、数多くのキャンプギアを手掛ける人気ブランドのドームテントなら、おしゃれで使いやすく、機能面でも安心。
はじめてのドーム型テントの購入で、失敗したくない人におすすめです。

価格で選ぶ激安ドーム型テントもチェック

コールマンやスノーピークのような人気のアウトドアブランドのものは、おしゃれなものが多く機能性にも優れていますが、価格が高くなりがち。
ブランドにこだわらないなら、価格も選択基準になるでしょう。
キャンプではなく運動会やピクニックなど、使用頻度がそれほど多くないファミリーなら、激安のドーム型テントをチェックするのもおすすめです。

3~4人用ファミリー向けドームテントのおすすめ6選

3~4人家族で使えるファミリーキャンプにおすすめのドームテントを紹介します。
音楽フェスや運動会など、野外のちょっとしたイベントにもあると便利です。

小川キャンパルピスタ 34 2657

国内の老舗テントメーカー「ogawa」のシンプルなドームテントです。
前面を張り出して前室に使えます。
耐水圧1,800mmと高めで、急な雨でも安心。
後面も巻き上げ可能で、テント内にこもりがちな空気も楽に逃せます。
設営と撤去が楽にできるクロスフレーム構造で、ファミリーキャンプ初心者にもおすすめ。
シェルターと併用すればさらに快適な空間が作れます。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅230cm 奥行380cm 高さ135cm
  • 材質
    • フライ ポリエステル75d
    • インナー ポリエステル
    • グラウンド ポリエステル210d
    • ポール 6061アルミ合金
  • 重量 5.9kg
  • 耐水圧 1800mm
  • 使用人数 3人~4人
  • 前室付き

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

モダンデコAND-DECO ワンタッチテントフルクローズ 4人用

フレームを広げて固定してペグダウンするだけで設営できるという、手軽さが魅力のドーム型テント。
専用キャリー付きで重量3.5kgと軽く、駐車場からサイトまでの移動距離が長いときでも安心です。
耐水圧2,000mmと防水に優れ、両サイドに大型メッシュ窓があり通気性も確保されています。
1年中使えるドーム型テントを探している人におすすめ。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅210cm 奥行210cm 高さ130cm
    • 収納時 幅80cm
  • 材質
    • フライ ポリエステル
    • ポール グラスファイバー
  • 重量 3.5kg
  • 耐水圧 2000mm
  • 使用人数 4人

楽天市場で見る
amazonで見る7,999円
Yahoo!ショッピングで見る

クイックキャンプ (QUICKCAMP) キャビンテントQC-DT270

ワンタッチでインナーテントが立ちあがり、あとはフライシートと前室のポールを立てるだけで設営できます。
キャンプ慣れしていないファミリーでもストレスなくテントが立てられる仕様です。
通気性が良く、耐水圧2,000mmでも快適に過ごせる工夫が多い点もポイント。
前室に床が付いているのが特徴で、急な雨でも荷物や靴が守れます。
ワンカラーのシンプルなデザインがおしゃれで、使う場所を選ばない点も魅力です。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅280cm 奥行400cm 高さ200cm
    • 収納時 幅110cm 奥行27cm 高さ27cm
  • 材質
    • フライ 190Tポリエステル
    • インナー 通気性ポリエステル
    • グラウンド PE
    • ポール グラスファイバー
  • 重量 10kg
  • 耐水圧 2000mm
  • 使用人数 4人~5人
  • 前室付き

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

フィールドア (FIELDOOR) フィールドキャンプドーム300

使用頻度が少なく、価格を重視したい人におすすめのおしゃれなドームテントです。
キャノピーポールが付属しているため、前室の設置も楽々。
耐水圧が1,500mmあるため急な雨でも慌てずにすみます。
生地にはシルバーコーティングが施されており、テント内の室温の上昇を防ぐため、夏のキャンプを快適に過ごしたい人にもぴったり。
オプションが多いため、自分好みのテントに仕上げたい人におすすめです。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅300cm 奥行500cm 高さ180cm
    • 収納時 幅70cm 奥行19cm 高さ18cm
  • 材質
    • フライ ポリエステル
    • インナー ポリエステル
    • グラウンド ポリエステル
    • ポール グラスファイバー
  • 重量 7.5kg
  • 耐水圧 1500mm
  • 使用人数 4人~6人
  • 前室付き

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

スノーピーク (snow peak) アメニティドームM SDE-001RH

アウトドアの大人気ブランド、スノーピークのスタンダードなドームテントです。
設営しやすく使い勝手も良いと、初心者からキャンプ上級者まで幅広い愛用者がいる人気商品。
インナーテントとフライシートの合わせる位置が色分けされており、設営時に迷うことがありません。
耐水圧1,800mmで雨に強いだけでなく、弾力性に富んだフレームで風対策もばっちりです。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅280cm 奥行505cm 高さ150cm
    • 収納時 幅74cm 奥行22cm 高さ25cm
  • 材質
    • フライ 75Dポリエステルタフタ
    • インナー 68Dポリエステルタフタ
    • グラウンド 210Dポリエステルオックス
    • ポール ジュラルミンA7001+A6061
  • 重量 8kg
  • 耐水圧 1800mm
  • 使用人数 大人2人 子供3人
  • 前室付き

楽天市場で見る
amazonで見る36,960円
Yahoo!ショッピングで見る

コールマン (Coleman) タフワイドドームIV 300 2000017860

側面の立ち上がりの角度が高く、テント内の空間が広々として過ごしやすいのが特徴です。
UVカットと防水性に優れた生地を採用し、年中快適に使えます。
プライバシーを守りながら通気ができるよう、前室に半開き状態で固定できるトグル、AC電源引き込み口、ランタンホルダー搭載など、高機能で文句なし。
はじめてのドームテントにおすすめの、コールマンの人気商品です。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅300cm 奥行300cm 高さ185cm
    • 収納時 幅25cm 奥行25cm 高さ75cm
  • 材質
    • フライ 75Dポリエステルタフタ
    • インナー 68Dポリエステルタフタ
    • グラウンド 210Dポリエステルオックス
    • ポール アルミ合金、FRP
  • 重量 10.6g
  • 耐水圧 2000mm
  • 使用人数 5人~6人
  • 前室付き

楽天市場で見る
amazonで見る14,000円
Yahoo!ショッピングで見る

1~2人用ソロ向けドームテントのおすすめ3選

ドームテントは、大型のファミリー向けだけではありません。
1人で楽しむソロキャンプ用のコンパクトなものもあります。
おすすめのソロ向けドームテントを紹介します。

バンドック (BUNDOK) ソロドーム 1 BDK-08

3,000mmの耐水圧で、近年起こりがちな大雨にも対応。
インナーテントがオールメッシュになっているため、耐水圧が高くても快適に過ごせるのが特徴です。
柔軟で強度が高い軽量アルミポールを採用し、丈夫なのに携帯しやすい軽さを実現しています。
テント内にはランタンフックや小物ポケットが付いて、使いやすさも抜群。
視認性の高いおしゃれなカラーも魅力です。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅200cm 奥行150cm 高さ110cm
    • 収納時 幅38cm 奥行15cm 高さ15cm
  • 材質
    • フライ ポリエステル
    • インナー ポリエステルメッシュ
    • グラウンド ポリエステル
    • ポール ジュラルミン
  • 重量 1.88kg
  • 耐水圧 3000mm
  • 使用人数 1人
  • 前室付き

楽天市場で見る
amazonで見る13,750円
Yahoo!ショッピングで見る

コールマン (Coleman) ツーリングドームST 170T1640J

前室がとても高く、ソロ用でコンパクトながらも開放感があり、窮屈さを感じさせない商品です。
やや重量はありますが、ツーリングや釣りなどでバイクに車載できる人なら問題なく使えます。
アシストクリップ付きなので1人でも簡単に設営でき、はじめてのソロキャンプにもぴったり。
コールマンのなかでも手頃な価格のテントを探している人におすすめです。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅210cm 奥行120cm 高さ100cm
    • 収納時 幅54cm 奥行23cm 高さ23cm
  • 材質
    • フライ 75Dポリエステルタフタ
    • インナー 68Dポリエステルタフタ
    • グラウンド 75Dポリエステルタフタ
    • ポール FRP
  • 重量 4.4kg
  • 耐水圧 1500mm
  • 使用人数 1人~2人
  • 前室付き

楽天市場で見る
amazonで見る24,800円
Yahoo!ショッピングで見る

ディーオーディー (DOD) ライダーズワンタッチテントT2-275

ポールを伸ばして紐を引くだけでアウターテント・インナーテント・グランドシート・前室のすべてが出来上がる、超手軽な設営を可能した商品。
強い力も要らないため、アウトドア慣れしていない女性の音楽フェスでの利用にもおすすめです。
大型のメッシュ窓とインナーテントのついたダブルウォールタイプなので、3,000mmの耐水圧があっても結露しにくいのが特徴。
シンプルでおしゃれなデザインも魅力。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅243cm 奥行235cm 高さ133cm
    • 収納時 幅62cm 奥行20cm 高さ20cm
  • 材質
    • フライ 70Dナイロン
    • インナーブレーサブル生地
    • グラウンド 150Dポリエステル
    • ポール アルミ合金
  • 重量 4.3kg
  • 耐水圧
    • フライ 3000mm
    • フロア 5000mm
  • 使用人数 2人
  • 前室付き

楽天市場で見る
amazonで見る20,084円
Yahoo!ショッピングで見る

5人以上用大型ドームテントのおすすめ3選

5人以上のファミリーでもゆったり使える大型のドームテントを紹介します。
購入の際には人数や用途を確認しておくと安心です。

キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) エクスギアアルミファミリージオドーム6UV UA-1

4本のポール使いで、半球状のドームテントに仕上がります。
側面の立ち上がりが高くゆったり過ごせるため、ファミリー向けのテントを探している人におすすめ。
軽くて丈夫なジュラルミン製ポールを採用し、大型ながらも軽量で携帯しやすいのが魅力です。
前室はありませんが、前後の出入口には荷物が置けるスペースがあります。
手頃な価格の大型のドームテントを探している人におすすめ。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅280cm 奥行280cm 高さ190cm
    • 収納時 幅74cm 奥行21cm 高さ21cm
  • 材質
    • フライ ポリエステル70D
    • インナー ポリエステル
    • グラウンド ポリエステル150D
    • ポール 7001ジュラルミン
  • 重量 7kg
  • 耐水圧 2000mm
  • 使用人数 6人
  • 前室、後室付き

楽天市場で見る
amazonで見る23,600円
Yahoo!ショッピングで見る

ベアーズロック (Bears Rock) ビッグベアーテントAXL-601

ポールの組み立て作業がいらない、大型ながらもワンタッチで設営できる便利なドーム型テントです。
丈夫なポリエステルタフタを採用し、シートのつなぎ目にはシームテープ加工が施されているため、急な雨でも雨漏りの心配がありません。
室内空間はゆったりとしていてファミリー向き。
テント内は最高205cmあり、大人が立って着替えることもできます。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅310cm 奥行460cm 高さ205cm
    • 収納時 幅124cm 奥行25cm 高さ25cm
  • 材質
    • フライポリエステルタフタ190T
    • グラウンドポリエステルタフタ210D
  • 重量 14.4kg
  • 耐水圧
    • フライ 2000mm
    • フロア 5000mm
  • 使用人数 6人
  • 前室、後室付き

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

スノーピーク (snow peak) ランドブリーズ6 SD-636

ファミリー向けの大型テントながら、強固なフレームワークと独特の形状で耐風性を確保。
耐久性や防水・撥水性に富んだ生地や大型後室パネルとマッドスカートの装備など、アウトドアの人気ブランドスノーピークならではとも言える高機能な商品です。
スノーピークは上級者の印象が強いですが、色分けされたテープとフレームなど、初心者でも設営できるよう工夫が施されているのもおすすめポイント。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅300cm 奥行300cm 高さ162cm
    • 収納時 幅75cm 奥行23cm 高さ27cm
  • 材質
    • フライ 75Dポリエステルタフタ
    • インナー 68Dポリエステルタフタ
    • グラウンド 210Dポリエステルオックス
    • ポール ジュラルミンA7001
  • 重量 9.8kg
  • 耐水圧 1800mm
  • 使用人数 6人
  • 前室付き

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

ソロキャンプからファミリーキャンプまでさまざまなキャンプシーンで活躍してくれるドーム型テント。
設営がワンタッチでできるところが魅力ですが、通気性や耐水圧などさまざまな点で違いがあります。
あらかじめ使う人数とシーンを考え、数ある商品のなかからお気に入りを探しましょう。
使い勝手の良いドーム型テントを用意して、キャンプやアウトドアを快適に楽しみましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次