スプレー式タイヤチェーンのおすすめ7選 SNOW GRIPなど人気のスプレーチェーンも紹介

雪の中を走る車の写真

普段は積雪のない地域でも、時おり大雪が降って道路に積もったり、凍結したりすることがあります。 そんな時に便利なのが、スプレー式タイヤチェーン。 吹きかけるだけで、ノーマルタイヤでも雪道を安定して走行できるようサポートする優れものです。 この記事では、いざという時に便利なおすすめのスプレー式タイヤチェーンを紹介。 仕組みや使い方などもあわせて解説するので、冬の備えをしておきたい人はぜひチェックしてください。

いざという時に役立つスプレー式タイヤチェーン 仕組みも解説

スプレー式タイヤチェーンは、タイヤの接地面にスプレーを吹き付けることで、雪道や凍結した道路でも滑りにくくなるアイテム。 スプレーの液には樹脂などが含まれていて、タイヤに付着すると表面がざらついてグリップ力が高まる仕組みです。

スプレー式タイヤチェーンは、スタッドレスタイヤを装着していない時に突然雪が降ったり、道路が凍ったりした場合の応急処置として便利。 チェーン装着に比べて仕組みも単純で、使い方も非常に簡単です。 車の中でも邪魔にならないため、冬の間は常備しておくと安心できるでしょう。

スプレー式タイヤチェーンを選ぶ時のポイント

スプレー式タイヤチェーンを選ぶ時に確認しておきたいポイントを解説します。 どれだけのグリップ力があるのか、効果はどのぐらい持続するのかなど、安全に使用するためにしっかり確認しましょう。

グリップ力や制動力を確認

スプレー式タイヤチェーンは、タイヤをしっかり制動できるかどうかが大切。 そのため、高いグリップ力があるものを選ぶのがポイントです。 グリップ力が低いものだと、効果が得にくく危険な場合もあります。 購入する際はメーカーが制動力の実験をしているなど、効果が証明されている安心なものを選びましょう。 人気のSNOW GRIPのように、積雪量が多い国で作られている商品もおすすめです。

効果が持続する距離をチェック

スプレー式タイヤチェーンは、タイヤの表面に樹脂などの滑り止め剤を吹き付けて使用するので、走行すればするほど効果が減っていきます。 そのため、制動効果がどのくらいの距離まで続くかもしっかり確認しておきましょう。 説明書や商品ページなどにも制動距離が記載されている場合があります。 商品によって持続距離は異なるため、より長い距離で効果が持続するものを選ぶと安心して使えるでしょう。

使用できるタイヤの数で選ぶ

スプレー式タイヤチェーンは、前輪や後輪のみならず4本のタイヤ全てにスプレーして使います。 そのため、選ぶ時は何本のタイヤに使えるかもチェックしておきましょう。 多くのタイヤ本数に使える商品を選んでおくと、家族の分や、自分ひとりでも複数回使えてコストパフォーマンス抜群。 ただし容量が多いスプレー式タイヤチェーンでも、使用できるタイヤの本数は少ない場合があるため注意してください。

バイクや靴底に使用できるタイプなら便利

スプレー式タイヤチェーンには、ノーマルタイヤやスタッドレスタイヤに使用する以外の使い方もあります。 バイクや靴底に使えるタイプは、日常的に使うこともできるのが大きなメリット。 雪が積もらない地域でも、道路の凍結などによって歩行が危険なことがあります。 滑り止め付きの靴を急いで用意するのが難しい通勤や通学時などに、スプレー式タイヤチェーンを1本常備しておくと役立つでしょう。

汚れが目立ちにくいものがおすすめ

スプレー式タイヤチェーンはタイヤの接地面に使用しますが、側面やホイールに付着すると汚れてしまうことがあります。 なかなか取れない場合もあるため、なるべく汚れが目立ちにくいものを選ぶと安心です。 口コミなどを参考にして、汚れが付着しにくいものを探しましょう。 天然樹脂を使ったスプレー式タイヤチェーンの中には汚れやすいタイプもあるので、成分を確認するのもおすすめです。

検査協会認定済みのスプレーなら安心

スプレー式タイヤチェーンは、突然の降雪や、道路が凍結した時の運転を安全にするためのアイテム。 信頼できる商品なら、より安心して使うことができます。 たくさんあるスプレー式タイヤチェーンですが、安全性で選ぶなら技術検査協会の認定を受けたものがおすすめ。 国内の規格に則ったスプレー式タイヤチェーンであれば、初めての人も使いやすいでしょう。

スプレー式タイヤチェーンの使い方と注意点

スプレー式タイヤチェーンは突然の降雪や道路凍結など、どうしてもノーマルタイヤで走行しなければいけない時に使うもの。 あくまでも、緊急時の応急処置です。 スプレー式タイヤチェーンを、チェーン規制のある雪道で使用することは法律で認められていません。 スプレーの処置だけでバイクや車を走らせるようなことはやめておきましょう。

タイヤチェーンと併用するのがおすすめ

スプレー式タイヤチェーンは、制動効果がずっと続くわけではありません。 そのため長距離の雪道を走行する場合は、タイヤチェーンを装着することをおすすめします。 走行中に突然雪道や凍結道路になった場合は、応急処置としてスプレーを使用し、安全に停車できる場所に着いたらチェーンを装着するといいでしょう。 スプレー式タイヤチェーンだけでスピードを出したり、長い距離を走ったりするのは危険です。

スプレー式タイヤチェーンのおすすめ7選

おすすめのスプレー式タイヤチェーンを紹介していきます。 ノルウェー生まれのSNOW GRIPなど、人気の商品をピックアップしました。

プロスタッフ (PROSTAFF) NEWグリップアップスプレー F-68

プロスタッフはカー用品の老舗専門メーカー。 洗車アイテムからメンテナンス用品、スプレーチェーンまでさまざまなアイテムを手掛けています。 こちらはミニバンならタイヤ5本分、軽自動車ならタイヤ10本分に使えるスプレーチェーンです。 使用可能タイヤ本数は少なめですが、予備としてや、万が一のために持っておきたい人にはぴったりの商品です。

  • 使用可能タイヤ数目安 5本~10本

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

アムス (ams) グリッ!とスプレー AMS-S420

アムスはタイヤチェーンやカーナビなどを製造している愛知県のメーカー。 こちらのスプレーチェーンもアムスの代表的な商品です。 普通タイヤの8本~12本分に使える内容量で、1台の車で複数回使用できます。 積雪や道路の凍結が起こる可能性がある時に車に積んでおくと便利で、日本製のスプレーチェーンのため安心感があるのもポイントです。

  • 使用可能タイヤ数目安 8本~12本
  • 成分 天然樹脂、IPA(イソプロピルアルコール)

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

田村将軍堂 (Tamura Corp) いざっ!という時に スプレーチェーン

10本~15本ほどのタイヤに使用できるスプレーチェーン。 Amazonや楽天でも人気の商品です。 手頃な価格なのでコスパがよく、いざという時の備えとしてスプレーチェーンを用意しておきたい人にぴったり。 時速30km以下での走行において効果が持続するのは10kmほどのため、近場までの短い距離だけに使用するシーンにおすすめ。

  • 使用可能タイヤ数目安 10本~15本
  • 効果持続距離 10km

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ジーユーピー (GUP) ブルズワン (BULLSONE) スノーOKスプレー

ドイツ技術検査協会(TUV)の認定を受けた、韓国製のスプレー式タイヤチェーン。 ドイツ政府公認の検査機関であるTUVは信頼性が高く、世界においても広く知られていて高い評価を得ています。 こちらは1本で約20本のノーマルタイヤに使用でき、自転車やバイク、靴にも使えるのが大きな特徴。 スプレー式タイヤチェーンを、車以外にも活用したいという人におすすめです。

  • 使用可能タイヤ数目安 20本
  • TUV認定品

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

スノーグリップ (SNOW GRIP) スプレー式タイヤチェーン スノーチェーン

SNOW GRIPはノルウェーで生まれ、アメリカで改良されたスプレー式タイヤチェーンです。 効果が持続する距離は70kmと長く、ノーマルタイヤはもちろん、スタッドレスタイヤにスプレーしてグリップ力を高めるのもおすすめ。 高速道路ではスタッドレスタイヤで。 積雪のある道に入る時にはさらにSNOW GRIPをスプレーして使うなど、工夫次第でより安全に運転できるでしょう。

  • 使用可能タイヤ数目安 20本
  • 効果持続距離 70km
  • 成分 ノルウェー産木材樹脂

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

タイヤグリップ (tyre grip) スプレー式タイヤチェーン

こちらもノルウェーで開発され、アメリカで高性能に改良されたスプレー式タイヤチェーン。 アメリカでの試験により、効果の持続距離は70kmとの結果が出ました。 1缶で約20本分のタイヤに使用できるため、ワンシーズン分としても十分役に立つでしょう。 凍結道路では、グリップ力がノーマルタイヤに比べて300%アップするところもポイントです。

  • 使用可能タイヤ数目安 20本
  • 効果持続距離 70km
  • 成分 天然樹脂

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

スノーグリップ (SNOW GRIP) スプレー式タイヤチェーン 雪道deスプレー

豪雪地帯のノルウェーで生まれたスプレー式タイヤチェーンSNOW GRIPです。 効果が持続する距離は道路のコンディションなどによっても変わりますが、50km~70kmが目安となっていて、高い制動効果が期待できます。 スニーカーやビジネスシューズ、ヒールなどの靴底に使用できるのも嬉しいポイント。

  • 使用可能タイヤ数目安 20本
  • 効果持続距離 50km~70km

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は、スプレー式タイヤチェーンの仕組みやSNOW GRIPなどのおすすめ商品を紹介しました。 スプレー式タイヤチェーンを車に積んでおけば、ノーマルタイヤでも突然の雪道や凍結道路に対応できて安心。 チェーン装着のように手間がかかることもありません。 もちろん、スタッドレスタイヤのグリップ力をさらに強化するのもおすすめ。 バイクや靴など車以外にも使える商品もあるため、冬の備えに1つ用意しておきましょう。

関連記事