イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

ハトメパンチおすすめ8選 使い方や両面タイプのハトメパンチも紹介

ハンドメイドをはじめ、プチリメイクやDIYなどさまざまなシーンで使用するハトメ。 ハトメを取り付けるときは、ハトメパンチを使用するときれいに仕上げられます。 今回は両面タイプのハトメパンチや使い方、代用品について解説。 対応サイズ12mmや15mmなど10mm以上のタイプ、最大取付厚3mm以上のタイプやハトメが付属しているセットを紹介します。

ハトメパンチとは

ハトメパンチとは、穴を補強するための金具である「ハトメ」を取り付けるときに使う道具のこと。 ハトメパンチを使えばしっかりと固定した状態できちんと圧力をかけられるため、きれいに取り付けられるのが特徴です。 力が分散して圧力がかかりにくい、ハトメがずれてしまうといったトラブルを防いでくれます。 使い方も簡単で気軽に活用できるのも魅力。

ハトメパンチの選び方

コクヨなどから販売されているハトメパンチの選び方を紹介します。 両面タイプや片面タイプ、3mmや10mm、12mmといったハトメや最大取付厚のサイズ、すぐに使えるセットなどの要素をチェック。

両面か片面かで選ぶ

ハトメの種類には、部品が1つの片面タイプと金属の部品が2つに分かれている両面タイプの2種類があります。 コストを抑えて簡単に使いたいなら片面タイプ、安全性にこだわりたいなら裏面まできれいに仕上がる両面タイプがおすすめです。

ハトメのサイズ・最大取付厚を確認

4mmから10mm、12mmなどハトメパンチによって扱えるハトメのサイズは異なるため、通したい紐や金具の太さに適したものを選びましょう。 また、紙や薄手の布を挟む場合の最大取付厚は2mm程度、レザーやデニムなど厚手の生地を挟む場合は3mm以上が適しています。

ハトメの材質にも注目

一般的に使用されているハトメの材質は真鍮やアルミ、プラスチック、ステンレスなど。 ハトメの素材が柔らかいほど、楽な力で付けられます。 ステンレスのハトメは強度があり硬いため、ステンレス対応の丈夫なハトメパンチを使う必要があるため注意しましょう。

下穴に対応しているかで選ぶ

ハトメを取り付ける前には下穴を開けておく必要があります。 下穴を開けられる機能が付いていると、ハトメパンチと穴あけポンチを別々に揃える必要がなくなるので便利。 道具を使い分けるのが難しかったり、効率よく作業を進めたかったりするときにもおすすめです。

メモリ付きならスムーズに作業できる

奥行きを調整できるメモリが付いているハトメパンチは、ハトメを付けるたびにメジャーで測る負担をなくせるだけでなく、きれいに仕上げやすいのが魅力。 ハトメを取り付けたい間隔に応じて奥行きを保ってくれるので、ハトメを並べて取り付けるときもズレにくくなります。

ハトメ付きセットも便利

はじめてハトメパンチを使うときなどハトメの扱いに慣れていない場合は、ハトメが付属しているセットがおすすめです。 ハトメパンチにハトメのサイズが合わないといったトラブルを避けられるほか、すぐに使い始めたいときにも適しています。

コクヨやSK11などのメーカーで選ぶ

どのハトメパンチを購入すればよいか迷ってしまうなら、コクヨやSK11などメーカーから選ぶのもおすすめ。 コクヨはメモリ付きや厚めの生地にも対応しているなど機能性に優れている点が魅力。 SK11は種類のバリエーションが豊富で、用途に合わせて選びやすい点が特徴です。

ハトメパンチの使い方 代用品はある?

ハトメパンチの使い方は、生地にハトメを固定して挟むだけと非常に簡単。 下穴をあけたらハトメを通し、ハトメパンチで挟み込んだら力を入れてプレスします。 ハトメパンチがないときの代用品として使えるのは、ペンチや金槌などです。

ペンチで代用する場合はハトメパンチと同じように挟んで潰し、金槌で代用する場合はハトメの上から打ち付けて固定します。 しかし、代用品を使うとハトメ自体が傷ついたり変形したりする恐れも。 できるだけ代用品ではなく専用のパンチを使用するのがおすすめです。

穴の補強以外にも! ハトメパンチの活用法

ハンドメイドやDIYで穴を補強する使い方以外にも、ハトメパンチを使えばさまざまなアイテムを手軽にアレンジできます。 手作りのタグやカードなどのペーパーアイテムにハトメを付ければ、アンティーク風のおしゃれな見た目に。 かわいい柄の生地に並べてハトメを付ければカーテンにもなり、四隅にハトメを付ければ飾り付きのテーブルクロスも簡単に作れます。

ハトメパンチおすすめ8選

コクヨなどから販売されているハトメパンチのほか、対応サイズ12mmなど10mm以上のタイプ、最大取付厚3mm以上のタイプを紹介。 さまざまな使い方ができるハトメ付きセットも紹介します。

ビッグマン (bigman) 片面ハトメパンチセット

対応穴径4mmと小さめで細かな作業にぴったりな、ビッグマンの片面タイプのハトメパンチ。 最大取付厚は2mmまでと薄手の布や紙を扱う使い方に適しています。 靴紐の補強やクリアケースなどの穴の補強など、プチリメイクにも活用できます。 片面ハトメも50個付属しているため、すぐに作業を開始したい人にもおすすめです。

  • 対応ハトメ穴径 4mm
  • 最大取付厚 2mmまで
  • 対応ハトメ種類 片面

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アークランドサカモト Green cross 片面ハトメパンチ5mm HP-5

DIY用品の卸売業とホームセンターを展開している新潟県三条市の企業「アークランドサカモト」。 こちらは、小物作りやプチリメイクにもぴったりな片面タイプのハトメパンチです。 対応ハトメ穴径は5mmで書類とじやペーパーアイテムのアレンジにも活用しやすく、紙や布、レザー用品を気軽にリメイクしてみたい人にも適しています。

  • 外形寸法 長さ14.5cm
  • 対応ハトメ穴径 5mm
  • 最大取付厚 2mm
  • 下穴サイズ 5mm
  • 材質 スチール、ポリ塩化ビニル
  • 対応ハトメ種類 片面

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

ライオン事務器 (LION) ハトメパンチ No.1 20201

事務用品や文房具、オフィス家具などを展開している「ライオン事務器」の、片面タイプのハトメパンチです。 パンチからハトメまでの一連の作業がスムーズに行えるように工夫されていて、たくさんのハトメをスムーズに付けたい場合にもおすすめ。 パンチ部には穿孔奥行調整装置が搭載され、奥行きを調整可能。 書類の補強作業にも最適です。

  • 外形寸法 幅2.4cm 奥行16cm 高さ9.6cm
  • 対応ハトメ穴径 5mm
  • 最大取付厚 10.5mm
  • 下穴サイズ 5mm
  • 対応ハトメ種類 片面

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

トラスコ中山 (TRUSCO) 両面ハトメパンチ プライヤー型 THP-PH

工具や建築資材、安全用品を販売している「トラスコ中山」のプライベートブランド「TRUSCO」より、スチール製の両面ハトメパンチです。 別売りの交換コマを取り付けると、アルミ製のハトメなら4mmから10mm、12mm、15mmまで幅広いサイズに対応可能。 服飾など本格的なハンドメイドを楽しむときにも活用できるのが魅力です。 真鍮製のハトメの場合は、4mm~8mmまで対応しています。

  • 対応ハトメ穴径 4mm、5mm、7mm、8mm、10mm、12mm、15mm
  • 材質 スチール、エラストマー
  • 対応ハトメ種類 両面

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

コクヨ (KOKUYO) ハトメパンチ ヒン-M200

穴あけとカシメ作業を1台で行えるのが便利な、機能性に優れたコクヨの両面ハトメパンチ。 PPC用紙を約15枚まで穿孔できます。 厚みのある生地を扱う作業にも適していて、工作や手芸、DIYなど幅広いシーンで使えるのが特徴です。 5mm~14mmの奥行調整ゲージも付いているため、定規やメジャーを用意しなくてもきれいに穴あけを行えるのが便利。

  • 外形寸法 幅2.4cm 奥行16.5cm 高さ10.5cm
  • 対応ハトメ穴径 5mm
  • 最大取付厚 14mm
  • 下穴サイズ 5mm
  • 材質 亜鉛ダイカスト、鋼板
  • 対応ハトメ種類 両面

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

イチネンMTM (ichinen-mtm) ファミリーツール (FAMILY TOOL) 両面ハトメパンチセット ?64-18

家庭での小物作りに適した手芸や服飾関係の製作に必要な道具を展開するイチネンMTMのブランド「ファミリーツール」。 こちらは、最大取付厚約3mmまでの両面ハトメパンチとアルミハトメのセットです。 対応ハトメ穴径は12mmと大きめなので、ビニール用品やレザー用品の補修にも適しています。 穴径8mmや10mmのセットも販売しているため、よく使うサイズの種類を一緒に用意するのもおすすめ。

  • 対応ハトメ穴径 12mm
  • 最大取付厚 3.5mmまで
  • 対応ハトメ種類 両面

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

藤原産業 (FujiwaraSangyo) SK11 両面ハトメパンチ #950 12MM

大工道具や電動工具などのDIYツールを専門に扱う藤原産業のブランド「SK11」の両面ハトメパンチ。 最大取付厚約3mmの両面ハトメパンチと下穴ポンチ、アルミハトメのセット商品です。 ハトメに必要な道具が一緒に揃うほか、サビにくい両面アルミハトメも10組付属しているため、バッグやカーテンの穴をすぐに補修したいときにも便利です。

  • 外形寸法 幅8cm 奥行19.5cm 高さ2.2cm
  • 対応ハトメ穴径 12mm
  • 最大取付厚 3.5mm
  • 下穴サイズ 12mm
  • 材質 アルミ
  • 対応ハトメ種類 両面

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

藤原産業 (FujiwaraSangyo) SK11 両面ハトメパンチ15mm NO.1100

同じく藤原産業のSK11から販売されている、両面タイプのハトメパンチと16mmの下穴ポンチ、ハトメのセットです。 対応穴径は15mmと大きめなので、ハンドメイドはもちろん屋外用品の補強や補修といったDIYにも活用できます。 真鍮製のハトメとアルミ製のハトメがそれぞれ5組ずつ付属しているため、用途に合わせて使い分けられるのも魅力。

  • 外形寸法 幅17.5cm 奥行2.8cm 高さ6.5cm
  • 対応ハトメ穴径 15mm
  • 最大取付厚 4mm
  • 下穴サイズ 16mm
  • 対応ハトメ種類 両面

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回はハトメパンチの使い方や、代用品について解説。 対応サイズ12mmや15mmなど10mm以上のタイプ、最大取付厚3mm以上のタイプや、下穴ポンチとハトメが付属しているセットを紹介しました。 文房具の定番、コクヨから販売されている両面タイプもおすすめです。 楽にハトメを付けられるのが便利なハトメパンチを活用して、小物のアレンジやハンドメイドを自由に楽しみましょう。