イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

キッチンのゴミ箱の置き場所に悩んだらこれ! おしゃれなゴミ箱レイアウトを紹介

キッチンに設置するのもといえば、食器棚や電子レンジ、冷蔵庫、と大きなものを考えてしまいますが、忘れてはいけないのがゴミ箱。

みなさんはそんなキッチンのゴミ箱をどのように置いていますか。 台所のゴミ箱は溜まりやすいので容量も大きめのものが必要。 そして、置き場所に悩む、ということになります。 そこで、今回はキッチンのゴミ箱の置き場所に悩んでいる方にシンク下など、色々なスタイルのゴミ箱の置き方を見ていきたいと思います。

ゴミ箱は隠す派の人におすすめ

まずは、ゴミ箱を隠したいという方へ。 特に匂いが気になる方や、小さい子供がいたり、ペットを飼ってる家庭はゴミ箱自体できるだけ目に見えないようにしたいと思われるのではないでしょうか。

ゴミ箱を隠すと、ゴミ箱自体が汚れたり、ほこりをかぶったりすることがありません。 ゴミ箱自体のお手入れを楽にしたいという方にもおすすめの置き方です。

引出タイプで収納

システムキッチンなど、大きな引き出しがあるタイプのキッチンを使用されている方におすすめの収納方法です。 キッチンの引き出しを引いたところにゴミ箱があると、料理をする者にとってはすぐにゴミを捨てることができる便利な場所です。 扉を閉めると全くゴミ箱の存在がなくなるので、スッキリした印象になります。

蓋つきではありませんが、蓋がない分少ない動作ですぐにゴミを捨てることができます。 サイズさえあれば、今まで使っていたものを直ぐに試してみるのもいいと思います。

キッチンの食器棚の下に蓋つきの同じ種類のものをきれいに横に並べて使用されています。 これは食器棚に付属してあるものなので、サイズがぴったりです。 蓋があるとやはりほとんど臭いは気になりにくく、スッキリとして使いやすくなります。

幅が狭く、奥行きがある程度ある引き出しには、奥と手前に並べて置く方法もあります。 見た目よりも、サイズ重視で選ばれています。 それができるのも引き出しに入れてしまえるからこそです。 奥に滑って行かないように、滑り止めのマットを置いて、臭いシートで臭い防止もされています。

シンク下扉に収納

シンクの下が引き出しタイプではなくても、扉に収まるものを探してみてはいかがでしょうか。 扉を開けっ放しだと邪魔になってしまうことも考えられますが、同じく収納派でスッキリすることを重視したいときは、こういった場所に収めていくのもおすすめです。

ニトリのゴミ箱で前面からゴミを入れるタイプです。 使うとき以外は外から見えないものの、サイズもぴったりでおしゃれです。 扉の中に入れる時は上から入れられるものだと毎回ゴミ箱を出さないといけないので、前面から捨てられるタイプの方が使いやすいと思います。

閉めると見えないとはいえ、3色色違いのおしゃれなゴミ箱を選ばれています。 新居に合わせてゴミ箱も新しくされたようですが、毎日必ず使うゴミ箱です。 ゴミ箱だからといって気を抜かずにおしゃれなものを探してみてもいいかもしれません。 空間がある分、ゴミ箱自体の出し入れがしやすいように思います。

隠れてないけど、ぴったり収納

隠せないけれど置ける空間のある食器棚などを使われている方もおられると思います。 扉がないのでゴミ箱自体隠れませんが、その空間にサイズや色の合ったものをきれいに並べておけば、十分清潔で素敵に見えます。 扉がなく開け閉めする手間がない分、使い勝手は良いと思います。

真っ白で清潔感のあるとてもシンプルなものを置かれています。 周りの家具との調和も自然です。 ゴミ箱の上に空間があれば上蓋のタイプでも大丈夫です。 容量も大事ですが、高さのチェックも忘れてはいけません。

周りのものと調和が取れていて全く違和感がなく、素敵なゴミ箱です。 サイズも計算したかのようにぴったりです。 大きなゴミを捨てるときは、蓋を大きく開けたいので引き出して使わないといけないですが、小さいゴミならば少し開けただけでも捨てられます。

ゴミ箱をあえて見せる

ゴミ箱を棚の下に収納してしまうのではなく、あえて見せて置くという従来から見られるスタイルを紹介します。 収納する場所がないからと言ってがっかりする必要はありません。 おしゃれで機能的なゴミ箱はたくさんあります。

かわいいゴミ箱を並べる

ブリキ製の30リットルゴミ箱です。 とってもおしゃれでかわいいデザインです。 汚れも目立ちにくく、ほこりがついても拭き取りやすそう。 こんなおしゃれなゴミ箱ならばあえて見えるところに置いて使いたいところです。

こちらはなんと100均のゴミ箱に、同じく100均のテープを貼ったものだそうです。 100均には見えないクオリティです。 なかなか気に入ったものが見つからない場合、自分で作ってみるのもありです。 100均で材料を買ってきて作れば、リーズナブルに自分の好きなデザインのものを用意できます。

アメリカンでカラフルなゴミ箱を使われています。 部屋がシンプルだと、こうした色のゴミ箱を並べると遊び心があって楽しい気分になれそうです。 あまりにもシンプルな空間過ぎるのはちょっと抵抗がある方はゴミ箱で色使いを楽しんでみるのもおすすめです。

ダストステーションを設置

上下にゴミ箱を設置してスペースを有効に使う方法もあります。 これだと横に並べるよりも省スペースで済みます。 3段、4段と重ねられるものもあるので、細かく種類別に分けて使いたい人にもおすすめです。 上の段は目線の高さ近くになるのでかがまなくても捨てることができます。

どんなキッチンにでも合うアースカラーのゴミ箱です。 前面の大きな蓋はポンと押せば軽い力で捨てることができるので、お料理中で両手がふさがっていても使い勝手が良さそうです。 見た目も大事ですが、ゴミ箱自体の使いやすさも重要なポイントです。

ゴミ箱を置かない選択肢もあり?

キッチンが狭い、勝手口が近くてすぐに外に捨てられる、とにかく物を置かずにスッキリしておきたい方は、キッチンにゴミ箱を置かないという選択もあります。 ゴミ箱を置くという固定観念を捨てて、置かないことに不自由を感じないようならば、スッキリとキッチンを使うことも一案です。

ゴミ箱をベランダに

キッチンに置かないことになると、必然的にベランダなどの野外に置くことになります。 戸建てだと猫やカラスなどの動物に狙われてしまうという心配もあるようですが、マンションなどのベランダだと心配なく置けるでしょう。

ペットがゴミ箱に上って外に出ないように猫除けネットをアレンジして蓋につけて使用されています。 ペットのいる部屋の中でゴミ箱をそのまま置いていると、汚してしまうこともあると思うので、ペットの対策をして外に置いておくのが安心かもしれません。

まとめ

今回はゴミ箱をいろんな置き場所のパターンで紹介してきました。 キッチンは使う人の個性が出る場所でもあります。 お気に入りのものを見つけて使い勝手の良い置き場所で使えば、気持ちが良くなって、家事やお料理も楽しくなります。 私もおしゃれなゴミ箱がたくさんあることを知り、我が家にあったゴミ箱を探して新調したくなりました。