【キャンプに】ハイバックチェアおすすめ9選 アウトドアに最強ローチェアをプラス

出典:amazon.co.jp

※本ページにはプロモーションが含まれています

キャンプなどで活躍するハイバックのアウトドアチェアは、多くのキャンパーが揃えるアイテムのひとつ。
ポケットやリクライニング機能が付いたもの、コスパの良い安い商品もあるため、選び方のポイントを知っておくと便利です。
この記事では、ハイバックのアウトドアチェアの選び方とおすすめ商品を紹介。
はじめて買う人はもちろん、買い替えを検討している人もチェックしてみてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

アウトドアに使えるハイバックチェアとは

ハイバックチェア、アウトドア

背もたれが高いハイバックのアウトドアチェアは、キャンプでゆったりと過ごしたいときに大活躍。
ハイバックのアウトドアチェアがあれば、背もたれに体を預けて昼寝や星空観賞ができたりと、アウトドアの楽しみが広がります。
座りやすく過ごしやすいハイバックチェアを探すときは、テーブルや焚き火台とのバランスを考慮して選びましょう。

ハイバックチェアがおすすめな理由

アウトドア好きがこだわって選ぶハイバックのアウトドアチェア。
その理由をチェックしていきましょう。

リラックスできる

ハイバックチェアは背もたれが頭の高さまであるため、しっかりと体を預けられるのが特徴。
背もたれに体がすっぽりと包まれているような安心感があり、キャンプで自然を感じながらリラックスしたいときに重宝します。

長時間座っても快適

ハイバックアウトドアチェア

ハイバックチェアは体重をしっかりとかけられるのが魅力。
長時間座っていても疲れづらく、体への負担が少ないメリットがあります。
ローチェアはちょっとした休憩に適していますが、姿勢を保つのに疲れてしまうことも。
より快適にキャンプを楽しむなら、ゆったりと座れるハイバックチェアもあると便利です。

アウトドアシーンだけでなく室内でも使える

ハイバックのアウトドアチェアは、安定感があり脚回りがしっかりしているものが多く販売されています。
そのためアウトドアに限らず室内でも併用しやすく、コスパが良いのも魅力。
おしゃれなデザインのハイバックチェアも増えているため、インテリアとして取り入れるのもおすすめです。

キャンプ向けのハイバックチェアの選び方

キャンプで大活躍するハイバックのアウトドアチェア。
ここからはコスパの良い、安い価格帯の商品や軽量タイプなど、ハイバックチェアの選び方を紹介します。

ハイタイプかローチェアタイプか、座面の高さで選ぶ

使いやすいハイバックチェアを選ぶためにも、まずは焚き火やバーベキューなど使用シーンを想像しましょう。
座面の高さが重要で、焚き火台やテーブルの高さとのバランス、座りやすさを基準に選ぶのがおすすめです。
たとえばハイタイプは座面の高さが40cm程度あり、立ち上がりやすいのがメリット。
ローチェアタイプは高さが30cm程度で、足を前に投げ出して座ることができる特徴があります。

コンパクトに収納できて軽量なもの

収納に困る人も多いハイバックチェアですが、コンパクトにまとまる軽量タイプも増えています。
コンパクトに折りたためるタイプなら使用時に取り出しやすく、車に載せるときも場所をとりすぎないため使い勝手抜群。
またサイトまで距離があるときや荷物が多いときも、軽量タイプなら他のギアと一緒に運べます。
肩かけの収納ケースが付くものや重量1kgほどの商品もあるため、ぜひチェックしてください。

リクライニング機能付きならよりくつろげる

背もたれをリクライニングで倒せるハイバックチェアも要チェック。
リクライニング機能付きなら、昼寝や星空観賞などシチュエーションに合わせて角度を調節できます。
購入するときは、調整段数や調整のしやすさなどをチェックして選ぶのがおすすめ。
リクライニング機能を活用して、アウトドアでの時間をより快適に過ごしましょう。

ピローやポケットが付いていると便利

ハイバックのアウトドアチェアのなかには、広い背もたれを活かして裏面が小物入れになっている商品も展開されています。
ブッシュクラフトナイフやビニール袋など、テーブル周りで使う小物を入れておくと紛失リスクを下げられて便利。
他にもピローが付いているタイプは、首や背中に負担をかけずにくつろげます。

安い価格帯のコスパの良い商品もチェック

有名メーカーのアウトドアチェアも魅力的ですが、台数が多く必要な場合や、他のギアとの兼ね合いで安い価格帯の商品を探している人もいるでしょう。
ハイバックのアウトドアチェアは安い価格で丈夫なものや、室内でも使いやすいデザインのコスパが良い商品なども多く販売されています。
用途や機能性を考えながら、安い価格帯のコスパの良い商品もチェックしてみましょう。

アウトドア向けおすすめハイバックチェア | ローチェア

キャンプや釣りなど、アウトドアシーンで活用できるハイバックチェア。
室内でも使えるデザインやコンパクトに収納できるものなど、おすすめのロータイプを紹介します。

キングキャンプ (KingCamp) アウトドアチェア 折りたたみ ハイバック ローチェア

座面高24cmのロータイプ、コンパクトにたためるハイバッグチェア

簡単に組み立てできる、キングキャンプのアウトドアチェア。
座面の高さが24cmと低く、あぐらをかくような感覚で楽に座ることができます。
収納時には背もたれのフレームをコンパクトに折りたためるのもポイント。
脚回りに安定感があり、男性でも安心してくつろぐことができるハイバックチェアです。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅59cm 奥行70cm 高さ85cm
    • 収納時 幅18cm 奥行17cm 高さ77cm
    • 座面 高さ24cm
  • 材質 600Dオックスフォード、メッシュ、鉄(エポキシ樹脂塗装)
  • 重量 3.2kg
  • 耐荷重 136kg
  • ピロー、ポケット、カップバック付き

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

スノーピーク (snow peak) ローチェア30 ブラウン LV-091BR

アームに竹集成材を使用。持ち運びやすい中央収束タイプのローチェア

過去にグッドデザイン賞を受賞したスノーピークの商品。
アームに竹集成材を使用したおしゃれなハイバックチェアで、室内使いにもおすすめです。
座面が低く、しっかりと腰をおろして座ることができる安定感も魅力。
さらにコンパクトに収納できる中央収束のタイプのため、持ち運びもスムーズにできます。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅58cm 奥行65cm 高さ86cm
    • 収納時 幅16cm 奥行18cm 高さ101cm
    • 座面 高さ30cm
  • 材質 ポリエステル、アルミニウム合金、竹集成材、ステンレス
  • 重量 3.6kg

楽天市場で見る
amazonで見る16,460円
Yahoo!ショッピングで見る

オンウェー (Onway) コンフォートローチェア OW-61BD-BM

竹集成材の曲線アーム&座面高30cmのピロー付きローチェア

天然素材を活用したオンウェーのハイバックチェア。
腕がフィットしやすい曲線のアームで、ピローも付いているためゆったりとくつろぐことができます。
座面も30cmと低いため足を投げ出して座れるのも強み。
落ち着いた風合いで、キャンプはもちろん自宅の庭やリビングで使うのにもおすすめです。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅60.5cm 奥行82cm 高さ75cm
    • 収納時 幅60.5cm 奥行16cm 高さ72cm
    • 座面 高さ30cm
  • 材質 6号帆布、アルミニウム合金(アルマイト)、竹集成材、ステンレス合金
  • 重量 3.5kg
  • 耐荷重 100kg
  • ピロー付き

楽天市場で見る
amazonで見る16,902円
Yahoo!ショッピングで見る

アウトドア向けおすすめハイバックチェア | ハイタイプ

続いて、ハイタイプのアウトドアチェアを紹介。
リクライニング機能付きや背もたれ調節など、使い勝手の良いアウトドアメーカーの商品を厳選しました。

フィールドア (FIELDOOR) ポータブルチェア ハイバック

体を包み込むハンモック型、難燃性の高い生地を使用したポータブルチェア

ハンモックのように体を包み込むデザインが特徴のハイバックチェア。
難燃性に優れた生地を採用し、焚き火の近くでも安心して使うことができます。
フレームは軽量設計なだけでなく、強度に優れた超々ジュラルミンを使用しているのもポイント。
安いのに高機能という、フィールドアらしいコスパの良い商品です。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅62cm 奥行75cm 高さ105cm
    • 収納時 幅19.5cm 奥行16cm 高さ56cm
    • 座面 高さ35cm
  • 材質 ポリエステル、コットン、超々ジュラルミン、プライウッド
  • 重量 2.4kg
  • 耐荷重 120kg
  • ピロー付き

楽天市場で見る
amazonで見る6,900円
Yahoo!ショッピングで見る

スノーピーク (snow peak) Take!チェア ロング LV-086

洗濯しやすい6号帆布、都会的でナチュラルな竹×アルミのハイバッグチェア

こちらは、竹とアルミフレームの組み合わせが美しいスノーピークの一品。
都会的でナチュラルな印象を与えるデザインが特徴です。
アウトドアでの使用はもちろん、室内用のハイバックチェアを探している人にもおすすめ。
丈夫なだけでなく洗濯しやすい6号帆布を採用しているため、手入れのしやすさも大きな魅力です。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅59.5cm 奥行80cm 高さ95cm
    • 収納時 幅10cm 奥行15cm 高さ128cm
    • 座面 高さ36cm
  • 材質 綿6号帆布、アルミニウム合金、竹集成材、ステンレス
  • 重量 3.5kg

楽天市場で見る
amazonで見る27,720円
Yahoo!ショッピングで見る

オガワ (ogawa) ツーアングルチェアL

脚の調節でリクライニング可能。軽量設計のポケット付きハイバックチェア

こちらは軽量タイプのハイバックチェアを探している人におすすめ。
重量が2kg未満で、車載や持ち運びが楽にできます。
脚の差し込み口を変えることでリクライニングを10度調節可能。
ポケット付きで使い勝手が良く、座面の脚回りが広々としているのもおすすめポイントです。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅63cm 奥行69cm 高さ96cm~107cm
    • 収納時 幅16cm 奥行49cm 高さ13cm
  • 材質 ポリエステル
  • 重量 1.7kg
  • 耐荷重 145kg
  • ポケット付き
  • リクライニング機能付き

楽天市場で見る
amazonで見る10,395円
Yahoo!ショッピングで見る

コールマン (Coleman) レイチェア

組み立て簡単! 背もたれと座面を角度調節できるアウトドアチェア

アウトドア用品を手がけるコールマンのアウトドアチェアも注目。
背もたれと座面の角度を3段階に調整できるリクライニング機能が付いています。
背もたれが高く頭までしっかりサポートしてくれるため、楽な姿勢をとりやすいのも魅力。
組み立てが簡単で、収納時は幅25cmほどまでまとめることができます。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅61cm 奥行70cm 高さ98cm
    • 収納時 幅25cm 奥行15cm 高さ89cm
  • 材質 ポリエステル、アルミニウム、スチール、他
  • 重量 3.7kg
  • 耐荷重 80kg
  • リクライニング機能付き

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ポンコタン (PONCOTAN) アウトドアチェア ウルトラライトフィットチェア ハイバック

軽量ながら120kgの耐荷重&カラビナ付きハイバックチェア

安い価格で高い機能性を誇る、コスパに優れた一品。
背もたれが高く、座面が広いため体をすっぽりと包み込んでくれる設計が特徴です。
1.2kgと軽量でありながら、耐荷重が大きいのも嬉しいポイント。
カラビナが付属しているため、足元や側面に収納ケースを付けてポケットを増やすこともできます。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅58cm 奥行67cm 高さ103cm
    • 収納時 幅13cm 奥行15cm 高さ45cm
    • 座面 高さ45cm
  • 材質 900Dポリエステル製オックスフォードクロス、アルミニウム合金
  • 重量 1.2kg
  • 耐荷重 120kg
  • ピロー、ポケット、カラビナ付き

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ヘリノックス (Helinox) サンセットチェア 1822232

座面高45cm&耐荷重145kgのデザイン豊富なアウトドアチェア

オリジナル合金を採用し、超軽量と強度を実現したアウトドアチェア。
軽量でありながら耐荷重が大きいのが魅力で、老若男女問わず使うことができます。
座面が45cmと高めで立ち上がりやすい仕様も強み。
落ち着いた色味からポップなものまでカラー展開が豊富で、音楽フェスや運動会などで使用するのにもおすすめです。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅59cm 奥行73cm 高さ98cm
    • 収納時 幅14cm 奥行12cm 高さ47cm
    • 座面 高さ45cm
  • 材質 TH72M(オリジナル合金)
  • 重量 1.34kg
  • 耐荷重 145kg

楽天市場で見る
amazonで見る17,587円
Yahoo!ショッピングで見る

通販サイトの最新ランキングも参考にする

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。



Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

※上記の売れ筋ランキングは、各通販サイトによって集計期間・集計方法が異なる場合があります。

まとめ

ひとつあるとキャンプがもっと楽しくなる、ハイバックのアウトドアチェア。
ゆったりと体を預けられるため、アウトドアでもリラックスして過ごせます。
インテリア性の高いものを選べば、アウトドアだけでなく室内でも活用可能。
座面の高さや機能性、重量などをチェックして、快適に使えるハイバックチェアを探してみましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次