イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

冷房暖房の効率をグッっと高めるおすすめ窓ガラス断熱シート7選 夏用から冬用、オールシーズン対応まで

暑い夏や寒い冬を乗り越えるために、今や欠かせない空調機器となったエアコン。 しかし、暑くなってきた、寒くなってきたとエアコンをつけ始めると、電気代が気になる人も多いはず。 電気代を少しでも節約しようとエアコンの設定温度を控えめにする等して工夫している人も多いと思います。

エアコンの電気代を節約するには、冷気や暖気をいかに逃さないかが重要なポイント。 そうなってくると気になるのが窓際の断熱。 窓から侵入する日差しや外気の影響は室内の空調に大きな影響を与えます。 今回は、そんな窓際の断熱が気になる人に、窓ガラスに貼るだけで冷房や暖房の効率を高め電気代の節約に効果的な断熱シートを紹介します。

断熱シートで得られる効果

窓ガラスに貼る断熱シートとは、その名の通り窓に貼ることで、熱を伝わりにくくしてくれるシートです。 夏場は外からの熱気を遮断し室内の冷気を逃さないように、冬場は外からの冷気を遮断し室内の暖気を逃しにくくしてくれます。 その結果、冷房、暖房の効率が上がり、エアコン等の光熱費の節約が期待できます。

また、冷房、暖房の効果を上げるだけでなく、その他にもより生活を快適にするための嬉しい効果があるものもあります。 ここでは、断熱シートがもたらす様々な効果、メリットを紹介します。

夏は涼しく、冬はあったか

室内の温度変化の大きな要因の一つが窓周囲の熱の伝達です。 窓ガラスは、薄く透明なので、熱や冷気が伝わりやすく、暑い日差しを取り込んでしまい、室温に大きな影響を与えます。 断熱シートはこの熱や冷気、日差しに含まれる非可視光を伝わりにくくすることで、夏は涼しく冬は暖かい室内環境を作る手助けをします。

熱は、高温のものから低音のものに移動する性質があります。 そのため、夏場は外の熱い空気から冷房で冷やされた室温に熱が移動しようとします。 また、冬場は暖房で温めた暖気が外の冷たい空気に熱が移動しようとします。 窓ガラスは、その温度の境目。 その境目に、熱が伝わりにくい素材、構造の断熱シートを貼ることで熱の移動を妨げ、冷房、暖房の効果を高めてくれます。

結露を防止してカビを防ぐ

冬場の外の冷たい温度と室内の温かい温度の差によって起きてしまう結露。 放っておくとカビも発生し、衛生的にも良くありません。 また、日々の手入れにストレスが溜まるのは言うまでもありません。 近年の技術で新しい住宅では「結露しない窓」なども普及してきていますが、まだまだ悩まされる人も多いはず。 そんな窓にも断熱シートがおすすめです。

屋外と室内の間に、シートの空気層を作ることにより急激な気温の変化を減らし、結露するのを防ぎます。 結露がなくなれば、カビの発生防止にもつながります。

プライバシー対策にも

断熱シートは、プライバシーの保護としての効果があるものもあります。 例えば、すりガラス風のものや、ミラー効果のある外から見えにくいものなど様々なタイプがあります。

特に、集合住宅では、近隣の住宅も近く、向かいの部屋から室内が見えてしまい、なかなかカーテンを開けられないということもあるかと思います。 そのような時は、プライバシー効果のある断熱シートを貼れば、透過性が低くなったり、モザイクがかかったようになり、室内の様子がわかりにくくなります。 そのため、プライバシーを確保しつつ、外の光を取り込むことができます。 もちろん、シートを全面貼りしても良いですが、人の目線の高さに合わせて部分貼りをすると、一部分だけすりガラスになった様なおしゃれな雰囲気に仕上がります。 ただし、部分貼りだと、断熱効果が薄れるので、他の部分にも透明の断熱シートを貼り付けるのがおすすめです。

断熱シートの種類

断熱シートは、外の熱さ、寒さを遮るものですが、大きく分けると3つの種類があります。 種類のよっては、求めている効果が得られないものもあります。 購入の前に、それぞれの種類について詳しく確認しておきましょう。

夏用断熱シート

夏用の断熱シートは、薄いフィルム状の物が多く、熱の原因となる、窓からの強い紫外線や赤外線をカットすることで熱を遮断することに特化した窓ガラス用シートです。 それによって、日差しが室内の家具やフローリング等の床材に当たり、発熱してしまうことを防ぎ、冷房が効率よく駆動し、節電に繋がります。 特に暑さの厳しい日に冷房の効きが悪いと思うことがあったら、ぜひ夏用の断熱シートを貼り、効果を感じてみてください。

冬用断熱シート

冬用の断熱シートは、室内の温かさを外に逃がさない保温性に優れた窓ガラス用シートです。 主に緩衝材ように空気の層があるシートで、寒冷地域の家の二重窓の様な構造を実現します。 間に空気の層を挟むことで、屋外の冷たい空気が直接室内に伝わるのを防ぎ、さらに、屋内の暖かい空気を外に逃さない効果があります。 また、断熱シートの空気層によって、室内と屋外の気温差による結露やカビの発生防ぐことにも特化した商品です。 冬の寒さはもちろん、結露にも悩まされている方におすすめです。

オールシーズン用断熱シート

冷房効果だけ欲しい方は夏用、保温効果や結露防止が欲しい方は冬用がおすすめですが、どちらの効果も平均的に得たいと考えている方はオールシーズン用がおすすめです。 紫外線、赤外線をカットしつつ、空気の層をつくる窓ガラス用シートです。 季節によって貼り替えの必要もないので、費用や手間がかからないことがメリットです。 一年中効果を感じたいという方におすすめです。

断熱シート選びのポイント

断熱シートは、透明や半透明、UVカット効果や厚みの種類など様々なタイプが豊富にあります。 求める効果の高いものを選ぶのももちろん良いですが、インテリア性の高いデザインも豊富にあるので、部屋に合ったものを選ぶのもポイントです。 断熱効果を感じつつ、部屋の雰囲気を損なわないものを見つけましょう。

断熱シートを買う前に注意すること

断熱シートの購入前に、貼り方と貼れない窓について、知っておく必要があります。

断熱シートの貼り方は、主に水で貼るタイプとシールタイプの2種類あります。 水で貼るタイプは、少しテクニックが必要ですが粘着が残らないのが魅力で何度も繰り返し使えます。 シールタイプは、初心者でも貼り付けが簡単ですが、はがす際に粘着が残ったり貼り直すと粘着性が弱まる可能性があります。

また、断熱シートは表面が凸凹している型板ガラスや、くもりガラス、もともと遮熱・断熱性に優れた複層ガラスとは相性が悪く貼り付かない可能性があります。 せっかく購入したのに、自宅の窓には貼れなかったなどといったことにならないよう、事前に自宅の窓を確認しておきましょう。 断熱シートの中には、凸凹したすりガラス等にも対応したものがあるので、特殊な窓ガラスの人は、その様な断熱シートを選ぶのがおすすめです。 また、網入りガラスは断熱シートを貼ると内部のワイヤーとガラスに温度差ができ、割れてしまう危険性があるので注意が必要です。

冷房、暖房の効率をグッっと高めるおすすめ窓ガラス断熱シート7選

断熱シートの特徴や効果を理解していただけたでしょうか。 ここからは、おすすめの断熱シートを紹介します。 断熱シートは、目的によって選ぶものが違い、デザインも様々です。 断熱シート毎の特徴やどの様な窓ガラスにおすすめか詳細に紹介していくので、参考にしてみてください。

リンテックコマース 凸凹ガラス用遮熱シート ホワイト HGAL-01

こちらの断熱シートは、遮熱に特化した夏用のシートです。 夏場の強い日差しを反射することで質な家の熱の進入を防ぎます。 断熱シートとは相性が悪いと言われる凸凹ガラスに対応していることが大きな魅力。 凸凹ガラス用とありますが、もちろん透明の普通のガラスにも貼ることができます。 熱を吸収しないので、温度変化が起こりにくく、型板ガラスや複層ガラス、網入りガラスにも使用可能。 その他にもすりガラスのような目隠し効果もあり、貼り直しも可能。 糊を使っておらず、何度でも貼ってはがせるので賃貸住宅にもおすすめの夏用断熱シートです。

  • シーズン 夏用
  • 外形寸法 縦92cm 横90cm
  • 材質 ポリエステル、吸着剤(アクリル系)、保護フィルム

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

KTJ 窓断熱シート マジックミラー

こちらは、水だけで貼れるマジックミラータイプの断熱シートです。 室内より屋外が明るい時は鏡の様に反射してくれるので、プライバシーを確保しつつ光を取り込むことが可能です。 夜は光が漏れてしまうので注意しましょう。 UVカットを99%カットしてくれるので、フローリングやカーペット、畳を紫外線の劣化から守ってくれます。 オールシーズン対応の断熱を謳っていますが、赤外線を反射することで熱を逃しにくくしており、厚みがないので伝導熱を防ぐ効果はあまり期待できないので夏におすすめの断熱シートです。

  • シーズン オールシーズン (夏用)
  • 外形寸法 縦200cm〜1000cm 横60/90cm

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ニトムズ 窓ガラス透明断熱フィルム E0590

直接窓ガラスに貼らず、サッシに貼ることで、窓ガラスとフィルムで二重ガラスと同等の構造がつくれる冬向けの断熱シートです。 ガラスに直接貼らないので、凸凹ガラスや網入りガラス等、ほとんどのガラス窓で使うことができます。 ただし、サッシがザラザラしていたり、特殊なコーティング塗装がされている場合は両面テーブが貼り付かないので注意が必要です。 貼っていないかのような、透明度の高いタイプで、ドライヤーを使ってシワを伸ばしながら貼り付けます。 見た目を気にする方や、しっかり、日差しは取り込みたいという方におすすめです。 寒い冬の窓際の冷気がきになる人は試してみてはいかがでしょうか。

  • シーズン 冬用
  • 外形寸法 縦180cm 横90cm
  • 材質 ポリエステル シリガゲル 不織布・アクリル系粘着剤 和紙・ゴム系粘着剤

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ニトムズ 窓ガラス断熱シート 凹凸ガラス対応 スノーホワイト E1950

こちらはニトムズの窓ガラスに直接貼るタイプの凹凸ガラスに対応した冬用の断熱シートです。 3.5mmの厚みに3層の空気層が作られており、断熱性が高く冷気をシャットアウトします。 また、もちろん結露も防げるので冬場の窓対策にぴったりな商品です。 普通の透明ガラスの他に、型板ガラスやくもりガラス、複層ガラスに使用できますが、熱割れを起こすので網入りガラスには使用できません。 可愛らしい雪の結晶をモチーフにした柄が特徴で口コミでも人気があります。 粘着シートタイプなので剥がれやすい窓ガラスにおすすめです。

  • シーズン 冬用
  • 外形寸法 縦180cm 横90cm
  • 材質 ポリエチレン

楽天市場 Yahoo!ショッピング

ニトムズ 窓ガラス断熱デザインシート フラワーピンク E1608

こちらも、ニトムズの冬用の断熱シートのシリーズですがフラットな透明ガラス向けの水貼り断熱シート。 粘着シートタイプと同様に、しっかりとした4mmの厚みがあるため、断熱性の高く結露も防げる商品です。 可愛らしい花をモチーフにしたピンク色の柄が特徴で女性にも人気があります。 また、簡単に水だけで貼り付けられ、何度も貼ったりはがしたりすることができるの初心者や鎮宅住宅に住んでいる人におすすめの冬用断熱シートです。

  • シーズン 冬用
  • 外形寸法 縦180cm 横90cm
  • 材質 ポリエチレン

楽天市場 Yahoo!ショッピング

くらしの雑貨屋さん 日本製 UVカット粘着マドピタシート4枚組

オールシーズン用の断熱シートです。 水もテープも不要という特殊な粘着面で貼り直しも可能。 断熱効果はもちろん、UVカット効果も高く、目隠しにもなります。 機能性も素晴らしいですが、花柄やアルファベット柄など可愛らしい7種類のデザインから選べるのも魅力です。 断熱シートは見た目が良くないので避けてきた方にもおすすめです。 貼り付けが心配な方や、可愛らしいシートをお探しの方にぴったりです。

  • シーズン オールシーズン
  • 外形寸法 縦180cm 横90cm
  • 材質 本体/ポリエチレン 粘着材/アクリル系

楽天市場 Yahoo!ショッピング

ブレインテック (braintec) ウィンドウフィルム スパッタゴールド70

見た目や効果のクオリティが高いのオールシーズン使える断熱・遮熱シートです。 プロ仕様の商品で、窓のサイズや大きさに合わせて切り売りしてくれるので大き目の窓や、変形した窓に貼りたい方にもおすすめ。 また、断熱性だけでなく、UVカットや防虫、飛散防止など様々な性質を持っているので、貼るだけで何役もこなしてくれる優れものです。 その他にも色違いも発売されているので、もう少し、暗いものや、青っぽいものなど、こまかな要望を満たしてくれそうです。

  • シーズン オールシーズン
  • 外形寸法 縦100cm~ 横92cm
  • 材質 PET 銀Ag/ニクロム合金 アクリルレジン アクリル

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

まとめ

断熱シートの特徴や嬉しい効果、おすすめの商品を紹介いたしました。 あなたにぴったりの断熱シートは見つかりましたか? 断熱シートといっても、夏用や冬用等様々です。 また、断熱以外の効果も得られるシートも多く出ています。 毎日を快適に過ごすためにぜひ断熱シートを取り入れてみてください。