イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

マイクアームおすすめ9選 ゲーム実況におすすめの商品も紹介

ゲーム実況や宅録をするときに活躍するマイクアーム。 長めのアームや短いアームなど、さまざまなアームが販売されているので、環境に合わせて設置出来ます。 また、好みの位置にマイクを固定すれば、しっかりと音声が録れるので便利です。 この記事では、RODEなどのおすすめのマイクアームを紹介します。 マイクアームの付け方や自作方法なども紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ゲーム実況や宅録におすすめのマイクアーム

マイクアームは、重いマイクだと固定しても下がることや、デスクに傷を付けやすいなど使う上で注意が必要です。 しかし、マイクスタンドとは違い、デスクに取り付けることで場所を取らずコンパクトに使えます。 ゲーム実況や音楽制作の現場で、デスクに座りながら収録出来るので便利です。 好きな位置に設置できるので、使わない時の収納なども手軽に行えます。

マイクアームを使うメリット

マイクアームを使うメリットを紹介します。 さまざまなメリットがあるので、マイクアームに興味がある人はぜひ参考にしてください。

マイクの位置を変えやすい

マイクアームはマイクの角度や位置を自由に変えられます。 ゲーム実況や自作動画の宅録、動画配信などの用途に合わせて適した場所に固定できるのが魅力です。 マイクが遠くて録音時に音量が下がるトラブルも起こらず、どんなシーンでもしっかりと録音できます。

設置スペースが少なくて済む

マイクアームはデスクに取り付けるため、設置スペースが少なく済むのが魅力です。 使わない時はコンパクトにまとめておけば、デスクに設置したままでも邪魔になりません。 部屋に設置スペースが少ない人におすすめです。

折り畳み可能で持ち運びに便利

マイクアームは短いサイズに折り畳みできるため、持ち運んで使いたいときにも活躍します。 外出先でゲーム実況や動画配信などの宅録、イベントでの音声収録をしたいときにも便利です。 パーツの数も多くないので、再設置も手軽に出来ます。

マイクアームのおすすめの選び方

マイクアームのおすすめの選び方を紹介します。 視界を遮らない短いアームやアームの耐荷重など、種類はさまざまです。 ぜひ参考にしてください。

視界を遮らない短いアームを選ぶ

ゲーム実況や自作動画の宅録など、何か作業をしながらマイクアームを使う場合は、視界を遮らない短いアームがおすすめです。 デスクのサイドに取り付ければ口元にマイクを近づけられます。 また、デスクの後ろに設置するならアームが長めのものを選びましょう。 モニターの上の位置など、マイクを好きな位置に自在に取り付けられます。

デスクをはさむ厚さに注目する

アームに付属している固定用のクランプが、使っているデスクの厚さに対応しているか確認しましょう。 商品ごとに天板を挟める厚さに違いがあります。 天板が薄いデスクを使っている場合は、傷を付ける可能性があるので注意が必要です。 また、デスクの傷を防ぐために、厚さを足す補強プレートも販売されています。 デスクやマイクを守るために、しっかりチェックしましょう。

マイクの種類や付け方をチェックする

マイクの種類によって、アームへの付け方が違うので注意しましょう。 間違った付け方をすれば、マイクが落下して故障するなど危険があります。 ダイナミック型は先端に付けるだけとシンプルなものが多く、コンデンサー型はマイク周辺に覆うようなものが付いているものが多いです。 覆うようについているものはショックマウントでノイズを軽減してくれます。

アームの耐荷重に気を付ける

マイクの重量がアームの耐荷重に対応しているか確認しましょう。 ダイナミック型のマイクは大体300g、コンデンサー型は300g~800gまでと幅広いですが、350g前後のものが多くみられます。 商品によって500g~600gのものならしっかり固定できますが、重すぎるとマイクの位置が下がるので注意が必要です。

マイクホルダーやポップガードとのセットも

マイクを固定するためのマイクホルダーやノイズを軽減してくれるポップガードがセットになっているものがおすすめ。 セットのものならすぐに収録できるので便利です。 マイクアームに合ったスペックのものが付属しているため、取り付けられないなどのトラブルもなく安心できます。 適切なツールを別々に用意する手間や負担を省けるのが魅力です。

マイクアームおすすめ9選 RODEも紹介

おすすめのマイクアームを紹介します。 50cmの長めなタイプや視界を遮らない短いタイプ、RODEなどさまざまな商品を紹介するのでぜひ参考にしてください。

AKEIE 卓上マイクスタンド 折りたたみ式 マイクアーム

丈夫なスチール製で耐衝撃性に優れた、さまざまな用途に使えるマイクアームです。 マイクホルダーには変換ネジが内蔵されていて、幅広い種類のコンデンサーマイクやマイクホルダー用品に対応できます。 自分好みにカスタマイズできるのが魅力です。 テーブルクリップ部分は高品質なメタル素材が採用されていて、しっかりとデスクに固定できます。

  • アームの長さ 幅35cm 奥行35cm
  • 耐荷重 0.5kg
  • 付属品 ポップガード、変換アダプタ、ケーブルバンド3本、マイクスポンジ

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

Roycel マイクスタンド ポップガード マイクアーム コンデンサーマイク用

上部アームは約180度、下部アームは約90度と、高さや角度の調整が自由に行えるマイクアームです。 ツインアーム構造と強化クランプによって設置時も安定感があります。 変換アダプタも付属しているため、ショックマウントを取り付けることも可能です。 デスクに傷が付きにくいクッション付きで、設置時もデスクを傷から守ってくれます。

  • アームの長さ 幅35cm 奥行35cm
  • 対応天板厚 5.5cm
  • 耐荷重 0.5kg
  • 付属品 マイクホルダー、ポップガード、固定クランプ、変換アダプタ、ケーブルバンド3本、ユーザーガイド

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

NEEWER 調整可能なマイクサスペンションブームシザーアームスタンド

カメラ機材やマイクなどの機器を展開する中国のメーカー「NEEWER」の、スチール製のマイクアームです。 通常のダイナミック型マイクだけでなく、ショックマウント付きのマイクにも対応しています。 ダブルブレース仕様なので強度が高く、さまざまな角度でもマイクの重さに耐えられるのが特徴です。 低い位置から高い位置までマイクを好きな位置に固定できます。

  • アームの長さ 幅35cm 奥行35cm
  • 対応天板厚 4.7cm
  • 耐荷重 1kg
  • 付属品 マイクホルダー、固定クランプ、変換アダプター

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

Luling Arts マイクスタンド マイクアーム スタンド コンデンサーマイク用 改良版

ダイナミック型とコンデンサー型の2種類のマイクホルダーが付属しているマイクアームです。 用途や使用シーンに応じて使い分けられます。 また、アームのバネは位置を変えて引っ張る力を調整できるのか特徴です。 2重メッシュ仕様のポップガードやケーブルバンドなど、付属品も充実しています。 録音スペースを自分好みにセットしたい人にもおすすめです。

  • アームの長さ 幅35cm 奥行35cm
  • 対応天板厚 5cm
  • 耐荷重 2kg
  • 付属品 マイクホルダー大・小、ポップガード、変換アダプタ、ケーブルバンド3本、仕様書

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

Seehope マイクアーム 卓上 マイクスタンド コンデンサーマイクスタンド

使用後はコンパクトに収まり、デスクの上をすっきり使えるマイクアームです。 携帯性に優れていて、持ち運びにも活躍します。 ベースは360度、マイクホルダーは180度回転できるため、可動域が非常に広いのが特徴です。 設置も各パーツを接続するだけと手軽に行えます。 ダイナミック型とコンデンサー型、どちらにも対応しているのが魅力です。

  • アームの長さ 幅35cm 奥行35cm
  • 対応天板厚 5.5cm
  • 耐荷重 2kg
  • 付属品 ポップガード、金属変換アダプタ、プラスチック製アダプタ、テーブルクリップ、ケーブルバンド4本、防振ホルダー

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

RockJam シザーアームマイクスタンド RJMS050

各セクションに4つの強力なスプリングが付けられた、安定性に優れたマイクアームです。 360度の角度ピボットを備えていて、スプリングテンションでマイクを固定できます。 複数人で使いたいときにも便利です。 また、クランプのノブは大きめなので力を入れやすく、しっかりとデスクに取り付けられます。 ダイナミック型とコンデンサー型をはじめ、ショックマウントやポップガードとの併用も可能です。

  • 付属品 マイクホルダー

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

グランプロ (GRANPRO) マイクスタンド 卓上 セット マイクアーム ポップガード 6点セット

ショックマウントやポップガードなどが付属していて、自宅で手軽に自作動画を収録できるマイクアームセットです。 マイクホルダーは直径48~52mmまで対応しています。 ポップガードはマイクを囲む形状に作られているため小さなノイズも軽減できるのが特徴です。 フレキシブルアームで自由に調整できるので、用途に合わせて適した位置にセットできます。

  • 耐荷重 0.5kg
  • 付属品 ショックマウント、ポップガード、ケーブルバンド3本、変換アダプタ、固定クランプ、説明書

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ロード (RODE) PSA1 Studio Arm デスクアーム マイクスタンド 95367

約50cmと長めのアームが魅力の「ロード(RODE)」のマイクアームです。 縦と横への可動域が広く、動きに柔軟性があります。 動かしたアームはネジで締め付けて固定する必要がないため、手早く簡単にセッティングできるのも便利です。 RODEらしいスタイリッシュなデザインがおしゃれで、場所を選ばずさまざまなシーンで活躍します。

  • アームの長さ 幅45cm 奥行45cm
  • 対応天板厚 5.5cm(インサート金具を使用する場合は7cm)
  • 耐荷重 0.7kg~1.1kg
  • 付属品 ベルクロケーブルラップ

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

CXWMZY 改良版 調整可能なマイクサスペンションブームシザーアームスタンド マイクアーム

50cmと長めのアームで、デスク上に柔軟に設置できるマイクアームです。 軸の部分が360°回転するので、好みの位置に取り付けられます。 変換アダプタにより、ダイナミック型やコンデンサー型などさまざまな種類のマイクに対応しているのが魅力です。 高品質なスーパーテンションスプリングが採用されているため、使用中に振動音の発生もないのでおすすめ。

  • アームの長さ 幅50cm 奥行50cm
  • 対応天板厚 5.5cm
  • 耐荷重 2kg
  • 付属品 マイクホルダー、ポップガード、変換アダプタ、フォームカバー、ケーブルバンド4本、固定クランプ

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

マイクアームは自作もできる?

使いやすいマイクアームが見つからない時など、マイクアームを自作するのもおすすめです。 市販の材料を組み合わせて自作すれば、自分だけのマイクアームが作れます。 また、自作なら視界を遮らないマイクの位置など自分の好みに調整できるのが魅力です。

まとめ

ゲーム実況などで活躍するおすすめのマイクアームを紹介しました。 50cmと長めのタイプや視界を遮らない短いタイプなど、種類はさまざまです。 ゲーム実況以外にも、音楽制作や自作動画の制作などにも活躍します。 RODEなどの有名メーカーも展開しているので、この記事を参考に自分に合うお気に入りのマイクアームを見つけてみてください。