イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

熊手・レーキおすすめ9選 地ならしにぴったりのトンボやレーキ、意味も解説

刈った草や落ち葉などを集めるときに役立つ熊手やレーキ。 庭仕事やガーデニングが趣味の人には欠かせないアイテムの1つです。 しかし、熊手やレーキに似たもので、トンボという農具もあります。 熊手やレーキ、トンボの違いが分からない人も多いでしょう。 この記事では、熊手やレーキ、トンボの意味や違いなどを詳しく解説。 また、熊手やレーキ、トンボのおすすめ商品も紹介します。 熊手やレーキを購入する予定がある人は、ぜひ参考にしてください。

レーキの意味とは 熊手・トンボとレーキの違い

レーキとは「Rake」と英語で表すことから、「かきならす」「かき払う」の意味を持ち、庭や畑などの土を整備するときに用いられる農具を意味します。 レーキと熊手の一般的な違いとして、柄の根本から扇状に爪が分かれているものが熊手で、レーキは道具全般です。

レーキや熊手とトンボの大きな違いは、爪があるかどうか。 レーキや熊手は除草などに使い、トンボはグラウンドを整備するときなどに使います。

レーキの種類

熊手やトンボなど、レーキにはさまざまな種類があります。 レーキの種類別に、その特徴や用途などを詳しく見ていきましょう。

農具の爪付きレーキ 畑仕事に

畑仕事に最適なのが、農具の爪がついたレーキで、ガーデンレーキとも呼ばれています。 土を掘り起こしたり、かき混ぜたりできる爪がついているのが特徴。 素材はステンレスや鉄、アルミが一般的です。 柄には木が使われていることが多く、作業中に滑りにくいのが魅力。

丈夫なアメリカンレーキ 庭の整備に

アメリカンレーキとは、丈夫な爪が特徴で、庭の整備に適したレーキです。 アメリカンレーキを使うと、固まった土を砕いたり、強く根が張った草を引き抜いたりもできます。 砂利を敷いた庭や駐車場などの整備にもおすすめです。

板がついたトンボはグラウンドの地ならしに

トンボとは、先端に板がついていて、グラウンドの地ならしにおすすめのレーキです。 トンボを使うことで、砂や土を簡単に平らにできるのが特徴。 トンボ自体の種類も多く、学校などにある手動で地ならしするものや、車で牽引して地ならしする大型サイズがあります。

熊手・レーキの選び方

熊手やレーキの選び方について解説します。 地ならしや庭整備など、どんな風に使うのかを考えて、用途に合う熊手やレーキを選びましょう。

適切なサイズ 調節できると便利

熊手・レーキの選び方として、用途に合った適切なサイズを選ぶことが重要です。 趣味の庭など狭い場所で使いたい人は、爪の幅が狭いものがおすすめ。 広範囲に使いたい人は、爪の幅が広いものが良いでしょう。 狭い場所にも広い場所にも使いたい人は、爪の幅を調整できるレーキや熊手が便利です。 爪の幅が調整できたり、柄を収縮できたりするものは、省スペースで収納できます。

使いやすい材質・重さで選ぶ

レーキや熊手には、ステンレスやアルミ、木などで作られたものなど種類はさまざま。 ステンレス製のレーキは丈夫で錆びにくいのが魅力ですが、重いところが難点です。 アルミ製は軽量のため、女性でも扱いやすい反面、傷がつきやすいのが特徴。 また、地ならしをしやすい木製のレーキは、腐食してしまうことも。 どの種類の素材でも、メリットやデメリットはあります。 自分の使いやすい種類のレーキを選びましょう。

グリップ形状にも注目

熊手やレーキを選ぶときには、グリップ形状にも注目してみましょう。 熊手やレーキ、トンボの柄には、握りやすいように指にフィットするくぼみがついたものもあります。 また、作業中に手が滑らないように、細かい凹凸がついたレーキも。 熊手やレーキの柄が握りやすいグリップ形状のものを選べば、効率よく作業できるでしょう。

熊手・レーキのおすすめ9選

ここからは、熊手やレーキのおすすめ商品を紹介します。 アメリカンレーキやトンボも紹介するので、ぜひチェックしてください。

福井 オウル (OWL) 片手広軽くまで #712

オウルの「片手広軽くまで」は、頭部が丈夫なスチール製の熊手です。 柄がアルミ製のため軽量なのがポイント。 片手でも使えるほどの軽さとコンパクトさが魅力です。 センター部分のクリップで、爪の幅を簡単に調節が可能。 爪の先端はボール状になっているため、庭整備するときも芝生に引っ掛かりにくく、スムーズに作業が行えるでしょう。

  • 外径寸法 幅11cm~30cm 全長60cm
  • 重量 420g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アークランドサカモト (ARCLAND) CLUB.J ミニ ガーデンレーキ

アークランドサカモトのガーデンレーキは、刈った芝や雑草、落ち葉などを集めるときにおすすめのレーキです。 座ったままでも作業しやすいミニサイズのレーキで、爪の幅の調整もできます。 柄の長さも調整可能なため、使わないときはコンパクトに収納できるのも魅力です。 そして、グリップの端に穴がついているため、フックなどに引っ掛けて収納できます。

  • 外径寸法 幅11.5cm 奥行4.5cm 全長55cm~74cm
  • 重量 336g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

Jardineer 熊手 レーキ 伸縮式ガーデンレーキ 15爪 落葉掃き

Jardineerから、15爪のガーデンレーキを紹介。 庭の草刈りや落ち葉、ごみを集めたいときにおすすめです。 爪の幅を調整できるため、広い場所も狭い場所も作業がしやすいでしょう。 アルミ製のため、比較的軽量なのも魅力です。 グリップには、複数の溝が付いていて、作業中に手が滑りにくい仕様。 フックに掛けることができる、収納に便利な穴付きです。

  • 外径寸法 幅17.8cm~58.4cm 全長81.2cm~160cm
  • 材質 アルミ
  • 重量 612g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

キンボシ (Kinboshi) GS アメリカンレーキ 4076

刈った草や敷わら、落ち葉集めなどにおすすめのキンボシのGSアメリカンレーキ。 丈夫なスチール製の爪が特徴です。 爪が14本と沢山付いているのがポイント。 一般的なアメリカンレーキと同じように、爪の反対側で庭の整備も可能です。 柄は丈夫な木で作られていますが、汗や水に塗れると腐食しやすくなります。 しっかり乾かしてから収納しましょう。

  • 外径寸法 幅36cm 奥行10cm 全長157cm
  • 材質 スチール、木柄
  • 重量 1200g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

三共コーポレーション (SANKYO CORPORATION) 雄峰 アメリカンレーキ1350mm柄 #3551

地ならしなどの農具でも使われる、三共コーポレーションのアメリカンレーキです。 敷きわらや刈った草、落ち葉を集めるときにもおすすめ。 柄が長めのアメリカンレーキのため、身長が高い人も使いやすい設計です。 アルミ製のレーキとは違い、少し重さがあります。 しかし、価格が安いため、アメリカンレーキなどの農具を初めて使う人でも試しやすいでしょう。

  • 外径寸法 幅36cm 全長156cm
  • 重量 1420g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

キンボシ (Kinboshi) ゴールデンスター 芝生のサッチ取りレーキ 伸縮式 4036

キンボシから、ゴールデンスター芝生のサッチ取りレーキを紹介。 レーキの刃が、刃物用鋼で作られているのが特徴です。 芝生の刈りかすなどの層(サッチ)を取り除きたいときにおすすめ。 柄は伸縮タイプのため、使いやすい長さに調整できるのがポイントです。 さらに、収納時には柄を短くして収納するのが良いでしょう。 芝生が植えた庭の整備を、手軽に行いたい人におすすめの農具です。

  • 外径寸法 幅30cm 奥行10cm 全長77cm~133cm
  • 材質 刃物用鋼

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アルミス (Alumis) アルミレーキ R600-18

アルミスのアルミ合金で作られたアルミレーキもおすすめです。 グリップ部分には楕円形のくぼみがついていて、握りやすく、滑りにくように工夫が施されています。 爪は18本ついているため、細かく刈った草や落ち葉も集めやすいです。 爪の反対側の板には、水はけ穴が付いています。 水の抵抗を感じにくくなるため、雨が降った後に庭整備をしたい人におすすめの農具です。

  • 外径寸法 幅60cm 全長180cm
  • 材質 アルミ合金、刃物用鋼
  • 重量 1000g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

トンボ (Tombow) トンボ アスファルトレーキ

アスファルトの地ならしにおすすめの、トンボのアスファルトレーキを紹介。 15本の爪と平らな面のどちらも使えるのが特徴です。 作業によってレーキを持ち替える必要がなく、手間を省けるため、効率よく作業できるでしょう。 また、アスファルトだけではなく、畑や庭の整備にも使用が可能。 爪で刈った草を取り除き、平らな面で地ならしができる便利な農具です。

  • 外径寸法 幅37cm 奥行12cm 全長165cm
  • 重量 1960g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

浅香工業 (Asaka Kougyou) 木製レーキ替刃式アルミ柄

浅香工業から、頭部が木製で作られたレーキを紹介します。 爪はなく、トンボのようにグラウンドの整備など、地ならしとして使用可能。 柄はアルミ製のため、960gと軽量なのがポイントです。 男性はもちろん、女性や高齢者など、力の弱い人でも扱いやすい農具でしょう。 木製の板は交換ができます。 腐食したり劣化したりしたら、簡単に取り換えられ、長く使えるでしょう。

  • 外径寸法 幅60cm 全長150cm
  • 材質 アルミ、天然木
  • 重量 960g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

この記事では、トンボや熊手、レーキの意味や違いなど、選び方についても詳しく解説しました。 畑や庭の整備が楽になる、熊手やレーキなどの農具。 熊手やレーキ、トンボでは、種類によって違いがそれぞれあります。 紹介したおすすめの熊手やレーキを参考にして、自分の使い方に合うものを見つけてください。 使い勝手のよい熊手やレーキ、トンボを使って、効率よく作業をしましょう。