和モダンでおしゃれな寝室に! 畳ベッドを使ったインテリア実例も紹介

和室に布団と灯りが置かれた写真

近年では、フローリングが主流で畳敷きの和室が少なくなってきていますが、やはり和室は落ち着くものです。 和風の要素も取り入れて、おしゃれな部屋にしたいという人におすすめなのが、和モダンテイストの部屋。 この記事では、和モダンで落ち着く寝室を目指している人に向けて、和風インテリアのコツやポイントを紹介します。 照明などのインテリアは賃貸でも取り入れられるので、ぜひ参考にしてください。

和モダンインテリアで落ち着く寝室に

和モダンインテリアは、現代的でスタイリッシュなテイストと、昔ながらの伝統ある和風のテイストを組み合わせたもの。 畳などの古き良き日本の伝統を取り入れながらも現代的な空間になり、おしゃれで落ち着く部屋が完成します。 普通の和室では物足りないという人も、和モダンテイストのおしゃれな部屋ならきっと満足できるはずです。

賃貸でもできる! 和モダンなベッドルームを作るには

賃貸でも和モダンの部屋を作れる方法を紹介します。 照明や壁紙、布団など、インテリアにこだわってみてください。

インテリアは低いものが最適

日本は昔から畳を取り入れた床座の文化があったので、和モダンのインテリアは、なるべく低いものを選ぶのがおすすめ。 低めのテーブルを使うことで、食事や趣味、リラックスの時間など、さまざまな使い方が可能です。 また、低めのインテリアで揃えることで天井が高く感じ、部屋が広く見えるメリットもあります。 初めて和モダンに挑戦する人は、低めのインテリアをチェックしましょう。

木の素材を取り入れる

和風の部屋といえば、木の温もりは欠かせません。 ベッドやテーブルなどのインテリアには、木製の製品が多く展開されています。 しかし、木製といっても、濃茶や赤茶系の色はアジアンテイストな雰囲気の部屋になってしまう場合も。 そのため、薄茶系の木のインテリアを選ぶのが和モダンテイストの部屋を作る上でのポイントです。

布団やベッドのカバーは落ち着いた色に

布団やベッドも落ち着いた色に統一すると、和モダンの寝室の雰囲気にさらに近付きます。 インテリアの雰囲気は、布団シーツやベッドカバーなどで印象が変わるもの。 和モダンの寝室におすすめなのは、白やベージュ、グレーなどの布団カバーやベッドシーツです。 他にも明るめの色のくすみカラーなども和モダンの寝室と相性が良く、インテリアと馴染んでくれるでしょう。

壁紙を張り替えるのもおすすめ

部屋の雰囲気を大きく変えたい人におすすめなのが、壁紙の貼り替えです。 壁紙は部屋の大部分を占めるので、雰囲気を手軽に変えられます。 また、賃貸の人は、貼って剥がせるタイプの壁紙を選べば安心。 もし砂壁などで壁紙を貼れない場合は、襖や障子などに壁紙を貼ってみてください。 手軽におしゃれで落ち着く和風の空間を創り出すことができます。

照明で雰囲気を変える

照明なら、ベッドなど大きな家具を買うよりも手軽に取り入れられます。 和モダンの部屋には、木枠のついたシーリングライトや、デザイン性の高い形状の和紙ライトがおすすめ。 また、壁を照らす間接照明などを取り入れることで、高級感を演出することも可能です。 畳に合う和風の照明で、和モダンの部屋の雰囲気に近付けてください。

6畳和室でも実現できる! 和モダンインテリア実例

6畳の和室でも実現できる実例を紹介します。 賃貸でも可能なものも紹介するので、和モダンを感じるインテリアを上手く取り入れてみてください。

敷布団ではなくベッドを置く

布団だと昔ながらの和の雰囲気を強く感じるため、和モダンを目指すなら布団よりベッドがおすすめです。 6畳の部屋の中で、上手く和と洋を融合させましょう。 木のフレームは、高すぎないタイプを選んで、和モダンを感じるベッドルームを完成させてください。 6畳の広さの部屋でも、寝具を変えるだけで落ち着く和モダンの雰囲気になります。

壁紙やふすまにデザイン性を

6畳の部屋には、アクセントとして壁紙や襖に和風の柄を取り入れてみると、おしゃれな雰囲気に様変わりします。 壁全体を同じ柄の壁紙にするよりも、柄が際立ってより洗練された印象の部屋に仕上がるでしょう。 また、貼って剥がせる壁紙を使えば、賃貸でもデザイン性を持たせることが可能です。 畳と相性のいい色を合わせてください。

ラグやミニテーブルで洋の雰囲気を出す

6畳の畳の部屋には、ラグや洋風のミニテーブルなどでアクセントを加えることでおしゃれなベッドルームを演出できます。 洋風のインテリアを付け足す方法なので、賃貸でも手軽に取り入れられておすすめです。 6畳のベッドルームにラグを敷く場合は湿気が溜まりやすいので、こまめに換気や天日干しなどの湿気対策も行ってください。

カーテンにして洋を取り入れる

和モダンのベッドルームを作るには、カーテンを洋風にするのもおすすめ。 畳で和風の雰囲気がありながら洋風のカーテンを取り入れることで、和と洋が調和したおしゃれな空間を創り出すことが可能です。 賃貸の6畳のベッドルームでも、カーテンなら簡単に模様替えができます。 和モダンのベッドルームには、茶系やアイボリー、グレーなどくすみカラーのカーテンがよく合います。

フローリングの部屋を和モダン空間にした実例

ここからは、フローリングの部屋でも落ち着く和モダン空間が実現できる方法を紹介します。 フローリングの部屋の雰囲気を変えたい人は、ぜひ参考にしてください。

畳を敷いて落ち着く空間に

フローリングの上に置き畳を敷けば、和モダンの雰囲気を演出できます。 い草製以外にも、耐久性に優れた高機能畳も展開されているのが魅力。 よりスタイリッシュでおしゃれな部屋を目指すなら、畳の縁なしタイプがおすすめです。 また、置き畳は長方形や正方形、カラーの畳もあります。 形やカラーを部屋に合わせて好みで選んでください。

畳ベッドを設置する

ベッドフレームの上に畳が敷いてある畳ベッドを取り入れるのもおすすめです。 日中は布団をしまっておけば、畳の上で寛ぐこともできるため、落ち着くベッドルームを作ることができます。 また、フローリングの部屋でも和モダンテイストを取り入れやすいのが魅力。 6畳ほどの部屋でも置きやすく、手軽に落ち着く空間を作れます。

照明で和を演出

和モダンの寝室には、麻や和紙、木、竹などを使った照明がぴったりです。 麻素材の照明は幻想的に光り、和紙製は温かみのある光でやわらかく部屋を照らしてくれます。 また、木の照明は灯りによって木目が美しく浮かび上がり、竹を使った照明は洗練された上品な雰囲気を醸し出すのが特徴。 それぞれの照明によって全く違った印象になるので、おしゃれな和モダンの部屋を目指す人は照明選びにもこだわってみてください。

和の雰囲気に合うブラインドにする

フローリングの部屋のカーテンは、和の雰囲気を感じるブラインドにすると和モダンな空間へ演出できます。 竹材を使用したブラインドは上品で高級感を感じられるので魅力です。 天然素材ならではの温かみもプラスできるので、落ち着く寝室を作るのに最適。 また、フローリングの寝室には和布調生地を使ったプリーツスクリーンもおすすめです。

まとめ

ベッドルームを和モダンにするためにおすすめな、インテリア作りのコツを紹介しました。 和室の人はカーテンやラグなどで洋風を取り入れ、フローリングの人は置き畳や畳ベッド、照明などを上手く取り入れましょう。 賃貸の部屋でもちょっとしたコツを実践するだけで、簡単に和モダンのおしゃれな寝室を演出できます。 この記事を参考に、ぜひ実践してみてください。

関連記事