水着の名前のつけ方 アイロン?手縫い? 水着用ゼッケンをつける場所やコツも

園や学校で使用する水着には名前つけが欠かせません。 しかし、生地が伸縮する水着はゼッケンのつけ方に迷うこともあるでしょう。 そこで今回は、水着の名前のつけ方やつける場所について紹介します。 手縫いやアイロン接着でつけるときのコツを始め、テープやシールなど水着の名前つけにおすすめのアイテムも集めました。 これから水着の用意が必要な人はぜひ参考にしてください。

水着に名前をつける場所とゼッケンの選び方

水着にゼッケンをつける場所やサイズは、園や学校の指定に従いましょう。 もし指定の位置がない場合は、なるべく見やすい場所につけると安心です。 ゼッケンの布を選ぶときは水着素材の特徴に合わせるのがポイント。

水着は伸縮するため、その生地と同様に伸縮性の高いゼッケンや白布、名前シールを使いましょう。 また、ゼッケンにマジックで名前を書くとにじみやすいので、にじみ防止加工や名前が印字されているシール・ゼッケンを使うのがおすすめ。 にじみにくいペンも便利です。

アイロン?手縫い?水着の名前つけの注意点

水着用ゼッケンをアイロン接着する前に洗濯表示を確認し、熱に弱い素材などアイロン対応かをチェックしましょう。 アイロンが可能な場合でも高温にすると溶ける可能性があるため、中温以下にして様子を見るのが安全。 アイロン接着は比較的はがれやすく、手縫いの方が取れにくい傾向があります。

ミシンで縫う方法もありますが、伸縮性のある水着だと扱いにくく着用中に糸がひきつれることも。 ストレッチ素材用のミシン糸を使うのが安心です。 また、手縫いでも伸びのいい糸を使うか、生地が伸びてもひきつらないように縫いましょう。

【アイロン】水着用ゼッケンのつけ方とコツ

水着は熱に弱い素材なので、アイロンでゼッケンを接着するときもコツがいります。 まず、高温モードだと溶けてしまう可能性があるため、中温に設定して当てる時間を20秒ほどにしておきましょう。 アイロンを当てるときは両手でぐっと押さえ、しっかりと圧力をかけます。 一旦冷ましてから、再度アイロンを当てるとはがれにくくなります。 それでもはがれやすい場合は、ゼッケンの四隅だけでも縫いつけておくと安心です。

【手縫い】水着用ゼッケンのつけ方とコツ

水着用ゼッケンを手縫いでつけるときのコツを紹介します。 水着は動いたときに糸が切れる可能性があるため、手縫いの場合はどの縫い方でも少し縫い目を緩めにするのがポイントです。

並縫い、半返し縫いでつける方法

基本的な縫い方の並縫いでゼッケンをつけるなら、縫い目は2mm程度、1cmくらいの間隔で進めていきましょう。 水着を縫うときは、1針縫うたびに生地を軽く引っ張っておくのがポイント。 糸が少したるむので、水着を着用したときにもひきつれにくくなります。

この糸のたるみを意識しながら縫い進め、最後に玉止めすれば完了です。 また、なるべく頑丈にゼッケンを縫いつけたいなら、半返し縫いにするのもおすすめ。 半返し縫いは、1針縫ったらその半分戻ってまた1針進めるという縫い方で、並縫いに比べて丈夫に縫えます。

たてまつり縫いでつける方法

水着にゼッケンをつける際、ゼッケン用布に対して糸を直角に縫っていくたてまつり縫いもおすすめの縫い方。 並縫いよりも頑丈に縫いつけられ、洗濯やプールに入ったときの摩擦にも耐えやすくなります。 また、たてまつり縫いで縫っていくと裏面の糸が少し斜めになるため、水着の生地を引っ張ったときにひきつれにくいのもメリットです。

ゼッケンがはがれたときの補修方法

ゼッケンがはがれたときの補修方法を紹介します。 手縫いしたゼッケンの糸が切れた場合は、水着を伸ばして縫い目にたるみを持たせ、糸を少し引っ張りだします。 引っ張りだした糸は玉むすびをし、糸がなくなった場所を縫いなおせば補修完了です。

アイロン接着のゼッケンがはがれた場合は、最初につけたときと同様にアイロンの中温で押し当てます。 どうしてもはがれてしまう場合、ゼッケンの四隅だけ縫っておくといいでしょう。 そのほか、アイロン接着ゼッケンののり跡が気になる場合は布を当ててアイロンで温めるのがおすすめです。

水着の名前つけアイテムおすすめ9選

水着の名前つけの場所やコツが分かったところで、水着の名前つけにおすすめのアイテムを紹介します。 伸縮素材のゼッケンや糸、印字された名前シール、布用テープなどさまざまなものを集めました。

ぺんてる (Pentel) 名前書き用油性マーカー タフネーム 平芯・太字 黒インキ XNM21-A

文具メーカーとして知られるぺんてるの油性マーカーです。 耐洗濯強化インキを使用しているため、洗濯後も色が薄くなりにくいのがメリット。 にじみが少ないので、くっきりと名前を記入することができます。 アルコール系インキなのでイヤな匂いが少ないのも嬉しいポイントです。

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

カナガワ (KANAGAWA) ニット用手縫い糸 レオナ66 ニット用 40番 100m C1-2

こちらはニット素材用の手縫い糸です。 伸び縮みする糸なので伸縮性のある生地を縫うときにぴったりで、水着へのゼッケンつけに向いています。 白色や黒色、濃い紺色などスクール水着に使いやすいカラーが揃っていて、選びやすいのも魅力です。

  • サイズ 長さ100m
  • 材質 ナイロン
  • つけ方 手縫い

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

フジックス (FUJIX) レジロン ニット・伸縮性 布地専用ミシン糸 300m 50番

こちらは伸縮性のある布地専用のミシン糸。 水着のゼッケンつけをミシンで行う場合には、用意しておくのがおすすめです。 ナイロン特有の伸縮性のあるソフトなミシン糸で、布地や肌にやさしくフィットし、水着の着用時も違和感が少ないでしょう。

  • サイズ 長さ300m
  • 材質 ナイロン
  • つけ方 ミシン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

のびる名札 ビッグサイズ 文字のみ 名前シール アイロン

こちらは伸縮生地を使った名前シール。 名前入りで注文できるため、手書き不要できれいに名前つけできます。 また、名前部分が刺繍なので洗濯を繰り返しても文字が薄くなる心配がないのもメリット。 アイロン接着タイプですが、水着だとはがれやすいので手縫いでつけると安心です。

  • サイズ 幅5cm 高さ10cm(縦横選択可能)
  • 材質 ポリエステル、ポリウレタン
  • つけ方 アイロン

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

ゼスト (ZEST) お名前シール工房 体操服水着用ゼッケン

名前入りの手縫い用ゼッケンです。 名前が印字されているのでくっきりと見えやすく、洗濯しても文字が滲みません。 縫い代が加工されているので、すぐに縫いつけられるのもメリット。 アイロン接着と違って簡単にはがせ、つけ替えるときも楽にできます。

  • サイズ(縦横選択可能)
    • 小 幅7cm 高さ5cm
    • 中 幅9.5cm 高さ7cm
    • 大 幅17cm 高さ12cm
  • つけ方 手縫い

楽天市場で見る

パイオニア (Pioneer) のびーる ネーム ゼッケン 年・組・氏名の枠入り 1枚入り G800-00020

アップリケや名前シールなどを手がけるメーカー、パイオニアの伸縮素材のゼッケンです。 アイロン接着タイプで裏紙があるため、油性ペンで名前を書くときにテーブルなどへの裏うつりを気にしなくていいのが魅力。 年組の記入スペースもあり、全体を枠で囲っているため書く場所に迷うことなく名前つけできます。

  • サイズ 幅12cm 高さ8cm
  • つけ方 アイロン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

シヤチハタ (Shachihata) おなまえシール 水着体操着用ゼッケン 無地 2枚入り TRUN-SHUNP0878

こちらは無地タイプのアイロン接着用ゼッケン。 園や学校指定のサイズにカットして使え、縦横に伸縮するので水着にも適しています。 にじみ防止加工を施しているのも特徴で、マジックで名前を書くときににじみにくいのも魅力です。

  • サイズ 幅10cm 高さ14cm
  • つけ方 アイロン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

パイオニア (Pioneer) のびのびスポーツゼッケン 中 G400-00010

パイオニアが手がける無地のスポーツゼッケンを紹介。 伸縮素材のため水着の名前つけに向いていて、マジックインキでにじみにくい仕様になっています。 アイロン接着も可能でつけ方も簡単。 2枚入りのため水着と帽子の両方に使えるのも嬉しいポイントです。

  • サイズ 幅8cm 高さ15cm
  • つけ方 アイロン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ゆにねーむ (UNINAME) お名前布テープ 21mmカット AJUN

こちらはカット済みの名前用布テープ。 貼るだけでもアイロン接着でも使え、全部で44枚あるため水着に限らずいろいろなものの名前つけに使えます。 裏面がシールになっているテープのためアイロンがけでずれにくいのもメリット。 小さめサイズで、水着のタグなどにつけるテープとして使うのがおすすめです。

  • サイズ 長さ1.2m
  • つけ方 アイロン

amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

ここまで、水着の名前つけの場所やコツについて紹介しました。 水着にゼッケンをつける際は、手縫いかアイロン接着かを選び、方法に合ったアイテムを用意することが大切です。 水着が伸縮する素材であることに注意し、伸びる素材のゼッケンや糸を選びましょう。 名前シールやカットして使うゼッケン、布用テープなど、使いやすく、学校の指定通りにつけやすいものを見つけてください。

関連記事