保育園のアウター・上着9選 春秋冬におすすめのフードなし商品や選び方など

アウターを着て遊ぶ子供の写真

保育園では季節の変わり目に外遊び用のアウターが必要です。 真冬や寒暖差のある季節にどんな上着を何枚準備したらいいか、迷うママ・パパも多いでしょう。 そこで今回は保育園用アウターの選び方について解説。 おすすめのタイプや保育園用の注意点、何枚準備したらよいかについても紹介します。 フードなしのウインドブレーカーやジャンバーなど、春・秋、冬のおすすめ保育園用アウターについて、ぜひチェックしてください。

保育園アウター・上着を購入する前の注意点

多くの保育園では、夏以外は外遊び用の上着が必要。 どんなアウターがよいかは事前に確認しておきましょう。 子供の安全に配慮したルールが保育園ごとに決められています。 また、昨年のものがサイズアウトしていないか注意が必要です。 シーズン直前に購入しようとすると、店頭で商品が品薄になっている場合も。 新しく用意する必要がある場合は、早めに確認して準備しましょう。

保育園用アウター・上着の選び方のポイント

保育園用アウターや上着選びのポイントをまとめました。 多くの保育園で採用されているルールやその理由も紹介。 子供が通う保育園のルールと照らし合わせて、適したアウターを選びましょう。

フードなし、または取り外しができるもの

ほとんどの保育園では、フードなしのアウターが推奨されています。 フード付きの上着は遊具に引っかかったり、友達と遊んで引っ張りあったりしてしまうことも。 転倒やけがにつながり危険です。 フードなしジャンバーか、ジッパーやボタンで取り外しできるタイプなら安心。 フードを畳んで衿にしまえるものもあります。

着脱しやすいファスナー

保育園の外遊び用アウターは、ファスナー式のジャンバーが推奨されています。 子供が自分で上げ下げしやすいためです。 ボタンやスナップは、取れてしまった時に赤ちゃんが誤飲する危険あり。 また、支度にも時間がかかり外遊びの時間が減ってしまうことも。 内側の生地を巻き込みにくいファスナーガード付きがおすすめです。

手軽に洗濯できて、すぐ乾くもの

保育園の外遊び用アウターは、洗濯しやすいものが便利。 汚れるたびにクリーニングに出すのは手間も費用もかかるもの。 めいっぱい遊んで汚してしまった時も、自宅で手入れができると安心。 また、保育園児のアウターはすぐにサイズアウトします。 手軽に洗濯機で洗え、乾きやすい素材の上着がおすすめです。

軽量で動きやすいもの

保育園用アウターの用途は主に外遊び。 そのため、動きやすさが重要です。 月齢・年齢が上がると、遊具を使うなど外遊びの幅も広がります。 軽くて体を動かしやすいアウターを選びましょう。 長さのあるアウターは、砂場などしゃがんで遊ぶ場面では動きにくいです。 転倒しやすいため、丈は短めのジャンバータイプがおすすめ。

サイズは大きめがベター

冬用のアウターは、中に着るトレーナーなども厚手になりがち。 そのため、ワンサイズ大きめがベターです。 ただし、大きめの上着を選ぶ場合は袖の長さに注意が必要。 手が隠れると転んだ時にケガをしやすいです。 袖の長さはジャストサイズを選びましょう。 体格に個人差があるので、商品欄の実寸や口コミも参考にしてください。

合わせやすいデザイン

保育園用アウターのデザインや色柄は、中のトップスやボトムと合わせやすいデザインがおすすめ。 子供の好みの色系統で統一感を出すとおしゃれです。 暗くなりがちな冬のアウターは、バイカラーが便利。 明るめの色や柔らかい色を取り入れると暗くなりません。 子供が好きな色を入れると、寒い日の外遊びもご機嫌に楽しめます。

春・秋におすすめの保育園用アウターの種類

春・秋は急に気温が下がる日があったり、1日の中でも温度差があったりするもの。 そのため、手軽に羽織れるアウターが欠かせません。 春・秋の保育園用におすすめのアウター・上着の種類を紹介します。

ウインドブレーカー

軽くてコンパクトなウインドブレーカーは保育園用アウターにぴったり。 防風性や撥水性などの機能を備えているものが多く、外遊びにも安心。 1枚仕立てのほか、裏地付きがあります。 メッシュ素材の裏地付きは春・初秋の上着としても。 起毛やフリースの裏地付きは秋・冬や春先の防寒着におすすめです。

カーディガンやベスト

季節の変わり目は、肌寒さを感じやすいもの。 体温調節のために1枚プラスしたいこともあります。 そんな時は、脱ぎ着しやすいカーディガンやベストが便利。 袖のないベストなら、動きやすく暑すぎません。 フードのないカーディガンもアウターの中に着やすくおすすめ。 冷房対策や寒い時の重ね着など通年使えます。

冬におすすめの保育園用アウターの種類

冬でも元気に外で遊ぶ子供たちには、温かさに加え、軽くて動きやすいアウターを選びたいもの。 中綿やダウン入りのジャンバーなど、冬の保育園用におすすめのアウター・上着の種類を紹介します。

フリース

春先や秋口は中綿やダウンのジャケットでは暑く、ウインドブレーカーでは寒い時期。 そんな時はフリース素材のジャンバーがおすすめです。 軽くて動きやすいので活動的な子供にぴったり。 保温性や通気性もよく、洗濯も簡単。 値段も手頃です。 ただし風を通すため、真冬はナイロン素材などのアウターと重ね着をすると安心です。

中綿ジャケット

中綿ジャケットの温かさはダウンジャケットにはかないません。 それでも冬に外遊びをする子供たちにとっては十分な温かさがあります。 表地がウインドブレーカーのようなナイロン生地なら、風を通しにくく防寒効果も高いです。 ダウンジャケットより値段も手頃で、汚れた時も手軽に洗濯できます。 外遊び用のアウターにぴったり。

ダウンジャケット

軽くて着心地のよいダウンジャケット。 真冬の外遊びにぴったりです。 値段は高いですが抜群の保温性があります。 厚手のダウンは動きづらかったり、汗をかいて体が冷えてしまったりすることも。 月齢の低い子供にはダウンベストがおすすめ。 薄手のダウンジャケットも便利です。

保育園用ジャンバーは何枚必要?

アウターを準備する際、保育園から登園用と外遊び用を分けるよう指示されることがあります。 また、外遊び用はずっと園に置いておく場合も。 登園用を外遊びに使える園もあります。 ただし、手持ちのアウターが1着のみではやや不安。 メインの上着は最低2着あると安心です。 洗濯して乾かない時や、思いがけないトラブルに備えましょう。

春・秋用の保育園アウター・上着おすすめ5選

季節の変わり目でも温度調節しやすい、保育園用アウター・上着にぴったりな商品を紹介します。 楽天サイトやAmazonでも購入でる、おすすめの商品を集めました。

ラクア (LAQUA) バイカラーウィンドブレーカー wb021

裏地がメッシュで、保育園で通年活躍する、バイカラーのウィンドブレーカー

男の子にも女の子にも似合うデザイン。 色のバリエーションが豊富なバイカラーのウインドブレーカーです。 裏地は通気性のよいメッシュ素材。 季節の変わり目はもちろん、通年で活躍します。 子供でも開閉しやすいYKKファスナーを使用。 フードは取り外せるので、フードなしアウターを推奨する保育園でも安心です。

  • サイズ 100cm、110cm、120cm、130cm、140cm、150cm、160cm
  • 素材 ポリエステル
  • フード取り外しタイプ

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ミキハウス (miki HOUSE) ホットビスケッツ (HOT BISCUITS) ウィンドブレーカー 71-3701-821

撥水・UVカット効果のある、季節の変わり目に重宝するウインドブレーカー

トリコロールカラーがかわいく、遠くからでもよく目立つ、ミキハウスのウインドブレーカーです。 撥水性やUVカット効果のある生地を使用。 内側はメッシュです。 生地を巻き込みにくいファスナーガードで、子供が脱ぎ着しても安心。 保育園での使用に便利なネームタグや、襟元のフックにかけられるループ付きで便利です。

  • サイズ 80cm、90cm、100cm、110cm、120cm、130cm
  • 素材 ポリエステル
  • フード収納タイプ

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

エルビークラブ (LB CLUB) あたたか裏地付き ウィンドブレーカー 春 S54150-22A

裏地が温かく、春・秋の気温差にも対応できる、ウインドブレーカー

気温差がある季節など、春から秋まで活躍する裏地付きウインドブレーカー。 表地は風を通しにくく、撥水加工されたポリエステル、裏地は汗を吸い取りやすい綿混素材です。 フードは衿にしまえる仕様。 ネイビーとワインレッドの組み合わせがおしゃれ。 男の子女の子どちらにも似合います。

  • サイズ 90cm、100cm、110cm、120cm、130cm
  • 素材 ポリエステル、綿、ナイロン、ポリウレタン
  • フード収納タイプ

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

ZOOLAND ズーミック (ZOOMIC) Uzuland GrinLab 裏トリコット 切替ジャケット 193851

肌寒い日の体温調節にぴったり、動植物柄がかわいい裏地付きジャケット

生き物や花柄模様をあしらった、かわいいフードなしジャケットを紹介。 子供が大好きなデザインです。 撥水加工されているので、急に天候が変わりやすい季節も安心。 軽くて動きやすく、起毛のトリコットの裏地はひやっとしません。 季節の変わり目の肌寒い日にもぴったり。 サイズ展開も豊富で、1歳前後から着られます。

  • サイズ 80cm、90cm、95cm、100cm、110cm、120cm、130cm
  • 素材 ポリエステル
  • フードなしタイプ

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

アンナニコラ (AnnaNicola) ミニ裏毛ベスト

春・秋の赤ちゃんの体温調節にぴったり、薄手の裏起毛ベスト

アンナ二コラから薄手のミニ裏毛ベストを紹介。 ワンポイントの木馬の刺繍がおしゃれです。 薄手のトレーナーのような素材で肌触りも良好。 綿100%で洗濯も気軽にできます。 赤ちゃんの保育園用アウターにぴったり。 春・秋の体温調節用に1枚あると重宝します。 スナップボタン式で着替えも簡単。

  • サイズ 60cm~70cm、80cm~90cm、90cm~100cm
  • 素材 綿
  • フードなしタイプ

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

冬用の保育園アウター・上着おすすめ4選

冬用の保育園用アウター・上着にぴったりな商品を紹介。 寒い屋外でも楽しく外遊びができます。 楽天やAmazonで購入できる商品から、保育園用に便利な商品を集めました。

子供服アウター もこもこ裏起毛中ボアジャケット

もこもこ裏地付きで冬も元気に遊べる、ボアジャケット

表地はキルティング、裏地はもこもこのボア地で冬でも温かいジャケットを紹介。 保育園用に安心のフードなし、ファスナー式。 男の子にも女の子にも使いやすいカラー展開です。 動きやすいジャンバータイプで、冬でも元気に遊べます。 サイズはジャストサイズか1サイズアップがおすすめです。

  • サイズ 90cm、100cm、110cm
  • フードなしタイプ

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

ペアマノン (pairmanon) ユニセックス バイカラー 中綿ジャケット

スタンドカラーが隙間風を防いで首元まで温かい、中綿ジャケット

フードなしでも首元が温かい、ボリュームハイネックの中綿ジャケット。 ファスナーを上まで上げれば、スタンドカラーが隙間風をしっかり防ぎます。 寒さが苦手な子供も安心です。 デザインはバイカラーでユニセックス。 おでかけなど様々なシチュエーションに使えるカラー展開です。 子供の好みの色も見つけやすいでしょう。

  • サイズ 90cm、100cm、110cm、120cm、130cm、140cm、150cm
  • 素材 ナイロン、ポリエステル
  • フードなしタイプ

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

デビロック (devirock) 洗える中綿ジャケット 151UBL011

真冬でも軽くて温かい、家庭で洗えるバイカラーの中綿ジャケット

軽い着心地でもしっかり温かいデビロックの中綿ジャケットです。 冬でも明るく見えるバイカラーがおしゃれ。 家庭で洗えるので、手入れも簡単。 表地は撥水加工が施されていて、多少の雨ならはじくので安心。 ファスナーはYKKのため、子供が自分で脱ぎ着しやすいです。 冬の保育園用アウターにぴったり。

  • サイズ 80cm、90cm、100cm、110cm、120cm、130cm、140cm、150cm、160cm
  • 素材 ポリエステル
  • フード取り外しタイプ

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

MT GRACE ダウンコート mt2010etyr8001

しっかり防寒仕様で真冬も外遊びを楽しめるダウンコート

雪の降る真冬にもぴったりなダウンコートです。 本格ダウンを90%使用。 適度な丈とスタンドカラー、袖口のリブがすきま風をしっかりと防ぎます。 ふわふわのラクーンファーは取り外しが可能。 フードも取り外しできて、保育園で遊ぶときにも安心です。 手頃な価格で登園用以外に外遊び用にもおすすめ。

  • サイズ 80cm、90cm、100cm、110cm、120cm、130cm、140cm、150cm、160cm
  • 素材 ポリエステル、ダウン
  • フード取り外しタイプ

楽天市場で見る

まとめ

保育園用アウターは選び方が難しいアイテム。 春・冬などの季節や日中の寒暖差のほか、子供の体格、園のルールや安全性も考慮する必要があります。 今回は保育園用アウター選びのポイントや何枚必要かなどについて解説しました。 フードなしやファスナータイプの上着など、おすすめの商品も季節ごとに多数紹介。 選び方や商品欄の口コミ等も要チェックです。 子供にぴったりの保育園用アウターを見つけてください。

関連記事