冷却不要なアイスクリームメーカーおすすめ8選 安い? 高い?口コミで比較

暑い時期に毎日でも食べたくなるアイスクリーム。 家族みんなで、友人同士で、様々なシーンで楽しめるアイスクリームメーカーは持っていると便利なアイテムのひとつです。 今回はアイスクリームメーカーの中から、事前の冷却不要なコンプレッサーやペルチェ式の魅力を紹介。 比較的安い価格のものや、ハイアールなどのメーカー品を含むおすすめ商品も取り上げます。 自家製アイスクリーム作りを手軽に楽しみましょう。

冷却不要なアイスクリームメーカーが便利!

冷却機能が内蔵されているコンプレッサー式、ペルチェ式(電子式)のアイスクリームメーカー。 材料を冷やしながら作るため冷却不要で、すぐに食べられるのが魅力です。 コンプレッサー式は比較的大型で大人数で楽しみたい時におすすめで、ペルチェ式は小型で運転時間がやや短いのが特徴。 使いやすいタイプを選びましょう。

冷却不要なアイスクリームメーカーの選び方

冷却不要な家庭用アイスクリームメーカーはどのように選べばいいのでしょうか。 ハイアールなどのメーカー、安い価格帯といった比較ポイントをチェックしましょう。

高い? 安い? 価格帯で比較

冷却不要タイプのアイスクリームメーカーは、事前冷却タイプに比べて価格が高い傾向があります。 高いものだと5万円以上、安いものだと1万円台で購入できるモデルも。 冷却不要タイプの中でも、小型のペルチェ式はコンプレッサー式よりやや価格が安いのが特徴。 安い価格でも様々なタイプがあるため、容量や機能など重視するポイントで比較してみてください。

口コミで使用感をチェック

アイスクリームメーカーを選ぶ時は事前に通販の口コミを確認するのがおすすめ。 操作や手入れのしやすさ、アイスの仕上がりなどの使用感を口コミで調べておくとイメージもしやすいでしょう。 とくに安い価格の商品に絞る時は、なぜ安いのか、安いのに機能が十分か、などの気になるポイントを口コミで比較すると安心です。

ハイアールなど欲しいメーカーで選ぶ

価格や口コミで比較しても選びきれない時は、ハイアールなどのメーカーに絞るのもおすすめです。 家電をハイアールなど特定のメーカーで揃えている人は、コストパフォーマンスや商品の使い勝手もわかって安心。 ハイアールは価格が比較的安いのも魅力で、メーカーの特徴をおさえておくと迷った時の決め手にもなります。

冷却不要なアイスクリームメーカー8選

冷却不要なアイスクリームメーカーの特徴や選び方がわかったところで、通販で買えるおすすめ商品をチェック。 安い価格帯やハイアールなどのメーカー品、口コミが多いものなど幅広く紹介します。

Moongiantgo アイスクリームメーカー 予冷不要 500mL 150-200

120分タイマー機能&電源ランプ付きの500mlサイズ

500ml容量の冷却不要なコンプレッサー式アイスクリームメーカー。 120分タイマー機能付きで、時間によって好みの固さを調節できます。 羽根や蓋を外して洗浄でき、衛生的に使えるのもメリット。 作業中に点灯する電源ランプ付きで、電源の切り忘れも防げます。 比較的コンパクトなサイズの省エネ仕様で、機能性も高いアイスクリームメーカーです。

  • 外形寸法 幅23.1cm 奥行16.3cm 高さ22cm
  • 重量 2.6kg
  • 容量 500ml
  • 定格消費電力 60W

amazonで見る

WEINER アイスクリームメーカー

防汚防錆タンク&タイマー付きアイスクリームメーカー

耐久性と静音性に優れた500ml容量の冷却不要なアイスクリームメーカー。 120分までのタイマー設定が可能で、凍る時間が長いほどハードなアイスクリームを作ることができます。 アルミ合金製のインナータンクで、防汚防錆仕様のため水洗いも安心。 パーツを細かく分解して洗えるのも便利なポイント。 比較的コンパクトで軽量な点も魅力のアイスクリームメーカーです。

  • 外形寸法 幅23.1cm 奥行16.3cm 高さ22cm
  • 重量 2.6kg
  • 容量 500ml
  • 定格消費電力 60W

amazonで見る

HCeng アイスクリームメーカー

90分タイマー&自動電源オフ機能を備えたアイスクリームメーカー

やさしいパステルカラーのかわいいフォルムが特徴の冷却不要なアイスクリームメーカー。 コンプレッサー式ながら重量2.2kg、高さ17cmとコンパクトなサイズも魅力です。 90分のタイマー機能付きで、好みの固さに調節できるのもメリット。 タンクには防汚、防錆仕様のアルミ合金を採用し、パーツを細かく取り外して洗浄可能。 自動電源オフ機能も付いているため、電源の切り忘れや誤作動を防げるのも強みです。

  • 外形寸法 幅24cm 奥行19cm 高さ17cm
  • 重量 2.2kg
  • 容量 500ml
  • 定格消費電力 60W

amazonで見る

ZYFC 家庭用アイスクリームメーカーマシン

安い価格も魅力。コンパクト&軽量設計の500mlサイズ

コンプレッサー内蔵の冷却不要なアイスクリームメーカーで、1人~2人分に適した500ml容量です。 幅23cmほど、高さ22cmの比較的コンパクトなサイズで収納スペースをとりすぎないのも魅力。 なめらかに仕上がる一方向の攪拌棒を搭載し、蓋も取り外して手入れできます。 120分タイマー付きで好みの固さで作れるのも嬉しいポイント。 比較的安い価格で購入できる省エネ仕様のアイスクリームメーカーです。

  • 外形寸法 幅23.1cm 奥行16.3cm 高さ22cm
  • 重量 2.6kg
  • 容量 500ml
  • 定格消費電力 60W

amazonで見る

CLING アイスクリームメーカー

高い静音性&運転時間の早さも魅力のアイスクリームメーカー

静音性の高いモーターを搭載した冷却不要なアイスクリームメーカーです。 隠しハンドル付きで洗う時も扱いやすく、自動ワンキー操作も可能。 ソフトとハードの2種類のモードで好みのアイスクリームの仕上がりを選べます。 約60分ほどでアイスやソルベなどを作ることができる運転時間の早さも魅力。 2枚の羽根で攪拌する600ml容量のアイスクリームメーカーです。

  • 外形寸法 幅26.5cm 奥行18.5cm 高さ23.8cm
  • 重量 3.6kg
  • 容量 600ml

amazonで見る

ハイアール (Haier) アイスクリームメーカー アイスデリ (Ice Deli) JL-ICM710A

レシピブック付き&付属品充実のペルチェ式アイスクリームメーカー

ヘラやスクープ、計量カップも付属しているハイアールのペルチェ式アイスクリームメーカー。 レシピブック付きで、はじめてアイスクリームメーカーを使う人にもおすすめです。 しっかりと冷やす「かため」と、シャーベットのような口溶けの「やわらか」の2種類から仕上がりを選択可能。 イラストが描かれたかわいいデザインのボタンも特徴です。 メーカー品にこだわりたい人、ハイアールで家電を揃えている人にぴったりです。

  • 外形寸法 幅26.5cm 奥行18.5cm 高さ23.8cm
  • 重量 2.5kg
  • 容量 700ml
  • 定格消費電力 90W

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

全自動アイスクリームメーカー

付属品も充実。2種類の仕上がりを選べるアイスクリームメーカー

ハードとソフトモードの2つの仕上がりを選べる冷却不要なアイスクリームメーカー。 コンプレッサー式のシンプルなボタン操作で、アイスクリームができると自動で6時間の冷温保存をはじめる仕組みです。 計量スプーンや計量カップ、ボールスクープ、シリコンヘラなどの道具、レシピブックが付属しているのも嬉しいポイント。 ころんとした丸いフォルムがかわいい1000ml容量のアイスクリームメーカーです。

  • 外形寸法 幅30cm 奥行21.5cm 高さ21.8cm
  • 重量 3.44kg
  • 容量 1000ml
  • 定格消費電力 110W

amazonで見る

Lopie ステンレススチール アイスクリームメーカー

拡張冷却機能あり。大人数で楽しめる大容量アイスクリームメーカー

1000ml超えの大容量のコンプレッサー式アイスクリームメーカーです。 混合物が溶けるのを防ぐ拡張冷却と、モーターが混ざるのを止める機能が備わっているのも便利。 タイマーと温度表示を搭載し、スクープやレシピブックが付いているのも嬉しいポイントです。 アイスやシャーベット、ジェラートなどを60分以内で作れる運転時間の早さも強み。 大人数でアイスを楽しみたい人におすすめの一台です。

  • 外形寸法 幅40.4cm 奥行27.9cm 高さ24.6cm
  • 容量 1514ml

amazonで見る

アイスクリームメーカーの手入れ方法

ここからは、アイスクリームメーカーの手入れ方法について紹介します。 まず、手入れ前に電源プラグが抜けているかを必ず確認しましょう。 そして、タンクや蓋などは柔らかいスポンジを使って水洗いして乾かします。 汚れがひどい時は台所用中性洗剤とぬるま湯で洗う方法も。

商品によって耐熱温度が低いものもあるためお湯の温度は要チェック。 またタワシや歯みがき粉などは傷や変色の原因になるため避けましょう。 タンクなどのパーツが分解できるもの、一部食洗機に対応しているなど洗いやすい仕様だと便利です。

まとめ

家庭用アイスクリームメーカーがあると好きなフレーバーを気軽に楽しめます。 冷却不要なコンプレッサーやペルチェ式は冷蔵庫のスペースを気にする必要がなく、すぐに食べられるのが魅力。 商品を選ぶ時は価格や口コミ、ハイアールなどのメーカーもチェックしてみてください。 冷却不要なアイスクリームメーカーを使って、ホームメイドのアイスクリームを手軽に楽しみましょう。

関連記事