きれいな音色の楽器オカリナ8選 初心者におすすめのアルトC管その理由と有名メーカーのオカリナ紹介

オカリナの写真
出典:HeungSoon / Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

心をほっこりと癒してくれる優しい音色と、手のひらに納まるサイズ感がかわいいオカリナ。
飾っておくだけでもおしゃれに見える上に、いつでも気軽に演奏しやすいため楽器初心者にもおすすめです。

しかし、各メーカーでさまざまな種類のオカリナを販売しているためオカリナ選びに迷ってしまう人もいるでしょう。
この記事では、おすすめのオカリナや吹き方のポイント、種類などについて紹介します。
初心者でも気負わず始められる安価なオカリナから本格的なものまで揃えたのでぜひ参考にしてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

優しい音色が魅力の楽器、オカリナとは

オカリナは、温かくて優しい音色を奏でられるのが魅力の管楽器です。
シンプルな旋律を演奏するだけでも趣きや奥深さを感じられるため、楽器初心者でも楽しく練習に取り組めます。

ハトのような独特のシルエットが愛らしく、サイズが小さめのため手軽に持ち歩けるのも魅力的。
また、種類やメーカーによって色やデザインも異なるため自分好みの見た目のものが見つかります。
楽器として楽しむのはもちろん、インテリアとして部屋に飾っておくのもおすすめです。

オカリナの音域の種類

オカリナの種類はトランペットやクラリネットなどと同じように音域によって分けられます。
そのため演奏したい曲や好み、吹き方に合わせて適したタイプを選ぶのがポイント。
オカリナの場合ソプラノ管・アルト管・バス管などに分類され、ソプラノ管は高音域、アルト管は中音域、バス管は低音域の音が出せます。
また、各音域ごとにさらに以下の種類に分かれます。

F管

G管

C管

1種類のオカリナで出せる音域は限られているため、演奏したい曲によって音域の合うオカリナを選ぶ、複数のオカリナを使い分けるなどの工夫が必要です。

初心者におすすめのオカリナとは

オカリナ初心者におすすめの種類は、音程のバランスがよく音階を把握しやすい「アルトのC管」です。
高すぎず低すぎない音色でさまざまな曲を演奏しやすく、音の並びもシンプルなハ長調のため楽器初心者でも安心。
吹き方にも高度なテクニックを必要としないため、初めてのオカリナにはアルトのC管を選ぶのがおすすめです。
練習がうまくいかないときにも投げ出さないように、見た目がおしゃれで飽きずに触っていられるものにするとよいでしょう。

オカリナの選び方

自分に合ったオカリナを選ぶには、音域のほかにも素材や音の大きさ、メーカーなどさまざまな要素をチェックするのがポイントです。

プラスチックか陶器か

プラスチック製のオカリナは軽くて割れにくいため扱いやすく、どんなシーンでも気軽に持ち歩ける点がメリット。
水分が溜まりやすい点がデメリットですが、手入れをするうちに基本的な扱いには慣れてくるため心配無用です。
陶器製のオカリナは音程精度がしっかりとしていて、きれいな音色を奏でられる点がメリット。
強い衝撃を受けると割れてしまうこともありますが、クッション入りのケースで保管するなどの工夫をすれば安心です。

出したい音の大きさで選ぶ

オカリナはそのオカリナに合った強さの息を吹き込むことで、音程が安定するのが大きな特徴です。
p(ピアノ)やf(フォルテ)などの強弱はつけられないため、音の大きさをコントロールしたい場合は適した種類のオカリナを選ぶ必要があります。
演奏したい曲やシチュエーション、好みに合わせてチェックしておきましょう。

出したい音色はメーカーで異なる

音の大きさと同様に、吹き方やオカリナの種類によって奏でられる音色も変わってきます。
オカリナそれぞれが持つ個性とも言える部分で、温かみのある音やクリアな音など、楽しめる音色もさまざま。
そのため、気分や曲調に合わせて違う音色のオカリナを使い分けるのもおすすめです。
オカリナを製造しているメーカーや種類で音色が異なるため、通販で購入する場合は口コミなどを参考にするとよいでしょう。

初心者におすすめのアルトC管のオカリナ8選

さまざまなメーカーから販売されている、楽器初心者にもおすすめのアルトC管のオカリナを紹介します。

ナイトオカリナ (NIGHT OCARINA) プラオカリナAC

練習用としておすすめ。プラスチック製のオカリナ

オカリナの専門メーカーとして実直にオカリナ作りを続けるナイトオカリナから、リーズナブルで扱いやすい、プラスチック製のオカリナです。
プラオカリナでありながら陶器製オカリナを忠実に再現した設計が特徴。
音が比較的小さいため室内での練習にもぴったり。
オレンジやグリーン、ブルーなどカラーバリエーションも豊富に揃っていて、子供へのプレゼントや入門用にもおすすめです。

  • 素材 プラスチック

楽天市場で見る
amazonで見る973円
Yahoo!ショッピングで見る

ナイトオカリナ (NIGHT OCARINA) ナイトバイノーブル (night by noble) プラオカリナAC

スタイリッシュなデザインがおしゃれな、プラスチック製のオカリナ

扱いやすいプラスチック製ながらも高度な音程精度を保持したオカリナです。
ほかのメーカーのオカリナや伴奏楽器に合わせて吹いても違和感のないピッチに調整されているため本格的に演奏したい人にもぴったり。
さまざまなシーンで活躍します。
クリアな音色が出しやすく、息の吹き方が安定しない初心者でも比較的簡単に演奏できます。

  • 素材 プラスチック、ラバー仕上

楽天市場で見る
amazonで見る3,600円
Yahoo!ショッピングで見る

ナイトオカリナ (NIGHT OCARINA) スタンダルドAC (Standard AC)

初心者でも扱いやすい、厚みのある音が楽しめるオカリナ

陶器ならではの温かみを感じられるデザインに癒される、かわいいオカリナです。
初心者でも無理なく指でふさげる穴の配置で、低音部の運指もスムーズ。
高音部はたくさん息を吹き込む必要がありますが、厚みがある構造で奥深い音色を楽しめる点が魅力です。
落下防止のストラップを付けられるフックも付いているため、安心して練習できます。

  • 素材 陶器

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ポポロオカリナ (POPOLO) スタンダード アルトC

吹きやすさを重視したスタンダードタイプのオカリナ

エントリーモデルとしての扱いやすさはそのままに、高級オカリナのようなしっかりとした吹奏感を味わえるポポロオカリナスタンダード。
初心者にもおすすめで吹きやすさを重要視して設計されているため、少なめの息でもきれいに音が立ち上がります。
吸水性に優れた粒子の細かい土が採用されていて、長時間の演奏でも音質が変わりにくいのも特徴です。

  • 素材 陶器

楽天市場で見る
amazonで見る6,600円
Yahoo!ショッピングで見る

オオサワオカリナ (Osawa Ocarina) AC Single i

黒と赤のグラデーションがおしゃれな初心者用オカリナ

オオサワオカリナのiシリーズは落ち着きのある赤い色がおしゃれ。
優しい息で楽に吹けるよう、吹き込んだ息が無駄なく音へと変化する設計に仕上げられています。
軽い吹き方でも音がスムーズに繋がり、全音域がきれいに出るため初心者でも本格的な演奏にチャレンジしてみたいという人におすすめ。
アンサンブルをする場合は、ほかのiシリーズのソプラノやバスを合わせると、音色と音量の粒も揃いやすくより精度の高い演奏が楽しめます。

  • 素材 磁器

楽天市場で見る
amazonで見る31,380円
Yahoo!ショッピングで見る

フォーカリンクオカリナ (Focalink Ocarina) オカリナアルトC管 漆仕上げ

経年変化も楽しめる、ビブラートなど本格的な奏法も可能なオカリナ

透き通った音色のオカリナで、情熱的な表現ができることからソロ演奏にも適しています。
高音にかけて息の量を増やすことによって音程が合う設計のため、表現豊かに演奏することが可能。
ビブラートなどブレスコントロールによる奏法も演奏しやすいのが特徴です。
漆塗りで仕上げられていて、使い込むごとに質感が変わっていくのも魅力。

  • 素材 陶器、本漆

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

アケタ RT-5C コルネッタ

安定した演奏が持ち味の、音にこだわりのあるオカリナ

RT-5C コルネッタはオカリナのイメージにぴったりな、明るい音色を楽しめるのが大きな魅力。
音程のコントロールもしやすく、低音から高音まで安定して演奏することができます。
明るく豪快な音を奏でられるため、ソロ演奏にチャレンジしてみたいときにもぴったり。
音質面や吹きやすさを重視して調律師が選定した逸品。
音色にこだわって選びたい場合にもおすすめです。

  • 素材 陶器

楽天市場で見る
amazonで見る14,444円
Yahoo!ショッピングで見る

アウロス (AULOS) アルトC調 AOC-4

専用ケースで持ち運びも簡単な美しいデザインのオカリナ

信楽のきめ細かい陶土を使用し、こだわりの製法で作られたオカリナ。
ツヤが美しい表面は釉薬をかけて本焼きされているため、シックで重厚感ある見た目に仕上がっています。
密度が高く重い材質で作られていて、柔らかさを持ちながらも透き通るような音色を奏でることができます。
お気に入りのオカリナを長く使い続けたい人はもちろん、見た目もよいのでプレゼントにもおすすめです。

  • 素材 陶器

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は楽器初心者でもきれいな音色で演奏しやすい、アルトC管のオカリナを紹介しました。
初心者向けのオカリナはさまざまなメーカーから販売されていますが、音域や吹き方などによってそれぞれ音色が異なるのが魅力。
アルト管が上達してきたらバス管やソプラノ管に挑戦してみるのもおすすめです。
演奏したい曲や好みに合ったオカリナを選んで、演奏を楽しみましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる