イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

家でも簡単に遊べる!おすすめのダーツボード7選 設置も簡単なスタンドも紹介

本格的なダーツを自宅でも気軽に楽しめるのダーツボード。 伝統的なハードダーツボードで集中して練習したり、ソフトダーツボードのゲームやオンライン対戦で家族や友人と遊んだりと、さまざまな楽しみ方ができます。 しかし、ダーツボードといっても種類が多く、何を買えばいいか迷う人も多いでしょう。 そこで今回は、ダーツボードの種類や機能、公式サイズや設置距離などを解説します。 人気のダーツボードや、好きな場所にセットできるダーツボードスタンドのおすすめ商品も紹介するので、ぜひダーツボード選びの参考にしてください。

自宅で簡単に遊べるダーツボードの魅力

世界大会も開かれる競技であるダーツは、ゲームセンターやダーツバーなどで広く親しまれています。 最近では、公式仕様の本格的なハードダーツボードから、ゲーム機能付きや静音性にも配慮されたソフトダーツボードまで幅広く販売されていて、自宅でも手軽に遊べると人気です。 ダーツボードを購入すれば、自宅でいつでもダーツが楽しめます。

ダーツボードの種類

ハードダーツボードとソフトダーツボードなど、ダーツボードには種類があります。 ここからはダーツボードの素材や機能の違いを解説します。

ソフトダーツボード

安全性にも優れるソフトダーツボードは、チップと言われるダーツの先端部分とボードがともに軽量なプラスチック製で、日本で広く親しまれているタイプです。 ダーツが刺さりやすいように穴が開いているので、初心者の人はソフトダーツボードから始めると良いでしょう。 また、ゲームやオンライン対戦で遊べるタイプもあり、大人数でわいわいと楽しめるのも魅力です。

ハードダーツボード

麻を圧縮して作られたボードと金属製チップで作られたハードダーツは、主にメジャーな大会で使用されています。 ソフトボードに比べて重さがあり、しっかりと壁に固定する必要がありますが、アナログな雰囲気を味わえる本格的なダーツボードです。 ダーツが麻の繊維に沿ってスッと刺さるので、音が静かで、刺さり方のチェックもでき、自宅での練習用に向いています。

機能が豊富なソフトダーツボードの選び方

ソフトダーツボードは軽量さに加え、機能の豊富さも魅力です。 ここからは、ソフトダーツボードを選ぶ際のポイントを解説します。

集合住宅でも安心 静音機能

ソフトダーツボードは、軽量で家庭でも取り入れやすいタイプですが、マンションやアパートで使用する場合は音が気になるもの。 ボードに静かに刺さるハードボードと比べて、ソフトダーツボードはボードににぶつかる構造なので、静音機能が備わっているものが安心です。 静音機能付きかどうか、購入する前にしっかりチェックしましょう。

プレーに集中 スコア自動計算機能

ダーツはスコアをつけながらプレイしますが、スコアをつけることに慣れていない人は、プレイ中に計算や記入作業を行うと集中力が途切れてしまうことも。 そんな人には自動で計算してくれるスコア計算機能がついているタイプのダーツボードがおすすめです。 機械に任せることで投げることに集中できるため、一人で集中して練習したいときにも良いでしょう。

成長を記録 スコア記録機能

ソフトダーツボードに搭載されているスコア記録機能は、手作業で記録する手間が省ける上に、プレイの結果が確認しやすいのが魅力です。 記録されたスコアをしっかりと確認することで、ダーツの上達に繋がります。 ダーツを真剣に練習してスキルアップしたい人や、家族や友人と遊ぶ際もスコアを記録して結果を楽しみたい人におすすめの機能です。

自宅で世界と対戦 オンライン対戦機能

世界中のさまざまなプレイヤーとダーツ対戦を楽しめる、オンライン対戦機能が付いているダーツボードもあります。 ダーツバーのマシンなどで人気の機能ですが、家庭用ソフトダーツボードでも、専用アプリを使うことでオンライン対戦をすることができます。 自宅でも複数の相手と対戦して遊びたい人や、経験を積んで上達したいという人におすすめです。

みんなでわいわいゲーム機能

自宅で複数の人とダーツをプレイするときには、わいわい遊べるゲーム機能がおすすめです。 アプリを使用すれば、ダーツバーやゲームセンターにあるようなゲームを楽しめる商品もあり、プレイの幅がさらに広がります。 家族や友人と楽しむ目的でダーツ購入を考えている人は、ゲームの種類や数にも注目して選ぶと良いでしょう。

ダーツボードの公式サイズと距離

スポーツとしても人気のあるダーツ。 ダーツボードの公式サイズやスローイングラインまでの正しい距離などを解説します。

ダーツボードの公式サイズ

ダーツの大会では公平に試合を行うため、ダーツボードも規格に沿ったサイズのみが使用されます。 ダーツボードはインチで示され、公式規格のサイズは、ソフトボードが15.5インチ、ハードボードが13.2インチです。 練習用にダーツボードを探している人は、自宅用に公式規格サイズのボードを揃えておけば、試合や大会の際にも冷静にプレイできるでしょう。

ダーツボードの距離

自宅でプレイする際も、正しい距離でダーツボードを設置して、本格的にダーツを楽しみましょう。 床面からダーツボード中心までの高さは、ソフトとハード共通で通常173cm、車いすでは133cmになるように設置します。 向きは20点の部分が真上になるようにセットしてください。 スローイングライン外側からボード表面を垂直に床に下ろし、その地点までの距離をソフトなら244cm、ハードなら237cmになるように設置するのが正しい距離です。

公式サイズ15.5インチのおすすめのソフトダーツボード4選

ゲームやオンライン対戦を楽しめて自宅に設置しやすい、公式サイズのソフトダーツボードのおすすめ品を紹介します。

ダーツライブ (DARTSLIVE) ダーツライブゼロボード (DARTSLIVE-ZERO BOARD)

静音性にこだわったこちらのダーツボードは、刺さったときの音が67dBと、トイレの流水音よりも静かなのが特徴です。 背面版の上に衝撃吸収材シートと独自開発のセグメントが重なり、振動や音を抑えてくれます。 ボード外側にはブルーの保護クッションが付いているため、ダーツが外れた時も安心です。 ソフトダーツ公式サイズの15.5インチなので、自宅で本格的なダーツの練習が楽しめます。

  • 外形寸法 幅53.5cm 奥行3.7cm 高さ53.5cm
  • プレイエリア 直径15.5インチ (ソフト公式サイズ)
  • 搭載機能 静音機能

楽天市場 amazon.co.jp Yahoo!ショッピング

ダーツライブ (DARTSLIVE) ダーツライブ 200S (DARTSLIVE-200S)

スマホやタブレットと連動できるようにバージョンアップした、家庭用のダーツボードです。 設置やBluetooth接続も簡単で、ゲームを使用して遊んだり練習したりと、さまざまな遊び方ができます。 ダーツバーで使用されるダーツライブ2と同じグラフィックやサウンド演出で、家にいながら臨場感のあるダーツを楽しめるでしょう。

  • 外形寸法 幅57.06cm 奥行4.15cm 高さ53cm
  • プレイエリア 直径15.5インチ (ソフト公式サイズ)
  • 搭載機能 静音機能、スコア自動計算機能、スコア記録機能、オンライン対戦、ゲーム機能

楽天市場 amazon.co.jp Yahoo!ショッピング

グランダーツ (GRAN DARTS) グランボードダッシュ (GRAN BOARD dash)

ベーシックな機能のみを搭載したコスパの良いソフトダーツボードです。 スマホやタブレットに接続して無料アプリをダウンロードすれば、ゼロワンやCRICKETなどのゲームに加え、オンライン対戦も楽しめます。 プレイデータはクラウド上に保存され、ランキングで自分の順位も確認可能です。 省電力設計で3ヶ月から半年間稼働し、コンセント不要のため、場所を気にせず設置できます。

  • 外形寸法 幅50cm 奥行3cm 高さ55cm
  • プレイエリア 直径15.5インチ (ソフト公式サイズ)
  • 搭載機能 静音機能、スコア自動計算機能、スコア記録機能、オンライン対戦、ゲーム機能

楽天市場 amazon.co.jp Yahoo!ショッピング

グランダーツ (GRAN DARTS) グランボード3s グリーンタイプ (GRAN BOARD 3s Green Type)

LED機能が搭載され、虹色に光るグランボード3はインテリア性が高いおしゃれなダーツボードです。 スマホやタブレットと接続することで、ダーツゲームやオンライン対戦可能。 アプリとの連動により、ヒットやアワードアクションなどでLEDが輝き、プレイする場が盛り上がること間違いなし。 別売りのグランマットも追加すればLEDアクションをより楽しむことができます。

  • プレイエリア 直径15.5インチ (ソフト公式サイズ)
  • 搭載機能 静音機能、スコア自動計算機能、スコア記録機能、オンライン対戦、ゲーム機能

楽天市場 amazon.co.jp Yahoo!ショッピング

公式サイズ13.2インチのおすすめのハードダーツボード3選

ここからは、13.2インチの公式サイズのダーツボードを紹介します。 刺し心地が良く、伝統的な雰囲気も楽しめる、ハードダーツボードを探している人はぜひ参考にしてください。

ウィンモー (Winmau) ブレード5 ダーツボード ハードデュアルコア

イギリスのダーツ団体BDO公認の、スティールダーツ用のオフィシャルダーツボードです。 表面の高級麻は高密度圧縮で視認性を上げ、同社のブレード5に高圧縮1層を加えたことで、高い耐久性を実現しています。 ロタロック・トリプルホイールロックと水平システムを標準採用し、しっかり固定しつつ簡単に回転できるのがポイントです。

  • 外形寸法 幅45cm 奥行3.8cm 高さ45cm
  • プレイエリア 直径13.2インチ (ハード公式サイズ)

楽天市場 amazon.co.jp Yahoo!ショッピング

ターゲット (TARGET) プロツアー ボード ブレイド ダーツボード

こちらは目の細かい高級サイザル麻を使用したハードダーツボードで、刺し心地が良いのが特徴です。 薄く丈夫なインワイヤーを使用することでターゲット面積を広げるとともに、バウンスの割合を軽減しています。 ナンバーリングは反射しにくいので、ライトアップされても気にならず、プレイに集中しやすい工夫がされているのもポイントです。

  • プレイエリア 直径13.2インチ (ハード公式サイズ)

楽天市場 amazon.co.jp Yahoo!ショッピング

ハローズ (Harrows) ブリッスルダーツボード ハードオフィシャルコンペティション

英国の老舗ブランド、ハローズの公式競技用オフィシャルダーツボードです。 ダーツがよく刺さるので、ソフトダーツの刺さる音が気になってしまう人にもおすすめ。 バウンスを軽減する為にステープルフリーのブルズアイを搭載しています。 麻の質感やクラシカルな色合いも魅力的で、伝統を感じられるダーツボードです。

  • 外形寸法 幅46cm 奥行3.5cm 高さ46cm
  • プレイエリア 直径13.2インチ (ハード公式サイズ)

楽天市場 amazon.co.jp Yahoo!ショッピング

ダーツスタンドがあるとスマートに設置が可能

ダーツボードを設置する際、壁に直接設置するのに抵抗がある人も少なくないのでは。 ダーツスタンドがあれば、置くだけでダーツを設置できるので、賃貸などで壁を傷つけたくない人におすすめです。 高さが173cmのダーツスタンドなら、初心者でも簡単にダーツを設置できます。 安定感のある据え置きタイプや省スペースでも設置可能な突っ張り棒タイプ、コンパクトに収納できる三脚タイプなど、さまざまな種類のダーツスタンドがあります。

おすすめのダーツスタンド2選

場所を選ばずセットでき、快適なプレイ環境をすぐに整えられる、おすすめのダーツスタンドを紹介します。

ブリッツァー (BLITZER) ダーツスタンド BSD21-BK

安定感抜群のスチールラック方式のダーツスタンドは、設置場所を選ばない自立式です。 壁に振動が伝わらないので、集合住宅などで振動や音が気になる人におすすめ。 スタンドには専用ホルダーが付属していて、ダーツ12本をセットでき、スムーズにダーツを始められます。 トップシートが付いているため、ダーツの落下から床を守ってくれるのも嬉しいポイントです。

  • 外形寸法 幅61cm 奥行36cm 高さ202cm
  • 材質 スチール

Yahoo!ショッピング

トリニダード (TRiNiDAD) マルチダーツスタンド

重量約2kgと世界最軽量のマルチダーツスタンドは、設置方法もシンプルで簡単です。 従来のダーツスタンドは組み立てに1時間ほどかかるものが多い中、こちらのダーツスタンドは約5分でボードのセットまで行えます。 軽量ながら、安定性があり、ボードの揺れを軽減する伸縮ポールをつけることで、より快適にプレイできるでしょう。 距離が簡単に測れるメジャーや、持ち運びや収納に便利なバッグ付きなのもポイントです。

  • 外形寸法 高さ188cm

楽天市場 amazon.co.jp Yahoo!ショッピング

まとめ

一見同じように見えるダーツボードですが、機能や素材の違いなど、その特徴はさまざま。 静かにシンプルに楽しみたい人や、大会へ向けての練習をしたい人にはハードダーツボードがおすすめです。 ゲームやオンライン対戦、光る演出などが楽しめるソフトダーツボードは、ダーツバーのような臨場感を味わえます。 ボードサイズや設置する距離など基本的なルールを押さえつつ、自分に合ったダーツボードを見つけてください。