b型ベビーカーおすすめ9選 安いベビーカーやおしゃれでコンパクトなものも

KEYWORD

#b型

ベビーカーに乗っている赤ちゃんの写真
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

赤ちゃんとの外出にあると便利なベビーカー。
中でも気軽に使えるb型のベビーカーは、子供をベビーカーに乗せて出かけることの多いパパ・ママにおすすめです。
この記事では、そんなb型ベビーカーの選び方のポイントやおすすめの商品を紹介。
a型とb型の違いや、そもそもいつから使えるのかなど、基本的な部分も分かりやすく解説します。
いつからb型ベビーカーを使おうか迷っている人も、是非参考にしてください。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

b型ベビーカーはいつから?必要性は?

そもそもb型ベビーカーがいつから使えるのか、よくわからない人も多いでしょう。
「いつから使えるか」はa型とb型の大きな違いの一つ。
生後1か月から使えるa型ベビーカーとは異なり、b型は腰がすわる生後7か月頃から使えるようになります。
また、使い勝手の面でもa型とb型には違いがあるため、赤ちゃんの成長とともにb型の必要性も高まるでしょう。

a型とb型の違い

同じベビーカーでも、a型とb型には違いがあります。
まずは、それぞれの特徴やメリット、デメリットを紹介。
いつからいつまで使えるかについても解説します。

a型ベビーカー

a型ベビーカーは首や腰がすわっていない赤ちゃんでも使えるベビーカーで、生後1か月~最長48か月頃まで使えます。
赤ちゃんの体に負担がかからないようしっかりと作られており、リクライニングなどの機能が搭載されているのも特徴。
一方、作りが頑丈な分重く、b型に比べて価格が高いというデメリットもあります。

b型ベビーカー

b型は軽量で持ち運びしやすく、小回り自在でストレスなく使えます。
サイズもコンパクトで収納も省スペース。
また、b型はa型に比べて価格が安いのも魅力です。
使用できるのは生後7か月頃~48か月頃まで。
ただ、いつから使えるかは個人差があるため、しっかりと腰がすわるようになってから使うようにしましょう。

b型ベビーカーの選び方

a型とb型の違いがわかったところで、ここからはb型ベビーカーの選び方について解説。
安全かつ快適に使えるb型ベビーカーを選ぶために、見るべきポイントをチェックしていきましょう。

展開時やコンパクトに折り畳めるサイズを確認

コンパクトなサイズが特徴のb型ベビーカーですが、展開時・収納時のサイズは商品によってさまざま。
本体の大きさだけでなくシートの高さにも注目して、子供が快適に使えるものを選びましょう。
コンパクトに折りたためるものを選べば、限られたスペースにもすっきり収納可能。
物置や車に収納する場合も場所を取りません。

軽量だと持ち運びやすい

a型とb型の違いでもっとも注目すべきなのが軽量性。
より軽量なタイプのb型ベビーカーを選べば、持ち運びしやすく外出先での移動もスムーズです。
特に電車やバスなどの交通機関を利用する場合は、軽量性重視で選ぶのがおすすめ。
5kg以内のb型ベビーカーなら、パパやママの負担も軽減できます。

使用可能体重や年齢をチェック

b型ベビーカーは多くのものが生後7か月頃~3歳、4歳頃まで使用できますが、「いつからいつまで使える」というのはあくまで目安。
b型ベビーカーの使用可能体重は商品によってさまざまなので、対象年齢だけでなく何kgまで使えるかもチェックしておきましょう。

タイヤの数や種類も確認

タイヤの数や種類によって、走行性や安定性も左右されます。
「シングルタイヤ」は小回りがききやすく、スムーズに走行できるのが魅力。
一方の「ダブルタイヤ」は安定性に優れ、道路の隙間や線路の溝にも挟まりにくいのが特徴です。
走行性重視ならシングルタイヤ、安定性を重視するならダブルタイヤを選ぶとよいでしょう。

座席下のカゴ容量は十分か

座席下のカゴ容量も要チェック。
子連れの外出は何かと荷物も多いため、座席下に荷物を収納できるカゴが付いているものが便利です。
できるだけ大容量のカゴ付きのものを選ぶことで、買い物などで荷物が増えてしまった場合も安心です。

リクライニングができるかどうか

リクライニング機能が搭載されているa型とは異なり、b型はリクライニングできるものと、できないものがあります。
リクライニング機能付きのb型ベビーカーを選べば、子供が寝てしまった場合も体に負担がかからず安心。
子供にとって快適な角度に調整できることは、乗り心地を左右する重要なポイントでもあります。

安全性を確認

大切な我が子を乗せるからには、安全性の確認も欠かせません。
日本では法律に基づき定められた安全基準(SG基準)をクリアしたベビーカーに、「SGマーク」が付けられています。
このマークが付いたベビーカーは安全な製品である証拠。
より安心できるものを選びたいなら、SGマークの有無もチェックしましょう。

座席の高さやその他の機能面で選ぶ

座席の高さも注目すべきポイント。
座席が高めのものなら乗せ降ろししやすく、照り返しやホコリなどからも赤ちゃんを守れます。
また、シートが洗濯できるものなら、万が一汚れてしまった場合も安心。
意外と汚れやすいベビーカーのシートも、洗濯可能なものを選ぶことでいつも清潔な状態を保てます。

Jeepやサイベックスのおしゃれなモデルも

Jeepやサイベックスなど、おしゃれなモデルのベビーカーもおすすめ。
機能性だけでなくデザインにもこだわりたい人は、おしゃれ度の高いブランドから探すのもおすすめです。
目を引くおしゃれなデザインのベビーカーなら、赤ちゃんとのお出かけがもっと楽しい時間になるでしょう。

使用頻度が少ないなら安いバギーもおすすめ

使用頻度が少ない場合や長時間使用しない場合は、価格の安いバギーもおすすめ。
b型ベビーカーの中でも特に軽量でコンパクトなバギーは、気軽に使えるセカンドベビーカーとしても注目を集めています。
ただ、一般的なb型に比べて作りが簡易的なため、安全性を重視したい人には不向きです。

1万円以下の安いb型ベビーカーのおすすめ

ここからはb型ベビーカーのおすすめ商品を紹介。
安い価格でも機能性に優れた西松屋やアイリスオーヤマなど、さまざまなメーカーのb型ベビーカーをセレクトしました。

西松屋 スマートエンジェル (SmartAngel) バギーFANロングプラス

2段階に広がる大型幌で紫外線をカットするロングユースバギー

西松屋のプライベートブランドSmartAngelの「バギーFANロングプラス」。
15kgの子供まで使えるロングユースタイプのバギーです。
背もたれには取り外し可能で通気性の良いメッシュシートを採用し、汗などでムレやすい夏場も快適。
大きく広がる大型幌で、あらゆる方向からの紫外線もしっかりカットします。
重量4.2kgと軽量ながら、最大積載荷重5kgの収納カゴ付きなのも嬉しいポイントです。

  • 外形寸法
    • 展開時 幅48cm 奥行85cm 高さ103cm
    • 収納時 幅24cm 奥行26cm 高さ116cm
  • 重量 4.2kg
  • 使用対象 6ヶ月~36ヶ月(15kg)

楽天市場で見る

西松屋 スマートエンジェル (SmartAngel) バギーFANネオD

大きめタイヤなど機能はしっかり搭載しつつ、低価格なのが嬉しい

ライトに使える西松屋「バギーFANネオD」。
シンプルな構造だからこその軽量性とコンパクトなサイズが特徴です。
大きな日よけや安定感のあるダブルタイヤなど、低価格ながらも快適に使うための機能はしっかり搭載。
コスパの良さはもちろん、使いやすさからも注目を集めています。
ちょっとした外出や、補助的な役割で使いたい人におすすめです。

  • 外形寸法
    • 展開時 幅41cm 奥行72cm 高さ93cm
    • 収納時 幅22cm 奥行29cm 高さ106cm
  • 重量 3.9kg
  • 使用対象 7ヶ月~24ヶ月(12kg)

楽天市場で見る

エンドー (Endo) COOL KIDS CKバギー ブラックシリーズ

軽量で移動や持ち運びに便利なb型ベビーカー

エンドーの「CKバギー」は軽量設計に特化したb型ベビーカー。
重量は2.85gと子供が押して歩けるほどの軽量さで、街中や買い物中での移動がしやすいのが魅力です。
持ち運び用のショルダーストラップも付いているのでコンパクトに折りたたんだ後は持ち運びやすく、車に乗せる際も便利。
さらに、ワンタッチで折りたたみできるほか、360°回転するキャスターなど軽量以外での機能性にも優れています。
カラー展開は7色です。

  • 外形寸法
    • 展開時 幅44cm 奥行63cm 高さ92cm
    • 収納時 幅24cm 奥行22cm 高さ104cm
  • 重量 2.85kg
  • 使用対象 7ヶ月~24ヶ月(15kg)
楽天市場で見る amazonで見る9,746円 Yahoo!ショッピングで見る

アイリスオーヤマ (IRISOHYAMA) アルミバギー

安い価格ながら機能性の高さが魅力のb型ベビーカー

安い価格帯から選びたい人におすすめなアイリスオーヤマの「アルミバギー」。
3.8kgと軽量設計なので、交通機関や階段など、どんな場所でもスマートに持ち運びできます。
ハンドルの位置が高く設計されていて、持ちやすいハンドル角度で方向転換が簡単に出来るのがポイント。
通気性に優れたメッシュ素材なので、夏場でも快適に使えます。
カラー展開は7色と豊富で好みのデザインが選べるのも魅力です。

  • 外形寸法
    • 展開時 幅44cm 奥行66cm 高さ97cm
    • 収納時 幅22.5cm 奥行26cm 高さ110cm
  • 重量 3.8kg
  • 使用対象 7ヶ月~36ヶ月(15kg)
amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る 販売サイトで見る

2万円台のおしゃれなb型ベビーカーのおすすめ

次に、2万円台のおしゃれなベビーカーを紹介。
おしゃれなデザインのサイベックスやJeepなどのメーカーからピックアップしたおすすめ商品を紹介します。

サイベックス (cybex) リベル (LIBELLE)

わずか2アクションで自転車のカゴに収まるほどコンパクトに

ベビーカーブランドサイベックス「リベル」。
充実の機能と走行性を備えたコンパクトベビーカーです。
わずか2アクションで折りたたみでき、収納時のサイズは自転車のカゴに収まるほどのウルトラコンパクト。
それでいてシートや日よけはゆったりと設計されているため、22kgまで長く使えます。
調整可能なリクライニングとレッグレストで乗り心地も快適。
おしゃれなデザインと4色のカラー展開もおすすめポイントです。

  • 外形寸法
    • 展開時 幅52cm 奥行71cm 高さ102cm
    • 収納時 幅32cm 奥行20cm 高さ48cm
  • 重量 5.9kg
  • 使用対象 6ヶ月~48ヶ月(22kg)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ジープ (Jeep J is for Jeep) アドベンチャー プラス

路面の振動を吸収するホイールで安定した走行が実現

おしゃれなデザインが魅力のJeepアドベンチャープラス。
オールシーズン快適に使える機能性抜群のb型ベビーカーです。
背もたれ部分はロールアップすることでメッシュになる2層構造。
汗をかきやすい季節もムレをしっかり防いでくれます。
また強い日差しから守る サンバイザー付き。
持ち運びに便利なショルダーストラップ付きでママやパパに嬉しい装備も充実しています。

  • 外形寸法
    • 展開時 幅47cm 奥行85cm 高さ104cm
    • 収納時 幅25cm 奥行31cm 高さ111cm
  • 重量 5.7kg
  • 使用対象 15kg

楽天市場で見る
amazonで見る22,000円
Yahoo!ショッピングで見る

ジープ (Jeep J is for Jeep) アドベンチャー

大きなタイヤと絶妙な配色が人目を惹くおしゃれなb型ベビーカー

絶妙な配色が目を引くJeepのアドベンチャー。
3Dソフトサスペンション付きの大型タイヤを装備し、タフで滑らかな走行を実現しています。
折りたたみ時はA4サイズのスペースに収まるコンパクト設計で、場所を選ばず省スペースに収納。
肩にかけられるショルダーストラップ付きで、持ち運びにも便利です。
Jeepのロゴが入ったおしゃれなデザインもポイント。
カラーは3色展開です。

  • 外形寸法
    • 展開時 幅45cm 奥行85.5cm 高さ95.5cm
    • 収納時 幅23cm 奥行30cm 高107cm
  • 重量 5kg
  • 使用対象 7ヶ月~36ヶ月(15kg)

楽天市場で見る
amazonで見る14,029円
Yahoo!ショッピングで見る

コンビ (Combi) F2 Limited AF

照り返しから赤ちゃんを守り、乗せ降ろしもしやすいハイシート設計

コンビの「F2 Limited AF」は、フル装備重量4kgと軽量設計のb型ベビーカー。
前後の車輪すべてにクッション機能を備え、赤ちゃんへの振動や衝撃も軽減します。
座席はホコリや照り返しなどから赤ちゃんを守るハイシート設計。
ハンドルの位置も高めなので、背の高い人やヒールを履く人にもおすすめです。
通気性の良いメッシュシートには脱着可能なシートライナー付きで、オールシーズン快適に使えます。

  • 外形寸法
    • 展開時 幅49.5cm 奥行71.5cm~77.5cm 高さ104cm
    • 収納時 幅49.5cm 奥行30cm~37cm 高さ89cm
  • 重量 4kg
  • 使用対象 7ヶ月~36ヶ月(15kg)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

アップリカ (Aprica) マジカルエアー AG B型ベビーカー

軽量で持ち運びやすく、片手でワンタッチ開閉できて便利

アップリカが展開している、ワンタッチで開閉できるb型ベビーカーです。
軽量設計で扱いやすく開け閉めも簡単で、時間がない時もすぐに展開できます。
ベビーカーは、振動吸収設計で赤ちゃんとの散歩時にぐらつきにくく、手軽に推せるのが魅力。
また、メッシュウィンドウ搭載で、ベビーカーの中の赤ちゃんの様子を確認できます。

  • 外形寸法
    • 展開時 幅44.5cm 奥行76.5cm 高さ105cm
    • 収納時 幅44.5cm 奥行31cm 高さ93.2cm
  • 重量 3.2kg
  • 使用対象 7ヶ月~36ヶ月

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

通販サイトの最新ランキングも参考にする

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。



Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

※上記の売れ筋ランキングは、各通販サイトによって集計期間・集計方法が異なる場合があります。

まとめ

軽量でコンパクトなb型ベビーカーは、子連れで外出するときの強い味方。
同じベビーカーでもa型とb型には違いがあるため、収納時のサイズや走行性など、b型ベビーカーならではの機能に注目して選びましょう。
また、使用頻度が少ない場合には、価格が安く軽量性に優れたバギーもおすすめです。
この記事を参考にお気に入りのb型ベビーカーを見つけて、赤ちゃんとのお出かけをもっと楽しみましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる