カナル型イヤホンおすすめ9選 つけ方や外れる原因、かゆい時の対処法も解説

白いカナル型イヤホンがテーブルの上に置かれている画像

イヤーピースで耳の穴を塞ぐことで、音楽に没入しやすくなる仕組みの「カナル型イヤホン」。 この記事では、オーディオテクニカやソニーが展開しているおすすめのカナル型イヤホンを紹介。 また、外れることの多い人や耳垢が溜まって気持ち悪い人、かゆいのが不快な人のために、つけ方や手入れの仕方も解説します。 購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

カナルイヤホンとは? その魅力とデメリット

耳栓のような形のイヤーピースを耳の穴に押し込んで装着するカナル型イヤホン。 耳にフィットするので遮音性が高く、音漏れが気になる人におすすめです。 また、低音が響きやすいので、奥行きのあるサウンドが好きな人にも向いています。

今のイヤホン市場では主流のタイプで、選択肢が多いという点も魅力です。 しかし、正しいつけ方をしないと「上手く入らない」「痛い」「気持ち悪い」などストレスが溜まります。 また、耳垢も溜まりやすいので、こまめに手入れをして清潔な状態にしておきましょう。

カナル式イヤホンの選び方

カナル式イヤホンの選び方を紹介します。 上手く入らないなどの悩みがある人はイヤーピースなど、さまざまなポイント紹介するのでぜひ参考にしてください。

有線かワイヤレスイヤホンか

まずは有線イヤホンとワイヤレスイヤホンのどちらを選ぶかを決めましょう。 ワイヤレスイヤホンは邪魔なケーブルがないので、スマートに使えるのが大きなメリットです。 一方で、有線イヤホンは音の遅延や途切れがなく、音質もワイヤレスより優れているものが多く展開されています。 ワイヤレスで必要なペアリングなどの設定も不要で、気軽に使えるのでおすすめです。

痛い、かゆい、気持ち悪いと感じないイヤーピースを

カナル式イヤホンを使うと「耳が痛い」「かゆい」という人がいます。 これは主に、耳の皮膚の一部が強く圧迫されたり、素材に対するアレルギー反応が原因です。 違うサイズや素材のイヤーピースに変えてみましょう。 また、中には使っていて「上手く入らない」「気持ち悪い」と感じる人もいます。 その場合も、イヤーピースのサイズを小さくして圧迫感を減らすなどの対策がおすすめです。

対応コーデックも確認する

ワイヤレスイヤホンの音声データ圧縮形式「コーデック」にも注目しましょう。 コーデックの種類は大きく分けてSBC、AAC、apt-Xの3つ。 SBCは幅広いデバイスに対応した標準装備のコーデック。 高音質を求めるiPhoneユーザーは「AAC」、Androidユーザーは「apt-X」などを選びましょう。 また、そのほかにもSONY開発の「LDAC」など、ハイレゾ相当の音質を楽しめるコーデックもあります。

価格帯で選ぶ

カナル型イヤホンの価格帯は1,000円以下から数万円までと広いです。 そこまでこだわりがない人は、5,000円未満などコストパフォーマンスを重視するのもおすすめ。 ただし、安すぎるイヤホンは、品質や耐久性が劣っている場合があるので注意が必要です。 なお、音質以外にも機能が豊富なイヤホンが欲しい人は、1万円以上のものを選びましょう。

付加機能で選ぶ

カナル式イヤホンの付加機能もチェックしましょう。 ノイズキャンセリングや防水機能など、さまざまな付加機能が付いています。 他にも、ハイレゾ対応のものなら高音質で音楽を楽しめるのが魅力です。 マイク付きのものなら、急な電話対応の時も活躍してくれます。 付加機能をチェックして、自分の用途に合うカナル式イヤホンを選びましょう。

連続使用時間や充電時間もチェック

完全ワイヤレスイヤホンやノイズキャンセリング機能が付いた有線イヤホンには充電が必要です。 自分が使うシーンに合わせて、連続使用時間や充電時間をチェックしましょう。 急速充電機能が付いているものなら、万が一充電が切れてもすぐ使えるので便利です。 イヤホンによって個体差があるので、それぞれ時間をチェックしたうえで購入しましょう。

イヤホンのドライバーユニットをチェック

「ドライバー」とは、イヤホンから出る音を鳴らす仕組みのこと。 3種類それぞれに特徴がありますが、優劣があるわけではありません。 聴く人によっても音の印象は変わるので、あくまで参考として考えてください。

ダイナミック型

ダイナミック型とは、引き締まって迫力のある低音域が魅力のドライバーです。 ダンスミュージックなどの重低音の効いた楽曲と相性がぴったり。 構造が比較的シンプルなのでコストが安く、さまざまなカナル式イヤホンに採用されています。 また、性能のよいダイナミックドライバーを搭載した高音質なイヤホンも展開されているのが魅力です。

バランスド・アーマチュア型

高音域の美しさが特徴の「バランスド・アーマチュア型」。 微細な音もきれいに再現する「音の解像度の高さ」が魅力です。 小型化しやすいので、2つ以上のドライバーを搭載するイヤホンによく採用されています。 音質にこだわりたい人におすすめです。

ハイブリッド型

「ハイブリッド型」とは、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の両方を最低1基以上搭載したドライバー。 それぞれの良いところを活かして、幅広い音域で高い表現力を実現したタイプです。 構造が複雑な分コストが高く、高価格帯のイヤホンに多く見られます。

カナル型イヤホンの正しいつけ方

カナル式イヤホンの使い心地はつけ方でも変わります。 反対側の手で耳の上部をつまみ、引っ張り上げながら装着するのが上手なつけ方。 耳の穴に対してまっすぐに入れれば、すぐに外れることはないでしょう。 正しいつけ方をしても上手く入らない、痛い・かゆいなどと感じる場合は、イヤーピースのサイズを変えてみましょう。

カナル型イヤホンのおすすめ9選

おすすめのカナル型イヤホンを紹介します。 有線タイプやワイヤレス、ハイレゾ対応やなど、さまざまなカナル型イヤホンを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

オーディオテクニカ (audio-technica) SOLID BASS カナル型イヤホン 重低音 ハイレゾ音源対応 ATH-CKS770X BK

初めてカナル型イヤホンを使う人におすすめのベーシックなデザイン

オーディオテクニカが展開しているハイレゾ音源対応のカナルイヤホンです。 ダイナミック型ドライバーを搭載していて、深みのある重低音を再現しています。 さまざまなシーンで使いやすい、シンプルなデザインが魅力。 4種類のイヤーピースが付属していて、イヤホンが上手く入らない人や外れることの多い人でも安心して付けられます。 カナル型イヤホンに挑戦してみたい人におすすめです。

  • 重量 8g
  • ドライバーの種類 ダイナミック型

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

SHURE イヤホン SEシリーズ SE215 カナル型 高遮音性 ブラック SE215-K-J

着脱式ケーブルがで断線時も安心。繊細な音が楽しめるイヤホン

マイクでも有名なアメリカのオーディオブランド「SHURE」によるカナルイヤホン。 搭載しているダイナミック型ドライバーの性能がかなり高く、繊細でかつ温かみのあるサウンドを楽しめます。 ケーブルにはワイヤーが入っており、耳に引っ掛けるようなつけ方で外れる心配が少ないのも魅力。 ケーブルを着脱・交換できる「リケーブル対応」なので、断線した時なども安心です。

  • ドライバーの種類 ダイナミック型
  • 付加機能 マイク

amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

okcsc KZ AS06 イヤホン

バランスド・アマチュア型ドライバーが左右に三基ずつ付いたイヤホン

高精度のバランスド・アーマチュア型ドライバーを左右3基ずつ搭載したカナル式イヤホン。 バランスよく、密度の細かい音を聴かせてくれます。 「リケーブル」に対応しており、別売りの「AS06 アップグレードケーブル」に付け替えることで、広がりと透明感のある音を楽しめるのが魅力です。 遮音性も高く、図書館や通勤、通学など音楽に集中したい時に活躍します。 コスパトパフォーマンスに優れたカナルイヤホンです。

  • 外形寸法 長さ125cm
  • ドライバーの種類 バランスド・アーマチュア型

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

JVC HA-FX57BT-B Bluetooth ワイヤレスイヤホン

ネックバンド式は完全ワイヤレス式に比べて紛失しにくいのが魅力

日本の老舗「JVC」のカナルイヤホン。 邪魔なケーブルがなくスマートなワイヤレスタイプです。 バッテリーやリモコンなどをネックバンド部分に配置しているので、イヤホン自体は軽く快適なつけ心地になっています。 完全ワイヤレスイヤホンと違って紛失しにくいのも魅力です。 高性能なドライバーユニットを採用し、厚みのある中低音域を楽しめます。

  • 重量 28g
  • 連続使用時間 14時間
  • 充電時間 3時間
  • ドライバーの種類 ダイナミック型
  • 対応コーデック SBC
  • 付加機能 マイク

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ゼンハイザー (SENNHEISER) MOMENTUM In-Ear Wireless M2 IEBT BLACK 507353

短い時間の充電で最大10時間の連続使用が可能なカナル型イヤホン

ドイツの一流オーディオメーカー「ゼンハイザー」のワイヤレスイヤホン。 原音の質感を忠実に再現したサウンドは、とても上品で聴きやすく長時間聴いても疲れません。 短い充電時間で10時間使えるので、一日を通してイヤホンを使いたい人も安心して使えます。 ネックバンド式なので、首からぶら下げておけば外れることや紛失の心配もなくおすすめです。

  • 重量 53g
  • 連続使用時間 10時間
  • 充電時間 1.5時間
  • ドライバーの種類 ダイナミック型
  • 対応コーデック apt-x、AAC、SBC
  • 付加機能 マイク
Yahoo!ショッピングで見る

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

専用アプリで音楽ジャンルに合わせた音質で再生することが可能

リーズナブルでかつ高音質なイヤホンで注目される、「Anker」の完全ワイヤレスイヤホンです。 メーカー独自のノイズキャンセリング機能を搭載しています。 Androidなどでは、SONYの高品質コーデック「LDAC」を使えることも大きなメリットです。 また専用アプリ「Soundcore」のイコライザーで、各音域の出力を自由に調整可能。 音楽ジャンルや自分の好みに合った音質で聴くことができます。

  • 重量 62g
  • 連続使用時間 7時間
  • 充電時間 1時間
  • 対応コーデック SBC、AAC、LDAC
  • 付加機能 マイク、IPX4防滴

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ソニー (sony) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4

声を出すと自動で音楽が停止するなど機能性抜群なイヤホン

ソニーが展開しているノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンです。 業界最高クラスのノイズキャンセリング機能で、通勤通学など、音楽に没頭したい人におすすめ。 ソニーが開発した「LDACコーデック」で、ワイヤレスでも圧巻の高音質を楽しめます。 スピーク・トゥ・チャット機能により、話したい時に声を出すと自動で音楽が停止する機能も便利。 機能性に優れたカナル型イヤホンが欲しい人におすすめです。

  • 重量 7.3g
  • 連続使用時間 8時間/12時間(NCオン/NCオフ)
  • 充電時間 1.5時間
  • ドライバーの種類 ダイナミック型
  • 対応コーデック SBC、AAC、LDAC
  • 付加機能 マイク、IPX4防滴

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アップル (Apple) エアポッヅプロ (AirPods Pro)

高性能ノイズキャンセル機能と外音取り込み機能で自由自在な定番イヤホン

iPhoneユーザーなら馴染みの深い、アップルが展開しているカナル式イヤホンです。 高性能なノイズキャンセリング機能が付いています。 外音取り込み機能も付いているので、シーンによってノイズキャンセリングを調節できるのが魅力です。 少し浅めの付け心地で、「上手く入らない」「耳が痛い」「気持ち悪い」と苦手意識がある人でもつけやすい仕様になっています。

  • 外形寸法
    • イヤホン 幅2.2cm 奥行2.4cm 高さ3.1cm
    • ケース 幅6.1cm 奥行2.2cm 高さ4.5cm
  • 重量 5.4g
  • 連続使用時間 4.5時間
  • 付加機能 マイク、IPX4防滴

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

サウンドピーツ (SOUNDPEATS) H1 ワイヤレスイヤホン

1時間半の充電で最大40時間使用可能。防水機能付きでスポーツ中にも

サウンドパーツが展開している完全ワイヤレスイヤホンです。 ハイブリッド型ドライバーを採用していて、低音から高音まで心地よく豊かなサウンドを楽しめます。 1時間半の充電で最大40時間もの連続再生が可能な、超ロングバッテリーも魅力です。 十分な防水性能も備わっていて、ランニングなど汗をかくシーンでも活躍します。 コストパフォーマンスにこだわりたい人におすすめです。

  • 外形寸法 幅2.4cm 奥行2.1cm 高さ2.7cm
  • 重量 140g
  • 連続使用時間 10時間
  • 充電時間 1.5時間
  • ドライバーの種類 ハイブリッド型
  • 対応コーデック aptX、AAC、SBC
  • 付加機能 マイク、IPX5耐水

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

カナル型イヤホンの手入れ方法

カナルイヤホンは外れる心配が少ない代わりに、耳垢などの汚れがたまりやすいのが難点です。 こまめにイヤーピースを外して、ウェットティッシュで手入れをしましょう。 詰まっている耳垢は歯ブラシなどで掻き出し、イヤホン本体のメッシュ部分の耳垢も同じように取り除きます。

処理を忘れると「耳が痛い」「かゆい」「耳だれが出て気持ち悪い」などの不快な症状の原因になるので注意しましょう。 耳垢のほかに、空気中の埃などもイヤホンの汚れの原因なので、使わない時はイヤホンをケースに入れておくのがおすすめです。

まとめ

遮音性の高さや低音の効いたサウンドが魅力の「カナルイヤホン」。 耳に密着するので外れる心配が少ないことや、品揃えが豊富なこともポイントです。 また、サイズやつけ方が合っていないと「上手く入らない」「耳が痛い・かゆい」「耳が圧迫されて気持ち悪い」と感じる原因になります。 耳垢で汚れやすい点にも注意が必要です。 注意点も理解した上で、お気に入りの商品を手に入れましょう。

関連記事