家庭用のおしゃれな電動シュレッダー8選 ホッチキスごと裁断できるものや静音設計も

出典:jackmac34 / Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

個人情報の処理。
みなさんの家庭では、どのようにしていますか。
日々送られてくる、公共機関の書類や、はがき、住所や氏名の入った文書など個人情報の取り扱いには注意が必要です。
どのように処分しようか躊躇し困った経験をした人や、毎回ハサミで細断していて手間だと感じている人もいるかもしれません。
シュレッダーはそんな個人情報の処理をする際にとても便利です。
電動シュレッダーがあれば、手間も要らずに、個人情報の漏洩も防ぐことができ安心です。

一口にシュレッダーといっても種類も機能も様々で、どれを選んでいいのか悩んでしまいます。
最近では、静音タイプや、インテリアに溶け込むおしゃれなものなど充実しています。
そこで今回は、おすすめのおしゃれな静音設計された電動シュレッダーについて紹介いたします。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

電動シュレッダーのメリット・デメリット

電動シュレッダーは、個人情報を簡単に処理できる便利なグッズですが、その他にもメリットや、デメリットとなりうる点があります。
購入前に、電動シュレッダーのメリットとデメリットは知っておくといいでしょう。

メリットはストレスフリーと安心感

電動シュレッダーの最大の魅力は、なんと言っても電動で書類を細断してくれることです。
日々の個人情報処理のわずらわしさから皆さんを開放してくれるのも電動ならではでしょう。
裁断作業のストレスと個人情報漏洩のストレスから解放されてストレスフリーに。

また、手動タイプと違い、パワーがあるため、厚みのある書類や、CD、DVD等も簡単に細断できるものが多いです。
その他にも、スタイリッシュで場所をとらないすっきりとしたデザインのものも、多数、販売されています。
こういったインテリアに溶け込むデザインが多いのもメリットといえるでしょう。

デメリットは電気代と音

一方で、電動シュレッダーのデメリットとして上げられるのは、電動という手軽さの分、電気代がかかることです。
消費電力は、一般的には、80Wから150Wくらいのものが多く、比較的幅が広いです。
とは言っても、そんなに長時間使うものではなく、時短にもなるのでそれを考えるとむしろプラスかもしれません。
使用用途や、商品の性能によって消費電力も変わってくるので、実際にどのような使い方をするのかイメージしてみましょう。

また、商品によっては、細断中の音が大きかったり、手動タイプに比べて商品自体も大きいものが多数です。
電動シュレッダーを決める前には、電気代や音、置き場所などにも注目して見る必要があります。

クロスカットやストレートカット等の細断方法の違い

シュレッダーには主にカットの方式が3種類あります。
シンプルに縦にカットする、ストレートタイプ。
カットサイズが大きいため、復元率がほかに比べると高くなりセキュリティレベルは低くなってしまいます。
縦横に細かく細断された、クロスカットタイプは、ストレートタイプより復元は難しいとされています。

電動シュレッダーに取り入れられている主流のカット方式です。
そして、さらに細かく裁断されたタイプがマイクロクロスカット。
極小サイズのカット方式でセキュリティレベルは極めて高いといえます。
カット方式には種類がありますが、家庭で使う分にはクロスカットタイプ以上のものを選ぶといいかもしれません。

電動シュレッダーの選び方

おすすめの電動シュレッダーを紹介する前に、電動シュレッダーの選ぶ際のポイントを解説します。
前談にもある通り、電動シュレッダーの種類や形、デザインは様々です。
あなたにぴったりなものを見つけられるよう、下記ポイントを確認してみましょう。

デザインやサイズ

最近では、リビングや書斎など、ご家庭のインテリアにこだわりを持っている方も多いと思います。
電動シュレッダーも、見た目にこだわったデザインのものが多く出ています。
すでに部屋にあるインテリアの邪魔にならないデザインを選ぶようにしましょう。
また、電動タイプは、コードの長さや、大きさにも注意が必要です。
特に性能の良い商品は、予想外に場所をとるものもありますし、置き場に困っている方は卓上タイプという選択もあります。
事前に置く場所の寸法を図ったり、使用している姿をイメージしてみましょう。

家庭用は静音性が重要

家庭で使用する際、気になるのが「作動音」。
マンションやアパートの人はなおさら、大きな音は避けたいものです。
一般家庭でも時間帯を気にせず気兼ねなく利用できるように、購入前には、静音設計のものを選ぶようにしましょう。

子供がいると特に気になる安全性

子供がいる家庭で一番気になるのが安全性です。
うっかり、子供が触っていたり、遊んでいたり、想像するだけでもヒヤッとします。
最近では、センサーで指を感知すると止まる安全モードやチャイルドロックのついた、安全対策のされたものが多く見かけられます。
子供のいる家庭では、必ず安全機能もチェックしておきましょう。

ホッチキスごと裁断できると便利

シュレッダーを選ぶ際にあると便利なのが、ホッチキス裁断機能です。
シュレッダーによっては、ホッチキスに対応しておらず、誤ってホッチキスで留めたままの書類を裁断すると故障してしまうものも。
ホッチキス裁断機能がついたシュレッダーなら、毎回ホッチキスを外す手間を省けます。
しかし、ホッチキス対応のシュレッダーでも、ホッチキスのサイズに規定がある場合が多いので、商品のスペックをよく確認しましょう。

静かでおしゃれなおすすめ電動シュレッダー8選

このように、電動シュレッダーは、使用者の用途や、使用環境によって様々な機能が必要になるので、販売されているタイプも様々です。
今回は、数ある電動シュレッダーの中から、ご家庭でも使いやすい静音でおしゃれな見た目の商品を紹介いたします。

サンワダイレクト 家庭用電動シュレッダー 400-PSD039

ゴミがかさばらない2mm×10mmのマイクロカット

オフィス用品や、パソコン周りのグッズを製作するサンワダイレクトならではの、使いやすさにこだわったシュレッダーです。
オートスタート・ストップ機能を採用したり、ダストボックスは引き出し式にすることで、重いカッター部分を動かさずに手軽にゴミが捨てられる設計です。
投入口は指が入らないほどの隙間なので、子供のいる家庭でも安心して使用できます。
また、スタイリッシュで無駄を省いたデザインは、リビングなど目に付く場所でも違和感なく置けるでしょう。

  • サイズ 幅14cm 奥行29cm 高さ35cm
  • カット方式 紙:マイクロカット、カード:マイクロカット
  • 消費電力 230W
  • 連続使用時間 2分
  • 重量 2.2kg
  • 容量 10L

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

アイリスオーヤマ (IRIS OHYAMA) パーソナルシュレッダー P10HCS

音を気にしないで使える静音設計が魅力

アイリスオーヤマが展開している、静音設計のシュレッダーです。
動作音も作業の邪魔になりにくく、オフィスなど音が気になるところでも安心して使えます。
また、フォルムもスリムなデザインで、デスクの下やちょっとした隙間にも設置できるのが特徴。
10分間連続で使えるので、資料が溜まっている人でも快適に使えるのでおすすめです。

  • サイズ 幅23cm 奥行36cm 高さ49cm
  • カット方式 紙:クロスカット
  • 消費電力 140W、150W
  • 連続使用時間 10分
  • 重量 9.3kg
  • 容量 17L

楽天市場で見る
amazonで見る14,980円
Yahoo!ショッピングで見る
販売サイトで見る

コクヨ 電動シュレッダー KPS-MX200

本体底部のちりとり型トレーとブラシで簡単掃除

文房具や、オフィス用品の大手メーカーのコクヨのシュレッダーです。
業界最小レベルの作動音がウリの商品。
独自開発の静音設計と防振設計により、最小限まで抑えた作動音なので、夜でも気兼ねなく使えるのが嬉しいです。
また、幅35cmというコンパクトなサイズですが、A4コピー用紙であれば10枚まで一度に細段できる優れものです。
ホワイトカラーでシンプルなフォルムなのでリビングに置いてもすっきりとした印象です。

  • サイズ 幅35cm 奥行27cm 高さ58.8cm
  • カット方式 紙:クロスカット、CD:ストレートタイプ
  • 重量 5.6kg
  • 容量 20L

楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

フェローズ (Fellowes) JB-05CD-BSY

スタイリッシュでおしゃれなスリムシュレッダー

フェローズ(Fellowes)からすっきりとしたデザインのスリムなシュレッダーです。
15cmのコンパクトな幅は、ちょっとしたデットスペースに収まるサイズ感。
中心部分に流れるように沿ったなだらかな曲線美はフロアにそのまま置いても他のインテリアに邪魔しない嬉しいポイントです。
静音設計な上にキャスター付きなので置き場所を変えるときも手軽に移動できます。

  • サイズ 幅15.5cm 奥行33cm 高さ38cm
  • カット方式 紙:クロスカット、CD、カード、ホッチキス細断可
  • 連続使用時間 約5分
  • 消費電力 70W
  • 重量 5kg
  • 容量 8.5L

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

アイリスオーヤマ 細密シュレッダー PS5HMSD

機密情報の漏洩防止に役立つ細密クロスカット

安心安全なアイリスオーヤマのシュレッダーに見た目のデザイン性をプラスした商品です。
まず目に付くのが、高級感のあるダークでシックなボディで、どんなインテリアにも合います。
アイリスオーヤマの機種では定番の、安全機能は備えつつ、書類を修復不可能レベルの細かさにしてくれるマイクロカットが人気です。
もちろん、細断中の音も最小限で時間帯を気にせず使っていただけます。
また、CD、DVDの細断もお手の物で、バランスの取れた使いやすい電動シュレッダーです。

  • サイズ 幅18cm 奥行38cm 高さ40.8cm
  • カット方式 紙:マイクロカット、CD:3分割
  • 消費電力 160W
  • 連続使用時間 約5分
  • 重量 7.5kg
  • 容量 10L

楽天市場で見る
amazonで見る10,989円
Yahoo!ショッピングで見る
販売サイトで見る

アイリスオーヤマ シュレッダー OF12M

キャスター付きの大容量シュレッダーは移動も便利

ちょっとした事務所やオフィスでも採用される高性能、大容量タイプのシュレッダー。
カット方式は定番のマイクロカットですが、一度に最大A4用紙12枚を細断することが可能で、ホッチキスも細断してくれる優れもの。
また、安全機能は付いていることはもちろん、紙を上部へ押し戻すオートリバース機能搭載で、紙詰まりの悩みからも開放される商品です。
大容量の23Lということもあり、自宅で仕事をされる方や、細断したいものが多くある方におすすめです。

  • サイズ 幅39cm 奥行28cm 高さ58cm
  • カット方式 紙:クロスカット、CD:幅約2cm
  • 消費電力 290W~365W
  • 連続使用時間 約10分
  • 重量 13kg
  • 容量 23L

楽天市場で見る
amazonで見る18,990円
Yahoo!ショッピングで見る

アスカ(Asmix) 卓上シュレッダー B05W

ちょっとした隙間に設置できるコンパクトな卓上シュレッダー

これで電動なの?と驚いてしまうようなデザイン性の高い見た目と、コンパクトさが人気のアスカの卓上シュレッダーです。
スタイリッシュでかわいらしい見た目は、卓上に見える場所においてもインテリアとしてなじみそうなデザインです。
かわいらしい見た目とは裏腹に、マイクロカッターで限りなく細かい細断を実現、安全制御スイッチ搭載で安全性にも配慮され機能も充実しています。
卓上タイプなだけあり細断できる容量が少なめなので、電動シュレッダーを検討している初心者にもおすすめな商品です。

  • サイズ 幅37.5cm 奥行9.5cm 高さ18.4cm
  • カット方式 紙:マイクロカット
  • 消費電力 30W
  • 連続使用時間 約3分
  • 重量 2.9kg
  • 容量 4.3L

楽天市場で見る
amazonで見る8,900円
Yahoo!ショッピングで見る

アイリスオーヤマ 卓上シュレッダー HS4SC

はがきなどA5サイズに最適な卓上シュレッダー

アイリスオーヤマ 卓上シュレッダーはコンパクトなサイズ感が人気の商品です。
家庭用という点にこだわり、気軽に家庭におけるサイズ感です。
また、家庭での個人情報の処理に特化するように、はがきなどのA5サイズ用の細断が可能となっています。
卓上シュレッダーですが、細密カット採用で、かなり細かく細断できるので安心して使用できます。

  • サイズ 幅26cm 奥行16cm 高さ20.5cm
  • カット方式 紙:クロスカット
  • 消費電力 110W
  • 連続使用時間 約3分
  • 重量 3.2kg
  • 容量 3L

楽天市場で見る
amazonで見る5,864円
Yahoo!ショッピングで見る
販売サイトで見る

まとめ

いかがでしたか?
家庭にもおすすめな静音設計のおしゃれな電動シュレッダーを紹介しました。
電動シュレッダーは書類整理のわずらわしさを手助けし、不便さを解消してくれます。
仕事ではよく使っているけど、自宅にはないという人も個人情報の取り扱いに注意が必要な現代だからこそ、電動シュレッダーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる