イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

終活ノートおすすめ11選 年代に合った書き方や内容、コクヨの商品も紹介

終活ノートは、訪れる死に備えて自分に関する情報や要望を書き記すためのノートです。 残された人の混乱や負担を減らすことが大きな目的ですが、自分の人生を振り返り、生き方を考えるきっかけになることも。 そのため30代前後の若者や40代のミドル層の間でも終活への関心が高まっています。 今回はコクヨなどの文具メーカーから販売されているおすすめの終活ノートを紹介。 世代やニーズに合った選び方も解説します。

終活ノート・エンディングノートとは

終活ノートはエンディングノートという名でも浸透しています。 終活ノートの大きな目的は、残された人が困らないように自分の情報や葬儀、相続などの希望を書き残すこと。 口座やカード情報なども書き込めるため、普段から備忘録としても役立ちます。 必須の情報に加えて、家族や友人への感謝の気持ちを書き添えれば残された人にとっても大切な一冊に。

また、終活ノートは40代や50代で自分の半生を振り返り、これからの生き方を考えたい人にとっても有効なツールです。 必要な内容が整理されている専用の終活ノートなら、書き方に迷うことがなく伝え残しも防げておすすめ。 中には、コクヨのようにディスクケースが付いている商品もあります。

終活ノートは書き方や内容で選ぶ

終活ノートに書き残しておきたいことは、世代やライフスタイル、目的によって異なります。 手軽に書きたい人の中には無料アプリを始める人も。 書き方や内容など、終活ノートの選び方を見ていきましょう。

死亡後に親族の負担を減らしたい人

葬儀や埋葬の希望、相続のことなどで、自分の死後に家族や親族が混乱したり争ったりするのは極力避けたいもの。 心配な人は葬儀や埋葬、お墓のこと、資産や相続、遺言に関する項目が充実した終活ノートを選びましょう。 各項目に従って書き込むだけで自分の要望が整理でき、家族の安心にもつながります。 また、延命治療の意思や介護に関する希望なども、自分が意思表示できるうちに書き残しておくと自分も家族も安心です。

口座などの備忘録として使いたい人

銀行口座やクレジットカード、保険などの情報が分からず、死亡後に家族や親族が慌てるケースも少なくありません。 これらの項目が充実したエンディングノートなら、亡くなった後はもちろん、普段から自分の備忘録としても活用できます。 口座番号だけでなく、更新に関する細かなことなどもメモしておける自由記述欄があると便利です。

人生の振り返りがしたい人

これまでの自分の人生を振り返り、記しておきたい人は、自分史年表などのページが充実したエンディングノートがおすすめ。 自分の歩みを一つ一つ噛みしめて記すことで、自分がどんな人生を送ってきたかを俯瞰することができます。 それによって気持ちが落ち着き、終活への不安が軽減されることも。 また、残された家族や友人に大切なメッセージとして伝えることができるメリットもあります。

手軽に書きたい人は無料のアプリも

スマホなどのガジェットに慣れた人や若者世代なら、アプリ版の終活ノートも便利。 アプリ版は無料でダウンロードでき、作業や管理が楽なところが魅力です。 ただし、突然サービスが終了したり、端末の故障で登録データが消えてしまったりする可能性がないとは言いきれません。 加えて無料版だと、書ける範囲を増やすために課金が必要になることも。 無料アプリの終活ノートは手軽に試す用として考えると良いでしょう。

30代の若者や40代ミドル層にもおすすめ

終活ノートは人生も折り返しに差し掛かった40代から50代で過去を整理し、これからの生き方を考えるためにも役立ちます。 また20代から30代の若者であっても死は予期せず訪れるもの。 コロナウイルスなどの影響もあり、終活ノートは若者からも注目を集めています。 特に30代前後の若者やミドル層が終活ノートで押さえるべきポイントはデジタル関連。

SNSやネット銀行、クラウドサービスもそのままにしておくとデジタル遺品になるため注意が必要。 終活ノートにアカウント情報などを記載し、削除の代行を依頼しておくと安心です。 ネット銀行や証券など金銭がからむものは相続にも関わるため、終活ノートに忘れずに記しましょう。

終活ノートおすすめ11選

多様な世代やニーズに応えるおすすめの終活ノートをセレクトしました。 コクヨなどの文具メーカー、出版社の商品も紹介。 選び方も参考にして、自分の目的にかなう書きやすい一冊を見つけてください。

主婦の友社 書いて安心 エンディングノート

気負わずに書き始められる、親しみやすい作りが魅力のエンディングノートです。 病気になったときや遺言書を作成するとき、介護が必要になったときなどに必要なことを分かりやすく解説。 書き方のヒントも説明されているため、はじめて終活に取り組む人や若い世代でも項目に従って書き進められます。 内容のバランスがとれた、ベーシックな終活ノートを探している人におすすめの一冊です。

  • ページ数 80ページ
  • B5判

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ヨシダヤ (YOSHIDAYA) エンディングノート

やさしさと温かさを感じられる表紙が目を引く、ヨシダヤのエンディングノートもおすすめ。 カード情報が表としてまとめられ、医療や葬儀の希望を選択式で回答できる分かりやすい構成が特徴です。 身構えることなく書けるところから進められるため、気軽に終活ノートを始めたい人にも最適。 一人で記入するのはもちろん、夫婦や家族でこれからのことを話し合いながら記入するのも良いでしょう。

  • サイズ 幅18.2cm 高さ25.7cm
  • B5判

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

コクヨ (KOKUYO) エンディングノート もしもの時に役立つノート LES-E101

コクヨの終活ノートは項目のバランスが良いのが魅力。 すぐ書き込める備忘録的内容から入院時や相続時に必要な情報まで揃っています。 記入のコツも掲載されているため、書き方や内容に迷う若い世代にもおすすめ。 なめらかな書き心地で、長期保存にも適したコクヨの帳簿紙を使用しているのもポイント。 ディスクケースや写真を入れておけるポケット付きで、必要な情報を一括で管理しておけます。

  • サイズ 幅17.9cm 高さ25.2cm
  • ページ数 64ページ
  • セミB5判

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ナカバヤシ プレシャス・エンディングノート HBR-B502B

『行列のできる法律相談所』のレギュラー相談員、大渕愛子弁護士が監修したプレシャス・エンディングノート。 保存性の高い中性紙を使用し、自分に関することや大切な人へのメッセージのページが充実しています。 主に女性の書きたい内容やニーズに応えた構成で、自分の記録や記憶をスクラップブックのように集約可能。 終活の気負いを軽くしてくれる自由さと実用性のバランスが良い、女性に人気の終活ノートです。

  • サイズ 幅18.7cm 高さ26cm 厚み0.8cm
  • ページ数 72ページ
  • セミB5判

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

マークス (MARK’S) エディット (EDiT) 大人のライフログ用ノート 美篶堂製ハードカバー EDI-LOG02

大人のライフログ用ノートは40代以上のミドル世代の人におすすめ。 10年かけてつづる人生ノートで、預貯金の整理や未来年表など人生の折り返し地点で書くのに適した内容が揃っています。 別冊でデータノートが付くため、持ち出したくない個人情報を分けて管理できるのも魅力。 さらに、カバーは高い技術と発想力で作家などから人気を集める美篶堂の布製ハードカバーを使用。 上質な色味と質感を楽しめるおしゃれな一冊です。

  • サイズ 幅18.6cm 高さ26.4cm 厚み1.2cm
  • ページ数 96ページ

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

秀和システム 未来に向けてスッキリ整理する! 新エンディングノート

こちらは、エンディングノートの第一人者である若尾裕之氏が監修を務める一冊。 オンライン参列やデジタル遺品の整理など、新型コロナウイルス流行後の終活の常識がまとめられています。 自分の理想を項目に添って書き込む形式で、過去を整理し、希望を書き残すことができる構成が特徴。 延命措置や葬儀の要望なども細かく記せるため、家族や親族に負担をかけたくない人にも適しています。

  • ページ数 80ページ
  • B5判

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

NHK出版 もしもの時に家族をつなぐ 書き込み式 エンディングノート

NHKEテレのまる得マガジンの放送テキストと連動した、書き込み式ノートブックです。 葬儀やお墓、相続など、亡くなった後に気がかりなことの希望や、病気や事故など緊急時の備忘録的内容が充実。 書き込んでいくことで簡単にエンディングノートとして残すことができます。 放送テキストを見ながら記入する書き方だと、より理解が深まるためおすすめです。

  • ページ数 80ページ
  • B5判

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

宮下印刷出版 もしもノート 20歳から100歳までの危機管理

A4版で36ページとシンプルな作りながら、要所はしっかりと押さえている「もしもノート」。 人生を振り返るというよりも、銀行や保険などの必要な情報をまとめることを目的とした内容が特徴です。 終活を始めたばかりの人や、気負わずにこれから終活をはじめてみたい人にもおすすめ。 項目に従って書き進める構成で、自分の情報や家族に伝えておきたいことを整理することができます。

  • ページ数 36ページ
  • A4判

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ぎょうせい 税理士がアドバイスする!! 相続手続きで困らない エンディングノート

こちらは、民法改正後の手続きに対応したエンディングノート。 税理士が書き方や相続の基礎知識を分かりやすく解説した一冊で、相続税負担などのアドバイスが書かれています。 ノートの説明や書き方の動画がダウンロードできるため、映像を視聴しながら取り組めるのも魅力。 書き込むことで相続税を自分で確認でき、老後資金の計算もできるため30代や40代の人にもおすすめです。

  • ページ数 52ページ
  • B5判

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

二見書房 もしものときのエンディングノート

文字が大きめで見やすい、二見書房から販売されているエンディングノートも人気。 相続や遺言相談など、民事関係で実績と信頼のある江崎正行弁護士が監修しています。 書き方に迷ったときの参考になるコラムも付いているため、はじめて終活ノートを書く人にもおすすめ。 自分自分に関すること、もしものときのこと、伝えておきたいことの3章構成でどこからでも自由に書き始められます。

  • ページ数 63ページ
  • B5判

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

エンディングノート 終活 エンディングファイル

こちらは使い勝手の良いリング式のホルダーファイルです。 通帳や保険などの書類をコピーして簡単に、確実に保管しておきたい人におすすめ。 フリーポケットには手紙や遺言書などを、メモ欄のあるポケットシートには写真をコメントと一緒に管理できます。 年表や要望書、金銭関連の終活プリントが付属し、A4ファイルで整理できるのも便利。 ファイルやシートは追加購入できるため、アレンジしやすいのも魅力です。

  • サイズ 幅34cm 高さ33cm 厚み6cm
  • 写真用ポケットシート(写真12枚収納)1枚
  • A4ポケットシート2枚
  • プリント7枚
  • フリーポケット4枚

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回はコクヨなどから販売されているおすすめの終活ノートを紹介しました。 訪れる死に備えて準備できる終活ノートは、30代前後の若者や40代以上のミドル層からも注目を集め、無料のアプリ版もあるほど。 年齢や性別、ライフスタイルによって書き方や内容が異なるため、商品選びのポイントを知っておくと安心です。 紹介したおすすめ商品も参考にしながら、自分らしく終活ができるエンディングノートを選んでください。