2022年最新 家族向けおすすめ大型洗濯機9選 ドラム式と縦型、人気メーカー、大きさの選び方や買い替え時の注意点

生活の必需品である、洗濯機。 「家族が増えたから大容量の洗濯機が欲しい」「洗濯機が古くなってきたからそろそろ買い替えたい」と思っても、選び方が分からない人も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では家族向けの大容量洗濯機を特集。 日立や東芝、シャープやパナソニックなどの人気メーカーから、2022年最新洗濯機を紹介します。 縦型洗濯機とドラム式洗濯機それぞれのメリットやデメリットを知ることで、あなたの家庭に合った洗濯機を探してみてください。

ファミリー向けなら洗濯容量10kg以上の大型洗濯機がおすすめ

洗濯機を選ぶ時にまずチェックするのは、洗濯容量です。

家族の人数によっても洗濯したい衣類の量が変わります。 大人1人の1日分の洗濯物の量は、一般的に1.5kg程度と言われており、4人家族なら、6kgの洗濯容量が目安と言われています。 しかし、実際には、共働きで毎日洗濯をする時間がない、家庭や水道台、電気代を節約したい等、数日に一回、まとめて洗うことも少なくありません。 また、衣類だけではなく大きなシーツや毛布まで家庭で洗濯することを考えると、10kg以上の大型洗濯機がおすすめです。

さらに、お父さんやお母さんの職業柄、制服や作業着などの洗濯が頻繁に必要な家庭や、子供がクラブ活動などで汚れものがたくさん出るようなら、さらに大きい10~12kgを選びたいところです。 予算や洗濯機を置くスペースも考えて、最適なものを選んでいきましょう。

家族のライフスタイルで選ぶ、縦型とドラム式洗濯機

一人暮らし向け、二人暮らし向けの洗濯機ではドラム式の洗濯機がほとんどありませんでしたが、家族向けの大型洗濯機からは縦型だけでなく、ドラム式の洗濯機の選択肢も出てきます。 このクラスの洗濯機をはじめて買う人はついついドラム式の洗濯機に目がいってしまいます。

しかし、縦型とドラム式、それぞれに得意とする性能やメリット、デメリットに違いがあります。 ライフスタイルや家族に合う方を選びましょう。

洗浄能力が高くコストパフォーマンスが優秀な縦型洗濯機の特徴

上面のフタをあけて洗濯物の投入をするタイプの洗濯機です。 洗濯槽に水を溜めて、水流を起こすことで汚れを洗い流してくれます。

縦型洗濯機のメリット

ドラム式と比較してサイズが小さいものも多く、安価でコストパフォーマンスが優秀

衣類が洗濯槽の中ですべて水にひたるので、洗浄能力が高く部分的な汚れも落ちやすい

縦型洗濯機のデメリット

水流をおこすため、衣類同士がからまりやすく、生地の傷みが早い

水量を必要とするものが多いので、ドラム式と比べると節水面で劣る

こんな家族におすすめ

子供が多く、外遊びでの泥汚れや、サッカーや野球の練習で靴下までもガンコな汚れがつくことが多い

戸建て住宅や、日当たりがよく、洗濯物を干せるベランダがあり、乾燥機能は重要ではない

夜間に洗濯をするなら、騒音が低い縦型を。洗濯時間が短い方がよい方も縦型がおすすめ

節水に効果的で乾燥機能が優秀なドラム式洗濯機の特徴

扉が正面についていて左右どちらかに開くタイプのものです。 ドラムを回転させ、衣類を上から下へ落とすことで、たたき洗いで汚れを落とします。 乾燥時は、衣類の間に空気が入りやすいため、縦型に比べ乾燥機能が良い傾向があります。

ドラム式洗濯機のメリット

少ない水で洗うため、節水効果が高く、衣類同士が絡みにくい

衣類を上から下へ落とすので、空気が入りやすく、乾燥機能が優れている

上面がフラットになるため、カゴを置くこともでき、洗濯物の出し入れがしやすい

ドラム式洗濯機のデメリット

縦型と比較してサイズが大きなものが多く、高価でコストパフォーマンスに劣る

複雑な構造になり、エラーが起きやすく、メンテナンスに手間を要する

乾燥機能を活用すると、電気代が高くなる

こんな家族におすすめ

高層マンションの規定でベランダ干しができない、道路に面した部屋で外干しをなるべくしたくない

花粉症やハウスダストなどのアレルギーのある家族がいて、外干しも部屋干しもなるべく控えたい

2022年版最新ファミリー向けのおすすめ縦型洗濯機

まずは、コスパと洗浄力の高さが魅力の縦型洗濯機を紹介します。 人気メーカー、日立やパナソニックの最新型の洗濯機の中から、10kg~12kgの大容量洗濯機を集めました。

東芝 (TOSHIBA) 全自動洗濯機 ZABOON AW-10DP1

衣類をほぐしてくれる脱水機能や静音性が特徴の全自動洗濯機

人々に素敵なくらしを提供する東芝(TOSHIBA)から、縦型洗濯乾燥機「ZABOON」を紹介。 ウルトラファインバブル洗浄Wを新たに搭載し、破裂の衝撃で汚れを浮かしてしっかり落とします。 脱水の最後にパルセーターを細かく動かすことで衣類をほぐせる脱水を実現しました。 静音性に優れており、仕事から帰ったあとでも洗濯することができるので、共働きの家庭にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅63.7cm 奥行64.2cm 高さ98.6cm
  • 洗濯容量 10kg
  • 乾燥容量 3kg
  • 標準使用水量(洗濯時) 119L
  • 洗濯時騒音レベル 29dB
  • 脱水時騒音レベル 37dB
  • 洗濯時標準コース目安時間 35分

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

東芝 (TOSHIBA) 全自動洗濯機 ZABOON AW-10VH1

繊維の隙間の汚れまで落としてくれる優秀な全自動洗濯機

ウルトラファインバブル洗浄Wで汚れを落とす、東芝(TOSHIBA)の洗濯機、ZABOONです。 ナノサイズの泡を作り出すことで界面活性剤の面積を増やし、繊維の隙間に入り込み、汚れをすっきり落とします。 自動で洗濯槽を掃除してくれるので、黒カビの発生を防げるところもうれしい点。 いつもの洗濯で繊維の奥まで洗えてすっきりすすげます。

  • 外形寸法 幅61.4cm 奥行62.8cm 高さ104.8cm
  • 洗濯容量 10kg
  • 乾燥容量 5kg
  • 標準使用水量(洗濯時) 115L
  • 洗濯時騒音レベル 28dB
  • 脱水時騒音レベル 37dB
  • 乾燥時騒音レベル 45dB
  • 洗濯時標準コース目安時間 42分

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

日立 (HITACHI) 全自動洗濯機 ビートウォッシュ BW-X100G

見た目の高級感が嬉しい&投入口の幅も大きい全自動洗濯機

高濃度の洗剤液をしっかり浸透させることで汚れを浮かし、大流量のナイアガラシャワーですっきり洗う日立(HITACHI)のビートウォッシュです。 傷がつきにくい強化処理ガラスを採用し、見た目も高級感がありおしゃれ。 投入口の幅が広いので、毛布などの大物も出し入れ簡単です。 干す時間を短縮できる「エアジェット」は、梅雨の時期にもおすすめの便利な機能。 本体幅は57.5cmとスリムなので、狭い防水パンにもすっぽりと収まります。

  • 外形寸法 幅60.8cm 奥行65cm 高さ105cm
  • 洗濯容量 10kg
  • 標準使用水量(洗濯時) 103L
  • 洗濯時騒音レベル 32dB
  • 脱水時騒音レベル 38dB
  • 洗濯時標準コース目安時間 35分

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

日立 (HITACHI) 洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DX120G

黄ばみや臭いが気になる人におすすめのミスト機能がある洗濯乾燥機

同じく日立(HITACHI)のビートウォッシュから、12kgの大容量と乾燥機能が特長の洗濯乾燥機です。 ナイアガラビート洗浄はそのままに、黄ばみやニオイが気になるときに活躍する温水ミスト機能を追加。 汚れの量や洗剤の種類、水温や布の素材に合わせて、AIが自動的に洗い方や洗濯時間を調節してくれます。 また、洗剤・柔軟剤タンク付きで、洗濯のたびに洗剤を投入する手間が省けます。 家族が多く、頻繁に洗濯する家庭におすすめの洗濯機です。

  • 外形寸法 幅65cm 奥行71.5cm 高さ106cm
  • 洗濯容量 12kg
  • 乾燥容量 6kg
  • 標準使用水量(洗濯時) 125L
  • 洗濯時騒音レベル 37dB
  • 脱水時騒音レベル 36dB
  • 乾燥時騒音レベル 43dB
  • 洗濯時標準コース目安時間 44分

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

2022年版最新ファミリー向けのおすすめドラム式洗濯機

つぎに、おしゃれで乾燥機能に優れたドラム式洗濯機を紹介します。 こちらも東芝やシャープなど人気メーカーの最新型の洗濯機の中から、10kg~12kgの大容量洗濯機を集めました。

東芝 (TOSHIBA) ドラム式洗濯乾燥機 ZABOON TW-127XP1R

ふんわり仕上げる大風量&大容量が魅力のドラム式洗濯乾燥機

ナノサイズの泡を発生させ、繊維の隙間の汚れもしっかり落とす東芝(TOSHIBA)の ドラム式洗濯乾燥機です。 大風量でふんわり仕上げる乾燥機能は、ダブルサイズの毛布も乾燥できる大容量。 スマートフォンのアプリで動かせるIoT家電の上に、静音性も抜群なので深夜のp外出中などでも気兼ねなく洗濯できます。 小さな子供がいる忙しい家庭にもおすすめの洗濯乾燥機です。

  • 外形寸法 幅64.5cm 奥行75cm 高さ106cm
  • 洗濯容量 12kg
  • 乾燥容量 7kg
  • 標準使用水量(洗濯時) 80L
  • 洗濯時騒音レベル 32dB
  • 脱水時騒音レベル 37dB
  • 乾燥時騒音レベル 49dB
  • 洗濯時標準コース目安時間 35分

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

日立 (HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-STX110GL

使い勝手のいいコースを搭載した機能性の高いドラム式洗濯乾燥機

自立する洗剤・柔軟剤の補充タンクが特長の、日立(HITACHI)のドラム式洗濯乾燥機です。 いちいち計量する手間が省け、洗濯機周りもすっきり。 洗い忘れや色物など、少量の洗濯物を短時間で行う「おいそぎコース」や、柔軟剤の香りを楽しみたい人におすすめの「香りコース」など、便利な機能満載です。

  • 外形寸法 幅63cm 奥行71.5cm 高さ106.5cm
  • 洗濯容量 11kg
  • 乾燥容量 6kg
  • 標準使用水量(洗濯時) 78L
  • 洗濯時騒音レベル 34dB
  • 脱水時騒音レベル 37dB
  • 乾燥時騒音レベル 48dB
  • 洗濯時標準コース目安時間 33分

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

日立 (HITACHI) ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-NX120GL

スマホと連携できる忙しい人におすすめのドラム式洗濯乾燥機

スマートフォンと連携して家事をサポートしてくれる、日立(HITACHI) のドラム式洗濯乾燥機です。 運転終了やお手入れ時期のタイミングを知らせてくれたり、本体にない洗濯コースを追加したりと洗濯がもっと手軽で便利になります。 自動で洗い方を判断してくれる「AIお洗濯」や、アイロンがけを楽にしてくれる「風アイロン」など、忙しいあなたに嬉しい機能が満載です。

  • 外形寸法 幅73.5cm 奥行62cm 高さ106cm
  • 洗濯容量 12kg
  • 乾燥容量 7kg
  • 標準使用水量(洗濯時) 85L
  • 洗濯時騒音レベル 34dB
  • 脱水時騒音レベル 37dB
  • 乾燥時騒音レベル 48dB
  • 洗濯時標準コース目安時間 33分

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

パナソニック (Panasonic) ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG2600L

洗剤や柔軟剤の自動投入もできる、除菌脱臭もできる洗濯乾燥機

ステンレスの輝きとキュービックのフォルムがおしゃれな、パナソニック (Panasonic)のドラム式洗濯乾燥機です。 洗剤・柔軟剤は自動投入が可能で、スマホで遠隔操作することにより外出先でも洗濯を開始することができます。 「ナノイーX」は衣類についた花粉の抑制や、ぬいぐるみや帽子の除菌や消臭が可能。 洗濯機のデザインにもこだわりたい、かつ洗濯物のニオイや菌が気になる人にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅63.9cm 奥行105cm 高さ66.5cm
  • 洗濯容量 10kg
  • 乾燥容量 5kg
  • 標準使用水量(洗濯時) 78L
  • 洗濯時騒音レベル 32dB
  • 脱水時騒音レベル 42dB
  • 乾燥時騒音レベル 46dB
  • 洗濯時標準コース目安時間 30分

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

シャープ (SHARP) 無線LAN対応 ドラム式洗濯乾燥機 ES-W114

マイクロ高圧洗浄で汚れを洗い落とせるドラム式洗濯乾燥機

ハーフミラーガラストップを採用した、洗練されたモダンデザインがおしゃれなシャープ(SHAR61W93NtvPPL.AC_SL1500.jpg ]P)のドラム式洗濯乾燥機です。 マイクロ高圧洗浄でガンコな汚れも弾き飛ばします。 襟汚れなどの予洗いに便利な「マイクロ高圧洗浄」や、お風呂の残り湯を活用しやすい「ふろ水ポンプ」を搭載。 プラズマクラスターにより、衣類も洗濯層も清潔に保ちます。 無線LAN対応なのでスマホから遠隔操作できるところもポイント。

  • 外形寸法 幅64cm 奥行72.7cm 高さ111.5cm
  • 洗濯容量 11kg
  • 乾燥容量 6kg
  • 標準使用水量(洗濯時) 78L
  • 洗濯時騒音レベル 30dB
  • 脱水時騒音レベル 37dB
  • 乾燥時騒音レベル 39dB
  • 洗濯時標準コース目安時間 35分

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

買い替え時の注意点

家族向けの大型洗濯機を購入する場合、ほとんどは古い洗濯機から新しい洗濯機への買い替えだと思います。 そのため、古い洗濯機の処分方法や費用についてもチェックしておきましょう。 洗濯機を処分するには、家電リサイクル法によりおよそ3000円くらいの料金がかかります。

業者に引き取りにきてもらう場合は、このリサイクル料金に加え、運搬料もかかります。 洗濯機自体の価格はネット購入のほうが安いことがほとんどですが、家電量販店等では古い洗濯機の引き取りや下取りサービスを行っていることもあるので、そういった費用や手間を考えると量販店で購入したほうが安くすむ場合もあります。

まとめ

日立や東芝、シャープやパナソニックなどの人気メーカーから、2022年最新洗濯機を紹介しました。 どこのメーカーも、洗浄力や機能性・静音性などにこだわり、デザインもおしゃれな洗濯機を展開しています。 まずは設置スペースを計測し、「ここにあの洗濯機を置いたらどうだろう」とイメージをふくらませてみてください。 購入からの搬入、設置までもスムーズに進められるように、そして何より毎日の洗濯が楽しくなるように、家庭に合った洗濯機を選んでください。

関連記事