光るキーボードおすすめ8選 PC作業が楽になるワイヤレスの商品も紹介

キーボードの背景から光が漏れている画像

暗い部屋でPC作業をする時に便利なのが、バックライト内蔵の「光るキーボード」。 文字が見やすくなるので作業がしやすく、効率を上げるのに役立ちます。 今回この記事では、光るキーボードを選ぶ時のポイントを解説。 ロジクールやサンワサプライなど、有名メーカーのおすすめ商品も紹介するので、参考にしてみてください。

バックライト付きキーボードの特徴と魅力

光るキーボードは、本体にLEDライトが内蔵されているキーボード。 キートップの文字をLEDライトが浮かび上がらせてくれるのが特徴です。 光ることでクールな雰囲気も演出できるので、PC周りのデザインにこだわりたい人にもおすすめ。 PCゲームとの相性もとてもよく、ゲーマーの人たちに最適なアイテム。 キーボードによって機能の種類や使う場面などもさまざまなので、シーンに合わせて使えるのも魅力の一つです。

光るキーボード・バックライト付きキーボードの選び方

光るキーボードを選ぶ時に意識したいポイントを紹介します。 キーボードの使いやすさはPCでの作業効率を大きく左右するので、きちんとチェックしておきましょう。

キーボードのサイズや形状で選ぶ

光るかどうかを問わず、キーボード選びでまず意識したいのが「サイズ」。 通常、キーボードの右側についていることが多い数字入力のための「テンキー」がないタイプはスペースを広く使えます。 持ち運びが楽な薄型タイプや長時間使うなら手が疲れにくいリストパッドつきのものなど、商品ごとのメリットを考慮して選びましょう。

キーの種類で選ぶ

キーの内部構造の種類は、大きく分けて3つ。 押した感触がしっかり得られる「メカニカル」、価格が手頃な「メンブレン」、薄型でタッチの軽い「パンタグラフ」です。 中でもメカニカル式は、クリック感が強い「青軸」、軽いタッチの「赤軸」などいくつか種類があります。 商品説明や口コミなどを参考に、自分の好みに合いそうなものを選びましょう。

ワイヤレスか有線か接続方法で選ぶ

接続方法で光るキーボードを選ぶのもおすすめです。 有線接続は電源切れの心配がない、入力の遅延が少ない、といった点が魅力で、難しい設定も不要。 一方ワイヤレス接続は邪魔になりやすいケーブルがないため、作業スペースをすっきりさせておきたい人におすすめです。 また外に持ち運ぶことが多い場合も、ワイヤレスの方が便利です。

対応OSをチェックする

今使っているOSにキーボードが対応しているかどうかも、忘れずにチェックしましょう。 汎用として使えるマルチなキーボードも中にはありますが、やはりWindowsのみに対応しているタイプが主流。 OSに対応していないキーボードを選んでしまうと使えないので、購入前に必ず確認が必要です。 OSのバージョンが古い場合も認識されずに使えない可能性があるので、あわせてチェックしましょう。

LEDライトの色で選ぶ

光るキーボードを選ぶ以上、最も気になるのはやはりバックライトの「色」。 カラフルな演出を存分に楽しみたい人には、いくつもの色から選べるLED機能を搭載したキーボードがおすすめ。 また、派手な光は要らないという人は、ライトはあえて白や青など1色のみの仕様を選ぶ、というのもひとつの方法です。 自分の好みにあったライトの色を見つけてみるのもいいでしょう。

輝度調節や自動消灯ができると便利

電力を無駄に消耗しないためにも、必要のない時まで煌々とバックライトを光らせておくのは避けたいもの。 省エネを意識している人は、光るキーボードの機能性もチェックしましょう。 周辺に人がいないと自動的にスリープ状態になるものや、自然な明るさに調整できるものなどもあります。 必要に応じて、欲しい機能で選んでみるのもおすすめです。

光るキーボード・バックライト付きキーボードおすすめ8選

ここからは、おすすめの光るキーボードを紹介します。 ロジクールやサンワサプライなど有名メーカーの品をはじめ、バックライトの色を選べるものなど、さまざまな商品を集めました。

アルテック (Arteck) ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード 7カラーLEDバックライト

持ち運びやすい超薄型デザインと静かなタッチ音が魅力のワイヤレスキーボード

とても薄くて軽く、シンプルなキーボード。 大きさはちょうどiPad Airくらいで、持ち運びもスムーズです。 バックライトは7色から選べて、さらに2段階の明るさ調整とオートスリープ機能もついています。 Windowだけでなく、Mac OSやiOS、Androidなど、幅広いOSに対応しているのも嬉しいポイント。

  • 外形寸法 幅24.6cm 奥行15cm 高さ0.6cm
  • 重量 167g
  • バックライト 7色
  • 接続方法 ワイヤレス
  • 対応OS iOS、Android、MacOS、Windows

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

コルシア (CORSAIR) K63 ワイヤレスメカニカルゲーミングキーボード CHERRY MX CH-9145030-JP

取り外しできるリストパッド付きゲーミングキーボードは日本語配列で普段使いも

ゲームでのパフォーマンスを高めたい人におすすめの「ゲーミングキーボード」。 クールな青い光が没入感を高めてくれます。 ドイツ「CHERRY」社製造の高品質なメカニカルキーを搭載。 その中でも軽いタッチで音も静かな「赤軸」タイプを採用しています。 取り外しのできるリストパッドがついており、手首が疲れにくいのも魅力的です。 テンキーはありませんが、日本語配列なので普段使いもしやすいでしょう。

  • 外形寸法 幅36.6cm 奥行17.3cm 高さ4.1cm
  • 重量 1009g
  • キー メカニカル
  • バックライト 1色
  • 接続方法 ワイヤレス、USB
  • 対応OS Windows7、Windows8、Windows8.1、Windows10

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ロジクール (Logicool) WIRELESS ILLUMINATED KEYBOARD K800T

手を感知するセンサーで自動オンオフ、輝度も調整できる便利な薄型キーボード

マウスなどで有名なスイスのメーカー「ロジクール」のキーボードです。 白い光で文字だけが浮かび上がる、シンプルな仕様。 手や周囲の明るさを感知するセンサーを搭載しており、必要な時だけ、必要な明るさで光ってくれる賢い商品です。 薄くて安定した打鍵感がある「パンタグラフキー」を採用。 中心部分を少しへこませた形状のおかげで、指になじみやすく快適な使い心地です。

  • 外形寸法 幅44.7cm 奥行19cm 高さ2.5cm
  • 重量 672g
  • キー パンタグラフ
  • バックライト 1色
  • 接続方法 ワイヤレス
  • 対応OS WindowsXP、WindowsVista、Windows7、WindowsRT、Windows8、Windows10、MacOS10.5以降

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

e元素 ゲーミングキーボード 赤軸81キーアンチゴーストキー RGB発光LEDバックライト付き

レインボーカラーで光る赤軸タイプのゲーミングキーボードは防水仕様で安心

色は白からレインボーまで、10種類ものライティングモードを搭載したキーボード。 用途やその日の気分によっていろいろな照明効果を楽しめます。 メカニカルキーの中でも打鍵音が小さく、ゲーム実況などにも便利な「赤軸」タイプです。 防水設計で裏面には水抜き用の穴もあり、水がかかっても安心。 日本語配列ではないのでその点には注意しましょう。

  • 外形寸法 幅31cm 奥行12.3cm 高さ3.7cm
  • 重量 790g
  • キー メカニカル
  • バックライト 10色
  • 接続方法 USB

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

レイザー (Razer) BlackWidow Lite RZ03-02640800-R3J1

コンパクトで静音、作業しやすい白色バックライトのキーボード

サンフランシスコに拠点を置くデバイスメーカー「Razer」社の一品です。 メーカー独自の「Razer オレンジメカニカルスイッチ」は、ほどよいクリック感がありながらも静音性に優れ、耐久性も高いのが特徴。 さらに付属の「O-リング」を装着することで、より音を抑えられます。 バックライトは白のみですが、明るさの調整は可能。 ライティングはシンプルなもので十分、という人に支持されています。

  • 外形寸法 幅36.1cm 奥行13.3cm 高さ3.62cm
  • 重量 660g
  • キー メカニカル
  • バックライト 1色
  • 接続方法 USB
  • 対応OS Windows7以降

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

エヌピーイーティー (NPET) ゲーミングキーボード LED バックライト HYJP1-ECCAK10P-JP-RT

人間工学に基づいたデザインと軽いキータッチが使いやすい

こちらは、7色に光るLEDがカラフルなゲーミングキーボード。 人間工学に基づいた階段状の設計で手が疲れにくく、底面の滑り止めゴムのおかげで使用中にずれることもなく快適です。 キーはメンブレン方式ですが、メカニカル式に似た心地よい打鍵感が特徴で、6000万回まで使用可能。 また、Macに対応しているのも便利な点です。

  • 外形寸法 幅44cm 奥行13.5cm 高さ3.5cm
  • 重量 750g
  • バックライト 7色
  • 接続方法 USB
  • 対応OS WindowsXP、WindowsVISTA、Windows7、Windows8、Windows10、MacOS

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

サンワサプライ (sanwa supply) バックライト機能付きキーボード SKB-WAR3

気分によって3色に切り替えられるバックライト搭載が嬉しい

PC関連メーカー「サンワサプライ」のキーボード。 青、白、ライトパープルの3色のバックライトと、色を自動で切り替えるイルミネーションモードを楽しめます。 こちらもメンブレンキー採用ながら、歯切れのよい快適なキータッチを楽しめるのが魅力です。 amazonの口コミでも「洗練されたシンプルなデザインの商品がリーズナブルな価格で買える」とコストパフォーマンスの良さが高評価。

  • 外形寸法 幅45cm 奥行14.3cm 高さ3.8cm
  • 重量 930g
  • キー メンブレン
  • バックライト 3色
  • 接続方法 USB
  • 対応OS Windows7、 Windows8、 Windows8.1、 Windows10

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ロジクール (Logicool) RGBゲーミング キーボード G213 PRODIGY

ライティングをカスタマイズできるのでゲームや音楽に合わせて自由に設定

「ロジクール」のゲーミングキーボードです。 バックライトは1680万色から選択可能で、先進的な「LIGHTSYNC RGB」機能も採用。 ゲーム内のアクションやサウンドとLEDを連動させることで、より臨場感あふれるプレイを楽しめます。 独自開発の「Mech-Domeキー」が、メカニカルキーを思わせる上質な押し心地とレスポンスの良さを実現。 音は静かなので、実況にも適しています。

  • 外形寸法 幅45.2cm 奥行21.8cm 高さ3.3cm
  • 重量 1000g
  • キー メンブレン
  • バックライト 1680万色
  • 接続方法 USB
  • 対応OS Windows7以降

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は、ロジクールなどの有名メーカーから販売されている、LEDライトを内蔵した「光るキーボード」のおすすめ品を紹介しました。 バックライトの色などはもちろんですが、そのほかにもサイズや対応OSなどは、購入前に確認しておきましょう。 商品説明や口コミを参照しながら自分に合ったものを見つけて、お気に入りの光るキーボードを見つけて下さい。

関連記事