イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

おすすめヒップシート9選 抱っこ紐との比較や人気のポルバンなどのおしゃれなヒップシートを紹介

赤ちゃんとお母さんのオブジェの写真

赤ちゃんが一人歩きできるようになり、常に抱っこしている時期は過ぎても、甘えたい時や眠い時にはまだ抱っこが必要です。 抱っこ紐は便利なアイテムですが、使わない時は荷物になり、無ければ腕が疲れてしまうなんてことも。 そんな時期に便利な育児アイテムとして「ヒップシート」が注目されています。

ヒップシートは装着が簡単、抱っこ紐と比較して肩や腰への負担が少ないなどのメリットから、近年人気のアイテム。 この記事では、ヒップシートの種類や抱っこ紐とのメリットデメリットを比較して選び方を説明。 安い価格帯のものから、ポルバンなど人気ブランドから販売されるおしゃれなアイテム、折りたたみ可能な便利なものなど、おすすめの商品を紹介します。

ママやパパの負担を減らすヒップシートとは

ヒップシートとは、腰に巻いた台座部分に赤ちゃんを座らせるアイテムです。 抱っこするママやパパの体、特に肩や腕への負担が少ないという点で注目されています。 また、装着しやすい他、小物を収納できるタイプや、安い価格帯のものや折りたたみ可能でバッグに入れられるタイプもあるなどのメリットも。 人気メーカー、ポルバンなどから販売されているヒップシートは、安全性と快適性に配慮しされています。 ぜひヒップシート選びの参考にしてください。

ヒップシートと抱っこ紐との違いを比較

抱っこ紐との違いを比較し、説明します。 赤ちゃんの体やお尻を包むような形の抱っこ紐と比較すると、ヒップシートでは腰ベルト上の台座に赤ちゃんが座る形になり、安定感があります。 赤ちゃんの体重が分散することからママやパパの肩や腰への負担が軽減されるという点も。

また、上半身全体に装着が必要な抱っこ紐と比較して、ちょっとした抱っこが楽にできる、収納スペースに小物を入れて移動できるなどのメリットも。 一方、ヒップシートは抱っこ中に背中を支える必要がある、ベルトが食い込むことがある、などの点もあるので、正しい位置で使用しヒップシートを上手に活用しましょう。

ヒップシートはいつからいつまで使える?

ヒップシートは、生後7ヶ月頃のおすわりがしっかりできるようになった時期から使えるものが主流。 抱っこひもタイプや肩掛けタイプなど、首が座るまでは横抱き、首がすわった4ヶ月頃からは対面抱っこ、腰がすわれば前向き抱っこやおんぶが可能など、使用方法を守ることで、より低月齢から使用できるものもあります。 また、多くのヒップシートは耐荷重が15kg前後のものが多く、ヒップシートを使える対象月齢は最大36か月、3歳程度までとなっています。 製品によって対象月齢が異なるので、対象月齢を参考に、安全に使用しましょう。

ヒップシートの選び方

ヒップシートには、腰巻きや抱っこ紐タイプ、折りたたみタイプなど種類はさまざま。 代表的な種類と選び方を紹介します。

手軽に使える定番の腰巻タイプ

ヒップシートといえばまずこのタイプ。 ウエストポーチのように腰にベルトやバックルで固定するだけの装着方法で、赤ちゃんの抱きおろしが簡単なタイプです。 赤ちゃんが落下しないように手で支える必要はありますが、ママやパパの体への負担は少なく、ヒップシートをはじめて試す人にもおすすめのタイプです。

負担を分散する肩掛けや抱っこ紐タイプ

ヒップシートは抱きおろしの簡単さがメリットですが、低月齢のうちは抱っこする時間やお昼寝をすることも多く、その間ずっと片手で支え続けると腕が疲れてしまうことも。 そんな時はショルダーバッグ型で、腰に加えて肩でも赤ちゃんを支えられる肩掛けタイプや、両手が自由になり、腰巻タイプと比較するとより安定して赤ちゃんを抱っこできる抱っこ紐タイプのヒップシートもおすすめです。

シート部分の収納やおしゃれなデザインも決め手のひとつ

赤ちゃんとのお出かけはおむつや着替えなど荷物が多くなりがち。 そんな時、頻繁に出し入れする小物や赤ちゃん用マグを入れられる収納付きのヒップシートが便利です。 また、男女問わず装着しやすいシンプルかつおしゃれなデザインの人気商品も多く、パパ用として、またプレゼントとしてもおすすめです。

持ち運びに便利な折りたたみできるものも人気

ヒップシートを折りたたみ収納できるタイプは、普段はマザーズバッグの中に入れておいて、必要な時に取り出して使うこともでき便利です。 「抱っこの頻度は減ってきたけど、途中で眠ってしまった時や子供が疲れてきたときに使いたい」という場合や、荷物の多い旅行の際などには折りたたみタイプがおすすめです。

安いだけではなく安全に使えるものを

ヒップシートは価格もさまざま。 数千円の安い価格帯のものから、3万円前後のものまで幅があります。 安い価格帯は魅力ですが、その商品が赤ちゃんの月齢や個性にあっているかを見極めた上で購入することが大切です。 素材や耐久性も含め、安いか高いかに加えて、安全に使えるかどうかも欠かさずチェックしましょう。

洗濯や衛生面の確認

たくさん汗をかく赤ちゃんを支えるヒップシートは、洗濯可能かどうかも大きなポイント。 製品によっては洗濯機が使えるもの、手洗い指定のものがあり、平干しなど干し方の指定がある場合も。 型崩れなどを防いで清潔に安全に使い続けるために、洗濯表示を確認しましょう。 洗濯不可の場合は、よだれカバーやタオルを付けたり、大人の汗も使用後に拭き取るなどの対策をおすすめします。

おすすめのヒップシート9選

安い価格で購入しやすいもの、ポルバンなどおしゃれで機能が充実したものや、コンパクトに折りたたみ可能なものまで、ヒップシートのおすすめ商品を紹介します。

ポグネー (POGNAE) ヒップシート ナンバーファイブネオ

ポグネーは、2005年韓国で生まれたお出かけ用品ブランド。 No.5シリーズはスポーツウェアに使われる防水加工生地を使用しており、汚れや摩擦への強さ、色褪せにくさが魅力です。 シートには全面にシリコンシートを使用。滑り止めとホールド感に優れています。 また、ヒップシート単体での販売で、リーズナブルなのも嬉しいポイントです。

  • サイズ ウエスト~100cm
  • 材質 シリコンシート滑り止め
  • 対応月齢 ~36ヶ月

楽天市場 Yahoo!ショッピング

テラスベビー (TeLasbaby) ダグ1 (DaG1) ヒップシート テラスベビー

こちらはたたんでコンパクトになる持ち運びに便利なヒップシート。 通勤バッグやマザーズバッグに入れておけるサイズで、保育園の送り迎えや少し抱っこするときにも便利です。 シンプルデザインながら、スマホやパスケースを入れられるファスナーつきポケットが付いています。 口コミでは「作りもしっかりしていて満足」と品質も高評価を得ています。

  • サイズ ウエスト60cm~105cm
  • 材質 ポリエステル、綿
  • 対応月齢 3ヶ月~36ヶ月

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ポルバン (POLBAN) ヒップシート 腰で支える抱っこひも P722010

ヒップシートなどで人気のブランド「ポルバン」からは、太い腰ベルトで赤ちゃんの体重を分散できる商品を紹介。 滑り止めと通気性に優れたメッシュ素材を採用した座面は角度付きで、安全に抱っこができます。 3種類の抱き方が可能で、別売りのポルバンのショルダーベルトを合わせて使うことで月齢4か月以降の首が座った赤ちゃんを抱っこすることもできます。

  • サイズ ウエスト62cm~105cm
  • 材質
  • 表地 綿100%
    • メッシュ ポリエステル100%
    • テープ ポリエステル100%
  • 対応月齢 腰がすわってから(7ヶ月頃)~36ヶ月(体重約15kg)

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ケラッタ (kerata) 4WAYヒップシート

こちらは成長に合わせて、新生児から3歳ぐらいまで長く使えるヒップシート。 背中部分がメッシュ仕様になっていてムレ対策は万全。 クッション性に優れた肩パットやずり落ちの心配のないH型ストラップ、二重の腰ベルトで、安全に、体への負担を減らして抱っこができます。 分離することで腰巻タイプのヒップシートとしても使用可能です。

  • サイズ フリー
  • 材質 ナイロン
  • 対応月齢 3ヶ月~36ヶ月

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ポルバン (POLBAN) ヒップシート抱っこひも ウエストポーチタイプ P7293

こちらは「ポルバン」ヒップシートの進化版。 ダブルショルダーがセットになり、装着することで4か月以降の首が座った赤ちゃんから使用できます。 座面にはずり落ち防止クッションと滑り止め付き。 座面下の収納部分の容量が増え、ダブルシートがすっきり収納できます。ゼブラ柄を含めたおしゃれな4色展開です。

  • サイズ ウエスト62cm~105cm
  • 材質
    • 表地 綿100%
    • メッシュ ポリエステル 100%
    • テープ ポリエステル100%
  • 対応月齢 腰がすわってから(7ヶ月頃)~36ヶ月

楽天市場

ミアミリー (MiaMily) ヒップスタープラス (HIPSTER PLUS)

「育児腰痛」に悩むママが考えたスイスのブランドの抱っこ紐です。 幅の広いショルダーやベルトで、抱っこする側の肩や腰の負担を軽減しています。 股関節に負担をかけない3Dヒップベースで赤ちゃんに最適なM字ポジションを保ち、親子共に自然な形で抱っこすることができるアイテム。 口コミでは「肩や腰の痛みも軽減されました」と大人気の商品です。

  • サイズ 幅33cm 奥行35cm 高さ52cm
  • 対応月齢 4ヶ月(4.1kg)~4歳頃(20kg)

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ポグネー (POGNAE) ヒップシートキャリア ナンバーファイブネオ (NO5neo)

ポグネーのNo.5シリーズに新機能が搭載されたヒップシート。 バリバリ音のしないサイレントファスナーで簡単に静かに腰ベルトを取り外せます。 腰の反り返りを防ぐコルセットボーンで長時間の抱っこも楽にできるように。 お昼寝時にうれしいスリーピングフードが2種類標準装備されています。 防水加工と見返しのおしゃれな柄がポイントの3色展開です。

  • 材質 オーガニックコットン、EPP(発泡ポリプロピレン)
  • 対応月齢 ~36ヶ月

楽天市場 Yahoo!ショッピング

ポグネー (POGNAE) ヒップシートキャリア オルガ

ポグネーのオルガはパステルカラー展開のおしゃれで優しいデザイン。オーガニックコットン100%で肌への優しさも追及しています。 2つのデザインを楽しめるリバーシブル仕様のフロントカバーは、外すとメッシュ素材になり、オールシーズン快適に使用できます。 赤ちゃんのひざが自然に90~120度まで開ける仕様で、赤ちゃんに無理のないM字型姿勢での抱っこができます。

  • サイズ ウエスト~100cm
  • 材質 オーガニックコットン、EPP(発泡ポリプロピレン)
  • 対応月齢 ~36ヶ月

楽天市場 Yahoo!ショッピング

ベビーキャリー ヒップシート

赤ちゃんをしっかり守り、ママやパパの負担軽減にもこだわった、優しいカラー展開のヒップシート。 緩やかなへこみのシリコン滑り止めヒップシートで、揺れの衝撃を軽減し、赤ちゃんのおしりをしっかり保護します。 前向き抱っこ時にベルトを噛む赤ちゃんのために、ホールド式で洗濯可能な、衛生的に使えるよだれかけを配置。 肌に優しい同素材は赤ちゃんの脚の付け根部分の摩擦軽減にも役立っています。

  • サイズ 全⻑50cm 腰ベルト全⻑118cm
  • 対応月齢 ~36ヶ月

楽天市場 Yahoo!ショッピング

まとめ

今回は、大切な赤ちゃんを抱っこする際にママやパパの体への負担を軽減するヒップシートについて、抱っこ紐との比較や人気のポルバンなどおすすめ商品を紹介しました。 抱っこ紐の2代目としておしゃれなものを選んだり、折りたたみタイプを持ち運び用として利用したりと、各家庭や赤ちゃんの個性に応じて様々な形で利用できます。 使用シーンや求める機能を考慮し、好みにあったヒップシートを選びましょう。