足洗いブラシ・フットブラシおすすめ9選 角質ケアに効果的な洗い方も紹介

出典:amazon.co.jp

※本ページにはプロモーションが含まれています

肌の露出が増える暑い季節には、足のにおいや汚れが気になることも多いでしょう。
フットブラシは、そんな時に活躍するおすすめの足洗いグッズです。
この記事では、おすすめのフットブラシや選び方、足の洗い方などを紹介します。
フットグルーマーグランなど、口コミでも話題の商品も紹介するので、参考にしてみてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

足洗いグッズのフットブラシとは?

フットブラシ・足裏ブラシで足を洗うことによって得られるメリットはたくさんあります。
例えば、足裏から指と指の間など洗いにくい箇所まで隅々洗えるため、足裏のにおい対策にぴったり。
また、足洗い中は足裏を適度に刺激されるので、歩き回って疲れた足を心地よく癒してくれます。
さらに、ブラシによるマッサージ効果で血流促進も期待できるため、足の先が冷えやすい人にもぜひ試してほしい足洗いグッズです。

フットブラシの選び方

さまざまな種類があるフットブラシ・足裏ブラシ。
使いやすさや特徴などを踏まえた、足洗いマットを選ぶときのポイントを解説します。

マットタイプなど目的に合ったタイプで選ぶ

足洗いグッズの種類は主にマットタイプ、ブラシタイプ、シューズタイプの3つ。
マットタイプは床に置いて使うフットブラシで、手を使わず座ったまま足を洗えます。
ブラシタイプは指の間や爪の間をしっかり洗って、においケアしたい人にぴったり。
シューズタイプはスリッパのような見た目で、足の裏から足の甲まで一度に丸洗いできるのが魅力です。

シリコンなど素材に注目

足裏ブラシと一口にいっても、使われている素材によって使用感は大きく異なります。
例えばマッサージも兼ねてしっかり洗いたい人にはPVC製の足裏ブラシがおすすめ。
肌がデリケートな人には、やわらかく優しい質感のシリコンやエストラマーの足裏ブラシも良いでしょう。
商品のスペックを比較しつつ、どの素材が自分に合うのか考えてみて下さい。

ニトリなどのメーカーにこだわる

低価格で高品質な商品を多く手掛けるニトリからも、足裏ブラシは販売されています。
ニトリは安価で気軽に購入できるのが良い点ですが、他に使うときに気分が上がるような、有名メーカーの足裏ブラシもおすすめです。
特に、SNSでも話題になっているフットグルーマーマニキューレやフットグルーマーグランは通販サイトの口コミ数も桁違い。
どれが良いかわからないという人にも、足洗いグッズを選ぶ指標になるでしょう。

抗菌加工なら手入れも簡単

においの元でもある雑菌が多い足裏なので、できれば抗菌加工が施された足洗いマットを選びたいものです。
中には、化学物質を一切使用せず、天然素材のみを使った抗菌剤を用いた足洗いマットもあります。
足洗いマットに雑菌が残ってしまうと、においのもとになる可能性もあるため、使用後はしっかり洗って乾かすようにしましょう。

付属品やフック付きに注目する

足洗いマットの付属品や付加機能についてもチェックが必要です。
指・足裏・足の甲など場所によって毛足の長さを変えた足裏ブラシもあります。
マットタイプに多い吸盤付き足裏ブラシは、使い終わった後にバスルームの壁にくっつけておけるなど使い勝手が良いのが特徴。
吸盤なしでも、フック穴があればタオル掛けにさっと掛けられて便利です。

口コミにも注目して選ぶ

実際に購入して使っている人が投稿する、通販サイトの口コミにも目を通しておきましょう。
ニトリなど有名メーカーから選ぶというのも良いのですが、さまざまな角度からの意見が集まる口コミは信頼できる情報源です。
特にフットグルーマーマニキューレやフットグルーマーグランは口コミ数が多く、参考になる足の洗い方などもあるので是非チェックしてください。

フットブラシを使った効果的な足の洗い方

足を洗うことでさまざまなメリットがある、魅力的なフットブラシ。
ここからは、フットブラシを使った足の洗い方を紹介します。

  1. フットブラシにお湯をたっぷりかけ、石鹸やボディーソープをなじませる
  2. 椅子に座り、フットブラシに両足を乗せ、前後に動かしながら洗う
  3. 泡をしっかりと洗い流し、吊るしたり壁に貼ったりして水気を切って保管

フットブラシを使った足の洗い方はとても簡単なので、気軽に毎日のバスタイムに取り入れることができます。
洗う時間は好みですが、約1分~の使用がおすすめです。
上記の足の洗い方だと泡立ちにくいという場合は、泡立てネットなどで作った泡を乗せると良いでしょう。

足洗いに便利な足裏ブラシ9選

ここからは、足洗いグッズであるフットブラシのおすすめ商品を紹介します。
価格や商品ページ、口コミを読んでぴったりのフットブラシを見つけましょう。

Fafe フットブラシ 足洗いマットブラシ f-footburasi

肌触りの良さが魅力の優しいフットブラシ

足の裏や側面、爪先の奥までしっかりと洗える、足全体対応の3Dデザインフットブラシ。
角質除去やストレス解消、血流改善に役立つ商品です。
背中など、体も洗えるほど肌触りがいいのが魅力の一つ。
使い終わったらフックに掛けて吊るして、省スペースで収納できるのもうれしいポイントです。

  • 外形寸法 幅30cm 奥行23cm 高さ3cm
  • 材質 TPE (熱可塑性エラストマー)

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

小久保 (KOKUBO) Foot Cute 足指キレイブラシ

足指など細かい箇所までしっかり洗える

小型で持ち運びにも便利なブラシタイプの足洗いグッズです。
シリコンやPVC製のブラシと違い、ナイロンでできた微細なブラシを採用しているため、足指など細かい箇所までしっかり洗うことが可能。
amazonの口コミでも「使い心地が良い」と品質の高さが評価されています。
質感は柔らかめの足裏ブラシなので、ゴシゴシ洗いたいという人には少し物足りなく感じるかもしれません。

  • 外形寸法 直径2.5cm 高さ7cm
  • 材質 ポリエチレン、ステンテス、ナイロン (耐熱温度80°C)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ニトリ (NITORI) フットブラシ

リーズナブルな価格が嬉しいニトリの足洗いマット

家具家電メーカーであるニトリからもフットブラシが販売されています。
ニトリのフットブラシは、足指の方は長め、足裏全面の方は少し短めと、毛足の長さや密集度が異なるのがポイント。
背面には吸盤がたくさん付けられているため、足洗いの途中にずれにくく、乾かすときはバスルームの壁に貼り付けることができます。
ニトリファンの人やリーズナブルな足洗いマットが欲しい人におすすめのフットブラシです。

  • 外形寸法 幅28cm 奥行25cm 高さ4cm
  • 材質 PVC

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

トーン (tone) フットブラシ 足裏専用ウォッシュブラシ

コロンとしたフォルムと豊富なカラバリが魅力

こちらはフックが付いたトーンの足裏ブラシ。
りんごのようなコロンとしたフォルムが可愛いデザインです。
落ち着いた印象のブラックや、使うたびに気分が上がるピンクなど、豊富なカラーバリエーションも魅力の一つ。
70度までの耐熱仕様なので、使い終わったらお湯で殺菌消毒して手入れするのもおすすめです。

  • 外形寸法 幅25cm 奥行28cm 高さ0.4cm
  • 材質 PVC

楽天市場で見る
amazonで見る1,577円
Yahoo!ショッピングで見る

<!– ### フットブラシ 足洗いマットブラシ

足裏を効率よくマッサージ・クレンジングできるよう毛足の長さが場所ごとに異なり、極上の洗い心地を実現した足洗いマットです。
さらに、女性の肩幅ほどのサイズ感で全面に吸盤がついているため、壁に取り付ければ背中洗いも簡単。
ブラシは柔らかなTPE素材のためデリケートな背中も優しく洗うことが可能です。
Amazonでは、「足裏のガサガサケアとして、デイリーユースにちょうど良い」と高評価の口コミもありました。

– 外形寸法 幅30cm 奥行23cm 高さ3cm
– 材質 TPE(耐熱温度70°C)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る–>

ハシー (Hashy) 足裏洗ったことありますか?

足裏に心地よい刺激を与えるスクエア型凸凹ブラシ

おもちゃや雑貨が人気のHashyから、スクエア型のフットブラシ「足裏洗ったことありますか?」を紹介。
程よいかたさで足裏に心地よい刺激を与え、凸凹したブラシで自分の気になる部分を入念に洗うことができます。
足裏だけでなく、足の側面まで包み込むように設計されているのもポイント。
カラーバリエーションは清潔感のあるピンクとグリーンの2色で、バスルームを明るく彩ります。

  • 外形寸法 幅30.3cm 奥行38.0cm 高さ32.5cm
  • 材質 TPE(耐熱温度80°C)

楽天市場で見る
amazonで見る1,870円
Yahoo!ショッピングで見る

トーン (tone) 抗菌フットブラシ シェル

貝殻型がかわいい泡立ちの良いフットブラシ

こちらは貝殻の形がかわいいフットブラシ。
天然成分で作られたスカローという抗菌剤を配合しています。
足の指の間にしっかり入り込む前方の長めのブラシや、程よい刺激をプラスする中央部とかかとの太めのブラシが特徴。
泡立ちもよく、足の汚れをしっかりと洗い流します。
裏面は吸盤になっているためタイルなどに貼り付き、安定感のある使い心地で、収納にも便利。
おしゃれで価格も安いので、初めてのフットブラシにおすすめです。

  • 外形寸法 幅25cm 奥行28cm 高さ4cm
  • 材質 PVC、貝殻焼成カルシウム(水酸化カルシウム)

楽天市場で見る
amazonで見る1,500円
Yahoo!ショッピングで見る

大阪銘板 ヘルシーフットウォッシャー

上下から側面までしっかりと洗えるロングセラー商品

独特の形状が特徴的な足洗いマット。
安心の日本製で、心地よい爽快感で足の悩みをケアできるロングセラー商品です。
包まれているような感覚が心地よく、足の裏から土踏まず、側面までしっかりと洗えます。
ラベンダーパープルやライムグリーンなど、豊富なカラーバリエーションも魅力的。
「すっきり洗えて、使用後は足の裏がポカポカする」と、冷え性の人からも満足の口コミが寄せられていました。

  • 外形寸法 幅25cm 奥行28.5cm 高さ6.5cm
  • 材質 エラストマー

楽天市場で見る
amazonで見る3,450円
Yahoo!ショッピングで見る

サンパック (SUNPAC) フットグルーマー マニキューレ

独自技術のスクラブコートで足指の角質をしっかりケア

フットグルーマーマニキューレはフットグルーマーグランの旧バージョン。
ガサガサするかかとや、においの元となる足指の角質をしっかりケアします。
足裏にぴったりフィットするしなやかなブラシ先端部分にはトルマリンを配合し、しっとりとした洗い上がりを実現。
Amazonの口コミでは「においが軽減されて、夏にサンダルを履くのが楽しみになった」ときれいになった足裏の写真をアップしている人もいました。

  • 外形寸法 幅24.5cm 奥行2.5cm 高さ28cm
  • 重量 300g
  • 材質
    • 本体 TPE(エラストマー)
    • 先端部分 アルミナ、トルマリン

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

サンパック (SUNPAC) フットグルーマーグラン

フットグルーマーシリーズの最新作でより美しいかかとに

フットグルーマーシリーズの最新作、フットグルーマーグラン。
先端がスクラブコートされたブラシは特許を取得しており、1456本のブラシで足裏や側面、足の指の間まで念入りに洗うことで角質やにおいをケアします。
アマゾンの口コミでは、「足裏が脱皮して、まるで生まれ変わったように感じる」と高評価の声も。
加齢とともに減少する毛細血管を健常化し、血流を促す効果が期待できるため、冷え性の人にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅24.6cm 奥行4.1cm 高さ28.4cm
  • 重量 410g
  • 材質
    • 本体 TPE(エラストマー)
    • 先端部分 アルミナ

楽天市場で見る
amazonで見る6,847円
Yahoo!ショッピングで見る

本格ケアにはフットバスもおすすめ

今回紹介した足裏ブラシだけでなく、フットバスもおすすめの足元ケアグッズです。
特に、末端冷え性で悩んでいる人や足の疲れをすっきりさせたい人にぴったり。
専用のバケツの中にお湯を入れ、足を入れると体も心もリラックスできます。

温冷交代浴をしたり、お気に入りの入浴剤や、香り良いアロマを垂らしたりするのもおすすめ。
足ツボ付きや電動フットバス、中にはふくらはぎまで浸かれるタイプもあります。
毎日頑張る足元に、極上の癒しをプレゼントしましょう。

通販サイトの最新ランキングも参考にする

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。



Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

※上記の売れ筋ランキングは、各通販サイトによって集計期間・集計方法が異なる場合があります。

まとめ

爽快感のある使い心地で、足の悩みを持つ人にもぴったりなフットブラシ。
ピンポイントを洗えるブラシタイプから、フットグルーマーマニキューレやフットグルーマーグランのようなマットタイプまでおすすめ商品を紹介しました。
これまで足裏を入念に洗うことがなかった人も、1度フットブラシを使えばその心地良さがきっと癖になるはず。
記事を参考にお気に入りの足洗いグッズを見つけて、バスタイムをより快適なものにしましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる