イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

おすすめの負荷段階調整可能な家庭用エアロバイク5選 ダイエットや有酸素運動に、形状の違いや負荷方式など説明

自宅で簡単に運動でき、ダイエットや運動不足解消にぴったりなエアロバイク。 ちょっと気になるな…と思って調べてみると、意外と種類が多く、どれを選べば良いのかわからずに困ってしまった人も多いのではないでしょうか?

エアロバイクには、アスリートが使用するプロ仕様のものから、家庭で使いやすい低価格、静音、コンパクトなモデルまで多くの種類があります。 そこで今回は、そんなエアロバイクの中から「家庭用」に絞って選び方とおすすめのエアロバイクを紹介します。 初心者向けの入門編になっているので、これから運動を始めたい人や自宅で手軽に運動したい人は、ぜひチェックしてみましょう。

自宅で簡単に運動ができるエアロバイク

エアロバイクとは自転車型の室内用運動器具のことです。 英語ではExercise bike(エクササイズバイク)といいます。 基本的に自転車をこぐときと同じ要領で運動するので、本格的に運動をしている人から運動が苦手な人まで、どんな人でも使いやすいというのが特徴です。

スポーツジムでも積極的に導入されており、プロアマ問わず多くの人が自分の目的に合わせて利用しています。 そしてこのエアロバイクは、1台あれば自宅でも簡単に運動できる手軽さが魅力。 自宅でトレーニングをしたい人や、ランニングやウォーキングなど外に出て運動するのが億劫な人、忙しくてなかなか運動する時間が確保できない人にも需要があります。

エアロバイクの形状

エアロバイクは本体の形状によって4種類に分けることができます。

スタンダードなアップライトタイプ

最も基本的なものが、この「アップライトタイプ」。 自転車と同じようにサドルに跨り、上半身を起こした状態で使います。 価格帯が広く種類も豊富ですが負荷が弱いものも多いので、運動不足の解消といった軽くトレーニングをしたい人におすすめです。

収納や移動が簡単な折りたたみタイプ

本体がX字にクロスした「折りたたみタイプ」。 スリムなので他のタイプに比べてやや安定感には欠けるものの、省スペースで設置することができます。 移動も楽で収納にも場所を取らないことから、スペースが限られている家庭での利用におすすめです。

心臓への負担が少ない姿勢のリカンベントタイプ

背もたれがついている「リカンベントタイプ」。 足を前方に出し背もたれを使った状態で使用します。 ゆったりとした姿勢でこぐことができるので、心臓への負担が少ないことが特徴です。 他のタイプと比べるとサイズが大きいので、設置や移動に手間がかかります。

ハードなトレーニングに向いたスピンバイク

前後どちらかのタイヤが大きくなっている「スピンバイク」。 家庭用のものでも高い負荷でのトレーニングができるので、ハードなトレーニングを求める人におすすめ。 手軽な運動を求める人や初心者には負荷が強すぎるので注意しましょう。

紹介した4種類の中で、使いやすさとスペースを考えると家庭用には「アップライトタイプ」、または「折りたたみタイプ」がおすすめです。

エアロバイクの負荷方式

エアロバイクの負荷方式は、主に4つあります。 負荷方式が違えば、トレーニングの際の負荷の調整幅や強弱のレベルに違いが出てきます。 家庭用のエアロバイクでは、価格やサイズ等から選択肢が限られてしまいますが、一通り見ておきましょう。

ベルト負荷方式

フライホイール(はずみ車)をゴム製のベルトで押さえつけることで負荷をかける方式を、「ベルト負荷方式」と言います。 低価格なモデルに採用されていることが多いので、初めての人も挑戦しやすいところが特徴です。 また、電気を使わないので置く場所を選ばないというメリットもあります。

一方で、負荷が軽く、調整があまりできない。 長時間使用には向かず、使用中の音が大きいというデメリットがあります。 また、ベルトは消耗品なので定期的な交換が必要になります。 ハードなトレーニングや長時間の使用が難しいことを考えると、運動不足解消のための軽めの運動や、運動する習慣をつけたいという人におすすめです。

マグネット負荷方式

磁力を利用し、フライホイールに永久磁石を近づけたり離したりすることで負荷をかける方式を「マグネット負荷方式」と言います。 アップライトタイプのエアロバイクに多く採用されている方式です。 ベルト負荷方式に比べると負荷が強く、調整幅も大きくなっています。 音も静かなので家庭でも使いやすいです。

一方で、連続使用は30分程度までのものが多く、長時間使用には向いていません。 中には長時間使用が可能なものもありますが、基本的にはベルト負荷方式と同様に軽めの運動用と考えておきましょう。 「ハードな運動は求めていないが、ある程度の負荷は欲しい」、「ベルト負荷方式の音が気になる」という人におすすめです。

電磁負荷方式

マグネット方式で使用していた永久磁石の代わりに電磁石を使用し、電圧を調整することで負荷をかける方式を、「電磁負荷方式」と言います。 マグネット方式よりも負荷の調整幅が大きく、長時間使用することが可能。 多くのスポーツジムでは、この電磁負荷方式のエアロバイクが導入されています。

家庭用としても普及していますが、価格が高いこと、コンセントがある場所でないと使用できないことなどが気になるところ。 自由に負荷が調整でき、長時間使用が可能なので、トレーニングやダイエットをしたい人におすすめです。

摩擦負荷方式

フライホイールにブレーキをあてて負荷をかける方式を「摩擦負荷方式」と言います。 かなり強い負荷をかけながら長時間使用することができるので、スポーツ選手のトレーニングにも使われています。 摩擦熱により使用時間が制限されるものも中にはありますが、1時間以上使用できるものがほとんどです。

本格的なトレーニングに使われていることを考慮すると、エアロバイク初心者や普段から運動をしていない人には向かないでしょう。 ハードなトレーニングや本格的に体作りをしたい人におすすめです。

エアロバイクの目的と心拍数

エアロバイクを使った運動の目的は、主に「ダイエット」と「心肺機能の強化」の2つです。 そして、エアロバイクは目的によって適切な心拍数になるように負荷をかけると効果的と言われています。 それぞれの利用目的について見ていきましょう。

ダイエットに

自宅でも手軽に運動できるエアロバイクはダイエットにおすすめ。 スポーツジムなどでも、エアロバイクを使ってダイエットをしている人はたくさんいます。 ジムに行くのが面倒だという人は、自宅にエアロバイクを設置してダイエットに取り組むのも一つの方法。 エアロバイクを使ってダイエットをするときは、ダイエットに適した目標心拍数を意識してみましょう。

ダイエットに適した、目標の心拍数は以下の式で求めることができます。

{(220 - 年齢) - 安静時心拍数} * 0.55 + 安静時心拍数 = 運動の目標心拍数

こうした数字を意識することで目標が決まり、モチベーションもアップします。

心肺機能の強化

ダイエット以外にも、エアロバイクは運動不足の解消にも役立ちます。 加齢や運動不足により心肺機能が衰えると、体の調子が崩れていきます。 運動不足が気になる人は、エアロバイクによる運動で心肺機能を鍛え、健康的な体づくりを目指しましょう。 家庭用エアロバイクなら負荷が小さいものが多いので、アスリートの心肺機能強化には向いていませんが、体を動かす機会が少ない運動不足の人の心肺機能強化には十分使用できます。

心肺機能の強化にも適した心拍数というものがあり、以下の式で求めることができます。

{(220 - 年齢) - 安静時心拍数} * 0.65 + 安静時心拍数 = 運動の目標心拍数

実際にエアロバイクを使って運動する際には、事前にこちらの式を使って目標の心拍数を計算してから取り組むと良いでしょう。

体調管理は万全に

エアロバイクは、自転車に乗るような感覚で運動できるので、ついついウォームアップを忘れてしまいがち。 また、運動後もクールダウンやストレッチをすることなく終わってしまう人が多いです。 手軽さが魅力ではありますが、エアロバイクによるトレーニングも立派な運動。 ウォームアップやクールダウン、水分補給、そして日ごろの体調管理はしっかり行いましょう。

また、家庭用のエアロバイクは、連続使用時間に制限があるものも少なくありません。 そのため、あらかじめウォームアップをしっかり行うと、限られた時間の中でより効果的に運動ができるのでおすすめです。

家庭用エアロバイクの選び方

ここからは、家庭用エアロバイクの選び方を確認していきましょう。

置き場所にあったサイズとおしゃれなデザイン

エアロバイクを使うためには、ある程度のスペースが必要になります。 家庭用に選ぶときには、はじめに置き場所を決め、そこに合ったサイズのものを選びましょう。 コンパクトすぎるものは不安定なものも多いので、選ぶときには注意が必要。 また、運動不足解消やダイエットは継続して使用することが大切なので、置き場所はあまり使わない部屋ではなく、毎日目について、すぐに使える場所がおすすめです。

室内に置くのであれば、部屋の雰囲気や色に合わせて選んでも良いでしょう。 おしゃれなデザインであれば、毎日乗るのも楽しくなります。

価格と機能

家庭用エアロバイクは、機能や価格帯がさまざま。 基本的に価格が高いと機能は良くなり、耐久性やメーターの機能、負荷方式がより良いものになります。 負荷をかけるシステムについては、自動的に切り替えるプログラムメニューがあるものもあり、よりリッチな環境での運動も可能になります。

ただし、「良いエアロバイク」が「最適なエアロバイク」とは限りません。 必要な機能や性能を見極めながら、買える範囲のものから選ぶようにしましょう。

サドルの高さ

エアロバイクの基本は自転車と同じなので、サドルの高さが使いやすさに影響します。 そのため、自分の身長に合った高さで使えるよう、調節できるものを選びましょう。 サドルのちょうど良い高さは、股下の長さ+24cmです。 置いて使うものなので、自転車ほど神経質になる必要はありませんが、身長に合っていないものを使うと腰や膝、肘などを痛めてしまうこともあるので注意しましょう。

また、サドルを前後に動かせるかどうかも注目してみましょう。 ハンドルとの間隔を調整することで膝への負担を減らしたり、股関節への負荷を調整したりすることができます。

折りたたみサイズと収納場所

折りたたみタイプのエアロバイクから選ぶ場合は、サイズと収納場所に注意。 コンパクトに折りたためるとはいっても、意外と場所を必要とします。 折りたたんだ際の大きさが収納スペースに収まるサイズかどうか、必ずチェックしましょう。

また、折りたたみタイプのエアロバイクは、一度収納してしまうと取り出すのが億劫になり、収納したままになってしまうことも少なくありません。 そのため、毎回しまうのではなく、来客時や部屋を広く使いたいときだけしまう使い方にすると、お蔵入りになりにくいのでおすすめです。

モニタリング機能

エアロバイク本体に消費カロリーや回転数、走行距離、心拍測定機能などのモニタリング機能がついていれば、毎日のトレーニングのモチベーションアップにも繋がります。 特に、ダイエット目的で使用する人は、ぜひ心拍測定機能がついているものを選んでください。 先ほど紹介した目標心拍数を意識することで、より効果的な運動ができるようになります。

デスクの有無

一部のエアロバイクにはデスクがついています。 デスク付きのものを選ぶと、読書や仕事など別の作業をしながらでもエアロバイクでの運動ができます。 デスクの大きさにもよりますが、スマートフォンやタブレットで動画を見たり、大きいものであればパソコンで作業をしたりすることもできるでしょう。 読書やゲーム等、好きなことをしながらエアロバイクに乗れるようになるので、こいでいるだけではつまらないという人には、デスク付きのエアロバイクがおすすめです。

初心者向けならアルインコ(ALINCO)一択、スタンダードなエアロバイクおすすめ3選

数あるエアロバイクの中から、厳選した初心者向けのスタンダードなエアロバイクを紹介します。

アルインコ (ALINCO) エアロマグネティックバイク AF6200

初心者、ライトユーザー向けにおすすめな、アルインコのエアロマグネティックバイクです。 家庭用エアロバイクの定番とも言えるこのエアロバイクはマグネット負荷方式が採用されており、負荷の強度は8段階まで調節可能です。 カロリーや心拍数を計測できるメーターに加え、体力評価機能も搭載。 1台でマルチに活躍します。 エアロバイクの中でも比較的手を出しやすい価格なので、初めての1台を探している人はぜひ一度チェックしてみましょう。

  • 外形寸法 幅51.5cm 奥行81cm 高さ124cm
  • 重量 22kg
  • サドル高さ 69~85cm (3cmピッチ7段階)
  • 負荷調節 8段階
  • 心拍数測定機能 あり

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

アルインコ (ALINCO) フォールディングバイク AFB4117

同じくアルインコから、パステルカラーが目を引くかわいいエアロバイクです。 すっきりとした見た目は、女性の部屋にもなじむデザインとなっています。 トレーニングメニューが豊富で、自分の目的に合わせて選ぶことができます。 電源は単3乾電池2本で動きコードレスですっきり。 ハンドル部分からコンパクトに折りたたむことができますが、重量が20kg以上あるので持ち運びには注意しましょう。

  • 外形寸法 幅50cm 奥行95.5cm 高さ124cm
    • 折りたたみ時 幅50cm 奥行49cm 高さ132cm
  • 重量 21.5kg
  • サドル高さ 80.5~101cm (3cmピッチ8段階)
  • 負荷調節 8段階
  • 心拍数測定機能 あり

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

アルインコ (ALINCO) クロスバイク AFB4417

こちらもかわいいデザインが特徴の、アルインコのエアロバイクです。 明るくビビットなピンクカラーに手ごろで挑戦しやすい価格が女性に大人気。 1つ前に紹介したものと比べ、コンパクトなサイズにたたむことができます。 重量も軽くなっているので、より持ち運びも楽に。 サイズ感と価格の両面から考えてみても気軽に挑戦できる1台なので、これからダイエットを始めたい女性にぴったりのエアロバイクです。

  • 外形寸法 幅46cm 奥行91cm 高さ108cm
    • 折りたたみ時 幅46cm 奥行42cm 高さ135cm
  • 重量 14.5kg
  • サドル高さ 73.5~82.5cm (1.8cmピッチ7段階)
  • 負荷調節 8段階
  • 心拍数測定機能 なし

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

仕事をしながらダイエットできるデスク付きのエアロバイクおすすめ2選

ここからはデスク付きのエアロバイクを紹介していきます。

ボディスカルプチャー (Body Sculpture) フィットネスバイク TKS51HM001

こちらは、デスクと背もたれがついたエアロバイクです。 デスクには、パソコンを固定するベルト、ドリンクホルダー、ブックスタンドなど、使いやすくなるような工夫が施されています。 エアロバイク自体を半分程度の大きさに折りたたむこともできるので、移動や収納も便利。 デスクと背もたれつきなので、他に紹介しているエアロバイクに比べてややスペースを取りますが、のんびり「ながらエアロバイク」を楽しみたい人にはぴったりでしょう。

  • 外形寸法 幅51.6cm 奥行136.5cm 高さ131.5cm
  • 天板寸法 幅44.3cm 奥行34.3cm 厚さ3.5cm
  • 重量 20.5kg
  • 負荷調節 8段階
  • 心拍数測定機能 なし

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

フィットデスク (FitDesk) フィットネスバイク

こちらのデスク付きエアロバイクの最大の特徴は、特許出願中のアームレストです。 「ながらエアロバイク」時に不安定になりがちな腕をしっかり支えてくれます。 また、メーターがパッと見える位置にあり、運動のモチベーションを上げてくれる点がおすすめ。 デスクには引き出しもついており、小物が収納できるほかにマウスパッドやドリンクホルダー、ペン置きやメモ書きスペースが追加できる拡張デスクも用意されています。

  • 外形寸法 幅41cm 奥行71cm 高さ114cm
  • 重量 20.4kg
  • 心拍数測定機能 なし

amazon.co.jp

エアロバイクと一緒にあると便利なグッズ3選

最後に、エアロバイクと一緒にあると便利なグッズを紹介します。

アルインコ (ALINCO) エクササイズフロアマット mini EXP100

エアロバイクを使っていると、床が傷ついてしまうことがあります。 それを解決するためには、フロアマットを敷くのが効果的。 こちらのマットは滑り止め効果が高く、衝撃も吸収してくれるのでおすすめです。 マジックテープつきで収納するときも便利です。

  • 外形寸法 幅70.0cm 奥行100.0cm 厚み0.6cm
  • 重量 1.2kg
  • 材質 PVC

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

GARMIN(ガーミン) リストバンド型 活動量計 vivofit

ダイエット目的でも運動不足解消が目的でも、エアロバイクで運動するときは、心拍数を管理することが重要になります。 そこでおすすめなのが、こちらの心拍計。 心拍系は本格的なものになると非常に高価で、機能も多く初心者には使いづらい場合が多い半面、安いものは計測に時間がかかったり、計測の間隔が30分に1度だけだったりします。 こちらは扱いやすさも価格も優しく、初心者にぴったり。 心拍数を計測する機能がないエアロバイクを検討している人は、こちらも合わせてチェックしてみてください。

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

Fantasy ドリンクホルダー FA139

運動中は水分補給も重要。 室内だから、軽い運動だからといって、水分補給を怠ってしまうと、脱水症状になってしまう可能性があります。 特に長時間使用する場合には、こぎながらでも飲めるようドリンクホルダーがあると便利です。 こちらはお手頃価格で取り付けも簡単なのでおすすめです。

amazon.co.jp

まとめ

いかがでしたか? 自宅でも手軽に運動したいという多くのニーズに応え、現在ではたくさんのエアロバイクが販売されています。 エアロバイクを使って運動してみたいと思っている人は、ぜひこの記事を参考にしながら、自分の目的やスタイルに合ったエアロバイクを見つけてみてください。